月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊LaLa(2014年12月号) 手裏剣とプリーツ:第4話感想

<<   作成日時 : 2014/10/26 08:10   >>

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

ヴァン騎士ミュージカル続報と募集企画を発表します!





まずはミュージカルの続報から。


華麗なる男装女子によって描きだされる
ヴァンパイアたちの妖しく美しき世界



先月の『特報』で、歓喜と悲鳴と困惑が交錯する中、
今月の情報でさらなる阿鼻叫喚がもたらされました。
なんと、このヴァン騎士ミュージカルは、全キャラを女性キャストが演じるそうです。

これについてはミュージカルはド素人、男装喫茶も未開拓、
さらにヴァン騎士をイケメン目当てに見てたわけでもない者として、
何とも言えません。ネット界隈の情報を見る限り、あまり好意的な
声は聞こえてないですけど、男装好きとヴァン騎士好きのファン層が
ほとんど被ってないからでしょうか。


びみょ〜な男性キャストが発表されたら、
「こんなブサイ●が枢なわけねーだろボケがぁ!!!」という
手厳しい声が上がることは考えられましたが、
あの枢を演じてくれるのはどんな男なんだ?ってのは興味ありました。
なんだったら枢をえなりかずきがやっても面白いんじゃないかと。
…さすがに本当にやったら死者が出る恐れがありますが、
とにかく違和感があっても、それを楽しむのも有りだと思ってました。
女性キャストでは、容姿に関してはツッコミ入れようがないですね。
それを笑う感じでもないでしょうから、「お、おう…」みたいな空気
にならないかが心配です。かといってキャーキャー言う感じでも
ないだろうし、何もかもが当日まで分からない雲行きです。

とりあえず気掛かり(?)としては、男が一人で観に行った日には、
乃木坂46の熱烈なファンにしか思われない
のが心配です。
それによって多少は男性客層が増えるんだから歓迎か……?
いやいや、それと同列に扱われるのは、ぶっちゃけ心外ですね!
乃木坂46ファンをディスってるわけではありませんよ。
それはそれで良いと思いますが、こちとらヴァン騎士への
興味と愛だけで見に来てるんじゃい!!という自負があるので。
実際にそんなファンが1人でも来るのかは分かりません。
演者も客も私以外が全員女性という奇妙すぎるシチュエーションが
生まれる可能性もありえるわけで。今から震えるぜハートです。



既にチケットの先行予約は開始(10月29日迄)されてます。
現状で私が観に行ける(行けそうな)
感じのスケジュールは以下の通りです。


1月22日:19:00
1月23日:14:00、19:00
1月24日:12:00、17:00



正直、仕事の方がこの先どうなるか分からない状況でして、
このスケジュールも絶対ではありませんし、
一般発売までチケットが売り残ってない日もあるかもしれません。

そんな不確定要素ばかりで申し訳ないのですが、
当ブログを機会に集まって観に行きたい方を募集してみます。
何もかも未確定なので、応募いただいた後に個々人とお話させていただき、
詳細を決めていく形になると思いますので、よろしくお願いします。


一人で行く勇気なんてないから助けてよ(涙)と迷ってる方で、
私のことを信用してもらえる方はぜひぜひ!
あるいは、すでに日程を決めてしまった方で、
ただオフ会的なことをしたいだけの方もお気軽にご相談ください。
「こういう企画にしたら?」という何かの提案だけでも構いません。
メール(ツイッターのリプライやDMでも構いません)をいただければ、
追って返信致します。一応去年もオフ会をやった実績はありますので、
危険な奴ではない実証はされてる(はず)とは思ってます。


募集期限は11月末までとします。
11月中旬ぐらいに途中経過を報告する予定です。
どなたからもまったく応募がないようであれば、
自分だけで日程を決めてロンリー突撃をかまそうと思います。



次号でも追加情報&重大発表があるそうですよ。それから、
12月6日にニコニコ動画でヴァンパイア騎士のアニメ1期一挙放送
が予定されています。次号の重大発表とのタイミングとか考えると、
これはマジでアニメ第3期の発表もあるんなんじゃないかと、
勝手な妄想で高ぶってきました。12月6日は今のところ休みなので、
それに併せた企画も考えていかねばなりませんね!
年末年始に向けて、ヴァン騎士界隈が本格的に盛り上がってきました。



ということで、ヴァン騎士の情報に完全制圧されかけていますが、
何度でも言います。手裏剣とプリーツも面白いってばよ!!
ではでは感想に。


まずは真人を狙っていた忍び達の正体と、
「種」についての説明がなされました。

主犯格だったのは真人の(義理?)妹の若島津真子。
容姿はヴァン騎士の紅まり亜似です。
清楚で静かな少女の雰囲気とは対照的に、
「ぶっころry」とつぶやいて、自ら真人の家に殴り込みに
いくのだから性格は相当勝気でしょうね。

鈴木小太郎に続く、「真人の不人気救済のテコ入れ」
として一之助とかいう執事系イケメンも出てきました。
男ですが、ヴァン騎士でいえば星煉的な存在です。
こっちは冷静な態度を取ってますが、何気に真子を
たきつけたりしてる辺り、実は陰で操ってる存在なのかも。


「種」については学術的な歴史の説明がされました。
ちょっと難しめだったので、お子様でも分かるように、
ドラゴンボールを使って分かりやすく例えてみましょう

”仙豆を商品にして売って儲けてたら、勝手に持ち出して
秘伝を別の手段に使われたから戦いになった”
ってことですね。それぞれのキャラもこう見立てられます。

真子=カリン様
真人=ヤジロベー
ロッド氏=ブルマ
美影=ベジータ

なんだこれ。

想像すると物語の画から爽やかさが消失しますね。
むしろ悪人側のカリン様が一番の癒しキャラじゃん!
あと、ブルマのことをそこまで想ってるベジータが萌えです。
でも、不思議と悪くない配役だと思うのですが、
ドラゴンボールファン勢のみなさんいかがでしょう?(知るか)



真人が狙われる理由とロッド氏に繋がっていたことを知った美影は、
態度も協力的になります。真人の方も美影がロッド氏の忍びだったと知り、
そしてロッド氏の最期を知って、その見方を改めた様です。
美影の「守れなかったんだ…」がシリアスな空気をつくりながらも、
ようやく二人の意思が通った様子を表していました。

第2話で火事に巻き込まれた消しゴムの顛末も明かされます。
燃えてしまったのは二軍で、一軍は無事でした。
一軍のラインナップを見る限り、美影のカワイイ基準は
ふつうの女子とそんなに差はないと思われますが、
二軍のラインナップもどんなのか気になりますね。
というか、選んでるセンスはロッド氏であって、
美影はどんな物であっても大事にするのでしょう。
たとえ、まりもっこ●のキーホルダーみたいなものでも


翌日。殴り込みにきた真子は律儀に最後警告だけして
帰っていきました。ぶっころryとか言葉で言ってたけど、
案外根は悪い奴ではないかもしれません。
(単純にじわじわとなぶり殺したいだけって説も?)
美影は後を追って解毒剤を手に入れようとしますが、
寝不足のためか動きにキレがなく逃げられます。

そして安定のロンリー屋上体育座り。
それを見つけて真人が屋根に上ろうとしてる時の絵が、
めちゃくちゃダサい姿で笑えるのです。
シルエットだけはウサイン・ボルトのポーズに似てるのもグッド。
この後、カッコイイシーン的な見せ場がありましたけど、
真人は二枚目キャラを捨てて、三枚目キャラだけでやっていけば、
ダメンズ好きには、そこそこ人気出ますって。



忍びは泣かないと言う美影に、忍びの立場なんて関係ない。
人間だったら哀しい時に泣いて次に進め。と、
至極真っ当な大人の教えを説きます。
『スクライド』というアニメに似た名言(名シーン)があって、
それを思い出しました。カッコいいので引用します。

「おい!なにを我慢している?おまえは今泣いていい!泣いていいんだ!」


こんなセリフをいつか言ってみたいですね。
いやでも、どっちかって言えば、言われる側だろうなぁ、たぶん。


さらに真人は、俺のことはもういいから、忍びをやめて普通に生きろ
と、まるでロッド氏のような事を言い出します。
第2話であんな脅迫まがいの依頼をけしかけた男のセリフじゃないですね。

その言葉に美影は決意します。
目的のなかった未来に進むため、忍びとして最後の任務。
ロッド氏に繋がる真人を助けることを。


今回のベストショット

画像



次回、いきなり真子との全面戦争が起きるのか。
それとも忍びらしく、隠密に解毒剤を取り戻すのか。
いやいや、まだ1回しかスクールに通ってないし、
鈴木小太郎も出てこないとダメでしょう!ということで、
まずは学園モード再びなのか。第5話で終わることは
ないだろうから、少なくとも単行本2巻分は連載が続くでしょう。
「手裏剣とプリーツはいいからヴァン騎士の番外編はよ」
なんて声もあるだろうけど、がんばって盛り上げていきます。

最近はブログも頻繁に更新されてますし、
樋野まつり先生の今後からは目が離せませんね。
なんと先生もミュージカルのチケットを購入されたとか…。


招待しろよ!!!


北海道から自腹で見に行くなんて大変なことですよ…?
じゃなくて、どこかのタイミングで見に来られちゃうんですか!?
なんかの間違いで隣の席に座ってたらどうしましょう。
ミュージカルを観てる場合じゃなくなるじゃないですか!(いらぬ心配)


次回の感想は11月29日の予定です。
その時にはいろいろ発表できると思いますのでお待ちを!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです、月の騎士さん。
ヴァン騎士の男装女子の件は、驚きましたね。どうせなら、枢様に見合う男性を見てみたいとは思っていましたが、男装女子でも楽しめるかもしれませんね(笑)それと、男性お一人ってことはないと思いますね!乃木坂46のファンの方が来場されると思うので。ですが、乃木坂46のファンと見られるのは回避し難いのではないでしょうか…。それに、私は父と行くことになると思うので(決して、ファザコンではありません)、このような場合もあるかも!?ですね(笑)。ヴァン騎士のチケットですが、もう予約してしまい…ですね(汗)

手裏剣とプリーツは、新キャラ出ましたね!真子には一縷的な要素を感じたような感じていないような気がしました。可愛い消しゴムは、残っていたみたいなので、ひとまずホッとしました。二軍が気になりますがね(笑)小太郎くんが次回登場し、また新たな展開っ!を、期待するとします。
では、失礼しました。


みるくてぃー
2014/10/26 20:00
お久しぶりです、月の騎士さん。
ヴァン騎士の男装女子の件は、驚きましたね。どうせなら、枢様に見合う男性を見てみたいとは思っていましたが、男装女子でも楽しめるかもしれませんね(笑)それと、男性お一人ってことはないと思いますね!乃木坂46のファンの方が来場されると思うので。ですが、乃木坂46のファンと見られるのは回避し難いのではないでしょうか…。それに、私は父と行くことになると思うので(決して、ファザコンではありません)、このような場合もあるかも!?ですね(笑)。ヴァン騎士のチケットですが、もう予約してしまい…ですね(汗)

手裏剣とプリーツは、新キャラ出ましたね!真子には一縷的な要素を感じたような感じていないような気がしました。可愛い消しゴムは、残っていたみたいなので、ひとまずホッとしました。二軍が気になりますがね(笑)小太郎くんが次回登場し、また新たな展開っ!を、期待するとします。
では、失礼しました。


みるくてぃー
2014/10/26 20:01
申し訳ありません、エラーを起こし、2回同じコメントをしてしまいました。
みるくてぃー
2014/10/26 20:03
こんにちは。私も二軍消しゴムにはウケました!
プリーツの話が見えてきたところに、ヴァン騎士ミュージカル!!私は大歓迎です!!
枢零ファンの方と役者さん双方の複雑な心境はお察ししますがww

大体ヴァン騎士の面々なんて、スーパーモデル級で固めないと再現出来ないと思いますし…特に魔王様は人外の魅力がないとw
原作とはまた別物!として観れば、キャストも本当に綺麗で可愛いくて格好いい女の子ばかりで、歌もとても楽しみです。(遠距離の方は大変かもですが)

でもホント、原作者の樋野先生が一般席の最後列とかだったらウケます。なぜにww…そこは是非VIP席をご用意願いたいです。
騎士さんも色々と大変な時かとお察ししますが、気晴らししながら無理せずマイペースで頑張って頂きたいです。
ミロ
2014/10/26 21:46
みるくてぃーさんコメントありがとうございます。
コメント二重投稿の件はお気にせず!
枢役をオファーした男性俳優の方が、
プレッシャーに耐えられずに、
はだしで逃げ出してしまったのではないか?
とか勘ぐりたくなりました(笑)

やっぱり乃木坂46のファンと勘違いは
避けられないでしょうか!?
そういう意味で白い眼で見られるのは嫌だな〜
とか思っても、当日になったら皆さん舞台に夢中で
周りの客なんて気にならなそうですね。
お父様と行かれる!!素敵じゃありませんか。
私も父親になれたらそんな風に娘と接したいです(笑)
ぜひ親子で楽しまれてください。

真子は確かに一縷っぽさもありますね。
兄に対する複雑な感情とか。小太郎は一発キャラ
で終わるやつではないと思うので、黒幕説含め
次回以降も要チェックなキャラですね!
月の騎士
2014/10/26 23:14
ミロさんコメントありがとうございます。
二軍消しゴムにも、あれだけ必死になるのだから
きっとロッド氏の愛と趣味が詰まったラインナップ
なんでしょう(笑)

ミュージカルについては、どんなキャストでも
何が起きても、もう好意的に解釈して
楽しむしかないですね!もしくは昔のような
毒舌ツッコミをぶっこんでいくべきなのか!?
いや、私も大人になったので、全方位にケンカ売る
ような無礼をはたらくのは気が引けます(笑)

樋野まつり先生はVIPの関係者席に招待すべきですよね!
でもそれだと目立って、ファンが感づくかも…。
一般客に紛れ込んでたら、万が一お見かけしても
騒がないのがマナーですよね。ってちゃんと素顔を
知ってるわけでもないので、仮に隣に座っていても
見つけられる自信はありませんけど。

ご心配ありがとうございます。ご迷惑おかけしてます。
なんとかミュージカル当日までには、
すっきりした気持ちで迎えて楽しみたいです!
月の騎士
2014/10/26 23:20
こんばんは。
ほんとにどうなっちゃうのか予想つかないドキドキ感も、ヴァン騎士っぽいとも言えるかもです。
イメージ通りとはいかないかもしれないけれど、ヴァン騎士公演も成功して映画とかメディア展開が広がってくれたら楽しいと思います。

もし先生がいらしたら確かにマナー的にはスルーか会釈でしょうが……今月の美影並にガン見しちゃいそうです。私もお顔存じませんが(笑)
次回発表は特別編かアニメかサイン会でしょうか。
騎士さんは特に今はお忙しいところとは思いますが、観劇機会がありましたら記事もお待ちしてます♪
ミロ
2014/10/28 22:51
ミロさんコメントありがとうございます。
この不安を煽りながらも期待が高まっていく感じ。
ヴァン騎士の醍醐味ですね!!
少女漫画としては如何な物かもしれませんけど(笑)

先生を見かけてしまったらサインを求めるファンも
絶対いるとは思いますが、やっぱりそういうのは
然るべき場所ですべきなんでしょうね。
今回はプライベートで来られるのでしょうし。
原作者がそのミュージカルをプライベートってのも
おかしな話なんですけど(笑)

次回の発表にも期待したいです!
私もいろいろ乗り越えて、その時を楽しみたいと思います。
そして皆さんに期待に添える記事を書けるように頑張ります。
月の騎士
2014/10/30 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊LaLa(2014年12月号) 手裏剣とプリーツ:第4話感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる