月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女漫画探訪 第5回:こどものおもちゃ

<<   作成日時 : 2013/12/23 09:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

『こどものおもちゃ』をクリスマスのプレゼントにでも!






今から15年程前、アニメ化もされた当時は
なかなかのムーブメントを起こしていた作品だったそうです。
その頃はバリバリアニメっ子だったから見ていてもおかしく
なかったはずなのですが、「名前は聞いたことがある」
程度しか知りませんでした。少年漫画の常識度に例えると、
「幽々白書って名前は聞いたことあるけど見たことない」
ぐらいの感じ
だと勝手に推測します。
同世代の同ジャンルファンからすると「えっー!」ですよね。

タイトルが「こどものおもちゃ」で、
絵柄も昔ながらの少女漫画な作風に見えたので、
「姫ちゃんのリボン」と同系統のローティーン女子向け
作品だと思ってました。今回オススメしてもらっても、
「今更読んで大丈夫かな?」という心配はありました。

が、読んでみてびっくり!
深いです。重いです。社会に一言物申してます。
Wikiにもこんな注釈が入るはずです。


学級崩壊、学校の抑圧性、少年犯罪、家庭崩壊、
親の離婚、マスコミによる意識操作、バッシングなど
現代の社会問題を「こども」の視点で語っている。



この時の「現代」から十数年も経ってはいますが、
時代は変わっても普遍的な問題は変わりませんね。
これに加えて、今はケータイが進化・普及したことによる
モバイル・SNS問題が学校で取り沙汰されているはず。
それを取り扱った現代版の「こどものおもちゃ」も読んでみたい。



そんなわけで、テーマは子供が直面する根深い部分に
切り込んでいるのですが、決して暗い作品ではありません。
むしろ全体的な雰囲気はごくごく軽くて、
笑ってしまう破天荒なコメディシーンも満載です。
何しろ、サナのお母さんが頭にリスを飼っていたり、
サナには専属マネージャ兼ヒモ男がいたり、
千石の○○設定はどう考えてもギャグ
です。
…が、そんなギャグ設定すらも物語に取り込んで、
後々に大事な伏線になってたりするから侮れません。

主人公のサナも、美少女アイドルとは思えない、
天然ボケ炸裂の明るい女の子ですし、
羽山も初期はいけ好かない系男子ですが、
徐々にクールながらツッコミ系としてノリも良くなってきます。
後半はかなり鋭く子供達の内面を抉っていくので、
ギャグでは済まない事態に直面もするのですが…。

コメディとシリアス、ラブとハートフルが同居してるのは
『学園アリス』に近いです。主人公とヒロインのタイプと
関係もなんだか似てますね。個人的な見解の対比ですが、
泣ける度は学園アリス、笑える度はこどものおもちゃですね。


全部読み終えた感想としては、
さすがに話題になる作品だけあって
読んで損なしだと思いました。
中盤はちょっと急ぎで速読気味に読んでしまったので、
改めて時間のある時に読み返したいと思います。

そして、小学生でこれ読んでる女の子が
同年代にいたら何一つ勝てる気がしない
ということを考えました。
冒頭の例えに出した「幽々白書」は、小学生的には
読んでるとちょっと大人ぶれる漫画だったのですが、
その頃、同年代の女の子が、こどものおもちゃみたいな
作品を読んでたとしたら、こっぱずかしくなります。

これを読んで、社会問題とか恋愛について理解してる
女子からすれば、同時期に「レーイガン!」とかやってる
男子はアホそのものです。羽山の悪さも大人ですよ(笑)
※幽々白書は今の大人が読んでも面白いですよ!


小学校の高学年ぐらいから男女間の話題が、
少しずつかみ合わなくなってくる原因は
この辺にあるのではないでしょうか?
思い返してみると、男子で女子とよく話してる子は
社交性があって…いや、ナンパ的なだけであって、
話題が噛み合って意気投合してた感じでは無かったです。
逆に女子で男子と好んで話す子は、
男子側の趣味を理解してるような子だった気がします。

男子が女子側の心理を分かるには、
サナと羽山の関係や、サナとお母さんの関係や、
直澄くんの複雑な気持ちさえも理解しなければなりません。
こどものおもちゃを読んで勉強した方がいいですね。
逆に女子の皆さんは、男子がバカばっかりに見えたとしても
「こどものおもちゃ読んでないんだろうなー」と、
広い心で思ってあげてください。で、気になる男子がいたら
薦めてあげましょう。それで「ツマンネ!」とかいう奴は、
だいたいその程度のもんです(笑)



自分が子供の頃連載してた少女漫画で、
社会がどうだの男女の関係性がどうだのと、
大人になってから参考になるとは思いませんでした。
勉強になりました!(←小学生じゃなくてこいつが勉強しちゃったよ)

ということで、小学生のお子様がいるパパ・ママの皆さんも、
今からでも遅くありません。クリスマスプレゼントに
「こどものおもちゃ」全巻をプレゼントしてはどうでしょう?
(お正月のお年玉プレゼントでも、アニメDVDでも可)

男女限らず、このような作品を小さい頃に見ることは
情操教育として大変良いと思います。
併せて幽々白書もプレゼントすれば、
男女どちら側の心も掴んでベリーグッド!
ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女漫画探訪 第5回:こどものおもちゃ 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる