月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊LaLa(2012年10月号)感想

<<   作成日時 : 2012/09/15 06:12   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

LaLa秋のデリシャススイート&キュートネタ祭!!!






今号の読者プレゼント企画「ララガールズコレクション」の、
樋野まつり先生デザインのトートバッグがすんばらしくハイセンスで、
おったまげました。画像を載せますので見てください。


画像



ケータイ写真では伝わりきらないのが惜しいながら、絵から色合いから全てにおいて、
めちゃくちゃ良いと思います。こんなバッグ持って歩いてる女子が居たら見惚れますよ。
っていうか、私が女子高生だったらハガキ100枚ぐらい書いて応募します

「これがLaLa秋のスイート&キュート祭りの真髄じゃ!」と、
いきなり後頭部にハイキックをくらわされたかのごとき衝撃を受けました。
去年の夏場は毎月のように読者プレゼントの除毛器をネタにしまくってたのに、
同じ雑誌でこうも極端にイメージ変わるとは。まさにLaLaの悪魔的魅力です。


では、今回もいつものレギュラー編成で。




今号のラストゲーム


予想通り、風邪をひいた柳をくじょみこが看病する展開……、
は次号に持ち越しで、その前日譚として今回の主役は相馬蛍くんです。
ひたすら自分の気持ちに鈍いくじょみこを相手にしていることで、
自然でいられる自分と、モテ男を演じる自分のギャップを感じ始めます。
そして、自分を頼り、心に響いてくる言葉を投げかけておきながら、
くじょみこの気持ちが常に柳に向いてることを感じて……。

ああ、これはもう、いわゆるフラグってヤツですね。
くじょみこも柳も相当鈍いけど、どうやら自分に鈍いのは、もう一人いるご様子。
ここから蛍くんはくじょみこに本気でアタックしていく展開になるのか?
淡いながらも、明らかに甘酸っぱい感情が芽生え始めてる
くじょみこと柳を引き裂く、いや、かき回す役目を担うのでしょうか。
とりあえずラストゲームの連載が終わって欲しくないので、
そこは応援しましょう。たとえ報われることはないと分かっていても!



今号の学園ベビーシッターズ


ニート(っぽい人)代表のウサイダーが家庭菜園をしてる意外な事実から
始まった今回の物語も、安定のほのぼの感でした。
いつもと違ったのは、あらゆる意味で超人っぷりを発揮していた竜一が、
今回ばかりは根津くんに一本取られたような形に。ちょっと新鮮です。

あと、バアサン改め羊子さんがイチイチ微笑ましいですね。
この人は(というか時計野はり先生が)、新たな境地を開拓したかもしれません。
史上初?、少女漫画に舞い降りたBBA界のツンデレ天使、モジャ羊子!
決め台詞は「ふんっ、あたしゃ別にアンタのためにやったんじゃないよ!」で。




今号の誰がために


短期集中連載の作品だそうです。
物語的にはわりとヘビー(恋愛云々ではなく人の生死に関わるレベル)で、
悪くなかったのですが、一点だけ野暮な予想をしちゃったので書きます。

これって、永久に接近してるイケメンが人狼でしょ?
そこを裏切ってくれたら、ミスリードが効いてるナイスなシナリオなんですが、
今話を読んだ限りでは、そういう話になるとしか思えないですね。
で、オジサンと呼ばれた人狼ハンターと霧子がちょっといい感じになり、
友達云々の問題も解決していく…みたいな流れじゃないかと。
願わくば、そんな想像を裏切って、もっとヘビーな物語に切り込んで
くれることを密かに期待します。普通は夢見る少女漫画に何を求めてるんだって
話ではありますが、LaLaになら間違った希望でもないはず。




今号のリンデンホールのアリア


ある種1ページ目で出オチとして完成されてますが、
その件は、ツッコミシーンに書くので省きます。
今話で、またしても新キャラが出てきました。
そして当たり前のように奏ちゃんにアプローチして良い感じになってます。

『金色のコルダ』シリーズのコンセプトがそうみたいなので、
この逆ハーレムは、ファンの方としては「待ってました!」なんでしょう。
私が女子だったら「キィー!なんで奏なんかがあんなにモテるの!?」と、
嫉妬の雨を降らせそうです。そして四面楚歌になった響也も大変ですね。
余談としては、オレオレ次男坊が兵庫県代表だと初めて認識しました。
つまり再登場は随分先のことになるのでしょうか。
まさに「致命的に出番がないな、おまえ」状態ですね。




今号の君といただきます


前回でキレイに完結していたのに、「ろかくんの家に遊びに行く」なんて、
急激なハードルアップを課されたものだから、読む前は少し不安でした。
前回の感動が全て台無しになるような話だけはやめてくれ!と。

で、読んでみたら、、、、、良いじゃない!!
前半はまぁだいたい予想通りの展開で(ろかパパは良いキャラしてましたね)、
「まぁ、こんなもんかなぁ」と低く見ちゃったところで、ろかくんの過去回想ですよ!
これが前話やタイトルとも見事にリンクしていて、母の愛に泣けてくるのです。
「ええ話やん、ステキやん」と六角形クイズ番組の某元司会者も鼻スンスン言わせますよ!
最後のシーンを見たら、次回の展開もなんとなく読めてくる気はするけど、
そこはキッチリ最後までタイトルのテーマ性を保った上でオチをつけて欲しいですね。




今号のツッコミシーン



ミョウガさんの超ドヤ顔ハイライト


画像



もう言葉いらないっすね。
この顔、このセリフ、見開き1ページ目にこの構図。
全てがパーフェクト。出オチ、いや鉄板のギャグといっていいです。
2012年中に、これを越えるインパクトのシーンが果たして出てくるのかどうか…。
ミョウガさんを超えるのは、ミョウガさん自身しかいないよ!




ホットケーキは命より重いっ・・・!


画像



世間一般の人ならば、「どんだけホットケーキを重大視してんだよ!」とか、
「おまえにとってのホットケーキの価値は知らんけど!」みたいな、
冷たいツッコミを浴びせてしまわれると思いますが、
月の騎士改め、スイーツ(甘)の騎士は全面的に肯定、いや心配します。
「やめるんだ!!そんなことしたら命がいくつあっても足りんぞ!!」と。

にしても、途中のホットケーキの値段設定がおかしいですよね。
カルビ焼肉定食大盛りだって学食で700円は高いだろうに、
ホットケーキが700円ってどういうことですか!ファミレスより高いよ!
もゆちゃんも、約束どうこう以前に家計の事情で買えないでしょう。
そして一生ホットケーキが食べれない!?それなんて死より恐ろしい刑っ・・・!
私だったらこの男を即振って、すぐにホットケーキにがっつきます。(真顔で)




ニャンコ先生のダジャレ教室
(このシーンは晶さんより情報いただきました。ありがとうございます)


画像



ニャン(なん)ておもしろい!!(まさかのダジャレかぶせ)


フフフ、今度はツッコミを入れると見せかけて、ダジャレで肯定する新技です。
「ハンサムて、昭和かっ!!」みたいなツッコミも考えましたが、
「ハンサムスーツ」みたいな作品も世に出てるので、意外と通じるのかな…と。
パスタとスパゲッティの呼び方みたいなもんですか?

それにしても、ニャンコ先生、ワイハーのビーチパラソルで、
女子達が水着姿でキャッキャやってる姿を眺めながら言ってるようなポーズです。
そりゃあ、これだけ毎号のようにグッズ化されたりゃ笑いが止まらないでしょう。
グッズの印税だけで一生分のキャットフード、失礼、饅頭に困らないかと。
サングラスかけててもドヤ顔が隠しきれません
ネコだけにニャン(なん)て圧倒的な勝ち組…。




それではまた次号の感想(10月21日投稿予定)で。
赤LaLa感想も22日予定で投稿しますので、そちらもよろしくです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すべてをさらっていくミョウガさんさすがです。ゲームでは名前の呼び方が分からなくて茶色と呼んでました。あの白い制服が現実にあったら「この制服がやばい!」的にネットで話題になって学園の知名度アップですね。はっΣ(゚Д゚;あの学園の偉い人はそれを狙ってあの制服チョイスしたんですかね。
ニャンコ先生のダジャレ教室は騎士さんの手にかかれば面白さ倍増でさすがです。ララ編集部のダジャレに対する度胸はすごいと思います。鋼のハートをお持ちかもしれませんね。

2012/09/15 09:21
晶さんコメントありがとうございます。
ミョウガさん、ゲームでは読み方が謎なんですか?
ゲームでもこれぐらい輝いてるキャラなのかどうか
気になります。同じならきっと存在感抜群でしょうw
あの制服は確かにすごいセンスですね。
もはや制服と呼んでいいのかどうなのか…。
(なんかのコスプレ服じゃないかと)

ニャンコ先生のダジャレは情報ありがとう
ございました。ダジャレもさることながら、
ニャンコ先生の貫録ありすぎる佇まいが、
ツボにハマりました。LaLa一の大御所さんでしょうw

LaLa編集部の方とは一度お話してみたいですね。
そのダジャレセンス、失礼、編集センスをどうやって
身につけたのか教えていただきたいです。
月の騎士
2012/09/15 23:10
お久しぶりです。
今月号のリンデンホール、ようやく新くんが出てくれて嬉しかったです。
音楽系のマンガでも、トロンボーン奏者ってなかなかちゃんとしたキャラとして出てくれないんですよね。
トロンボーンってそんなに影薄いかなぁ・・・。
トロンボーン歴は新くんよりわたしのほうが長かったと思うのに、新くんの演奏、とっても上手で憧れます。
新くんは、柚木や枢と声優さん同じなのに、明るくてなんだか正反対の性格で好きです。
冥加さんは1ページ目しか出てなかったのに存在感すごいですね。
1ページ丸ごとのドアップで、開いてすぐって迫力ありますよね。

LaLaを毎月買っていたら、気が付いたらかなりの量のニャンコ先生グッズがたまっていました。
最近はLaLaを買うたびに、ニャンコ先生好きの友だちに付録をプレゼントするようにしています。
ニャンコ先生の人気すごいですよね。どこのお店のガチャガチャ(?)コーナーにも必ずあるし。
でもLaLaは少しニャンコ先生に頼りすぎだと思うんです!
もっとヴァンパイア騎士の付録率、高めてくれてもいいのに・・・。
yuzu
2012/09/21 03:40
yuzuさんコメントありがとうございます。
新くんの登場を待ち望んでましたか。
どうでもいい情報ですが、私は新くんと
血液型、星座が一緒でした。
性格はこんなに明るく清々しくないのが残念ですが(笑)
(かといって柚木や枢のような性格とも違うけど)
トロンボーンは、勝手なイメージだと「THEオーケストラ」
を想像します。音楽には全然詳しくないですけど、
壮大なメロディを奏でるには貴重な楽器に思えますので、
影がうすいなんてことはないかと!

LaLaを毎号買ってるだけでニャンコ先生グッズは
自然と集まりますよね。読者応募サービスまで
買い集めてる方は、家中ニャンコ先生だらけに
なりそうです。ヴァン騎士は最近グッズも企画も
なくて寂しいですが、真のクライマックスが
迫った時、何かをやってくれると信じましょう!
月の騎士
2012/09/22 11:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊LaLa(2012年10月号)感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる