月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 女でも読める?少年漫画ベスト10【2013年版】(第5位〜1位)

<<   作成日時 : 2013/12/25 06:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

10位〜6位までに続き、ベスト5の発表です。



さっそく5位から発表していきますよ。



第5位:それでも町は廻っている





・何気ない日常に時折絡まるミステリーやSF
・静かな心安らぐ短編集のような構成
・第5巻の『学校迷宮案内』は必見


1回読んだらハチャメチャに面白くて即ハマる!!
…ような漫画ではないのですが、何度でも読めるし、
読むほどに良い味が出るスルメのような漫画
です。
概ね1話完結の短編ですし、1巻の第1話から時系列順に
物語が載ってるわけでもないので、途中の巻から読むとか、
間の1話だけをいきなり読むとかもしやすいです。
多くはなんてことない日常が淡々と描かれているのですが、
何気に深いメッセージだったり、心に残る情景があったり、
たまにトリッキーな展開があったりもするので、
退屈することなくスラスラ読めながらも、印象に残ります。
主人公の歩鳥の性格も嫌味がなくて共感しやすいですね。

特に第5巻の『学校迷宮案内』は、個人的な
それ町のベストエピソードとしておススメします。
小学生っぽい好奇心が「メッシーの謎」を
解き明かそうと奮闘するのですが、推理の過程は
本格ミステリな雰囲気ですし、オチに関しては
ゾクッとするような本格SFで決まってます。
別のエピソード内で細かい伏線が張ってるのも上手くて、
それ町の良さや面白さが存分に出てるエピソードだと思います。




第4位:鋼の錬金術師





・エルリック兄弟の途切れることない大冒険録
・錬金術に関して分かりやすく表現されている
・敵・味方に関係なく魅力的なサブキャラ達


今更語る必要もないぐらい世間的な知名度ある漫画
だと思いますが、この前改めて全巻読んだら、
当たり前のように面白かったです。
コッテコテの少年漫画風に見せかけて(?)、
作者が女性なのもあってか、微妙な心理描写も上手く、
えぐい描写もあるディープなダークファンタジーとしても
本格派な作品だと思います。主人公のエルリック兄弟に
感情移入する内に、どんな残酷な命運であっても、
読者が目をそらすわけにはいかない気持ちになれるはずです。
最終的な敵は存在しましたが、敵になった相手にも
それぞれの理屈がしっかりあって、
時にはお茶目な態度を見せたりするので憎めないですね。

以前の感想でも書いた覚えがありますが、
錬金術を使うことに対する結論もしっくりきました。
それが物語のテーマであり、その力で争いは起こり、
また争いを止めようともするのだけど、
だからといって錬金術で何事も解決するわけではない。
『等価交換』とか『人体錬成』といった小難し気なテーマも
分かりやすく説明されて、概念を自然と理解できるのも良い
です。
読む人を選びそうなテーマや描写が数多くありながら、
読み始めて熱中してしまえば一気読みしてしまう作品です。




第3位:パンドラハーツ





・美麗な絵とダークファンタジーなストーリー
・序盤の物語が伏線になった逆転劇の数々
・単行本カバーをめくれば爆笑の本編パロディ


当ブログの一テーマとして継続的に記事を書いてますので
各巻の詳しい内容についてはそちらを参照ください。
全体的な紹介としては、前半は個人的にそこまでピンときて
なかったので、シャロンという不遇な令嬢を中心にした
キャラとセリフ弄りを中心にした、ネタ重視の扱いでした。
しかし、13巻ぐらいから息もつかせぬ怒涛の展開と、
それまでの伏線回収が始まってから、大変面白くなってきて
本格的にハマった作品です。

この辺は賛否が分かれるところで、前半を読んで
面白いと感じた方は、逆に13巻以降の展開は
見るに堪えないかもしれません。4位の鋼の錬金術師は
読みにつれエルリック兄弟に共感して共に歩きたい気持ちに
なっていきますが、パンドラハーツはアッと驚かすために
読者を突き放すかのような描写さえあります。
とはいえ、そこからの胸熱展開もありますし、
絵は安定して綺麗で可愛らしいので高評価ではないかと。
鋼の錬金術師よりも、こちらを上位にした理由は、
ブログで扱ってる義理…もありますが、逆転ミステリ好きとしては
読者を一旦突き放す趣向にワクワクしてしまう性があるためです。





第2位:ヒカルの碁





・囲碁が分からなくても絶対面白い
・進藤ヒカルの少年らしさとプロ世界のギャップ
・ヒロインは佐為とあかりのダブルシステム!?


この記事で紹介しちゃってますが改めて。
少女漫画編の2位を『ちはやふる』にしたのと
対比させてますが、とりあえず囲碁を知らないことは
何の問題もありません。極論を言えば、ヒカルの碁を
読み終わった時点で、まだ囲碁のルールをうろ覚えの
状態だったとしても、何の問題もなく面白いはずです。
そして、少しでも囲碁の世界に興味を持つと思います。
ええ、ちはやふるとまんま評価被ってますが(笑)

女性におススメするとしたら、ヒカルよりも佐為を推します
ヒカルが好き!という人はあまり多くないかもしれません。
特に初期は典型的なガキ男子ですし。女子の支持を得られず、
佐為とか伊角さん辺りに目がいくのも分かります。
佐為は結局性別も判然とはしませんでしたが、
その扱いは『ヒロイン』と称しても問題ないでしょう。
個人的にはプロ編も大人の世界があって好きなんですが、
それ以前の支持率が圧倒的に高いのもその為ではないかと。
ってことで、どうかあかりのことも忘れないであげてください!




第1位:スパイラル 〜推理の絆〜





・壮大な設定を裏に秘めて粛々と進行するストーリー
・シャレたタイトルと心に残る数々のセリフ
・タイトルの意味に繋がった最終回


「女性にもおススメの少年漫画」で1位にするのは、
この漫画しか浮かばなかったですね。
なんといってもまずは絵が女性好みな気がします。
少年漫画にしては珍しいぐらいイケメン揃いですし。
どこからどこまでもイケメンと扱うかは賛否ありそうですが、
世間一般から見れば、浅月香介も含めていいでしょう(笑)
女性キャラも見た目は正統派なんですが、
中身は一癖も二癖もあって、ある意味で男子より男前です。

基本的にはミステリーというよりも知力バトル…、
というほど派手な展開は少なく、少しずつ全体が
視えていくパズルのように進行する物語です。
話が分かりにいわけではないのだけど、
終盤にならないと全体像が見えない構図は見事でした。
何よりも今まで読んだ漫画で最も心に残った最終回です。
ある種『ヴァンパイア騎士』に近いかもしれません。
誰もが想定できてしまうハッピーエンドよりも、
少し考えさせて、それでいて切なさと温かさが同居するような
終わりのようで終わりにならない幕引きは美しいと思います。



少女漫画編と同様に、こちらもブクログでまとめを公開してます。
「?」を付けてるだけ、宣伝効果は弱まってますが(笑)
では、またの機会があれば2014年版で!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒカルの碁はほんと最高ですよね!!!!
私はヒカル好きです〜♪
匿名
2014/01/02 00:03
匿名さんコメントありがとうございます。
ヒカルが好きな人もいて嬉しいですね!
ヒカ碁は当時も好きでしたけど、
今思い返すと、本当に名作だったなぁと思います。
月の騎士
2014/01/03 17:43
「スパイラル」雑誌で読んでただけですけど毎月続きが気になったなぁ。ブレチルメインの「スパイラルアライヴ」も清隆やブレチルの補足になって面白かったです。
同じ原作者の「絶園のテンペスト」も面白かったですよ。漫画もアニメも。SAMI
SAMI
2014/01/07 16:01
SAMIさんコメントありがとうございます。
スパイラルを読んでからアライブを読むと
ブレードチルドレン側の悲哀と物語までの
流れが分かってより面白いですよね!
清隆とまどかお姉さんについては
小説も併せるとさらによく分かりました。
絶縁のテンペストは2巻ぐらいまでしか
読んだことなかったのですが、
完結したみたいなので、今後読んで
みたいと思ってますー。
月の棋士
2014/01/09 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
女でも読める?少年漫画ベスト10【2013年版】(第5位〜1位) 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる