月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女漫画探訪 第15回:暁のヨナ

<<   作成日時 : 2014/10/04 08:48   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

10月からアニメ放送開始!先取りで紹介します。







この作品も、ずいぶん前からおススメをいただいてました。
これまた1巻はずいぶん前に読んだのですが、もう少し読み進めてから
感想を書こうと思っていたら、アニメ化決定と教えていただきまして。
世の中で流行してから紹介したのでは『月刊少女野崎くん』
の時みたいに出遅れてしまいますので、慌てて今回紹介します。
ちなみに、単行本はとりあえず3巻まで読みました。


あらすじをwikiより引用。

高華王国(こうかおうこく)の皇女ヨナは、優しい父王と幼馴染で
護衛のハク達の元で大切に育てられていた。そんな中で迎えた16歳の誕生日、
ヨナは従兄のスウォンへの恋心を彼との結婚に反対する父王に
わかって貰おうとするが、その父を恋しいスウォンに殺されてしまう。
嬉しい誕生日が一転して地獄に変わった。



読み始めは、正直言ってイマイチピンと来ませんでした。
このまま王国で安穏と過ごしながら、スウォンとハクの間で
ヨナの心が揺れ動くだけの三角関係が延々と描かれたら、
正直読み進めるのキツイなぁ…とか思ってました。
ところがどっこい!待っていたのは唐突なサスペンス。
1話の最後で突然の急転直下な展開になって驚きました。
おそらくアニメでも1話で描かれるはず。っていうかPVでもおもいきり
出ちゃってるので、ネタバレに気兼ねなく書きますが、
スウォンがヨナの父(国王)を暗殺してしまうのです。
そして絶望の底に突き落とされるヨナ姫の運命はいかに…。

このままじゃ退屈だとは思ってたけど、まさかいきなり
こんなにもシリアスでダークなムードになるとは予想外!
私のような変態少女漫画ファンには「グーよグー」ですが、
「ヨナ姫カワイイ!スウォン様カッコイイ!」なんて
憧れの眼差しで読んでた純情乙女の心をぶっちぎってます

いや、「花とゆめ」に連載してる時点で、「あっ(察し)」なのかな。


ともあれ、1話の展開にショックを受けて、
「こんな話ヤダ!」と思ってしまった人も、
そこをグッと堪えて読み進めることをおススメします。
悲劇からヨナが立ち上がって成長していく物語は、
安穏としていた冒頭よりもずっとずっと輝いて見えてくる
はず。
身分で区切られていたことで、定まっていた三人の関係も、
スウォンの謀反から乱世に移り変わることで、
切なくも対等な関係になりました。

様々な戦いや出会いや別れがあって、
それを苦しんだり悩んで、先に進むことで魅力的になっていく。
これこそが感動ですよ!王国で美男美女がイチャついて、
楽しい世界だな〜なんて話はノーセンキューじゃい!
(※特定の作品を揶揄してるわけではありませんのであしからず)

まだ3巻までしか読めてませんが、この先も作品紹介にある
『激動の大河ファンタジー・ロマン』がピッタリの
少女漫画的な情緒と少年漫画的な冒険譚が合致した
骨太なストーリーがこの先も期待できそうです。



ヨナ、ハク、スウォンはズバリ言って、ヴァンパイア騎士の
優姫、零、枢にそれぞれ似てます
。おススメに挙げて下さった方は
きっとこの点を留意して下さったのでしょう。
なので、ヴァンパイア騎士が好きな方(特に第二部含めて)には
心にビシバシ響いてくる作品だと思います。

ヨナはスウォンによって絶望に落とされても想いを捨てれない。
ハクはヨナに惹かれながら、従者の仁義として自分を捨て守る。
スウォンはおそらくヨナを想いながらも、復讐のために鬼となった。
こうやって書き出すだけで、ヴァン騎士っぽさを感じませんか?

違いとしては、ヴァン騎士よりもキャラそれぞれの
気持ちや態度がストレートに表現されてること
ですね。
所々で出るキャラ達の強い意思を込めたセリフも力強くて、
悲しいストーリーではあるけど、モヤモヤはせずに、
胸がスッとして、姿勢を正したくなるような話です。
エンターテイメントとしても分かりやすい設定と世界観なので、
変な茶々、勘繰りを入れなくても楽しめます。



ハクは無骨さと軽薄さが良い感じにミックスされていて、
戦闘シーンではカッコイイし、男にも人気が出るキャラだと思います。
スウォンは女性人気が振り切ってそうです。男人気はさほどで(笑)
ヨナは最初はいかにもな箱入りのじゃじゃ馬娘だったのが、
3巻の最後には成長が楽しみなぐらいは自立し始めて、
この後次第で、おじさんの涙腺を緩ませてくれると期待します。

ストーリー的には、スウォンの真意が鍵を握ると思われます。
ただの復讐鬼ではない複雑な事情があることは予想できるものの、
3巻時点では、心の奥が熱いのか冷たいのか、
隠された本当の目的があるのか何とも分かりません。
スウォンの内面が綿密に描かれていくと、より深く、面白くなりそうですね。

アニメのキャラ紹介を見て推察する限り、
順番に仲間になっていくであろう四龍は、
タイプが違うけど漏れなくイケメン系(少女漫画的には鉄則)
みたいなので、ヨナにとっての逆ハーレムパーティーになるのか?
そうなるとハクにとって受難は続くでしょうが、
ヨナとハクの関係もここから徐々に深く進展するでしょう。



現在は単行本だと15巻まで発売してるようですが、
アニメではどこまでが描かれるのか。
アニメを視聴しつつ、その先も改めて漫画で楽しめたらいいですね。
ということで、知らなかった方も今から『暁のヨナ』に注目です!
ククク…、これで流行を先取りしてやったぜ。
(オススメして下さった皆さんのおかげです。ありがとうございました)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、騎士さん。「暁のヨナ」取り上げていただいて嬉しいですvまだ、三巻までしか読まれてないとか。四龍のキジャ登場のとこですね。ぜひ、お時間のある時に続きを!あるキャラ(メインメンバーではない)がとっても活躍したりもしてます(色々内容について書くとネタバレしそうなので控えておきますね)
PVは一つだけ不満があります。花ゆめ付録版も含めユンが全く無視なとこです。せめて1シーンくらい映してよ…と。
ユンと言えばヨナの女性声優陣(ヨナとユンの中の人)の「結婚したいキャラNO1」だそうです。音泉のラジオ(ヨナの番組始まりました)でいってました。
2クール二十四話だそうなのでどこまでアニメになるのか楽しみです。
SAMI
2014/10/04 14:48
SAMIさんコメントありがとうございます。
マンガの方はまだ3巻しか読めてませんが、
この先も十分楽しめそうな感じです。
ドヤ感も出せまました(笑)
おススメありがとうございましたー。

そしてユンが人気なんですか!
それはちょっと意外っちゃあ意外です。
感想でも、ユンについては全然触れずにすみません(笑)
いや、良いキャラなのは分かりますが、
結婚したいキャラ1ってほどですか!
やっぱり現代は生活力だったり、尽くす姿勢
がものをいうのでしょうか!?
スウォンやハクとの結婚は夢優先になりますよねぇ。

アニメは2クールってことは、かなり先まで
放送するのですね。。ということで、
また先まで進んだらいつか感想を書けたらと思います。
月の騎士
2014/10/05 17:49
こんにちわ、月の騎士様。
「暁のヨナ」はほっとんど、未見なのですが、1話の試し読みと四龍達の紹介小冊を読んだ限りだと、私的には青龍が好みですね!あ、あと緑龍です。この二龍をヴァン騎士キャラに例えるなら、青龍が支葵で、緑龍がアイド…藍堂センパイでしょうか!

ヴァン騎士のゆっきーと零、枢様と似てるのですか!集められそうでしたら、私も読んでみたいと思います^ ^
みるくてぃー
2014/10/08 17:02
みるくてぃーさんコメントありがとうございます。
青龍は漫画で読んだとこではまだ出てきてないので
どんなキャラなのかサッパリですが、
見た目の印象は硬派ですね。性格も読む限り
支葵っぽい感じですね!緑龍も藍堂先輩と
似てるところありそうです。白龍は一条さんで、
黄龍は…誰だろ。ちびっ子純血種でしょうか(笑)
暁だけ仲間はずれってのも可哀想ですが。
ヴァン騎士にハマった方なら楽しめる要素たっぷり
だと思いますので、機会がありましたらぜひ!
月の騎士
2014/10/09 22:07
こんにちは、騎士さん。
四龍をヴァン騎士キャラに例えたらですが私のイメージでは白が藍堂さん、緑が一条さんな気がします。青は確かに支葵っぽいですね。ポッキンチョコの変わりにプッキュー片手に(笑)で、黄は…理事長かなぁ。実は十五巻まできても黄龍はあまり描かれてない(過去とか個人的な事とかがです)ので…。
アニメは絵が綺麗だし動きも良いと思います。ちょっとヴァン騎士ファンとしては悲しいですがヴァン騎士より綺麗だと思うのです。
白泉社CMはヴァン騎士時代の方が断然面白かったですが(笑)
SAMI
2014/10/15 15:30
SAMIさんコメントありがとうございます。
暁のヨナ、アニメ1話見ました!
映像は綺麗でしたねー。ヴァン騎士よりも
力が入ってるのはメディアの差でしょうか…?
でも、ヴァン騎士も動画配信が始まってるし、
舞台化と併せて再ブームの兆しが見えてるのは
嬉しいことですね。白と緑は藍堂さん、一条さんで
逆のイメージですか。3巻までだと白は出たばかり、
緑はまったく未見なので、イメージ修正です。
黄はあんまりプッシュされてない感じなんですね。
これだけキャラ揃えると、そういう差が出てくるのは
仕方ないでしょうか。アニメが先か漫画が先か
分かりませんが、まずは全キャラ登場のところまで
物語を追いつきたいと思います!
月の騎士
2014/10/16 18:19
はじめまして。この記事を読んで、ヨナの続きを是非とも最新刊まで読んでいただきたいです。
テギュンの心の変化も涙無しでは見られません。ぜひ読んで下さい。
さとみ
2014/10/23 21:53
さとみさんはじめまして。コメントありがとうございます。
なるほど…。何やら深いストーリーが秘められている
のですね。いつになるかは分かりませんが、
続きを読んでまた感想を書きたいと思います!
後押しありがとうございましたー。
月の騎士
2014/10/24 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女漫画探訪 第15回:暁のヨナ 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる