月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女漫画探訪 第12回:プレゼントは真珠

<<   作成日時 : 2014/07/13 08:48   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

ずいぶん前から感想を書こうとしていた作品、今更の紹介です。







斎藤けん先生の『さみしい人』を読んで、
「やっぱこの人の作品良いわ〜。好きだわ〜。
月刊LaLaで連載持って欲しいわ〜。」
としみじみ思っていたら、そういえば書くのを忘れていた
作品があったことを思い出しました。そこで今回書きます。


対象wikiが存在してないので、
まずはどういう作品か、オリジナルの説明を。


箱入り息子で社交界だとまったく場慣れできない
エドワード坊ちゃんを女の子に慣れさせるために、
使用人達は奴隷同然の女の子を連れてきます。
名もなき理想の女の子を真珠と名付け、その身を不憫に思った
エドワードは勢い余ってプロポーズを決行!!
…ところがどっこい、これは使用人一同が仕掛けた
ドッキリであり、真珠の正体は20代後半(まだ25です)
完璧超人なドS令嬢(エドワードの好みと真逆)だったのです。



以上が第1話の内容です。
斎藤けん先生といえば、心を抉る切ないストーリーに定評がある
お方とお見受けしてますが、本作はコメディ成分がとりわけ強いです。
使用人達がエドワードを弄り倒したりする様や、
真珠がこれでもか!とドSに振る舞う様はゲラゲラ笑いながら読めます。
笑えるだけでなく少年風なカワイイ男子が虐げられるのを
眺めるのが好きな方には、フェチ目線でも堪らないと思います。

逆に真珠は、容姿・体力・知力・権力など
全てのステータスで圧倒的なチート力を誇り
どんな場面でも完璧超人っぷりをいかんなく発揮します。
セリフまわしも、少女漫画のヒロインらしさはなく、
一言で相手を黙らせる強烈なキレ味です。
性格もさることながら、ここまで強烈な個性を持った
少女漫画のヒロインは珍しいかもしれません。
だいたいが薄味な設定ですからね。

エドワードはどこまでも弱くて可愛らしく、
真珠はどこまでも強くて勇ましい。
男女の立場は逆転してるような二人ですが、
エドワードは真珠を守れる強い男に成長しようとし、
真珠はそんなエドワードに癒しを求めているのかのように、
甘える態度を見せてしまう一面も。
二人だけにになると、そういった一面が時折逆転するのが
少女漫画における「ギャップ萌え」を表現してると思います。
エドワードにも真珠にもキュンと来てしまいますね。


脇役達も見た目は生粋の美男美女だらけながら、
内面はひとクセ愉快な面子が揃っていて見飽きません
涼しい紳士なイケメンだけど実はエドワードが好きな女の子レイ。
女たらしで異常な足フェチであるニコ。
エドワードで遊ぶ達人の使用人頭アーサー。
友達のいない猫かぶり令嬢デイジー。

純粋なラブコメとしての完成度は高いので、
特殊な趣味をお持ちでない方も楽しめると思いますが、
様々な『フェチ』な成分が含まれてるせいか、
マニアックな面を切り取って面白い作品だと思います。



個人的に真珠のドSセリフベスト3を載せておきます。
(どんな場面で言ったセリフかは各自探してください!)


私もあなたのこと
もっと泣かせたくなりました


踏んでさしあげましょうか?

あなたはいい練習台になりました



ちなみに1巻に収録されている『雪のカノン』、
2巻に収録されている『ゆめくらい』の両読み切りでは、
心を抉る切ない方の斎藤けん作品が楽しめます。
『花の名前』と『プレゼントは真珠』はどちらも全4巻で、
お手頃な巻数ですから、併せて読むと斎藤けん先生の
黒と白のコントラストを堪能しきれると思います。
それでハマった方は最新作の『さみしい人』もぜひ!

こういう漫画を理解できないような男子は…、
子宮からやり直してこい!(アーサー調で)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女漫画探訪 第12回:プレゼントは真珠 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる