月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女漫画探訪 第39回:宇宙を駆けるよだか

<<   作成日時 : 2016/07/09 10:03   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

非凡なる容姿と少女漫画の鉄則を考える漫画です。




かわいくて素直な性格のあゆみは大好きな人と恋人同士になったばかり。
だが、初デートに向かう途中で同じクラスの然子の自殺を目撃し、意識を失ってしまう。
目が覚めると、あゆみは醜い容姿の然子と身体が入れ替わっていて…。 
容姿も性格もまったく違うふたりの運命が、奇妙にねじれながら交錯していく――。



この漫画の感想は、ネタバレ有り・無しでずいぶん変わってくるので、
前半はネタバレ無し、後半はネタバレ有りで書きます。



【ネタバレ無し感想】


少女漫画において、容姿はとても大事なポイントです。
男子はイケメンであればあるほど人気は出やすいだろうし、
女子はかわいらしすぎず、読者が共感できればグッドです。

本作はそんな少女漫画の容姿問題(?)を追及しています。
容姿は可愛くて性格も美人な子と、いわゆる見た目も性格も
ブスの子が入れ替わってしまった結果、どうなってしまうのか?
美人のあゆみは最初の時点で、好きだったイケメンと恋人になっていて、
少女漫画的には既にゴールに辿りついている状態です。
逆にブスの然子は自殺をしようとしている、人生のどん底であり、
少女漫画的にはスタート以前の、範疇外状態です。
そこで入れ替わったことで二人を取り巻く環境は一変し、
あゆみは容姿にはコンプレックスがある事を知ってふさぎ込み、
然子は容姿が良い事で青春を謳歌しようと奔放します。

面白いのは、入れ替わったことで、あゆみ(の容姿をした然子)の性格は悪く、
然子(の容姿をしたあゆみの)性格は良くなって見えるために、
登場人物のパワーバランスが取れている事です。
これで性格まで逆(つまりは物語の始まり時点)だったら、
然子は少女漫画として、とてつもなく醜悪なキャラになってしまい、
感情移入できません。逆にあゆみもすべてが満たされている
パーフェクトなキャラとして、感情移入できないでしょう。


さらにあゆみと然子が入れ替わったことを知ったイケメン二人が介入し、
物語は動いていきます。たとえ中身は別人であっても容姿をとるのか、
見た目は変わっても本人の中身をとるのか。ありがちなテーマですが、
ここまで極端を突きつけられると、思い悩む深さが表現されています。

二人は最終的に元に戻るのか。イケメン二人はどちらを選ぶのか。
容姿によって人生はどこまで変わるのか。を考えながら読む進めると、
ドキドキしながら楽しめる作品だと思います。
何より女子目線で大いに語り甲斐のある作品ではないでしょうか。
もし自分が望む人と容姿に入れ替わったら、あるいは内心バカにしていた
あの子と入れ替わってしまってしまったら…を想像して読めば尚の事。
逆に男子目線は、下手な事を言うとキレイゴトに捉えられるし、
本音をいえば軽蔑されるかもしれないし、ちょっと語り難いかもしれません。
でも男が読んでも十分面白い漫画だと思います。








さて、以下はネタバレ有りの感想です。
これから読もうとしてる方は、ぜひ読了後に。








【ネタバレ有り感想】


読み終わってみると、然子と然子の母親の関係が印象に残りました。
あゆみ、火賀、しろちゃんは最終的には元鞘に戻って、
然子も自殺しようとした時点からは一歩前に進めたというのは、
一応のハッピーエンドではあるものの、「ぶっちゃけ結局は容姿の問題って事
なんだよなぁ…」と、元に戻ったあゆみとイケメン二人の様子を
見て率直に思ってしまいます。

だから、イケメン二人やあゆみが、然子を説得しようとしても、
「わーわー言うとりますけど、あんたらの容姿でそれ言われてもね」と、
突っぱねてしまうのも理解できる描写として成立してます。
しかし、同じような容姿をもって血の繋がった然子の母親だけは、
真正面で向かっていけるし、その言葉や行為には説得力がある。
あゆみの容姿をした然子をぶん殴ったり、抱きしめたシーンは、
「容姿の問題ではない」と思わせてくれるシーンでした。


作者さんはどこまで展開や結末を想定していて書かれていたのか。
途中のしろちゃんが悪役風になった辺りは、
とてつもないドロドロした結末もあるんじゃないか想像しました。
あれはブラフとして描いていたのか、途中のテコ入れがあったのか。
他にもいくらでもブラックな結末に仕上げることも出来た中で、
ホワイトな結末になったのが、作者さんの意向通りであるならば、
それで良いと思います。後味は大事ですからね。

あとは、火賀と然子が最初から入れ替わって話を進めたら、
コメディにもなったんじゃないかと、おまけ漫画を読んで思いました。
快活になって、男子からも女子からも気軽に話しかけられ始める然子、
陰湿で冷たい感じになりながらも、女子の人気を独占する加賀。
相容れない二人のドタバタコメディ…、結構面白いんじゃないかと。

ともあれ始まりでグッと惹きつけ、途中であれはどうなる?これはどうする?
を考えさせ、最後は賛否両論あるかもしれないハッピーエンド。
それをコンパクトに3巻でまとめてるので、話題作として見事な形だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女漫画探訪 第39回:宇宙を駆けるよだか 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる