月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラゴンクエスト11をやってみた

<<   作成日時 : 2018/10/07 19:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

約20年ぶりにドラクエをプレイした感想です。※若干のネタバレ有




まともにプレイしたドラクエは4〜6だけで、そのリメイク版は
何度かプレイしているものの、ストーリーも一切知らない完全新作版をプレイするのは、
約20年前にスーファミでDQ6をプレイして以来になります。
それ以降は、どちらかといえばFF派になってしまい、
DQのことは新作が発売されたら、少し情報を見る程度の
遠い関係になっていました。

それが、どういう風の吹き回しか、突然無性にプレイしたくなり
PS4を買った次第です。(どちらかと言えばNew みんなのGOLFがおまけの扱い)
3DSは持ってるので、そちらでも…と考えましたが、
ゲームはなるべく大画面でプレイした方が面白い派だと今更気付き始めました。
(スマホのアプリゲーとかに手を出さないのもそれが原因かと)

ちなみに妻はまったくRPGへの関心はなかった様で、
敵からダメージを受けると「なんで避けられないの!?」と
真剣に疑問を感じていました。
「そういうもんなんだよ…。
避けれたらレベル上げる意味ないでしょ」と説明しても、イマイチ納得はせず。
まさかプロレス以外で、受けることの必然性を説明する機会があるとは…。



で、最後(真のエンディング)までプレイしてみた結論です。


オモシロッ!!


文句なしでした。正直、この一作だけで20年間の空白を取り戻して余りあり、
FF派からDQ派に寝返りたくなる(今は同じ会社だから争う必要もないけど)
程に楽しめました。確かFF13をプレイした時も「まだRPG熱は冷めきっては
いなかった」と確認できましたが、今回はそれ以上に改めて、
自分の心の底にあったRPG熱を感じました。
空き時間に暇つぶしでプレイするとかではなく、時間を作って優先して
プレイしたくて仕方ない気持ちになりましたので。
RPGに関心がないにも関わらず、テレビを占有してプレイさせてくれた
妻へ感謝です。たまにゲームへリアルガチなツッコミ入れてたのも許します。

では、具体的にDQ11の何が面白かったか?を挙げてみます。



@シンプルである

シンプルイズベスト。
旅の目的は勇者が魔王を倒す!という子供でも分かるものです。
バトルシステムは、過去作からいろいろアレンジは増えても、
DQの基本原理であるターン制は変わっていません。
モンスターや呪文や装備・道具も、過去作から慣れ親しんできたものです。
つまり、「これがドラクエ!」と分かりやすいから安心できます。


A深みがある

@の「シンプルさ」が前提にありながら、
ストーリーは、ハッとさせるような展開があったり
考えさせられるような哀しみがあったりします。
システムも全般分かりやすいけど、極めるのは簡単ではありません。
シンプルだけど単純で単調ではなく、やりがいはあって飽きません。


Bバランスが良い

つまり@とAを合わせて、ちょうどいいバランスなのです。
特にバトルでは、必要以上にレベルを上げまくった場合は除いて、
普通に進めると、ボス戦でやや苦戦する具合になっており、
何も考えず適当に戦えば負けます。けど、負けても
「勝てるわけ無いじゃん」と思うのでなく、戦略を少し変えてリベンジしたくなる。
そういった絶妙な難易度バランスでプレイヤーを熱中させます。


C世界に入り込める

キャラクターは鳥山明氏の作画で、親しみやすくスッと印象に入ってきます。
音楽もすぎやまこういち氏の往年の名曲ばかりで、聞きなじんでいます。
冒険の始まりから終わりも、お約束の流れは徹底して守られてます。
全部ひっくるめて、ドラクエというブランドだから理解して入り込めるのでしょう。
でも、その安心のブランドを損なわずに世に出すのは凄いことと思います。


D過ぎ去りし時を求められる

これはちょっとネタバレを含む話になります。
本作では通常の「魔王を倒す」という目的を果たしてエンディングを
迎えた後に続きを楽しめます。これがおまけとかではなく、
相当なボリュームがあり、サブタイトルである「過ぎ去りし時を求める」
ということの意味を示すものです。本編からそこに至る伏線もあって、
二重構造で楽しめる仕掛けになっていました。


おまけ:ダイの大冒険リスペクトがある

もしかしたら7以降は継続してあったのかもしれませんが、
20数年ぶりにドラクエをプレイした身としては、
ダイの大冒険的な要素が登場することに驚きと嬉しさがありました。
メドローアとか大地斬とかギガブレイクとか、
魔軍司令とか六軍長とか、紋章の力とか…少年心でワクワクしました。

例えるなら、自分が子供時代に遊びつくしたオモチャを、
今の子供も当たり前に遊んでるのを見かけたような感慨深さもあります。
もし最近のドラクエユーザで、ダイの大冒険を知らない方は
個人的にはRPG漫画の最高傑作と思っていますので、ぜひ読んでみてください。



最後に二つだけ言っておきます。
「この道わが旅」は物語の締めに聴くには最高の名曲!
そして12が発売されたら(オンライン専用でなければ)ほぼ買います!
できればまたPS4で出してください!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラゴンクエスト11をやってみた 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる