月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 学園アリス(第27〜30巻)感想

<<   作成日時 : 2013/08/31 09:16   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 3

追いついてクライマックス!学園アリス感想、セミファイナルです。


学園アリス最終巻が9月20日に発売されるそうです。
ヴァンパイア騎士に続いて、心に残った少女漫画が
終わってしまうことには寂しさを隠せません。

作品全体についての感想や思い出は、
最終巻の記事内で詳しく書きたいと思いますが、
とにかく、今言いたいことは一つ!


今からでも遅くないから、読んでみよう!!


ヴァンパイア騎士の時は、男に薦める気は1_も
ありませんでしたが、学園アリスは職場で萌え豚(失礼)と
化してる男連中にも薦めたい衝動に駆られます(笑)
ちはやふるも似たような分類の漫画ですが、
あれはアニメ効果もあってハマる人は自然とハマるでしょうし、
ある意味で、少女漫画の枠を飛び越えた作品だと思うので。

男女関わらず、ハマる人は一気に読んでしまうはず!
第1巻の頃にドイヒーな感想を書いてた奴の言葉では、
信頼感ないかもしれませんが、それぐらい優良作品です。



それではラスト直前、27〜30巻の感想に参ります。





コメディ:★
シリアス:★★★★★★★★
ラブ:★
ハートフル:★★★★★★★★

今巻のMVP:ペルソナ
今巻のベストシーン:みかんとペルソナの邂逅
今巻の名言:どうか贖罪の道への第一歩を
踏み出させて欲しい……



評価値が極端なことになりました。
コメディがないのはいつものことだとして、
めずらしくラブが少ないです。
というのも今巻の主役はペルソナですから。
だからといって、読み応えは変わりないどころか、
学園アリスの「泣かせるストーリーテーリング」は、
ペルソナに対してもぬかりなく丁寧です。
罪を背負った孤独な男が、戸惑いながらも
改心する様子が切なくも温かに描かれています。

ペルソナがみかんに手を差し出すシーンは、
またしても鼻セレブが必須の感動です。
行平泉水という存在を介して出会った二人。
心を救ってくれたのに殺してしまった。
娘として生まれてきても会えなかった。
そんな二人が手を取り合う日がやってくるとは。

頑張る女の子と孤独な男の姿に涙腺崩壊です。
他のキャラの見所もそれぞれありましたが、
この巻は、ぺルソナにとことん注目して読んで
もらいたい。そう思った巻でした。







コメディ:★
シリアス:★★★★★★★★★
ラブ:★★★★★
ハートフル:★★★★

今巻のMVP:棗
今巻のベストシーン:初等部校長と小泉月の結末
今巻の名言:君の中にアリスはもう存在しない……



この巻では、ついに初等部校長との戦いが決着します。
ここまできて、学園アリスを「少女漫画だから〜」
な論調で語る気はさらさらなかったのですが、
それにしても、戦いを終えて迎えた結末が、
そのままハッピーエンドに繋がらないのは、
感嘆するほどすごいです。少女漫画どころか少年漫画だって
ラスボス倒したら、普通はハッピーエンドですから。

しかし、学園アリスはそんな安易に完結させません。
息つく暇もなく押し寄せる次の問題、そしてまた次の問題。
棗は瀕死、みかんはアリスを失う。
20巻を過ぎたあたりから、みかんと棗の境遇は
壮絶続きでしたが、そして迎える最後にして最大の
ピンチが、ここまで辛いとは。単行本だから、まだまとめて
読んで補完できてますが、『花とゆめ』本誌で読んでたら、
いてもたってもいられないところで28巻は区切られてます


ここで、小泉月についても書いておきます。
初登場巻で稀代のヒールっぷりを見せ、
以後は初等部校長、ペルソナ、小泉月と、
三大敵役の構図が確立されてましたね。
絶対的な悪で野心の塊な初等部校長。
心の闇に支配された悲しき男のペルソナ。
愛憎渦巻く感情を迸らせ続けた小泉月。
三者三様のキャラクターが、学園アリスの
物語に緊張感を生み続けました。

なかでも小泉月は、表向きはカワイイ女子として
男子を籠絡させ、裏では獲物をドギツイ本性でいたぶる。、
ヒロインのライバルキャラを数十倍濃くした様なキャラで、
存在感はずっと色褪せませんでした。
どの作品でも「物語に必要な悪キャラ」は大抵好きです。
学園アリスでも、初等部校長は私利私欲に走り過ぎて
感情移入できませんでしたが、ペルソナと小泉月は、
悪役としての立ちまわりを認め、最後の決断を尊重したいです。







コメディ:★★★
シリアス:★★★★
ラブ:★★★★★★★★
ハートフル:★★★★★★★★

今巻のMVP:るかぴょんと蛍
今巻のベストシーン:みかんとの思い出の授業
今巻の名言:そんなこと言われたら忘れられないじゃない
こんなの一生苦しい片思いみたいじゃない…っ



アリスを失ったみかんはこれまでの記憶を奪われ、
普通の少女として故郷で生きていくことに。
そして別れの前に、みんなとの思い出の授業が開かれて…
というお話です。

それぞれのキャラに注目して見ていけば、
語り尽くせませんが、思い出の授業に関しては、
パーマが全部もっていった感がありました。
最後までブレないツンデレ態度もステキですが、
名言に選んだ発言には、これまた鼻セレブ必須です。
たしか初登場時に「アリス持ってない奴は虫けら」みたいな、
利根川先生ばりの人生をぶった切る発言をした子が、
こんな純真乙女な言葉で、宿敵と書いて友と呼ぶ、
そんなみかんとの別れを惜しむとは。
学園アリスの脳内萌えキャラランキングでは、
1位は美咲ちゃんとして、パーマを3位にしたいぐらいです。

え?2位は誰だって?もちろん、るかぴょんです。
この巻でも、とてつもない超乙女モードでした。
みかんと棗に対する想いの深さには恐れ入りました。
なんというか、ヴァンパイア騎士の藍堂っぽいんですが、
精神的には、るかぴょんの方が大人かと(笑)
対する蛍の超男前感もすばらしいですよ。
本来ならば立場がいろいろ逆だろ!のツッコミ入れてますが、
学園アリスには、この役回りで完璧に合ってるのです。







コメディ:★
シリアス:★★
ラブ:★★★
ハートフル:★★★★★★★★★★
        ★★★★★★★★★★

今巻のMVP:今井兄妹
今巻のベストシーン:みかん卒業
今巻の名言:大丈夫…



評価値がバグったようになってますが、
もはやこれでいいのです(笑)
蛍が棗を助けるために、時を遡り運命を
変えようとするが……という話です。
あれだけ冷戦を続けていた今井兄妹が、
過去を清算するように協力し合う姿も感動的です。

そしてみかんは、遂に卒業の時を迎えます。
学園アリスの生徒、先生は総出でみかんを送り出し、
みかんも最後に涙を流しながらも、
笑って手を振りました。記憶は消えても絆は消えない。
その想いを信じて、「大丈夫」だから……と。

誤解を招く感想ですが、ある意味で、
この30巻で終わりだとしてもなんだか満足です。
この先、みかんが棗や蛍に再び出会えたのか?
それは読者の幸せな想像に任せてしまっても、
学園アリスの物語は色褪せません。それぐらい、
涙と感動のハートフルをたくさん味わいました。

ですから、31巻や最終回を下手に予想するのは止めます。
何がどうなっても、きっと一難去ってまた一難だった
これまでの物語を締め括るに相応しい結末が待ってるはず。

一つだけ要望するなら(もう本誌では答え出ちゃってますが)
最後は感動だけでなく、初期のようなコメディ全開の
笑えるシーンも有りだったら良いなと。
棗が「久しぶりに会っても水玉かよ。成長してねぇ…」みたいな
照れ隠し(やや本音含む)捨て台詞をはいてくれたら、
初期の頃、パンツネタにやたらとくいついてた(黒歴史)
当ブログとしても、グランドフィナーレとして
読み終えれますね!蛍がみかんを蹄でなぐってもよし!(笑)




それではまた来月末に、
最終巻の感想を書きたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
学園アリスおもしろいですよね。
あなたが美咲、美咲って言い出したきっかけがただの変態で、美咲初登場から好きな僕にはショックですが美咲好きがいて良かったですw 僕は男だけど美咲のセクシーはなんの魅力も感じないです...
スミレも良いですね。
学園アリスもあなたの感想(おもしろいから好きですw)も終わってしまうのが寂しいです。
ちなみに僕の脳内萌えキャラ、1 翼 2 美咲 3 のばら です。
長々とすいません。
初めまして
2013/09/15 22:55
大したことじゃないですが訂正...
初登場からずっと翼美咲カップルは同率1位です。
ただそれだけです。
続けてすいません(--;)
2013/09/16 00:27
初めましてさんコメントありがとうございます。
美咲を気に入ったキッカケは
「この変態ロリコン!」と指さされても
仕方ない動機ではありますが、真面目に
彼女の気の強さはすばらしいと思います。
みかんにとってのお姉さん役ですね。
31巻で完結してしまうのは大変寂しくもありますが、
きっと美しいラストを楽しみに、最後まで見届け、
素直な感想を書いて締め括りたいと思っています。
月の騎士
2013/09/17 14:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
学園アリス(第27〜30巻)感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる