月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2012年下半期】ブクログマイランキング 漫画編ベスト10(10位〜6位)

<<   作成日時 : 2012/12/22 10:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年の下半期(7月〜12月)に読んだ漫画のベスト10です。


上半期ベスト10で紹介した漫画の続刊は
なるべく除外して新規で選ぶようにしました。
ラストゲーム2巻、それ町10巻、ちはやふる18、9巻など
どれも甲乙付け難く、ランクインさせたかったのですが、
上記の理由で外してます。逆に上半期に選んでる続刊でも
ランクインしてる漫画は相応の理由があると思って下さい。


参考までに上半期ランキングを載せておきます。

【2012年上半期】ブクログマイランキング 漫画編ベスト10(10位〜6位)




第10位:はじめの一歩(101)





望月先生(パンドラハーツ作者)サイン会の予約が
できなかったショックを受けて、アニメイト池袋店で
衝動的に買ってしまった本です。
別にアニメイトで買わなくても、どこの書店でも普通に
売ってる漫画ですし、60巻ぐらいからまともに読んで
なかったので、なぜ突然買ってしまったのかは、
思い返しても謎です。まさに「衝動買い」ですよ。

私にとってはじめの一歩の記憶は、
間柴vs沢村戦あたりで止まっていたのですが、
久しぶりに読んでも、良くも悪くも全く変わってませんね。
一歩VS宮田が完全消滅したことを知って、
1度は気持ちが離れましたが、一歩の世界挑戦(リカルド戦)
が実現するならば、また本腰入れて読みたい
です。
そこに辿り着くまでには、最低でもまだ10巻以上かかりそうですが、
アカギVS鷲巣を思えば、なんのそれぐらい(笑)





第9位:オールラウンダー廻(9)





上半期第5位の『鉄風』項でさわり程度に書きましたが、
総合格闘技をテーマにした純正なスポーツ漫画です。
ジャンルやテーマ性としては、はじめの一歩に近いですけど、
ドラマ性よりも、競技としての格闘技(それも総合格闘技に特化した)
を丁寧に描いてるので、隠れた才能を持った主人公が
突然スターダムにのし上がる的な内容ではありません。
悪く言えば過程は地味ですが、ディティールが上手いですし、
サブキャラを含めた登場人物の心理描写が現実的で共感でき、
練習・試合描写もリアリティに満ちてるのが作品の良さ
です。

総合格闘技でも、特に修斗のような団体を中心に見てきた、
技術論、競技論に一言も二言もあるファンは
ドンピシャリにハマる内容だと思います。
私はそれよりもドラマ性、ストーリー性、勝負論を中心に観る、
エンターテイメントも欲する格闘技ファンなので、
『鉄風』の方が作風は好みに合いましたが、
こちらも一総合格闘技ファンとして推薦したい漫画です。
9巻に収録されている廻VS三ツ矢は熱い試合で、
現実の格闘技だったらベストバウト候補でしょう。

こういった漫画をキッカケに格闘技ジムに
通い始める少年が続々出てくると、
いつの日か日本人でUFC王者を目指せる逸材が
現れる日も…なんて夢物語を期待しますね。





第8位:PandoraHearts オフィシャルガイド(18.5)





これは漫画編よりも、活字編に該当する本かもしれませんが、
「これぞオフィシャルファンブック!」と呼ぶに相応しいので、
漫画編の方で取り上げさせていただきます。
絵、情報、パロディネタ、企画、裏話、おまけと、
あらゆる角度からファンのニーズを満たしてくれる至極の一冊です。
全てを隅々まで読み切るには、1日没頭しても足りないかも。
そしてこれを読んで、頭をスッキリとまとめてから、
改めてパンドラハーツ本編を1巻から読むと、
さらに楽しめると思います。ファンは絶対買った方がいいです。





第7位:祈り花






作者の林みかせ先生は、月刊LaLa増刊号で知りました。
本書にも収録されている「祈り花」は、
昨年の黒LaLaに掲載されていた作品で、
男の子に助けられた子犬が悪魔によって
女の子の姿になり恩返しをしていくも、
『対価』によって苦しんでいく話です。
穏やな物語の先にあるダークを味わえます。
「相愛メタフィジカ」は、昨年の白LaLaに掲載されてました。
辺境の地に住む令嬢が、たまに逢える無愛想な令息に
惹かれていくも、時を経るごとに二人の間には
政略結婚や戦争などの壁が生まれ…という話です。
伏線の張り方と話のオチが見事で、
切なさの先にあるホワイトを味わえます。
どちらも素晴らしい短編だったので心に残りました。

今年の青LaLaに収録されている『夏の涯』、
白LaLaに収録されている『贖罪の森』もまた、
負けず劣らず良かったです。今月発売のLaLaでは
集中連載作品として『うそカノ』が始まる
とのことで、
楽しみにしてます。2013年のMVP候補!





第6位:アイドル地獄変(完全版)





昨年、唐突に10年前の記憶が目覚め、
読んだらことのほか面白かった超問題作
『純情パイン』に続き、今年もランクインさせちゃいます。
クセだからけの尾玉なみえ作品です。

本作は全くの未見でした。
ビジネスジャンプに連載されていたそうですが、
青年誌だけあって下ネタが『純情パイン』よりも
さらに過激(特に後半は本当にヒドイ)になってます。
シュールさも変わらず健在です。
完全版に収録されている書き下ろしの
「アイドル地獄変2012」は、えげつないほどに
ブラックなネタなので、尾玉なみえ作品の免疫がないと、
いや免疫があっても引くかもしれません。

さらに完全版には、作者である尾玉なみえ氏と、
アイドルライターという謎の職種を語る小明さんとの、
これまた、本編並にえげつない対談が収録されてます。
総じて、尾玉なみえワールド全開だし、
題材としては分かりやすく読みやすくはあるので、
『純情パイン』を面白いと思えた方はぜひぜひ。
尾玉なみえ作品をご存知ない方は、
まず『純情パイン』から読んで、受け付けなかった場合は、
本書は読まなくていいと思います。
なんだか、貶してる様に聞こえるかもしれませんが、
私は面白かったからこそ、この順位で紹介してるのですよ(笑)




5位〜1位は別記事にて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2012年下半期】ブクログマイランキング 漫画編ベスト10(10位〜6位)  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる