月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 memories 第5話感想

<<   作成日時 : 2016/06/12 08:27   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 4

遂に始動!正当なる続編!ヴァンパイア騎士memoriesの感想です。





※最終回以降を知らない方は、先にこちらを読むことをオススメします。





改めまして、皆さんこんにちは。
全世界ヴァンパイア騎士ファン待望の続編が始まりましたよ!
いきなりの続編連載ではなく、『特別編』という形で続きの物語が
すでに描かれていましたが、これまでとの決定的な違いは
「2か月に1回ペースでヴァンパイア騎士が読める」ことですね。
1カ月と2カ月の違いこそあれ、LaLa連載時と遜色ありません。

特別編は不定期だったのもあってボーナストラック的な感じでした。
最終話で未消化だった部分が補完されていったり、
樋野まつり先生にとって描きたかったであろう事が見えたり、
「物語は終わってるんだけどくすぶってたもの」が描かれてました。

それが続編になることで、読み終わっても続く事の安心感もあれば、
逆に繋がりが見えることでの注文も出てくるかもしれません。
常にこれで最後かもしれない…という気持ちで有難く拝読していたのが、
次も続くなら「ああしてほしい」「こうしてほしい」と思ってきてしまう。
逆転すると樋野まつり先生にとってもいろいろ引っ張れもするし、
次を考えながら描かなければならない状況でもあると。
そして始まりがあれば今度はまた新しい終わりの形もあるわけで…。


なんて、続編が始まったのに、終わりを考えるのは野暮ですね。
やたらと真面目な話はこれぐらいにして、そろそろ感想に入ります。
初心に帰って「少女漫画を初めて読む人」になりきって…
というのは今更どうにも難しいので、「少女漫画を初めて読む人」にも
なるべく楽しんでもらえるように書ければと思っています。



さて、特別編としての最終話『命の終わりと天国の間』のラストで、
優姫と零が田舎の純情中学生ばりの「一から付き合います」宣言して
幕を引き、今回から始まる続編『memories』に繋がっていきました。
(単行本として見ると特別編はmemoriesの1巻に含まれているので、
『特別編』と『memories』の扱いが若干ややこしいですが)

その流れだったので、今回は本編ではついぞ見られなかった
優姫×零のハイパーイチャツキタイムが見られるのか!?
ところが冒頭見られたのは愛と恋のイチャツキでしたね。
それを見守る玖蘭枢の温かいまなざしは父としての……。
父としてか……?いやいや、この目はかつて自分が夢見た
兄妹(愛と恋は姉妹だけどこの際どうでもいい)
のイチャツキを妄想する目だ!!
玖蘭枢の記憶が、、、いや、魔王が復活しようとしているゥ!!!



混濁する記憶から、氷漬け状態で優姫と愛を眺めていた千年前へ遡り。
まだ優姫と零が一から付き合うと決めたよりも大分前、
氷漬けになってからもさほど時間が経ってない頃です。
零と愛の交換日記によって、なんだか奇妙な関係が
優姫と零と愛の間(ダジャレ)に築かれていました。
憎んでいた純血種になってしまった好きな女の子と、
最も憎んでいた純血種の始祖かつ兄との子と交換日記をする
元ヴァンパイアハンター。

わけがわからないほどに複雑怪奇です。
普通に考えたら、精神的に耐えられない重たさがあるはず。
ところが零はむしろそれを明るく楽しんじゃってます。
おまけに大学に通っているとか!?

なんということでしょう!
あんなに暗くて後ろ向きだった零が、
愛の力で大学に通えるようになりました!

(劇的なんちゃらアフターのナレーション調で)


大学に通ってる零。とことん似合わないですね。
新社会人の一発芸で腹踊りしてることの次に似合わない。
この時代、そんなことをやらせる会社はけし飛べばいい。
大学生になったから新歓コンパで飲み会に明け暮れてる…
わけではなく、他学生と距離を取ってる辺りは安心の零ですけど、
それにしたって拭えない違和感があります。

そして同じ大学に通うもう一人のずいぶん変わった人、
藍堂さんと結ばれた後のよりちゃんです。
見た目や雰囲気こそ大人っぽくなってるけど、
会話の内容はむしろ高校時代よりもずいぶん乙女化してます。
「イケナイイケナイ」なんてしてるのは、よりちゃんのキャラじゃなかった!
まあこれはこれで可愛らしいので良しとしますが…。
「特別編」の「あなたのことが好きです」を読んでいないと、
一体この短期間に何があったのか訳が分からないモデルチェンジっぷり。


この二人を見てると、これまで残酷な目に遭い過ぎてるのだから、
その後の生活ぐらい普通に謳歌してくれたらいいはずなんですけど、
固定観念があるせいで、どうしても自然に見られないんですかね。
本編の最終回からいきなり飛んできた人は尚更だと思いますが。



家に帰ると優姫の説教タイム、からの零の逆詰問タイム、
からの二人のイチャツキタイム。

なんでしょう、これは。この二人の会話でいまだかつて
見た事のない和やかさです。逆に零はすでに精神崩壊していて、
こんな風になってるんじゃないかと思えるぐらい。
優姫と零が笑ってパンツの色だとか好きだとか話してたら、
本編でやってたら、もうすでに魔王様が発狂してますからね。
藍堂の首は飛んでるでしょう。物理的な意味で。
それがオチもないまま、何の心配もなくイチャつけている。
まさに「いまがちゃんすだよ!」

この話を聞かされ記憶が復活した玖蘭枢が、嫉妬のストレスで、
街一つ焼きつくしても何ら不思議はありません。
そして、それを冷笑を浮かべながら「悔しいか?」と言う零。
これですよ。これがヴァンパイア騎士のあるべき姿…
って、冒頭に述べた注文がさっそく入ってしまいました。


ここから数十年後に「一から付き合います」
なんて言わなくても、すでに良い雰囲気になってしまった優姫と零。
特別編の「命」を読み返して疑問に思ったんですが、
なぜここからよりちゃんがおばあちゃんになるまで煮え切らない
関係が続いてしまったのか…。一体どんな障害があるというのか。
零の大学生活に新たな恋敵でも出てくるのか。
…あっ、逃げて行ったあの子が怪しい!(新藤さん…うっ頭が)


それがこれから明かされていくのか。
ここから悶着はあるんだろうけど、それ以前の出来事が凄惨すぎて、
今更何が起きても大した問題じゃないと思えてしまう不安が。
何しろこの世界には魔王様がいない(氷漬け)ですからね。
世の中なんて平和に決まってるじゃないですか!

この状況にピッタリの言葉を、あの有名マイナー(どっち)漫画
「武士沢レシーブ」より拝借します。

平和だなぁ……
平和ってステキだよホントに……!
ヴァンパイア騎士とは思えないよ、この平和!
だからもう…… 早く乱れろよ平和……!




ということで、memoriesを例えるなら少女漫画として
蘇ったヴァンパイア騎士
になるのでしょうか。
もしも、今話で初めてヴァンパイア騎士を読んだLaLaDX読者は
「絵が美しい正統派少女漫画だ」と思ったことでしょう。
表紙もどっからどう見ても、「殺す・殺して」と言ってた関係に見えないし。
ヴァンパイア騎士としてはおかしいけど、おかしくないのですけどね。

今後も誰かが壮絶に死ぬような展開は今のところ想像できませんが、
しかし、よく考えれば特別編の最終話では零の最期が描かれていたわけで、
あの場面に向かっていくまでの物語だと考えれば、幸せな一ページも
もの悲しく映ってくるかも…。今回だけから察すると、その未来も、
どこかですり替わるんじゃないかと思えてしまう平和感ですけど。



最後に今回のベストショットです。


画像



玖蘭の血に一片の絵心なし!!!



それではまた2ヶ月後!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
騎士さんこんにちは。まさか新連載したヴァン騎士の記事を再び読める日が来るとは…本当に嬉しいです (*^_^*)
今回かなり少女漫画してて、色々あっただけに染みましたw。零と瞬殺された人のパートが一番ヴァン騎士してたような。
しかし記事めちゃウケました。騎士さんの合いの手(特に魔王)が入ると本編が何倍も楽しめます♪(*´罒`*)
ミロ
2016/06/12 10:38
ミロさんコメントありがとうございます。
いや、本当にまさかまたヴァンパイア騎士の感想を
定期的に書く機会が来るとは思わなかったです。
最終回で燃え尽きた後の燃えカスみたいだったのが、
どこまで書けるか分かりませんけど、これだけ
普通のラブコメされると、初心に帰ってツッコミ
やすかったので良かったです!次回以降もこの調子で
がんばりま〜す。
月の騎士
2016/06/12 20:44
騎士さん、お久しぶりです。
ヴァンパイア騎士の番外編?なるものが始まっていて驚きました。
最近めっきり漫画からは離れてしまっていましたが、ヴァンパイア騎士に熱狂していた学生時代を懐かしみつつ、読んでみたいと思います。
さくら
2016/08/12 18:17
さくらさんコメントありがとうございます。
お久しぶりです!そうなんです。
終わってしばらく経ってしまったなあ。
と、懐かしの引き出しに入れた方も多いと思いますが、
実は継続的に特別編が掲載されていて、
挙句にネクストの連載が始まっていたんですよ。
第二部とは全然違うノリで、あの展開についていけなかった
人も楽しめるかと思いますので。ぜひ初期を懐かしみながら
読んでみてください。当ブログも初期を思い出しながら、
感想を書いていきます。
月の騎士
2016/08/12 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 memories 第5話感想 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる