月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女漫画探訪 第18回:逃げるは恥だが役に立つ

<<   作成日時 : 2015/01/10 09:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

早くも2015年の少女漫画ランキング上位候補を紹介です。





まずはあらすじをwikiよりどうぞ。

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくりは、
いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。
求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた
元部下・津崎平匡が折りよく代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで、
週1回の仕事を取り付けてくる。気難しい性格で、あまり他人に構われることを
好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。
だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、
現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、
その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は契約結婚という道を選ぶ。



この漫画はどなたかのおススメを受けたわけではなく、
1年ほど前、『この漫画がすごい!2014年度オンナ版』で
ランクインしてるのを見かけたのがキッカケです。
紹介文を読んだだけで面白そうに感じて、
実際読んだら期待通り、いや期待以上に面白くて4巻まで一気に読みました。

あらすじに書いてある通り、要するにみくりと平匡が
『結婚の体を取った就職(雇用)』をすることが始まりです。
現実ではあまり例がないフィクションであるはずなのに、
雇用の形も結婚の形も変わってゆく現代的には、
普通にあってもおかしくない話に思えました。


で、実際に二人の関係(会話)は、めちゃくちゃビジネスライクです。
互いに従業員と雇用主的な意識で物事を考えているので、
世の中の結婚に照らし合わせれば、ドライなことのこの上なしです。
でも、「一生ここで働いて欲しい(働きたい)」とどちらも思ってるわけですから、
こんな上手くいってる雇用関係はなかなかないと思います。
社会人として、そんな風に思えるのは羨ましい限りですよ。

みくりと平匡に限らず、『逃げ恥』に出てくる登場人物は、
物事を広い視野で捉えているので、みんな仕事ができるタイプです。
一応曲がりなりにも社会で6年生きた者として感心させられるばかりで、
こんな人たちが働く場所なら、安心できるんじゃないかと思いました。
ええ、どこぞの企業団体は参考にするべきですね!!


ということで、内容的には学生よりも社会で働く人の方が
断然共感できて面白いと思います。でも、ビジネスの話だけど
説教くさいわけでもなく、全編コメディ調なのもあって気楽に読めるので、
これから社会に出る学生が読んでも、考え方は参考になるかと。

それから、主題の『逃げるは恥だが役に立つ』はハンガリーの
ことわざだそうで、これがじわじわと効いてきます。
この意味が分かるようになったら大人ですよ。(謎の上から目線)
各話のサブタイトルもことわざになってるので、
それぞれ意味を考えながら読むのも面白いと思います。



そんな感じで、社会面にスポットした感想になりましたが、
みくりと平匡が男女的な意識を徐々に持っていく展開には、
少女漫画としての魅力が存分にあります。
ビジネスとしては完璧な関係であるが故に、親しすぎる仲に進むことは、
仕事の邪魔になると分かっていながら、仕事だけでは生きていけない
人間としての感情が芽生えた時、二人の関係はどうなるのか?

結婚というゴールから始まってる(けどプラトニックな関係)のに、
恋愛モードになると、そこらの中学生よりもぎこちなさが見えたり、
恋愛の問題すらビジネス的な思考で解決しようとするのも面白い
です。
みくりは、心理学専攻してただけあって他人の心を読みすぎた故に
犯した以前の失敗を引きずっているし、平匡は魔法使いプロ独身として、
鉄壁のガードで寄せ付けない姿勢を取るけど、心の中ではしょうもない
嫉妬や逃避を見せて、みくりに「めんどくさい男」と思われてしまう。


個人的に、最もあるあるネタに思ったのは、
病気を看病してもらったのをキッカケに、
余計な干渉を煩わしく思っていた平匡が結婚の契約結婚をとってまで、
みくりを雇う決心をした場面です。

1人で暮らしていて体調不良になって寝込んだ時の不安感は
半端じゃないですからね。気持ちも弱ってるから、
「このまま誰にも看取られず死ぬのか…」とか考えると、
さすがの自称ロンリー黒帯でも泣きそうになりますよ。
そんな時に、たとえビジネスの関係を結んでいたとしても、
看病してくれたら転ばない男はまずいないでしょう。
超古典的ながら、これは絶対的に有効な手段だと思います。


話が進むと、女性の扱いに手馴れ、仕事もできて割り切れる
パーフェクトなイケメンキャラの風見が深く絡んできます。
この先はみくり、平匡との三角関係が描かれるのでしょうけど、
行き着く先はビジネスライクの究極系なのか、それとも雇用関係を解消して
恋愛結婚として完結するのか、興味は尽きないですね。

あと、沼田さんという謎の怪人(?)もポイントで、
間接的にこの人が物語を動かしちゃってるのが笑えます。
でも案外人生ってそんなもんで、いくら物事を突き詰めて考えても、
キッカケは実にくだらない偶然の産物だったりするんじゃないかと。
ティーン向け少女漫画には絶対必要ないであろうキャラなんですが、
この漫画には絶対必要なキャラになってますね。
人気投票やったらトップ3に食い込むんじゃないでしょうか(笑)



以上、古風な少女漫画の恋愛的なもどかしさも楽しめつつ、
社会の仕組みやビジネスへの考え方もタメになる漫画です。

「恋や結婚に打算も利益も関係ない!熱い気持ちだけっしょ!」
という純粋な想いを持ってる方には共感できるかわかりませんけど、
「仕事も安定しないこの世で結婚する意味ってあんの?」
とか漠然と思ってしまう人や、物事を論理的・合理的に考えたり、
他人の心理を深読みしてしまう人にはオススメです。

続巻から発売直後に買うと決めた漫画が一つ増えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女漫画探訪 第18回:逃げるは恥だが役に立つ 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる