月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年のベストブック15 女性漫画家編

<<   作成日時 : 2015/12/24 08:14   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

二日目は女性漫画家編です。


バラエティに富んだ5作品を紹介します。
そのうち4作品は今年すでにブログで感想を書いてるので、
補足するのが主になりますけれども。





書いた感想はこちら
岡田あーみん三部作の中でも破天荒さ1ですね。
ストーリーや話の繋がりは無視してもらって構いません。
知る必要がありません。覚える必要もありません。
けれど、暴走するギャグの連鎖は一度読んだら忘れられないことでしょう。
お父さんは心配症と、どちらを選ぶか悩んだ結果、
このフレーズの(自分の中での)流行り具合で決めました。
Eジャン!Gジャン!最高ジャン!
へー イカしたフレーズだな。





書いた感想はこちら
岡田あーみん作品とは、対極中の対極でありながら、
「これを少女漫画として良いのか!?」という衝撃度では、
こちらも勝るとも劣りません。夢見る少年少女ブレイカー漫画です。
感想内でも触れてますけど、カイジを初めて読んだ時のような
心のどこかがヒリヒリするような感覚に襲われてしまいました。
世の中には何かを捨てて恋する奴とそうでない奴。
その二種類しかいないのです。サエコという稀代の悪女が、
チョコの世界を牛耳るまでの物語(嘘)を、来年のバレンタインまでにぜひ。






書いた感想はこちら
これまた前2作とは違った意味で、始まりは少女漫画らしくない。
利害の一致、効率化のために仮面夫婦という雇用契約を結ぶ。
そんな現実的でビジネスライクな関係で物語が始まります。
ところが、そこから二人の間には次第に恋が芽生えて…
という逆説的な純情(?)少女漫画になってます。、
どこまでいっても会話は冷静でファンタジー抜きな展開なのに、
読み進めると清く正しい少女漫画になっていくのが楽しめます。
面白い、タメになる、胸がときめくの三拍子揃った傑作だと思います。





書いた感想はこちら
感想を書いたばかりなので、改めて言及することはあまりないですが、
上記の3作品とはまた全然違った趣として、普通の少女漫画じゃないです。
女性が描く濃厚な友情の形と、情念的な物語、
そして本格的なシャーマン観が描かれています。
様々な形で少女漫画は成り立ってることを改めて思い知った1年でした。
大枠だけを切り取ってみれば、4作品共に(こいつら100%伝説さえも)
『恋愛』を取り扱ってるのですが、どれも1_たりとも内容が被りませんからね。
少女漫画の世界は奥が深い。底が丸見えの底なし沼ですよ!





「少女漫画編」ではなく「女性漫画家編」にしたのは、この作品のためです。
2015年度このマンガが凄い!男性編の1位になってますが、
これは女性にも等しくおススメだと思いました。
特に機敏な少女漫画的な心の動きを楽しめる人ならば、
ぜひ1度は読んでみてください。来年には映画化するそうですから、
その時にまた話題沸騰すると思いますけど、先に読んで損はありません。

本作のテーマは「過去のトラウマ(過ち)との向き合い方」だと思います。
誰が正しいとか、誰が悪いとかではなく、それぞれにとって
人との接し方があって、そこに軋轢が生まれたり、繋がりが生まれたり。
親子、恋愛、友情など様々な人間関係を描きながらも、
全ては一本の線に繋がり、最後のシーンもそこが終着点になっています。
何か明確な一つの答えが出るわけじゃないけれど、
そこに至るまであなたは何を考え、何をして、どう向き合いますか?
ということを登場人物達が一つ一つ突きつけられていく構成になってます。

…なんて事は置いといても、とにかく面白くて心に残る作品でした。
教育的、道徳的な内容になりがちなテーマをエンターテイメントして
練り上げてるので、難しく考えなくても読めばすっと入ってきます。
作者の方はあらかじめ7巻で完結するまでの物語を構想して
描かれていたとのことですから、天才的な所業と言えるでしょう。



明日は最終日、小説編に続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年のベストブック15 女性漫画家編 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる