月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女漫画探訪 第49回:うすべにの嵐

<<   作成日時 : 2017/08/12 08:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

高校野球の季節に、矢沢あい先生の過去名作を。


紹介の前に軽く宣伝を。
この『少女漫画探訪』シリーズが次で50回を迎えます。
50回記念にはちょっとした企画を考えていますので、
あまりは期待せずに、でも何かやるんだなという心構えで次回をお待ちください。




本作は矢沢あい先生ご自身も過去に書いて手ごたえがあったと
述懐されている読み切りだそうです。何か短編で面白い少女漫画はないか?と、
検索したらおススメに出てきたので、これまたキンドルで読みました。

実は矢沢あい先生のマンガをまともに読むのは初めてです。
かなり昔ですが、「天使なんかじゃない」をおススメいただいた時に、
いつか読んでみたいと思いながらも手がつけられずに今日にいたります。
(改めまして、毎回そんなのばっかりですみません)
唯一触れたのは、子供の頃にアニメで「ご近所物語」が放送してたのを
何回か見たようなうっすらした記憶はありますが、姫ちゃんのリボンと違って
正直ハマらずに、途中で見なくなってしまったのでしょう。
勝手なイメージながら、女性が好むスタイリッシュな女性を描いていて、
逆に言えば、男はちょっと取っ付きにくい感じかなと思っていました。


「うすべにの嵐」は、高校野球を軸にすれ違う兄弟と幼馴染の
三角関係を描いてます。説明から『タッチ』を思い浮かべるかもしれませんが、
もっと情緒的で情熱的です。2話の読み切りながらしっかりした物語構成があり、
さすが少女漫画界の巨匠が描くと、どこからどこを切っても少女漫画です。

男くさく汗くさいスポーツものが読みたければ、そもそも矢沢あい先生のマンガを
手に取りはしないでしょう。この漫画を読む人は以前からの矢沢あいファンか、
少女漫画全般を手に取って読む人かに限られるとは思います。
そんな中で、男くさく汗くさいスポーツ漫画も読み、少女漫画も読む、
けれど矢沢あい漫画を読んだことがなかった特殊な男が、
偶然手に取っても面白かったです。

高校野球からは夏の線香花火を連想します。
高校野球を見て楽しむ人々は、若者が放つ一瞬の素敵な輝きと、
それが消えた瞬間の切なさを感じるものだと思います。
そして、今の悲喜こもごもや過去の青春を重ね合わせたりするものです。
そこには光があれば影もあって、何かしらのヒューマンドラマは
転がってるわけですから、実は少女漫画的な題材かもしれません。

下手に料理すると、安易になりがちなテーマでもあると思います。
それに野球を知らなすぎる、興味がまったくない人には
いくらドラマが転がっていても、うまく表現することができないでしょう。
うすべにの嵐は高校野球を題材にしていることに違和感なく、
THE昔のりぼんなタッチかつ、良いプロットで練られた名漫画でした。
この漫画を読んでから改めてテレビで放送している高校野球を見ると、
裏にある情緒を妄想してしまうかもしれません。



おまけとしてもう一つ。高校野球繋がりで、少女漫画ではありませんが、
大変面白く感動的な少女の一夏を描いた漫画です。



人の命と高校野球の熱意を通じて、一瞬の輝きと儚さが
ドラマチックに表現されたすばらしい名作なのでぜひ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女漫画探訪 第49回:うすべにの嵐 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる