月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女漫画探訪 第47回:姫ちゃんのリボン 短編集

<<   作成日時 : 2017/06/03 11:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

お久しぶりの少女漫画探訪(ショートバージョン)です。





この記事に書いてるように、姫ちゃんのリボンは思い出の少女漫画でした。
そんな姫ちゃんのリボンの短編集が2017年に発売されました。
その情報を知って買ったのですが、勝手に「むかし雑誌に掲載したけど
単行本に収録できなかった作品をまとめて、おまけをプラスした本」と思い込みました。
だって、表紙の絵からして、当時の雰囲気そのままだったので…。

読んでる最中も、ずっとむかしに描いたものだと思ってました。
キャラ絵もストーリーも演出も、当時掲載されていたとしか思えない
クオリティだったからです。そうして最後の「春色の風」まで読み終え、
あとがきを読んで驚愕しました。今回の短編はむかし描いたものではなく、
水沢めぐみ先生が最近になって書き下ろした新作だったのです!!


連載終了から20年以上経って、まったくなんの違和感もなく
当時描いてたかのように漫画にできてしまう。作画は苦労されたそうですが、
苦労したとしても、完成品は当時と遜色ありません。
それは描く技術の凄さなのか、作品に対する愛の凄さなのか…。
正直、ドラゴンボールの続編を鳥山明先生がジャンプで描きます!となっても、
書く方も読む方も何らかの違和感はあって普通だと思います。
ところが、この短編集は書く方も読む方も、当時の気持ちになれてしまう。
まるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥れます。

水沢めぐみ先生の描く少女漫画スタイルと、姫ちゃんのリボンという
類まれなる時代の名作が起こした奇跡の化学反応といっていいでしょう。
短編の内容については、あえて言葉を添える必要がないので、
『姫ちゃんのリボン』を愛読していたファンならば、絶対に楽しめると
だけ言っておきます。Amazonレビューの評価も2017年5月時点で、
★5しかついてません。その評価にも納得しかない1冊です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女漫画探訪 第47回:姫ちゃんのリボン 短編集 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる