月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 潜入レポート:ロンリーツアーinJOJO展

<<   作成日時 : 2012/10/28 08:28   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

ロンリー卒業補完計画の第3弾……いいやッ!これは(裏)夢の国ツアーだ!



全国のジョジョ紳士、ジョ女子(聞いたことねー!)の皆さん、
どうもこんにちは。しがないジョジョファンの一人です。
10月16日、六本木にある森美術館で絶賛開催されている
『JOJO展』に行ってきたので、そのレポを徒然書きます。

もちろん今回もたった一人のロンリーツアーを決行しました。
ロンリー卒業計画どころか、進んでロンリー道を
歩んでる様にしか見えない件については、
スイませェん…。(ブラックモア調で)


カイジ原画展レポで作品との出会いを書いたので、
今回もジョジョとの出会いから、ファンになった流れを書きます。
最初にジョジョという作品のことを知ったのは、
週刊少年ジャンプを初めて購読した小学生の時で、
当時は第5部が連載中だったと思います。
で、ストーリーも何もかも分からないまま絵だけを見て、
「キモチワルイよ!理解不能!理解不能!」と、
大概の子供(に限らず多くの大人も)と同じ様に嫌悪しました。

そのトラウマもあって、ジャンプを毎号買っていたのに、
意図的に一切目に触れようともしませんでした。
それからしばらくして、2000年に第6部の連載が始まり、
その頃には中学生になって多少は免疫がついたし、
怖いもの見たさもあったので、試しに読み始めました。
なんとか楽しめたり、読むのをやめた期間が途中あったりしつつ、
それが初めてまともに読んだ機会でしたね。

第6部が完結した時点でもジョジョファンにはなれなかったのですが、
高校の時、学校に第4部を持ってきていたクラスメイトがいて、
(よいこは真似しちゃだめだぞ!)暇つぶしがてら
読ませてもらったら、「あれれ?コレ面白いぞ!」と、
ようやくジョジョの本質的な面白さに気付きました。
今でも第4部はジョジョ史の最高傑作だと思ってます。
(第8部はそれを上回る勢いで面白くなってきてますが)

それからは遡って第1部から読んでいき、
数々の名場面、名セリフ、名擬音、名ポーズに魅せられ、
スティールボールランの連載がジャンプで始まる頃には、
一般的なジョジョファンにまで調教されました。
カイジと違うのは、読んだ瞬間から天啓に導かれた様に
ハマッたのではなく、最初は理解できずに嫌悪してたけど、
徐々にその奇妙な味わいがクセになってきました。
この変わる感覚こそが『ジョジョの奇妙な冒険』の醍醐味ですね。
似た感じの流れで好きになった人も多いのではないでしょうか。

今は主に単行本でジョジョリオン(第8部)を読みつつ、
アニメも当然見てます。グッズにはほとんど手を出してませんが、
トニオの再現料理に手を出す程には浸かってますし、
ジョジョトークをしろと言われれば、それなりには語れます。
いわゆる中級者レベルのファンだと思います。



続けて、会場までに見た六本木駅周辺の話を。
六本木には、就活中に1度だけ来たことがあったものの、
面接会場が分からず迷って1時間ぐらい歩いた挙句に辿り着けず、
一つの面談をドタキャンした思い出しか残ってませんでした。

イメージでは、ホリエモンが住んでたり、ヒルズ族みたいな言葉もあるように
庶民には縁のない街なんだろうな〜と、偏見がありました。
で、いざ行ってみたら……偏見のイメージ通りだったよ!!!
やたらとエレガントでリッチな空気に気圧されましたね。
具体的にどんな街かは、じょしらくの第十二話を見てもらうとして、
建物から行き交う人まで、なぜか上品であるような錯覚に。
特に驚いたのは外国人ビジネスマンの多さです。
大袈裟でなく5人に1人ぐらいの割合でスーツを着た外国人を
見かけました。もちろん会話も英語です。なんだったら、
日本人同士でも英語で話してるかもしれません。それは妄想ですが。

実は私も仕事帰りに(夜勤帰りで直行というハードスケジュール)
スーツ姿で行ったのですが、それとはまるでランクが違います。
例えるなら、私のスーツ姿はしげちーが学ラン着てる
程度のファッション感ですが、六本木のオリエンタルなリーマン達は、
ブチャラティのようにシャレオツに着こなしてます



「秋葉原」「渋谷」「六本木」は、どこもそれぞれ異世界で、
これからは東京の三大モンスター街と勝手に認定したいです。
そんなヒルズ感、リッチ感、場違い感漂う地でしたが、
森美術館に向かう最中の洒落たビル構外の付近には、
ジョジョ展のポスターが堂々と貼ってあって和みました。(写真有り)
これがまた不思議とオブジェとして違和感ないのです。
1つのアートとして六本木の風景にマッチしてます。
さすがルーブルやグッチにも認められた荒木飛呂彦先生です。
(ガラスに反射して私のシルエットがほんのり映ってますが
スルーして下さい。顔は見えてないので問題ないと思うけど)


画像



ちなみに場所は地図だと徒歩0分と記載されてますが、
実際には駅を出てから美術館まで少し歩きました。
迷うほどではないですが、もし迷ったとしても
センターで「森美術館はどちらですか?」と尋ねれば、
懇切丁寧に教えてくれると思うので、
これから行かれる方は安心して下さい。

仮に「ジョジョ展はどちらですか?」と聞いてしまったらどうなるか。
「それはどういったイベントですか?」と聞き返されたら、
「質問を質問で返すなあーっ!! 疑問文には疑問文で答えろと
学校で教えているのか?」と激怒しましょう

そうすると「ベネ。あなた様の回答に敬意を表するッ!
それではご案内します」と、受付のお姉さんが態度を変えるかも。
そしたら「やれやれだぜ」と首をふって向かいましょう。
以上、ジョジョオタにだけ分かる妄想です。




閑話休題。いいかげんJOJO展の模様レポに入ります。
森美術館入口まではスムーズに辿り着けたのはいいけれど、
カイジ原画展に続き、またしてもおったまげる光景が!!




  |l、{   j} /,,ィ//|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     | あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |     < 『JOJO展に辿り着いたと思ったら
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.    |  入場券の引き換えだけで15分ぐらい待った』
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   | 夢の国並だとか某アイドルの握手会だとか
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.   | そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ. │ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ \_________________




カイジ原画展の時もネタにしたけど、もう1回書きますね。


ONE PIECE展と来る場所を間違えてるんじゃないですか?


でも、列に並んでる人達をよくよく眺めたら、
カイジ原画展に居たカップルのような場違い感(失礼)はなく、
どの人も「ジョジョ展に来たぜェィーー!!
WRYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!」
みたいなジョジョオタ特有の空気を醸し出してます。なんとなく。

むしろスーツで来てる私の方が場違い感あったかも。
平日の昼なので、仕事の途中で抜け出して来たリーマンとか
(良識ある社会人は真似しちゃダメよ)わりといるんじゃないか?
と想像してたのですが、全然いなかったですね。
あとファミリーもあんまり見られなかったです。
子供向けではないので、まぁ仕方ないでしょうか。


で、当日入場券を引き換えるための列に並びました。
どこかで書いたと思いますが、私は並んで待つことが嫌いです。
ましてや一人で並んで待つなんてのは苦痛でしかないです。
最新型のiphone5で暇つぶしはできましたが、
並んでる時間をキングクリムゾンでふっ飛ばして欲しかったです。


え?こういう時に一人でいる女性客をナンパしろって?
それでこそロンリー卒業計画と称するにふさわしいって?

オー!ノーッ
おれの嫌いな言葉は、
一番が「努力」で、
2番目が「ガンバル」なんだぜーッ


っと、二部のジョセフばりに逃げ腰になりますよ。


それに、そんなことしたらきっとジョ女子達に、
「このド低能がぁぁぁぁ!!」
とか
「こいつはくせえッー!
ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーッ!!」

とか
「やかましいィィィィィィ!!!
くおの!ション○ンちびりがぁぁぁぁぁ」

とか、ジョジョ語で罵られるに違いありません。
それはそれで面白いので、やってみてもよかったかもねッ!


そしてようやく手に入れた入場券がこちら。

画像



入場券で入場してからも、絵が展示されてる会場まで行く
エレベーターを長いこと待ち、会場に辿り着いても、
入場者数制限の関係で、混雑が落ち着くまでまた待ち、
合計で30分以上は待ったと思います。

こんなに列に並んで待ったのは小学生の時に乗らされた
スプラッシュマウンテン以来ですよ。
6月に本家夢の国ロンリーツアーに行った時も、
アトラクションには乗らなかったので、
列に並ぶことはなかったし、もし並んだとしても、
大抵は10分待ち程度だったはずです。
それをまさかJOJO展で、夢の国以上の人込みを味わうとは…。
今回は誰に頼まれたのでもなく、自主的に参加してるのだから、
文句はないし、我慢しますけどね。




展示されている絵に関しては、
もちろん全て写真撮影は厳禁です。
(来場前にしつこいぐらい注意アナウンスがありました。
スタッフの数も多いし、警固は徹底してると思います)
各絵の質感は実際に見てもらう他ないのですが、
とりあえずジョジョファンなら100%楽しめて満足できると断言します。
第1部から第8部まで全てのカラー絵に、
展示会専用の書き下ろし絵まで揃っているし、
ところかしこにジョジョネタが散りばめられてるので、
絵だけでなく会場全体の仕掛けがハイクオリティです。

個人的には特に第6部(飾ってある場所の演出込みで)と、
第8部が良かった
ですね。初期の頃も味わい深いですが、
後期にいくほど芸術感が増してきて、ジョジョというブランドを
抜きにしても「アートだなぁ」としみじみ眺めてしまいました。

カイジ原画展は、ある程度の興味がないと、
誰かを連れ立って行くにはいろいろ辛いと思いますが、
このJOJO展は少しでも理解ある相手ならもちろんのこと、
ジョジョについて全く知らない人や、ましてジョジョに対して
マイナスイメージの偏見を持ってる人と一緒に来ても、
案外楽しめると思いますし、ジョジョのイメージアップは
間違いないと思います。飾られてるアートな絵の数々を見れば、
「キモチワルイ!」などの残念な評価を覆してくれるはず。



絵を堪能した後はショップに寄りましたが、ここも人・人・人!
とにかく混雑しまくっていて、持ち場になったスタッフは大変ですね。
専用シートの買いたい商品にチェックをつけて
レジまで持っていくシステムなのですが、
買い物はお一人様1回限りの制約もあってか、
何しろ1人の買う量がハンパじゃないのです。
私の前に並んでた人も、軽く4万円は使ってましたが、
複製原画などまで買う人は10万超えても不思議じゃないですね。

ちなみに私は欲しいものを予め選別しておいたので
(クリアファイルは衝動的に買ってしまいましたが)
颯爽とレジでお金を支払い、静かに退場しました。
まるでスチュワーデスがファースト・クラスの客に
酒とキャビアをサービスするように。

これだけはスーツ着てるに相応しい所作だったんじゃないかと!
後ろに並んでた人も「あの人、スピードワゴン並に
クールに去っていってカッコいいわぁ」と思った
ことでしょう。
ま、後ろに並んでたのは男ですけどねッ!



以上がレポです。
JOJO展全体の感想としては、
グレートですよ こいつはァ!!!!!!
です。JOJO展の内容には何の不満もありませんが、
唯一の心残りはトニオの再現料理を食べれなかったことです。
もう少しリーズナブルなお値段だったら…。
もしくはこれがジョ女子とのデートだったら…。
「幸せだァーーーッ幸せの繰り返しだよぉぉぉぉ ぉ〜〜〜
っンまあ〜いっ」と絶叫するチャンスを逃しました。

もし万が一、この記事を読んで「行きたい!」
と思った方がいたとしても、すでに前売り券は全て完売で、
当日券の販売すらない状況なほどに盛況です。
会場内の熱狂的な様子にしても、愛に溢れていました。

カイジ原画展でも書きましたが、私の周りでJOJOファンは
皆無…とまではいいませんが、どちらかと言えば嫌悪を示す
反応の方が多いぐらいなのに、このJOJO展を取り巻く環境は、
燃え尽きるほどヒート!ふるえるぞハートでしたね!
JOJOって全国的には、こんなにも多くの人に愛されているんだなぁ!
と、初めて身近に感じましたね。




とりあえず今年のロンリーツアー卒業計画は、
これにて終幕……の予定だったのですが、
もしかしたらあと1回、隠し玉を投入できるかもしれません。
ヒントは、ツイッター(リプライ含む)を遡ってもらえれば
隠されています。こればかりは運が絡んだ話になるので
実現できるかどうかは本当に分かりませんが。

ちなみに一応念のため断っておきますが、
ロンリーツアーin夢のクリスマスランドではありませんよ!
それが奇跡の大逆転で開催する可能性は
東方常秀と広瀬康穂が付き合う展開ぐらい可能性低いです!
もしもジョジョが月刊LaLaに移籍したらやります。


それではアリーヴェデルチ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
これまでに幻滅したことのある女子のクセ 6選
誰にでもクセの1つや2つはあるもの。中には自分では気づかないまま、無意識のうちにしていることもあり、知らぬ間に相手に不快感を与え、イメージダウンにつながる場合も。これまでに「うわ……」と幻滅してしまった女子のクセについて、男子に調査してみました。→ 続きを読む ...続きを見る
恋愛コラムリーダー 〜Love Colu...
2012/11/15 13:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく読ませてもらってます~
自分とジョジョを好きになった流れがあまりにも似ているので、嬉しくなっちゃいました

ジョジョ展いいですね僕も行きたかったな〜でも文章だけでも楽しさの一端はわかりました
ディアス
2012/11/13 23:45
ディアスさんコメントありがとうございます。
おお!ジョジョ好き同志に会えて、
こちらこそ嬉しいです。子供の頃は受付なくても
大人になるにつれ面白さが分かり、
どんどんクセになっていくのが、ジョジョの
魅力ですよね。ジョジョ展は素晴らしかったです。
全国ツアーにしても好評だと思うので、
来年以降に期待しましょう!
月の騎士
2012/11/15 10:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
潜入レポート:ロンリーツアーinJOJO展  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる