月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年9月初めの日記(書評:秋期限定栗きんとん事件)

<<   作成日時 : 2013/09/01 09:06   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

早く涼しくなってほしい季節、ゲームやアニメや本をおススメします。


8月中はいろいろあった気がするのですが、
暑さのせいかなんだかあまり覚えてません(笑)
覚えてる限りでは、適度に出かけ、適度に引きこもり、
暑さに少し頭がやられはしたけど体調を崩すこともなく、
乗り切ることができたので良かった!と総括しときます。

今月は、9月に入って夏休みが終わってしまった
学生さんも、まだ夏休みの余暇が待ってる社会人の方にも、
楽しんでいただけるような作品を紹介していこうと思います。



まずは先月の日記にも書きました、
ニンテンドー3DSのゲーム『逆転裁判5』について改めて。
特別編まで含めて、全話をクリアしました。
過去作でも思ったことですが、最初から最後まで、
とてもバランスが良かったです。プレイしていて、
良い意味でツッコミを入れることはあっても、
不快感はまったくない快適なゲームですね。
濃いキャラのリアクション、シナリオの面白さ、
『逆転』する裁判の爽快感、それを彩る音楽。
そして、、、ジャスティス!!!(プレイした人だけ分かる)

一見さんから、シリーズのファンまで
老若男女楽しめる娯楽作品に間違いありません。
ダウンロードコンテンツの特別篇も、
今なら半額400円で、この内容は文句なしです。
3DSを持ってる方には改めて強くおススメします!!



それからアニメについても、一つおススメをします。
ブームに乗って『進撃の巨人』…ではありません。
たびたび話題に出す『ダンガンロンパ』…でもありません。

おそらく知ってる方はほとんどいない10年以上前の
ドマイナーな作品なのですが、隠れた超名作です。
つい先日、バンダイチャンネルで視聴できるようになったので、
この機会に見ていただきたいなと思いまして。


BRIGADOON まりんとメラン
(1話は無料で視聴できます)


私もリアルタイムで見てたわけでなく、聞いたこともないアニメ
だったのですが、とあるその道のプロから教えてもらいました。
最初は全然興味なくて、騙されたと思いながらも、
暇つぶしに程度に観始めたことを覚えてます。

1,2話ぐらいは「ふーん」って感じで、特に何の変哲もなく、
ともすれば子供向けアニメに見えるかもしれません。
しかし、3話ぐらいから「これは……」と徐々にいろいろ気付くはずです。
10話ぐらいから正座で観てしまい、毎話の引きが神がかってるので
1度ハマってしまったら、一気に見るしかなくなります。

マイナーな作品ですし、最初は食指が動かないかもしれません。
それに途中の展開には、ある意味で「もう見たくない」と
思ってしまうもかもしれません。ですが、最後まで観て欲しいです。
最後まで観た方には、きっと同意してもらえると思うので、
お時間のある方は、ぜひこの機会に見てもらえると嬉しいです。
ブルーレイ化したら絶対買おうと思ったぐらいハマったので、
私もまたそのうち全話パックを買って、通しで観ようと思ってます。



続いて、毎月書いてる書評コーナーに。
秋と呼ぶにはまだ早い季節なんですが、
今回の書評本は、「秋」の季語が入った小説です。
さらに先月はえげつないタイトルの小説を紹介してしまった
ことをちょっぴり反省して、今回はスイーツ好きの同志が、
惹かれてしまいそうなタイトルの小説
にしました。








覚えている方がいるか分かりませんが、
去年の下期ブクログランキング4位に前作小説の感想を書いてます。
前書に続いて、本書も電子書籍で読みました。
上下巻に分かれているのでボリュームを感じるものの、
ライトノベルのような感覚であっさり読める
(と言いつつ、私はいわゆる『ライトノベル』を
ほとんど読んだことないのですけど)小説です。

連作ストーリーとしては第3作にあたりますが、
前作の感想と同じで、いきなり本書を読んだとしても、
何がなんだか全然わからないことはありません。
物語としては完結していて、これだけで問題なく楽しめます。
人物の性格や関係をすんなり把握するにも、
第1作の『春期限定いちごタルト事件』、
第2作の『夏期限定トロピカルパフェ事件』を
読んでおいた方が、隅々まで楽しめるとは思いますが。


簡単なあらすじをwikiから引用しようと思ったのですが、
詳しく書きすぎていて、ネタバレに抵触していたので控えます。
前2作に比べると、上下巻になってるだけあってミステリ色は濃いです。
とはいえ、主な舞台は高校の新聞部ですから、
おどろおどろしさはないですし、途中に「バス内で降車ボタンを押し間違えて
次の目的地に降りるのは老婆か女子高生か?」みたいな
気分転換になるライトな謎解きも含まれてますから、
「怖い話は苦手!」な人でも全然大丈夫です。

ただ一つ、ちょっと残念な情報を載せてしまうと、
前2作に比べると、スイーツ描写は控えめです。
ただし、タイトルの『栗きんとん』は『マロングラッセ』と
対比させて意味のある表現
として使われてます。


この本で一番注目して欲しいのは、
主要登場人物である小佐内ゆきが、探偵役である小鳩くんに、
スイーツ食べながら語る最後のシーンで、
ある真相(事件が混乱した理由みたいな事)を告げるのですが、
これが「ドキッ」とさせられる内容なのです。
あっと驚く「ドキッ」ではなく、乙女心の重みを感じる「ドキッ」です。

ホラーやサスペンス的な意味ではないですし、
言葉としてはむしろ可愛らしいと思います。
ですが本書の物語と彼女の行動を追って照らし合わせると、
男としては、少しばかり背筋が寒くなるというか。
小山内ゆきとは何者か?という、
本シリーズ最大の謎に触れてるオチにもなってます。
全国の「俺が彼女の騎士だ!」になりたい諸君は、
まず乙女心を理解して動くように。
ってことを肝に銘じる必要があると思います。




最後に、9月のブログスケジュール予定です。


9月7日:少女漫画探訪 第3回:僕等がいた

9月14日:月刊LaLa&Ane LaLa(2013年10月号)感想

9月21日:ヴァンパイア騎士 ノベルズ感想&考察!第二部の玖蘭枢(第2回)

9月29日:学園アリス感想(最終巻)



それではまた来月!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近ゲームをいろいろやり始めたので騎士さんお勧めの『逆転裁判5』に興味を持ちました。5からいきなり初めても大丈夫でしょうか?
あとゲーム初心者すぎて乙女ゲーム以外ではP3Pくらいしかしたことがないので、初心者でも楽しめるお勧めゲームがあったらブログで紹介して下さいね♪
aki
2013/09/14 00:52
akiさんコメントありがとうございます。
おお〜、逆転裁判に興味をもってもらえて
嬉しいです!5からでもゲームを遊ぶには
全然問題はないと思います。親切に説明して
くれますし、操作の難しいゲームじゃないので。
もちろんストーリーの繋がりやキャラを100%
楽しむには旧作をやってた方が面白いですが、
それは興味をもってもらえたらで十分です。

おススメゲームですか〜。
私も昔に比べて全然やれてないのですが、
逆転裁判に近いノリ(ただし一応アクションゲーム)
で「ゴーストトリック」は、初心者の方でも
取っつきやすいと思いますね。
他にも思いついたら、紹介させていただきます!
月の騎士
2013/09/14 09:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年9月初めの日記(書評:秋期限定栗きんとん事件) 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる