月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊LaLa(2012年9月号)感想

<<   作成日時 : 2012/08/17 09:34   >>

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

創刊36周年のテンションでぶっちぎっていきます、LaLa感想です。







ヴァンパイア騎士のショート小説執筆について、進捗をかねたこぼれ(愚痴?)話を。
えっーと、とりあえずちょこちょこと書いてはいます。
書いてはいるのですが、いろいろと思い通りにはならないことが起きてます。
何が思い通りではないか。私の脳内構成と書いた文章がピッタリ一致しないというか、
書く前に想定してた思惑やら何やらが次々に移り変わってまして、
原稿を落とす漫画家さんの気持ちが少しは分かる様なそんな状況。
遠まわしに言いましたが、つまりは進捗があまり宜しくないということです(笑)

書いたもの全てを破棄したいような衝動に取り憑かれながらも、
どうにか25日の投稿までに、形を整えて投稿できるように頑張ります。
どうしても無理だったらすいません。それは私の力足らずです。
最悪、仕事を休んででも……というのはさすがに冗談ですが(笑)


それでは今月のLaLa感想に。




今号の学園ベビーシッターズ


いつもはセンチメンタルなエピローグで心を温めてくれる学ベビですが、
今回ばかりはオチまでコメディ倒し(と言って差し支えないはず)でした。
まあ、この際なので本編の話はバッサリ捨ておきます。(ごめんなさい)

ああもうっ!いのまりちゃんは、どんだけ純情少女なんだよ!!!
人間関係の不器用度では、くじょみこといい勝負ですが、
感情が表に出ないくじょみこに対して、いのまりちゃんは素直(素直じゃないのが、
もはや素直と言っていい)に感情が現れるのが決定的な違いですね。

すっかり仲良しコンビ化して一緒にいるのが自然になった
いのまりちゃんとうしゆきちゃん(今回より勝手にそう呼びます)コンビの
やり取りだけでお腹いっぱいで、竜一女装コメディには、特になんにも………
いや、これはこれである意味ありっちゃアリだな。(ゴクリ)
いのまりちゃん、うしゆきちゃんに続き、女装した『かしりゅうちゃん』として、
3人で純情ガールズトークをしたら、すごく意気投合するんじゃないでしょうか。




今号のラストゲーム


前号の記事で妄想したうち「柳がリードしてこの危機を乗り越えようとするも、
くじょみこにあっさり砕かれる」「くじょみこのサバイバル能力が発揮される」
「柳のプライドが崩壊する(これは毎回か…)」はおおよそ的中しました。
そして、柳とくじょみこはお約束通り、二人だけの森で一夜を明かすわけですが…。
すごくベタなので、普段のひねくれモードだったらツッコミを入れてますが、
ラストゲームでやられると、心を抉られる青春の1ぺ―ジとして胸がキュンキュンします。
まるで界王拳で際限なくあがっていく悟空の戦闘力をスカウターで見つめながら、
恐怖と歓喜でうち震えるギニューのような状態です。(超わかりにくっ!)

くじょみこのお風呂シーンに、色気が欠片一つなかったことさえ好意的です。
これで良いのだ。少女漫画に無駄なセクシーは必要ないのだ。(※おいらんガールには必要)
ただし、クロタツ似の先輩は、ここでのぞこうとしなくちゃだめですよ!!
今回もセリフ一つないどころか、最終的に顔面すら描かれない扱いですからね。
彼には今後の生き残りをかけて、キャラ付けに奮起して欲しいところです。

次回は風邪をひいた柳をくじょみこが看病する的な展開だと予想します。
相馬くんが、良い感じにキレ系ツッコミを覚えてきたので、
今後も彼には柳とくじょみこの様子を、舌打ちしながら見守る立場で居て欲しいのですが、
場合によっては本当に恋のライバルとして、進展する可能性も…。
少女漫画的にはそっちの方がありえそうでしょうか。
逆に柳のことを本気で狙う女の子キャラの登場は、
この作品的にはあまり効果なさそうなんですよね。
すでに普通の子にはモテまくってるし。くじょみこが嫉妬する姿は見たいですが。




今号の君といただきます


LaLa特有なのか、少女漫画界における模範的なテーマの一つか謎ながら、
「ランチタイム」の過ごし方について描かれてるのはちょくちょく見かけますが、
遂にそれをメインテーマに扱った漫画が出てきましたか…。

女子にとっては「ランチタイムを一人で食べる」ことが孤独を表すのでしょうか。
男子が一人で食べてるのより、女子が一人で食べる方が、
精神的にキツイであろうことは想像できますし、
個人的にはすごく良いテーマだと思うので、グイグイ読んでしまいました。
もし私が女子で、きっと一人で食べてるであろう学生時代に読んだら
号泣したかも
しれません。恋愛ネタで泣いた気はしないけど、
こういうテーマではわりとあっさり涙腺が緩むのです。

この1話でキレイに完結してると思うのですが、次号にも続くみたいですね。
しっかし、予告を読むとリア充代表のろかくん家に遊びに行く……だと?
ランチタイムからいっきに進展しすぎだし、ハードルあがりすぎで
今号の感動を返せ!みたいな展開にならなければいいのですが。
伝説の『きゃらめるBOY』みたいに、ろかくんが「男の部屋に入るってことがry」
とか言い出すとは思わないですけどね。それならそれで面白いけど。




今号の図書館戦争


何一つとして茶々を入れる気にならないシビアな展開なので、
妙な見立ても入れず、とにかく没入して読むことをオススメします。
こういう漫画がある限り、月刊LaLaのことを「ただの少女向け恋愛漫画雑誌」なんて
言わせねェよ!?(なぜか今更な我が家調で)




今号の三日月とオレンジ


本編の内容と一切関係ないですが、
どうしても気になったので、こっちには遠慮なく茶々入れます。

あのユニホームは女子高生センス的にどうなんすか!!??

アリなんですか?やっぱりナシですか?
「食はOL」を自負してる私ですが、ファッションには女子高生のセンスが欠片も
理解できてないので、どなたかズバリ指南していただけると助かります。
とりあえず私が女子高生だったら絶対着たくないですけども…。
いや、女子高生の気持ちになれば着たくなるのでしょうか。謎です。

物語としては、前回の読み切りで見られたちょっぴりヘビーで、
センチメンタルな設定は薄れて、ふつ〜の友情&恋愛のステップ話になってます。
正直言うと、前回の方が物語としては断然好みでしたが、
遠藤さん的なキャラはやっぱり嫌いじゃないです。ええ、ごくふつうに。
でも「ミッキー」って呼び方は全然ピンとこないけど!
せめて「ミッツー」でしょう。…いや、個人的には「えんみつ」で!




今号のツッコミシーン(リンデンホールのアリア特集)


今回はあまりにもネタシーンが多かったので、
「リンデンホールのアリア特集」として3連発でぶちかまします!



ミョウガさんがアップをはじめたようです


画像



なんたるドヤ顔。なんたるウザカッコイイ厨二病なセリフ。
そして遂に判明したオレオレブラザーズ長兄の名前は、、、
天ぷらに良し、蕎麦に良し、酢の物に良しの薬味。
その名は、ミョウガ!!!!!!

本人がノリノリで最初から悪役の立ち振る舞いをしてるため、
ユノキングのような腹黒さは感じない、ある意味で最高に清々しいキャラです。
そしてその振る舞い、セリフ、全てがネタキャラ要素として逆作用しています。
ミョウガさん、アンタ最高だよ!ドツボにハマりました。
早く律くんにボコられて、涙目になりながら負け惜しみを吐く姿を見たいですね。
だからそれまで、散々吼えてフラグを立てまくってくれ!!




吠えろ!復讐のアンダーマッドドッグ、レイジ・ミョウガ


画像



弱い犬がよく吠えたああァーーー!!!

もうね。コーヒー吹きましたね。
いまのところ、2012年の月刊LaLaコメディシーン大賞の最右翼です。
もしも奏ちゃんに、「いぬまるだしっ」のたまこ先生ばりにツッコミスキルがあれば、
「さっそくおまえが吠えちゃったよ!!!あと、までまでうるさ!」と返して欲しかったですね。
奏の言葉よりも、ミョウガさんの言葉の方が文字数多いですしね。
ああ、そうか!ミョウガだけに忘れっぽい(っていう故事)のかな!
おあとがよろしい様で……。




ミョウガさんを見たセイセイセイさんの感想


画像



普通にツッコミ入れると「あれで楽しそうなのかよ!!!」になりますが、
深く考えると、三男坊のセイさんの発言が正しいです。
そりゃあ、あれだけ好き勝手にボケ倒したら楽しいでしょうよ。
一時は存在自体がなかったことになりかけたのに、本格的に登場するや否や、
ミョウガオンステージを繰り広げちゃって、興奮の絶頂に違いありません。

次男坊で「致命的に花がない」の彼も頑張らないといけないですね。
リンデンホールのアリアが誇るネタ鬼神3人が揃った時、一体どうなってしまうのか!?
本当の意味で、青春(お笑い)クラシックバトルが幕を開けるのか!!
今後も見逃せません。見逃せませんぞおォーー!!!




全てをミョウガさんが持っていってしまった印象の9月号感想でした。
次回の10月号感想は9月15日予定でお届けします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
またまたこんにちはです♫

他の記事読んでいて思いましたが
騎士さんはドラゴンボールのファンなんですか?

私も結構好きなので、
ドラゴンボールの喩えは大変わかりやすいです笑

いつもいちいち喩えが面白いですね♥


中高一貫の女子校って
少女漫画の舞台的な環境なんですか??

私はどっちかって言うと
公立の共学(たいがいブレザー)だと思ってました(゚o゚;;

私のとこは全くそんなことはありません笑

でも他のグループには彼氏いる人とか
好きな人がいたりするので
実はそうだったりするのかもしれません笑

私は勉強の邪魔になるので、
大学に入ったらでいいかな〜と思います(・∀・)!


夏休みもあと少しですね…

こんなにたくさんコメントして
たくさんおしゃべりできて、楽しかったです

ではでは、さようなら〜(*´▽`*)
Rさん
2012/08/19 12:05
Rさんコメントありがとうございます。

そうです!ドラゴンボールは子供の頃から好きで、
多大な影響を受けてます。とりあえず何でも
ドラゴンボールで例えたくなるぐらいに(笑)
Rさんの世代だと、見てるとしたらドラゴンボール改ですよね?
オープニングがドッカンドッカンいってて、
エンディングがAKBのイメージなんですよね?
ジェネレーションギャップを感じます(笑)

中高一貫の女子高が少女漫画の舞台というのは、
勝手なイメージで、特に根拠はありません。
冷静に考えてみると、恋愛的な発展は生まれにくいし、
少女漫画の舞台的な環境として想像するの妙ですね(笑)
最近読んだ小説に影響受けたかもしれません。
なかなか女子だけのグループ関係も難しいみたいで…。


勉学を優先されるとは素晴らしい志です!
目標の大学に入学できるように頑張ってください!
でも恋をした時は、それはそれで良いと思いますよ。

自分は共学だったし、別に勉強を頑張っていたわけでもなく、
少女漫画的な展開は(いや少女漫画的な展開すら)
ミジンコもなかったというのに、
上から目線のアドバイス失礼しました(笑)

それでは残りの夏休みもエンジョイして下さい!
月の騎士
2012/08/19 18:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊LaLa(2012年9月号)感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる