月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女漫画探訪 第13回:月刊少女野崎くん

<<   作成日時 : 2014/08/16 09:40   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

きっとご存知、アニメ化もされて大人気の少女漫画です。






オススメ漫画として紹介してもらったのは随分前のことで、
実は1巻は結構前に読んでいました。(言っとけよ)
感想もいつか書こうと思っていたら、アニメ化されて広まり、
今は職場で普通に話題として名前が出るぐらい大人気に。
先に感想を書いてれば、「ブーム化する前から知ってたぜ!」と
ドヤ感を出せたのに…。惜しい事をしました。
後追いのような形になりますが、今回書きます。


女子高生が好きな男子に放課後の教室で告白する。
そんな(漫画的には)超ふつうな青春場面から始まりますが、
その男子こと「野崎くん」が実は少女漫画家で、
漫画のファンだと勘違いされた女子こと佐倉千代ちゃんが
野崎くんのアシスタントになって、ドタバタコメディする話です。

少女漫画雑誌で連載されてるわけではなく、
(掲載はガンガンONLINE)
ジャンル的に分別するなら『少女漫画を題材にしたコメディ』であって、
厳密には少女漫画でないと思いますが、この際細かいことは
いいでしょう。女子はもちろん、男子にもオススメです。


作者の方は、男性なのか女性なのか判別不明だったので、
Wiki情報を見たら、何と『俺様ティーチャー』と同一作者さん
だったのですね。実はこちらも1巻は読んで、いつか感想を
書こうと考えていた作品でした。比べると絵柄が一致してます。
野崎くんも佐伯先生も少女漫画目線だと、引きが強いビジュアル
ではないと思いますが、たぶん作者さんが好きなんでしょう(笑)

作中に出てくる雑誌も、やたらと既視感があるな〜と感じて
いましたが、『花とゆめ』で連載を持たれているなら万事納得です。
月刊LaLaを購読する以前だったら架空の想像でしたが、
今となってはジャンプよりも慣れ親しんだ体裁すら感じます(笑)


ということで、本作のジャンルは厳密な少女漫画ではないけれど、
別紙で本格少女漫画を描かれてることもあって、
描写の端々に少女漫画的な趣向が凝らされています。
佐倉千代ちゃん含め、女子キャラは可愛らしいけれど、
男が描く『萌え』とは一線を画していますし、みこりんとか鹿島くんの
扱いなんかは、いかにも女性的な配役だと思いました。

けれど、男が読んでもまったく違和感はないと思います。
日常的に少女漫画に触れてるからいろいろ敏感になってますが
少女漫画を一切読んでない男の感覚的には、
物語のキーワードに少女漫画が出てくるだけで、
本作を少女漫画として捉えることもないかもしれません。
いわば京料理に柚を一滴垂らした味付け程度に、
少女漫画の香りがするぐらい
と思います。



原作は4コマ区切りで、アニメはそれをまとめた形です。
それぞれの味があって、どちらも見て損はないと思います。
作品の良さとしては、兎にも角にもコメディが面白いです。
こういうセンスは磨いてどうなるものでもないと思うのですが、
『電撃デイジー』など然り、少女漫画の作家さん方にも、
男のギャグ作家顔負けに笑いのセンスを持ってる方がいるものですね。

4コマだと一瞬の切れ味を優先したネタ勝負になりがちなところ、
4コマとしてオチをつけながら、中編、長編ストーリーとしても
完成されてるのが素晴らしい。読んでいて(見ていて)飽きません。
1巻(アニメ1話)で言えば、自転車通学の下りなんかゲラゲラ笑えました。
みこりんがギャルゲーにハマって落ちぶれるくだりや、
剣さんの心からめんどくさそうなツッコミもツボです。

コメディ9割、ラブ1割ぐらいなんで、野崎くんと千代ちゃん初め、
出てくる登場人物達の恋模様を楽しみたい方には、
ちょっとヤキモキする展開が多いかもしれません。
逆に言えば、関係が進展する=作品がフィナーレを迎える
ということになってしまいそうです。どこまで続く予定か
分かりませんが、各キャラの濃いパーソナリティと、
安定したコメディ展開なら、10巻ぐらいはテンション保ってくれそうです。



最後に超個人的な話を。
描く側と読む側という違いはあれ、
野崎くんの「そうは全然見えないけど実は少女漫画と縁深い」
ことには、なんだか親近感を感じました。
外見はバスケ部キャプテン(実際中学ではそうらしい)で、
恋もしたことなければ、普段は無愛想な男らしい野崎くん。
一見少女漫画の世界とは真逆な価値を持っていそうだけど、
だからこそ少女漫画をエンターテイメントとして捉え、
客観的な描写と、夢ある妄想で作品ができあがるのでしょう。

少女漫画描いてる女性作者方だって、全員が恋愛経験豊富なわけ
ないと思うんですよ。むしろ少数派…と断じるのは失礼ですが(笑)
少年漫画に自分じゃできない夢ある冒険譚を託すように、
少女漫画に夢ある恋を託したっていいじゃないですか。
そういう意味で、『恋しよっ』はいかにも恋愛したことない男が
少女漫画を妄想して描いた風
とも読みとれますね。
こういう作品の真逆に位置するのは少年漫画じゃなくて、
『失恋ショコラティエ』みたいな同じ恋愛作品になるでしょう。
少女漫画をまったく読んでない人が本作だけを見て、
「少女漫画って全部『恋しよっ』みたいなもんでしょ」と思ったなら、
それは大きな勘違いです。そういう方には当ブログで
これまで紹介してきた作品を読んでもらえると嬉しいです。

作者さん的には、野崎くんの少女漫画家設定は、
外見とのギャップが面白いからだろうし、『恋しよっ』も
分かりやすくデフォルメさせる意味合いであって、
(作中での扱い方は正統派を逆手に取ったギャグですよね)
少女漫画のジャンル云々を考える必要はないと思います。
ですが、男の身で少女漫画の世界につま先でも突っ込んでる者として、
そんな考察を添えたくなったので書きました。敬具。



さてさて、次回は一体どんな作品にしましょうかね。
過去のオススメいただいた沢山の作品とにらめっこしながら考えます。
尚、しつこく言って下さるほど採用率は上がると思います(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
月の騎士さま、こんばんは。
野崎くん、私も読んでますー!キャラが全員自由過ぎて、笑えますね。
「荒川アンダーザブリッジ」も、キャラのかけあいが楽しいのですが、あれは少女漫画じゃないですね。
私のイチオシ少女漫画は、前にコメントした岩本ナオさんの「町でうわさの天狗の子」です。胸キュンと小ネタがつまってますよ。ラストはハッピーエンドですが、ヒロインの友達の紅葉ちゃんが切ないんです。
樋野まつり先生の、「手裏剣とプリーツ」第2回も楽しみですね。やっぱり絵が美しい!枢さまに似たイケメンの登場に期待します!
まきにゃ
2014/08/16 23:53
まきにゃさんコメントありがとうございます。
野崎くんは少女漫画を知ってなくても面白いけど、
少女漫画を知ってると、さらに面白い!
かもしれないですね。荒川アンダーザブリッジは、
名前は知ってます。が、未見ですね。
野崎くんタイプの作品なのでしょうか?
そうでした。「町でうわさの天狗の子」は、
気になってました!ということで、次回取り上げる
作品の第一候補とさせていただきます。
でもあまり期待はせずにお待ちください(笑)
手裏剣とプリーツも第2話が迫ってきて楽しみですね。
樋野まつり先生が描く新男キャラに注目ですね。
見た目は違いますが、中身が枢様の可能性は…?
月の騎士
2014/08/17 16:57
再び、こんばんは。
ついついお気に入り漫画をプッシュしてしまいました(笑)もし、ネタになるようでしたら、お願いしまーす。
「荒川〜」は電波系ギャグってとこです。常識人のツッコミ役主人公と金星人(?)ヒロインと奇妙な仲間たちの河川敷生活がゆるいですよ。
他のオススメの少女漫画を考えてるんですが、最近、少女漫画って読んでないことに気付きました。何かひらめいたらコメントしますね。
まきにゃ
2014/08/18 00:02
まきにゃさんコメントありがとうございます。
お気に入りマンガ、少女漫画に限らず教えてもらえるのは
見識も広まって嬉しいので、ぜひぜひお願いします!
電波系ギャグですか。金星人のヒロインって設定から
して電波の匂いですね(笑)そちらも機会がありましたら
読んでみたいと思います。
月の騎士
2014/08/18 17:27
野崎くん存在は知ってましたが原作は未読でした。俺Tファン(でもコミックスは持ってなく雑誌派です)なのでアニメ見てはまりました。ファンブックもアンソロも買っちゃいましたよ。どのキャラも個性的で面白いです。
オススメ少女漫画は俺Tと同じ雑誌の「暁のヨナ」で!十月からアニメが始まるので今のうちにゼヒ(ドヤ感だせるほどヒットしたらいいなぁ(笑))
SAMI
2014/08/24 16:06
SAMIさんコメントありがとうございます。
アニメから入った方も多くて、
漫画との相乗効果で人気出てる感じですかね!
少女漫画を扱っていて老若男女楽しめる作品
がクローズアップされるのは嬉しいです。
おっ!「暁のヨナ」はアニメ化されるんですか!
実はこれも1巻は読んでまして(笑)
ドヤ感出せるようにアニメ開始と併せたぐらいに
感想書きたいですね。お待ち下さい〜。
月の騎士
2014/08/25 12:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女漫画探訪 第13回:月刊少女野崎くん 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる