月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊LaLa&Ane LaLa(2014年1月号)感想

<<   作成日時 : 2013/12/14 06:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

重大発表も!?2013年最後の月刊LaLa感想です。






今号のラストゲーム


先月号のタイムカプセル回の感想をツイートするとかいって
やっぱり完全に忘れて終わってしまいました…。
どうもブログでしないと、約束を守れない男です。
前回はむかし懐かしい関係と今の関係がミックスされた、
久しぶりの純正なくじょみこ×柳回でしたね。
本編とは全然関係無いところで、個人的に考える
『同窓会論』があったのですが、割愛させていただきます。

淡く幼くも、感情的には順調に心の距離が近づいていく
くじょみこと柳の関係性に、あくまで首をつっこむ桃香と、
諦めモードな相馬の密かな対立が描かれた今回。
以前から繰り返して書いてますが、
桃香と相馬ケイがくっ付きそうならば
最終回も近いと思いますが、どうやらまだそうはならない模様。
盛り上げて煽るには、相馬ケイの覚醒しかないだけに
この流れは自然です。しかし、これが普通の男女相手
だったら相馬ケイにもチャンスはありそうだけれど…。

むしろ、初期のあくどさ全開で猫かぶってた頃の方が、
強引に突っかかって可能性はあった
んじゃないでしょうか?
要するに今の桃香状態ですね。くじょみこは
相馬ケイに一貫して悪い感情は抱いてないし、
最近は柳も心を開いてるような節があるので、
二人の友人に収まるならば、今のままで良いんですけど。
はたして桃香のハッパで何かが変わるのか?
合宿編の結末次第で、その後の物語が見えそうです。




今号の学園ベビーシッターズ


気になっていたキャラコンの結果が発表されました!
1位・2位は当然として、いのまりちゃんが9位…だと?
少女漫画のキャラコンでは分が悪いのか。
月刊LaLa最強の萌えキャラだと思うのですが、
男子票もさほど伸びず、ですか。投票してるのか知りませんが(笑)

うしゆきちゃんも12位ですか…。これが少年漫画票だったら、
いのまりちゃんはともかく、うしゆきちゃんは、
ベスト5に食い込まなきゃおかしいキャラだと思いますよ。
3位、4位も納得として、5位にニート兎田が
入ってるのが、いかにも少女漫画票な感じがしました。

ペア票も、女子二人絡みはそんなに振るわず…。
しかし、竜一とよりも、いのまり×うしゆきの方が
票数多いのには、大変ほっこりしました。
学ベビを読んでる女子層は、竜一との恋愛よりも
いのまり×うしゆきの友情に萌えてるですね!
まぁ、それよりも竜一×狼谷が上位の事実
あるわけですが。そして、小太郎×理事長に投票した方々は、
勝手に『おお、心の友よ』と称賛させていただきますので。

本編は、ぐぅ畜(使い方間違ってる)な良い話でした。
つべこべ言う必要なく、読めばそれで癒されます。
この話を読むと、犀川さんに一票入れたくなりますよ。
なんてステキな黒(下着の色)執事なんだっ!
私が金持ちだったら、時給5000円で雇いますね。




今号の金色のコルダ3


リンデンホールのアリアはなかったことにしてください。

……って、どこかに注意書きしてあるんじゃないかと思って
探しましたが、普通に4巻発売の宣伝がされてました。
内容的には、リンデンホールのアリアが
本当になかったことになった世界で、時空が戻されてます。
オヤシロ様の仕業ってことでいいですか?

登場するのは懐かしの面々…というには、
最終回からまるで時間が経ってませんが、
リンデンホールのアリアのレギュラー・準レギュラーは
登場するみたいですね。新キャラの女子も出て
きましたけど、彼女の役回りは恋のライバルなのか
奏の友人役なのか。ライバルだとしても、男キャラの方が
圧倒的に数多いから、扱いが難しい気がしますね。

さて、何はともあれ注目は我らがミョウガさんの再来で、
第1話から登場してくれたので、まずは一安心です。
安寧とした表情をしてたのが気がかりですが。
できれば、前作と変わらぬ孤高のキングであってほしい!
トウガネさんは前回通りっぽいので問題ないでしょう。
とりあえず律ルートから入るみたいな展開のため、
しばらくは響也のヤキモチが中心になるでしょうか。
大丈夫、君にはハルくんがいる




続いて、Ane LaLaの感想に移ります。





勝手に今号が最後の刊行かと思っていたら、
来年以降(次号は3月発売)も続くみたいですね。
連作のうち「そらのおと」「さみしい人」は次回で最終回ですが。
「さみしい人」は単行本化されたら確実に買うと思います。
今回も母と子のすれ違いに心を抉られました。
他の作品は最後にはハッピーエンドに向かう安心感が
あるけど、これだけはどうなってしまうのか本当に分からない。
次号も必見ですよ!!

「十年後、街のどこかで偶然に」は、7月号で再会した
二人のその後とリンクして始まる、もう一つの物語です。
内容としても前話とまるっきり対比しているのが面白いです。
前回は再び会うことで続きが始まる物語でしたが、
今回はもう1度会って心の決別をつける物語です。
といっても切ない話ではなくて、後味はスッキリです。
善し悪しではなく、人が積み上げた10年間は
何かを新しく始めるにも、何かに区切りをつけて終わるにも
十分な時間ではないかと思いました。


「欲望列車」は、サスペンス…なんですかね。
設定には夢がないわりに、ちょっと無理があるし
この作品をオトナガールに贈られても「お、おう」としか
返せない様な気はしますが、しかし何だかインパクトありました。
話の終わりが、妙にあっさりとしてるのも含めて。

「田舎の結婚」は男目線の物語な感じがしました。
女子がこれに共感するかどうかは微妙ですが、
巻頭カラー扱いだからプッシュしてるのですよね。
むしろ私のような「少女漫画を読む男」の層を
ターゲットにしてる可能性もありますが。
逆に「モノクロレーダー」は女子目線の物語で、
こっちは共感しやすいと思います。
個人的には、どっちも内容は良かったですよ。


あと注目は相変わらずの大問題作「インヘルノ」ですね。
こればっかりは共感は全然できないのですけど、
いったいこれをどう着地させるのかは見物です。
…いや、これまで伝説のボーズラブ!!!とか、
ほぼBLとか、中坊の限界ギリギリな恋愛描写とか、
いろいろなタブーに踏み込んでるマツモトトモ先生ですから、
綺麗に着地させる気なんか微塵もないかもしれません。
アカギばりに「限度いっぱいまでいくっ・・・!
LaLa編集部がねをあげるまでっ・・・!」って感じだったりして。
この勝負、見逃せませんぞ!(どんな煽りだ)




さて、冒頭に「重大発表!」と煽った件について、
そんなに重大発表ではないかもしれませんが発表します(笑)
それは………、
来年から月刊LaLa感想をブログの記事ではなく、
『ツイキャスorチャット会』でお届けする形を考えてます


正直な話、このままのスタイルで月刊LaLaの感想を
ブログの記事に書くのは、自分のモチベーション的にも
今後の発展的にも、ちょっと限界を感じてました。
それでも更新を楽しみにして下さってる方もいて、
いろいろ悩んだのですが、双方向のコミュニケーションがあれば、
また違った趣や発見もあるのではないかと思い、
新しい形として挑戦させていただきます。

チャットとツイキャス、交互にやるのか
評判の良さそうな方に決定するのか、
はたまたやっぱりブログで続けることにするのか、
やってみないと分からないので流動的です。
とりあえずチャット形式は未知数なので、
年末の大放談(?)を兼ねて初の試みで開催してみます。



〜年末大放談チャット会〜

12月28日 20:00開始予定



・月刊LaLa最新号感想&2013年の統括と今後
・ヴァンパイア騎士inアフタートーク
・語ろう少女漫画!
・and more…

年末だけど、特別にやることもないし、
暇だから相手してやるよ!という奇特な方の
気軽なご参加をお待ちしております。
詳しくは追ってお知らせしますので、よろしくお願いします。

尚、悲しくも参加者の方が皆無の場合は、
たった一人で乱文なつぶやきを放出して終わります。
ハッピーニューイヤーならぬロンリーニューイヤーの
幕開けになりそうで、それは大変悲しいですけれど!



それでは、今後ますますの月刊LaLaの発展を願いまして、
LaLa感想を一旦〆とさせていただきます。


妄想の花咲く、よいお年を!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ララの感想ブログが終了するのはちょっと寂しいですが、今までお疲れさまでした!何事も節目ってのがありますよね。私も「夏目10周年」を見てそんなに年取ったのかΣ(゚Д゚;となりましたよ。おばさんが若い子の楽しみに口出したらいかんな〜と思うようになって、今はOG気分でララを楽しんでます。
金色のコルダ3の仕切り直しはちょっと驚きましたがアリだと思います!(死語)乙女ゲームは攻略キャラの数だけパラレルワールドが存在するのですから、コミカライズだって\(^o^)/ 冥加さんはじめキャラの魅力がまだチラっとしか出てませんからね!

あとチャット楽しみです。パソコンの音声機能が調子悪くて今までツイキャスは聴けなかったのです。ララオタトークなら参加できますよ!以前ブログアンケで「夢の雫、黄金の鳥籠」をお勧めしたら他にも好きって方いらっしゃったので、ブログ常連さんと少女漫画トークもしてみたいですね。
aki
2013/12/14 18:29
akiさんコメントありがとうございます。
ブログとしての感想終了は決定ではないですが
突然の発表になってしまいすみません。
ヴァン騎士が終わり半年、2013年の節目で
ちょっと趣向を変えてみたいと思って、
新しくチャレンジしてみることにしました。
また魅力的な新作が始まったり、
企画がとん挫したら平然とブログで再開
するかもしれません。その時はよろしく
おねがいします(笑)

金色のコルダはそもそもキャラの数と
話数が比例してませんよねー。
ほとんど一発キャラ扱いだったり、
印象が薄かったキャラも、乙女ゲーでは
実は人気だったりするかもしれないし、
何度も描くのはファン的にウェルカムでしょうか。
とにかくミョウガさんが活躍してくれば
個人的には楽しめそうです。

チャットはぜひぜひお時間あれば
ご参加いただければ嬉しいです。
内容は参加者の方次第(うまくさばけるかどうかは
別として)で、チャットなら変な緊張もなく
気兼ねないトークができるんじゃないかと。
もちろんマナーは大切ですが、それは当ブログの
読者の皆様を信じております!(身勝手な)
月の騎士
2013/12/14 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊LaLa&Ane LaLa(2014年1月号)感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる