月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ感想(ちはやふる、男子高校生の日常、Another)と注目4月アニメ

<<   作成日時 : 2012/04/08 09:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

3月まで見てたアニメと4月以降のアニメについて書きます。


アニメの感想をツイッターで適時つぶやくとか書いてたような気がしないでもないのですが、
結局全然つぶやくこともなく終わってしまったので、ブログに感想をまとめました。



ちはやふる


ここ最近放送してるアニメで見た内の中では一番面白かったです。
「この漫画がすごい!」の大賞を獲った安定感のあるストーリー展開と、
カイジの後枠で同じくマッドハウスが作成してるアニメ演出によって、
全体的なクオリティが非常に高い作品になってました。
世間的にどれくらい評価されてるのか分かりませんが、もっと評価されるべきかと。
少女漫画が原作ですが、少女漫画に免疫のない男でも全く問題なしに見れると思います。
まあ、それを私が言ってもあまり説得力ないかもしれませんが(笑)
見た人は実際に百人一首をやってみたくなるか、
何かしら身近な競技に情熱を傾けたくなるはずです。
自分の場合は、『みんGOL』を無性にプレイしたくなりました。

テーマや雰囲気は『ヒカルの碁』に近いイメージですが、もっと青春感が強いです。
青春なんだけど、熱血や恋愛的な描写が強すぎるわけでもなく、
少年漫画的な要素と少女漫画らしい描写がガッチリハマり、
それぞれが良い具合に中和されて、全てがバランス良くなってます。
何気にかる部のサブキャラ3人(かなちゃん、机くん、肉まん)もいい味を出してます。
彼らがいて、それぞれのストーリーもあることで、感情移入度が高まります。


主要キャラ3人の三角関係は、小学生編は完全に新が中心でしたけど、
高校生になってからは、太一の心境がなかなかどうして切なくてよいです。
イケメン、家は金持ち、彼女はいる、学年1位と、あらゆるリア充要素を満たしていながら、
ここ一番で報われないし、千早には想いが全く伝わってない役損感。
『ラストゲーム』の柳しかり、この手の高スペックだけど可哀想な男は、
ストライク(アッチの意味ではない)かもしれないです。ボコられるほど好きになる(笑)

子供の頃から実は一番変わった、というか成長してるのは太一だと思いますし。
新はカルタから離れたこと以外はそんなに変わってないし、
千早は小学生からほとんど何も変わってないでしょう。
今後も3人それぞれが成長して、カルタを通じて交わる人間模様が中心に描かれると思いますが、
つまるところ、カルタへの情熱が最優先であることはブレないので、
どういう展開になったとしても、安心して物語に没入することができます。


3年程前に、漫画第1巻を読んで書いた感想と照らし合わせたところ、
わりと的を射た見立てをしてたので驚きました。なかなかやるじゃん自分(笑)
ただ一点、千早のお姉ちゃんが、ストーリーに全然絡んでこなかったのは予想を外してます。
当時漫画で読んだ時は、千早のお姉ちゃんに対する憧れとコンプレックスが、
カルタへの情熱にリンクする展開があるのでは?と思っていたので。

感想でも書いてますが、お姉ちゃんは個人的に超いけ好かないキャラだったので、
極端なことを言えば、出てこない方が物語の爽やかさは増すかと。
でも、あのお姉ちゃんは、良くも悪くも「少女漫画」を象徴するキャラだと思うし、
天真爛漫な千早が、唯一と言って微妙に複雑な感情を持つ存在として、
ピックアップされた場合、角度の違う物語として楽しめそうです。

いつかの2期に期待しつつも、漫画の続きもそのうち読もうと思ってます。
ついっぷるの付属機能で質問したところ、アニメはだいたい9巻ぐらいまでの
展開を描いてるそうですね。改めて最初からアニメと比較して読んでも、
アニメの続きになる9巻から読んでも楽しめそうなので、
どう読むかはこれから思案します。




男子高校生の日常


なんとはなしに第1話を見たのですが、ゆる〜い空気感と、
男子高校生らしい下らないやり取りがマッチして笑えたので、
最後まで継続して見ました。まあ、ぶっちゃけ言ってしまうと、
第1話が一番面白かったんですけど…。
個人的には「男子高校生と文学少女」のシリーズが抜群に良かったです。
これだけをまとめて、特典映像なんか付けてDVD化して欲しいぐらいに。
個人的には、奈古さんの出番をもうちょっと見たかったのですが、
最後にオイシイところを持っていったので良しとしましょう(笑)

あと、中盤辺りからタダクニの出番が極端に減って、
それをナレーションの声や字幕でネタにしてるのは面白かったです。
第6話ぐらいから、だんだんと惰性で見てる状態になったのもあって、
それほど大笑いするような場面はなかったのですが、
暇な時にふわっーと見て、時々クスッとかニヤッとするような感じ、
家で食事しながら流し見するには丁度いい内容でした。ええ、褒めてますよ(笑)
深夜放送じゃなくて、日曜19:30ぐらいに放送して、ファミリーで見るのにも、
適したアニメだと思うんですけどね。まあ、内容どうこうではなくて、
コナンですら追いやられる時代に、ゴールデン枠でアニメを放送することは困難だろうし、
そもそもこの作品がそこまで認知度はないから無理、などの諸事情も理解できますが。




Another


小説を読んで、物語、展開、結末は知ってただけに、
アニメでどう表現するのか、興味深く見たのですが、
結論から言うと、「最後までアニメとしての演出をしきったな」と思いました。
小説を忠実に表現しようとはしてないというか、小説にあまり寄せてないというか。
小説だと、榊原くんの内面的な心情を中心に、「死者は誰」であるかを探る、
シリアルホラーですが、アニメだと榊原くんが級友と交流することを中心にして、
次々と人が歪に死んでいくサスペンスタッチになってますね。
第11話と最終話に到っては「これなんてパニックアクション?」でしたし。

「こんなのAnotherじゃない!」みたいな小説ファンとしての
強い意見はそれほどないのですが、ミステリーとしての面白さは
いま一つ伝わりきらなかった気がするのは、ちょっとだけ残念ですね。
三崎鳴が実在するかどうか?の謎を、もう少し深くえぐって欲しかったかなと。

水野さん死亡ぐらいまでは、小説を読んでない人にも緊張感が伝わったと
思うのですが、途中から災厄で死ぬ描写が、恐怖よりもシュールの感覚に近く、
笑わせようとしてる様に捉えられなくもなかったです。

次回予告と副題は毎回良かったのですけどね。
下手したら本編見るよりも、あれだけ繋ぎあわして方が、
小説の『Another』に近い雰囲気にまとまるのではないかと思うぐらいです。


逆に第8話は、アニメだからこそ出来る回としてある意味で評価して良いと思います。
この回だけ見ると、まるで別ジャンルのアニメですが(笑)
その代償として、なんとか君(名前すら覚えてない)の死と、
ルールの矛盾を解消するための強引なこじつけは酷かったですけど…。
榊原くんと三崎鳴が妄想で突然踊り出すシーンも、微妙に古い(時代背景に合ったとも言える)
リズムの音楽とマッチして思わず笑ってしまったので、
なんだかんだで、アニメの演出を楽しめていた部分も事実ありますね。

「死者」の正体についても、ところどころに伏線やヒントを出して、
ちゃんと考えさせる様にはなってました。小説だからこそ可能なトリックだったので、
アニメでは違和感が残ることは予想できたのですが、思ってたよりは、
最終話で上手くまとめた印象です。違和感がない、とは言わないまでも。




さて、4月以降のアニメですが、この記事を書いてる現在だと、
まだ第1話さえ放送してない作品がほとんどなので、感想は書けません。
とりあえず、ホームページをざっと見た限りですが、
視聴する可能性がありそうな(第1話は試しに見る予定)アニメを羅列してみます。


・君と僕2

・LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 

・謎の彼女X

・咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 

・氷菓


1つか2つは継続して見る作品を探して決めたいと思います。
他にもオススメ作品がありましたら、ぜひぜひ情報お願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ちはやふる、本当に面白かったですね〜。
スピード感があって、キャラも良くて。
百人一首やってみたくなりましたもん!意味とか知りたい!と。
実際は何もしてませんが、解読本的なもの欲しいなと。
EDテーマも大好きで、いつも口ずさんでました!

三角関係も気になります。因みに切ない太一は声が零ですよ〜!
一番ウケたのは総集編+4コマでしたけど(笑)
四字熟語がなんともいえなかったです。お年玉も然り。
私もいつか原作読みたいと思ってます。
本誌のチェックは最近しているので最新の話は多少知ってます。


Anotherはこわかったです。8話って海のですか?
怪しい人だらけで、我が家は最後まで先生の正体に気づいてなくて
「まさか!?」でした。
次回予告…BGMが雰囲気でてましたね。
とりあえず、ついったでお世話になってるゆーさんが
今から見られるようなので、本読まずに見たほうがネタバレが
ないと薦めておきました。


男子高校生見られてたんですね。私は見てなかったですが、
友人がくだらなくて面白いと言ってました。
君と僕は同じ男子高校生ですが、別の意味でユル〜イです。
時々登場する猫にも注目です!
氷菓は我が家も視聴予定です。開始がかなり遅いですが…。
未来日記が終了したら始まるのかなぁと。
未来日記はご存知ですか?今度ドラマにもなるようで、
どんなだよっ!と思うので見てみる予定です。
アニメはかなり狂気キャラがいるので。
気になりましたら、いつかチェックしてみてくださいね!
ダン・トーマス
2012/04/10 18:19
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
ちはやふるは2期放送したら、
確実に見るレベルで面白かったです。
百人一首をかじってみたくなるぐらい、
カルタの魅力をちゃんと毎回丁寧に描いてるのも
好感が持てました。総集編の小ネタも面白かったですね。
肉まんくん&MIZUSAWAGOTシャツは笑えました。
OP、EDもテーマに合ってて良かったですし、
文句ない作品でしたね。


Anotherの8話はそう、海の回です。
あれはあれでいろんな意味でサービス回
だったと思うのですが、なぜ最後に1人
無意味に殺したのかだけが、最大の謎でした(笑)
アニメは「グロ」の方向性で怖かったですね。
小説だとまた違った怖さ(小説の方が怖くないと
思いますが)があるのですけどね〜。

死者の正体は、1話からの演出だと
「これ大丈夫かな?」と不安だったのですが、
アニメで見た人も理解できる結末に
なっていたので安心しました。
ゆーさんには、アニメを見た後には、
良かったら小説も読んでいただきたいので、
お見かけしたらオススメしてみたいと思います。


男子高校生は、記事に書いた通り
ゆる〜く見るには丁度いいのですが、
君と僕もゆるいのですか。しかも違った意味で。
もう放送は始まってるみたいなので、
そのうち1話は見ようと思ってます。

未来日記、以前にも誰かにオススメされたような
(ダン・トーマスさんだったらすみません…)
様な気もするのですが、未見のままですね。
4月アニメの視聴方針が決まって、
あまり見る作品がなさそうでしたら、
チェックしてみます。情報ありがとうございました〜。
月の騎士
2012/04/11 17:51
はじめまして。突然のコメント。失礼しました。
http://www.fetang.co...
2013/07/31 10:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメ感想(ちはやふる、男子高校生の日常、Another)と注目4月アニメ 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる