月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊LaLa(2013年4月号)感想

<<   作成日時 : 2013/03/17 09:31   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

花粉という逆境に負けるな!月刊LaLa感想です。






ヴァンパイア騎士の最終回に向けて
月刊LaLaの感想も今後はこれまで通りの形式で
続けるのか、新しい形にするべきか思案中です。
とりあえず今号はいつもの形式で書きますが、
来月号は試験的にちょっと変えてみようかと。




今号のラストゲーム


新キャラ女子桃香ちゃんの役割は
やっぱりくじょみこに恋を自覚させるためでした。
しかも、どうやら小悪魔女子みたいです。
超不器用な鉄の女。しっかり者な普通女子。逞しいセレブ姉貴。
ロンリー男子も共感する女子キャラが揃う中で、
典型的なぶりっ子体質キャラが加入とあって、
これは良い感じに引っかき回してくれそうですよ。

さっそく柳と藤本さんは、その本質に気付いてます。
藤本さんは当然として、柳がこんなにすぐ勘づくとは。
やはり、くじょみこ絡みでないことには、
鋭く客観視のできる男ですね。いろいろ勿体ないわ。
それとは逆に、相馬ケイや天文部の先輩達は
こういう女子によわいよわい。まぁ、先輩たちは
ずっとこんな感じでいいと思いますが、相馬ケイは
今後どのように接した方が変わるか(あるいは
気付かないままか)興味深いです。


そして、いきなりくじょみこに投げられた
ド直球のストレート。「柳を好きなのか?」
これに対するくじょみこの答えを妄想。

@:「………えっ」
あまりの想定外な質問に言葉を失う。

A:「好きだよ。友達だから」
胸を張ってきっぱりと。

B:「分からない」
ちょっと照れながらそう答える。


どの答えであっても、一歩は踏み込みます。
桃香の表情からは「友達の恋の相談に乗ろう!」
なんて気配は一切ありません。
こんなことをくじょみこに聞いた真意は、
「好きでないなら私が狙っちゃいますよ」
でしょうから、新しい友達が出来そうと思ってる
くじょみこは感情の迷路に迷い込むでしょう。

恋愛模様も、中学生レベルのツンデレから
ようやく大学生らしく内輪のモヤモヤに
発展していきそうな感じ
ですが、ラストゲームらしく
柳とくじょみこの空回りはきっと続くはず。
それをニヤニヤしながらもだえて見守るのが、
この漫画の楽しみ方だと思いますので。




今号の学園ベビーシッターズ


お風呂!お風呂!
恥ずかしながら、これが10代頃の私だったら、
いのまりちゃんとうしゆきちゃんのお風呂シーンを
エロスな目線で見てしまったかもしれません。
さすがにイイ大人なので、もうそんな感じの目線は
ほんのちょっとしかありません。(ちょっとはあるのかよ!)
それ目当てなんて『リアル下衆の極み』な読者ですね…。

しかし、うしゆきちゃんみたいな反応って、
現実的に女子側にもありえるんでしょうか。
好きな男の子が隣で風呂入ってるって
考えたら、やっぱりドキドキするものなのか?
この場合、竜一の裸を見たいなんていうことより、
お互いに風呂に入ってるシチュエーションに
ドキドキしてるとは思われますが。

学ベビの場合、竜一や狼谷の裸体にwktkしてしまった
御婦人方、うしゆきちゃんいのまりちゃん目当ての
スケベ男子、ママたちあるいは理事長に
目が釘付けになったマニア(失礼)な方々。
ベビー達のお風呂にほのぼのした人と、
様々な目線で楽しめたと思います。
ただひとつ、犀川さんの黒ビキニパンツを
拝めなかったのは残念
ですね!




今号のウソカノ


3話掲載の最終話です。
率直な感想を言ってしまうと、
私が期待してた結末とは違いました。
林みかせ先生も、3作集中連載ということで
ちょっと肩に力が入ったのかもしれません。
読み切り作で披露された高速フォークのような
目を見張る展開よりも、極めて王道に
組み立てられた物語だった印象です。

でもガッカリしたとか、つまらなかったわけでは
ありません。あくまで私の設定したハードルが
高すぎたってだけです。ゆるふわ系の絵柄に対して、
淡く切ない感情の起伏がシャープに響く。
これも林みかせ作品の魅力だと思ってます。

どうやら6月号でも再登場するそうです。
『ウソコイ』というタイトルの意味は、
この先の物語は成立しないと思うのですが、
無視して二人の関係が進展する様を描くのか、
タイトルを今後も活かした方向性になるのか。
今度は和久井くんにもっとスポットを当てて欲しいですね。
彼がもっと切り込んでくれば面白くなりそうです。
引き続き、勝手にハードルを上げ続けながら、
林みかせ先生の高速フォークに期待してます!




今号のリンデンホールのアリア


ウジウジと悩んでいた響也がようやく観念して、
律くんの代わりにヴァイオリンを演奏する決意をしました。
実際にウダウダやってたのは3話程度だったと思いますが、
月刊誌ペースで読んでると、都合半年ぐらい
響也がウダウダやってた印象
があります。
ミョウガさんもいい加減待ちくたびれてましたぜ!

てっきりミョウガさんは律くんに
ボコられるのだと想像してましたが、
まさか響也にボコられることになるのか。
律くんに負けるよりも悔しさ倍増でしょう。
逆にこれだけ力強く送り出されて、
本番で響也が普通にトチって負けたら、
それはそれで驚愕の展開ですが。
これは次号を絶対見逃せませんね。

そしてハルくんのツンデレっぷりが
どうしようもなくいじらしいです。
この漫画のヒロインは確実にこの子でしょう!




今号のお兄さんはお姉さん


前号では『ダイナマイトスター』という、
月刊LaLa掲載漫画としては異例なほど
ふつ〜な読み切り作品が載ってました。
その反動なのか、今回は逆に超変化球な読み切りです。

父親の再婚によって義理の妹と同居することになるも、
幼少期のトラウマで男が触れると過剰に怯えてしまう。
だから、心が女(オネエ)としてコミュニケーションを取るが…。
っていう話です。トラウマ設定もヘビーで驚きましたが、
それ以上にオネエになりきる発想が奇想天外すぎ!

全体的に絵やセリフはポップなのですが、
ところどころ「ホラーか?」と見紛うほど、
怖い表情があったりする奇妙な作品でした。
面白いかどうかに言及すると微妙なところですが、
まぁ何というか「すごくLaLaらしいな」と思いました。




今号のツッコミシーン


ヤムチャしやがって……。


画像



ミョウガさんは自らフラグを立てるのに
ホント余念がないですね。全世界のヒールキャラ、
もしくはネタキャラは見習うべきです!
「その言葉そっくりリボンでもつけて返してやるぜ」
(ドヤ顔のヤムチャ調で)



ちょっと何言ってんのか分かんないんだけど
(サンドウィッチマン調で)



画像



本気でちょっと何言ってるのか分かりませんでした。




幼児のパンティおーくれ!

画像



幼児と男子高校生のパンツをかぶる猿。
一体誰得なのかは分かりませんが、
学ベビなら、こんなシーンでもほのぼのとします。
ウーロンだったら、いのまりちゃんうしゆきちゃんの
パンツを狙ったでしょうが……。
それやったら、なぶり殺す(狼谷調で)




それではまた来月!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです
覚えてますか?笑 Rです

今日最近期末テストも終わって暇だったので
ついにラストゲーム3巻買ってきました!!!(遅い←)
すっごい良かったです!!!! 4巻が楽しみですね♪

騎士さんってやっぱりドラゴンボール好きですよね笑
私ちゃんとウーロンってすぐわかりました笑
(そういえば私は改なんかじゃなくて Zです☆
因みに改も最悪だけどGTも割と最悪だと思ってます笑)

あ!あとホットケーキの記事もよみました
2つめがすっごい美味しそうです
(1つめも美味しそうだけど、そんなに食べないんで汗)
是非教えてください♡ (図々しいですね…ごめんなさい)

ではこれからも楽しみにしています(*^^*)
Rさん
2013/03/18 21:41
Rさんコメントありがとうございます。
覚えてますよ!夏休みの時期に
コメントいただきありがとうございました。
期末テストもお疲れ様でした〜。
春休みを満喫して下さい。

ラストゲームは3巻も最高でしたね。
4巻も半年後ぐらいには出るはずなので、
今から楽しみですね。LaLaで毎月
読んでますけど、通して一気に読むのも楽しみです。
ドラゴンボールは何を隠そう、好きです(笑)
若いのに改よりもZ派で、GTも知ってるとは
素晴らしい!Zトークなら、いつでも
歓迎ですね〜。今度の映画も超楽しみなので、
観に行って感想書こうと思ってます。
よかったら読んで下さい。

2つめのホットケーキのお店、
ここにこっそり(?)書いておきますね。
『コヴェントガーデン』というお店です。
ネットでちょちょっと検索してもらえれば
出てくると思います。もし機会があって
近くに寄ることがあればぜひ!

ではでは、今後もよろしくお願いします〜。
月の騎士
2013/03/19 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊LaLa(2013年4月号)感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる