ハイスコアガール

単行本(最終巻)発売記念に。


このマンガは2013年の「このマンガがすごい!」(第2位)で知ってから、
わりとすぐに初めて読みました。
1巻を読んで、とても心の芯に響いてくる良い作品と感じたので
単行本が発売されたら買って読んでいました。

が、連載中に、ある事件(詳細は各自調査)で休止状態になってしまい、
このまま未完の作品になってしまうのかな…と残念でした。
だから再開されることを知った時は嬉しかったです。
復活の喜び度ではライジングインパクトと同等レベルですかね。
ちょうどいい感じで完結した作品の続編が始まるより、
作者が続ける意欲はあるのに都合により終わった感のある作品(つまり打ち切り)
の方が、また読みたくなることの方が多い気がします。

絵とギャグは好き嫌いが分かれそうですし、人生で一度もゲーム(ゲーセン)と
縁のない人にはいまいちピンと来ないかもしれません。
が、個人的には最後まで読んで人生のマンガベスト10に入れたい一作になりました。





1990年代の対戦型格闘ゲームブームを背景とし、溝口(川崎市高津区)を舞台に、
ブームの火付け役となった『ストリートファイターII』(以下『ストII』)を
主人公・矢口春雄とヒロイン・大野晶の因縁として位置付けて描いたラブコメディ作品である。
(wikiより抜粋)



登場するゲームのタイトルや時代背景はもう少し上世代
(現在30代後半ぐらい)が最もダイレクトに響くと思いますが、
私の世代でも十分懐かしみ、理解することができます。

お互いに因縁を感じた男女が徐々に惹かれあっていく様は、
まさに王道のラブコメで、それだけでも楽しめます。
さらに、本作ならではの味付けがされているため面白さが加速します。


1.矢口春雄はゲームのことだけはよく喋るが恋愛面はからっきしである

2.大野晶は作中まったく喋らない
 (春雄には聞こえてるかもしれないが読者に言葉が表面化している場面がない)

3.その代わり二人の心情風景などをゲームキャラが代弁してくれる


1はよくある設定として「学校では虐げられてるけど優れているものがる系男子」
ですね。本作ではそれが「ゲーム」という当時の男子特有の趣味のはずなのに、
冒頭でその絶対的かつ唯一優位なものをあっさりと、完全に覆されるのです。
しかも、自分とはまるで正反対な女子が…というのがミソです。
これに対してハルオのゲーマー魂に火がつく!のですが、
そこからゲームを通じて二人の関係性が徐々に変わりゆくのが醍醐味です。

2はかなり特殊で、全然言葉を喋らないのだけど、実は感情はわりと分かりやすく
リアクション(微妙な表情と様子)を見れば、だいたい何を思ってるかは
想像できるのです。あと食べ方の「もがー」はカワイイですね。
そして感情のゆれを見せるのは、「ゲーム」か「ハルオ」という
家柄を考えれば「不要で邪魔」と見なされるものに対してだけだから、
そのスペックは恵まれまくっているようで、不憫な境遇にあるといえます。

3は、むかし懐かしいドット絵のゲームキャラたちが
といかくワイワイドンチャカやってくれるので、知ってる人も知らない人も
そういうもんだと思って楽しめばいいと思います。
特に1巻と最終巻でハルオを応援する様はグッときました。


作品は小学生~高校生と、巻数が進むごとに時代が流れていきます。
二人の間には様々な壁が現れ、一筋縄ではいかない関係をこじらせていきます。
それら困難に立ち向かう時、全ての鍵を握るのはゲーム、その中でも二人を出会わせた
「ストⅡ」がいつ何時でも二人の共通言語として存在するのです。

世の中の良識からすれば、何に青春をささげているんだ?と思うかもしれません。
しかし、この作品で描かれる青春をバカにできる大人が良識的だというならば
良識なんてクソったれですよ!この青春は甘酸っぱく、儚く、純情で、眩しい。
フィクションの世界なんだから、これぐらい理想があったっていいじゃないですか。

最後はネタバレになってしまうので、きっと後悔はしないから
1巻が面白かったら最後まで読んで下さい!としか言いません。
今年の10月からはアニメ(2期)が始まり、完結まで描いてくれそうなので
今から楽しみに待ちます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック