月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログで振り返る『ヴァンパイア騎士』の思い出(前編)

<<   作成日時 : 2013/06/29 06:30   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8

最終回から約1カ月、一息ついたところで振り返ります。


尚、タイトルに「ブログで振り返る」を付けてる様に、
ヴァンパイア騎士の第1話から最終話までの内容を
改めて考察する記事ではなく、今回はあくまで
当ブログのヴァンパイア騎士記事について振り返る内容です。

ヴァンパイア騎士の物語全般について
再考察を期待していた方はごめんなさい。
それは第19巻発売の時にでも取っておく予定なので、
またの機会に読んでいただければと思います。

では今回の前編では始まりから順に
覚えてる限りの思い出を徒然書いていきます。



最初のキッカケは、何度も書いてるので、
すでに知ってる方も多いと思います。
5年前の春に、たまたまアニメの感想を書こうとしていて、
放送予定のアニメ一覧を眺めていたところ、
『ヴァンパイア騎士』のタイトルを見つけ、
騎士繋がりというだけで視聴候補に入れたことでした。

で、アニメ1話を観て、特別に面白いとも面白くないとも
思いませんでしたが、「黒髪の兄ちゃん(もちろん枢)には裏がありそう」
ってことにはいち早く勘付きました(笑)
今にしてみれば、それが2話以降を見た一番の理由で、
もし1話を見た時に、枢が何の変哲もない
爽やかなイケメンで終わってたら、それで切っていたかもしれません。

後に公式サイトを調べて、原作が少女漫画なことを知り、
他の視聴したアニメ感想の候補作品に
さほど良いものがなかったのもあって、
アニメ感想の対象作品に決めました。
以上が、ヴァンパイア騎士の感想を書き始めた流れです。



運命は分からないもので、あの時の気まぐれで
アニメのヴァン騎士を見なければ、今でも
「少女漫画なんてイケメンと恋愛して最後は結ばれるだけの話でしょ」
と、勝手なイメージを持っていたかもしれません。
ヴァンパイア騎士も、序盤はそういう視点で見てましたが、
物語が進むにつれて、偏見は取り除かれていきました。

そして、少女漫画雑誌(月刊LaLa)を購読する様なことは、
まずありえなかったと思います。
ましてや、2冊も買うなんて絶対なかったでしょう(笑)



そうなるのは、始まりからもっと先の話です。
感想を書き始めてからしばらくの間は、
節々に感想を書くことに対するやる気の無さ、
作品に対して侮蔑のような意味が込もってました。

学生時代に意味もなくつぶやいた、
「眠い」「だるい」「めんどくさい」みたいなもので、
半分はネタのつもりでしたが、
アニメ放送前からファンだった方に対しての
配慮が足りなかったことには違いありません。
それと作品を(少女漫画全般について)知らないのをいいことに、
とにかくおもしろおかしく悪ふざけ満載で、
記事を書いてました。この頃の方が、
悪意のある毒が混じっていたので、
人によっては「面白かった」と評価してもらえるかもしれません。
書いた本人としては、初期感想にはいろいろ自省するばかりですが。


そんな様子では打ち切られる流れだったのですが、
アクセス数に関しては、最初から他記事に比べても悪くなく、
検索ワードに引っ掛かってるのか一定数は得てました。
他にネタがなかったのもあって、1期の最終回までは
感想を続けようとは、内心早い段階で決めてました。
今読み返すと、1期感想の中盤ぐらいまでは、
止めることを常に仄めかしてますね。半分ブラフです(笑)

で、1期のアニメが終わる頃には、
少しずつですが、ヴァンパイア騎士の魅力というか、
物語のテーマやキャラの特徴も捉えてきました。
しがらみがない分、気兼ねなくツッコミができる作品として
それなりに楽しんで感想を書いてたと思います。
なにしろ、当時行ったブログアンケートで、
「2期の感想も書いて欲しい」には1票しか
入って無いにも関わらず、自主的に2期の感想を
書くと決めちゃってた
ぐらいですから、自意識なくても
実はこの時点で心はかなり染まっていたと察します。




とはいえ、それだけではここまでの一大ムーブメント
には至らなかったでしょう。
何よりも大きな気持ちの転機になったのが、
コメントで好意的な声をいただけたことに尽きます。
書いてる本人は、いつ怒られてもしょうがないと、
開き直って書いてたのですが、怒られるどころか、
褒められてるコメントが寄せられたのには本当に驚きました。

アニメの感想を書き始めてすぐの時期に、
少しでもブログに否定的なコメントがついたら、
あっさりと謝罪して、感想を放棄していたと思います。


以後、最終回に至るまでヴァン騎士の感想を書いてる中で、
一度も面と向かって(要するに当ブログへ直接のクレーム)
は否定的なコメントをいただいた覚えがありません。
別の作品では、書いた感想に対して手厳しいコメントを
いただくこともあったのですが、なぜかヴァン騎士の感想には、
それが全くありませんでした。むしろ「もっとやれ!」的な
コメントの方が多かったぐらいです。
さらには、いつもコメント下さる方に加えて、
次々と新しい方からもコメントをいただいたりして、
温かすぎる反応に恐縮しながらも、だんだん調子に乗ってきました(笑)


それは、いつしか読んで下さる方への信頼になりました。
「ヴァン騎士ファンの人なら分かってくれるはず!」と、
反応を恐れるよりも、どう書けば楽しんでもらえるか、
そして自分も面白いのか、前向きに考えて書くようになりました。

アニメ2期の終盤頃には、ヴァンパイア騎士の感想が、
当ブログの柱として完全に確立されたと思います。
そうなったら、単行本、月刊LaLaと購読していったのも
ごくごく自然の流れだったと言えます。
ヴァン騎士の感想が一番盛り上がってるのに、
それを断ち切ったら、そもそもブログを書いてる
意味がなくなるほど、外せないテーマになったのですから。




以上のように、ヴァン騎士の世界に惹きこまれながら、
少女漫画全般についても見直していきました。
LaLa編に突入してからは、毎月の感想が文章力、構成力、ネタ力
を試す機会になってました。感想の内容も、ヴァン騎士ファンの方に
向けてたのが、ついには自分自身がファンとして書いてました
ネタにするだけならまだしも、真面目に物語を考察するなんて、
いくら暇があっても、作品に愛がなければできません。

ヴァンパイア騎士という漫画は、世間に通じる名作!
……ではないと思います。これは正直なところ。
読者を置いてきぼりにする展開や、説明不足な描写、
回収されきらなかった様に感じる伏線や、困惑の混じったラスト。
粗を探していけば、いくらでも挙がることでしょう。


しかし、最後まで読んで、これほど毎月考えて、
文字にして語った漫画はありません。
ヴァンパイア騎士が内に秘めていた魔性の魅力、
ブロガーとしてネタにしたり考察を加えられる要素、
そして読んでくださる皆様の声があったから、
当ブログ最大ビッグウェーブのまま完結できました。
どれかが欠けていたら、こうはならなかったでしょう。

今後ブログを書き続けても、これほど熱を込めて書き、
評価してもらえるテーマには出会えないかもしれません。
それでも可能性があるとすれば…。
やはり樋野まつり先生の次回作に期待を込めて!




それから余談ですが、当ブログのヴァン騎士感想は、
『全キャラ、全方位外交』、特定のキャラだけに偏らず、
多局面の感想を書いたことが良かった
のではないかと。

私自身の目線が特化してなかったのもありますが、
どのキャラファンの方でも、もしくはそれほどヴァン騎士の
物語に興味がなくても楽しんでもらえるようには心がけてました。

「来る者拒まず去る者追わず」の精神を前提に、
最初から最後までオープンな場として晒したおかげで、
様々なファン方面の方から声を聞くことができましたし、
多数の方から支持をいただけたのではないかと思ってます。


それとは逆に、一部の方とだけ親交を深めて、
それ以外の他者(主に一見さん)を阻害するような
ことがない様にも、多少は気を配っていたつもりです。
なんだか「クラブのホスト気取りかよ!」みたいな言い草ですが、
オープンな場では、必要な心構えだと思うのです。

このたび、ヴァンパイア騎士は最終回を迎えましたから、
この先は望んでくださる方がいるのならば、
前向きに関わっていきたいと思ってます。
そんなわけで、もしよろしければスイーツでも食べて
ヴァンパイア騎士語りましょう!
ということで、オフ会なんてものを企画するまでに至りました。
いったいぜんたい大丈夫なのか?と不安もありますが、
とりあえず先にツイキャスで顔の一部を公開したことで、
変なプレッシャーは、ほんの少し軽減されてます(笑)




次回の後編(7月6日予定)では、独断と偏見で勝手に
『当ブログ的ヴァンパイア騎士記事ベスト20』を
決めて発表したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか凄い五年だったんですね。
本当にガチなファンになるとは誰が想像したでしょう(笑)
私もアニメ出遅れでたまたま見ただけでしたが。
それで色々検索して、今はヴァン騎士から離れてしまった方のブログのリンクで見つけなければ、騎士さんに出会えなかったです。
因みにその方今は学園アリスにどっぷりの様です。


オフ会するんですね〜!
ツイキャス未だに一本目と顔出し分しか聴けていないのでよくわかりませんが
関東開催ですよね。開催されたら後日レポ宜しくお願いします。
ダン・トーマス
2013/06/29 20:18
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
あの頃を思い出しながら書きましたが、
なんでファンになったのか、今になっても
わけがわからない時がありますね(笑)
今になっても典型的な男性向け萌えアニメには、
一向に興味がわかないので、少女漫画にはまったのは
何かが第六感に引っかかたのだと思ってます。
あ、学園アリスも時を同じくして最終回だったみたいで
不思議な運命ですね。

オフ会については、レポを絶対書くとはお約束
できませんが、まぁほんのりとだけ期待してください。
今回は関東開催ですが、なぜか当ブログは
東海地方の方々と縁が深いのもありますし、
いつか機会があれば地方でも…と考えたりします。
続報があればまたお知らせしますので、
気長にお待ちください!
月の騎士
2013/06/30 13:49
ベスト記事ですか、 私の主観だとアニメ第六話からハジマタ!と思います。イケナイ回のインパクトやばし(あとツンデレ)ゲームはどうあがいても魔王回かなwww   でも暁のワイルド(エロス)も外すには惜しいですハイ
阿球
2013/07/01 02:50
阿球さんコメントありがとうございます。
アニメ第6話感想は今の3倍ぐらいテンション高い、
っていうか何かがぶっ壊れてますねw
当時はそうでもしないと感想を書いてられなかった
のでしょう。これはこれで笑えますけど。
ゲームの魔王回は今でもよく覚えてます。
あの魔王錯乱劇場には腹筋の方がぶっ壊れました。
結果は今週末に!
月の騎士
2013/07/01 10:41
騎士さんどうもこんばんは
ヴァンパイア騎士歴5年だったんですね 5年間の感想お疲れ様でした
で、「騎士」つながりがきっかけってもはや運命ですね 私なんて単行本開いたときに読み間違えてヴァンパイアまつりって思ってましたから!←
オフ会いいですねー!ははは私受験生…
できればでいいのですがレポ希望します(^o^)/楽しんできてください
あと私も図書カード届きましたー絶対に(ある意味で)使えないです(笑)
こらきゅ
2013/07/02 22:20
こらきゅさんコメントありがとうございます。
騎士の名前をつけたのも、アニメ見たのも
すべて偶然ですが、それが5年も続けて
これたのは読んでくれた皆さんのお陰ですね。

オフ会レポは、ひっそりと期待下さい。
受験大変だと思いますが、息抜きにヴァン騎士
読んだりして頑張って下さい!

ポストカードはおめでとうございます!
使わないですし、使わえないですね(笑)
記念として、ファンの証として
永久保管していきたいと思います。
月の騎士
2013/07/04 18:19
いつも楽しく拝見しております♪
オフ会をされるようですね!参加したかったのですが、日程が合わず…(;_;)
また今度、都内などでオフ会が開催される時がありましたら、その時はぜひ参加させて頂けたらと思います(^o^)/レポ楽しみにしてます☆
ゆき
2013/07/04 23:09
ゆきさんコメントありがとうございます。
オフ会の件、興味をもっていただいたのに
残念です…。次回はまだ何も決まってませんが、
開催するならブログで報告はしますので、
今度は機会が合いましたらぜひ!
(早めに参加表明していただけると
日程など、もろもろの調整が可能です)
今回のレポも参加者の方からOKがとれたら
書く予定です。絶対の約束はできませんが、
お待ち下さい。
月の騎士
2013/07/06 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログで振り返る『ヴァンパイア騎士』の思い出(前編) 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる