月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊LaLa(2012年2月号)感想

<<   作成日時 : 2012/01/22 07:28   >>

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 10

2012年2月号の感想&2011年の『勝手に月刊LaLa大賞』を決定します。






2012年の月刊LaLa初感想記事です。
今年も勝手気ままにツッコミ感想を書いていきますので、宜しくお願いします。
それではまずレギュラーコーナーから参ります。



今月の学園ベビーシッターズ


久しぶりの猪又さんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
変わらずブレない不器用な立ち振る舞いで安心しました。
ストーリーも、安定したほのぼの雰囲気+ちょっと考えさせられる内容で、
いつもの学園ベビーシッターズクオリティを楽しめました。

さて、しばらくの間、毎回書いていた『今月の学園ベビーシッターズ』ですが、
今回を持ちまして、レギュラーコーナーとしては一旦終了とさせていただきます。
理由は、飽きたから、つまらなくなったから、とかでは全然なくて、
むしろその逆、当ブログが取り上げて、わざわざ変にネタにする必要がなく、
本編の中に起承転結とコメディもあって、毎回安心して読める確信ができたからです。
こんな作品なら、「ベビーズ達とのやり取りは心が温まるし、ストーリーも面白いし、
猪又さんが萌えキャラなので読んでください」と、ごく普通に薦められます

(猪又さんに萌えるのは個人的な趣味のアレですが)

もちろん、今後も感想を書きたい回、ネタにしたい回があったら書きますし、
書かなくても毎号読むことに変わりないので、これからも楽しませていただきます。
まだ読んだことがない方も、ぜひぜひ読んでみてください。
日本に足りない愛がここにありますよ!




今月の菩提樹のアリア


せっかくレギュラーコーナー化したんですが、
ぶっちゃけ今月はそんなにネタにすることがないんですよね。
強いて言えば、思ってよりも律くんがドSキャラですね。
ユノキング候補としてネタにしてたオレオレ兄弟(※兄弟じゃない)の2人よりも、
この人こそが、真のユノキングを継ぐ者かもしれません。
ユノキングほど性根は腐ってないとは思うけど。

漫画の感想としては、普通の少女漫画らしい展開だな〜と思ったぐらいです。
いや、少女漫画としては正しいのですけど、ネタとしては少々刺激が足りません。
次回からは、「青春クラシックバトル」の煽りに相応しく、
小向日&響也ペアVSオレオレ兄弟(※だから兄弟じゃない)による、
バイオリンドつきあい対決(山崎VSモリマンか)が幕を開けるのでしょうか。
テニスで血まみれになる世界があるなら、クラシックであったっていいじゃないですか。
本当にそうなったら、ヤマ○音楽教室あたりからクレームが来るでしょうけど。




今月のツッコミシーン



「良い人なんだけどね〜」の次に突き刺さる言葉


画像



今号から正式連載として始まったラストゲームの一幕です。
いや〜、良いですね。これでこそラブコメ、これでこそキラー九条ですよ!!
ラストゲームの面白さは、トキメキを自覚してることが多い少女漫画のヒロインにおいて、
無類の鈍感と天然キャラで、パーフェクトイケメン(性格には多少難あるけど)を、
弄ぶことにあります。猪又さんが炎の不器用ちゃんなら、
九条は氷の不器用ちゃんな感じ
で、どっちも似た要素を持ちながら、
それぞれに対極な魅力があります。…って、私の属性は不器用萌えなのか?

今後も柳を(精神的に)ボコボコにしつつ、時々甘酸っぱい青春な展開に期待します。
ということで、次回より学園ベビーシッターズに変わって、
ラストゲームを毎号感想の作品にする予定なので、宜しくお願いします。
ネタは『菩提樹のアリア』に任せて、ラブコメを真面目に楽しむ形にする予定ですが。

しかし、実際に恋愛心を抱く相手に「友達」とキッパリ言われたら、どう思うのか?
そんな二次元的なラブコメ展開を経験したことは当然ながらないので、
想像することしかできませんが、やっぱり切なくショックなんでしょうね。
意外と、「友達でもいいかな」とか思ったりするような気もしますが…。



パンツーマルミエ


画像



真面目な話、同じことを街中で知らない人にいったら捕まるんでしょうか?
本人は注意してあげたつもりでも、言われた方がそれをセクハラだとか、
痴漢だと訴えたら、どうしようもないですよね。
イケメンなら許されると言えばおしまいですが、この言い方には問題ありです。
「パンツ丸見えですけど」では、デリカシーがなさすぎるので、
「臀部を覆い隠すための布が露になっているでござるよ」と、
江戸時代の侍風に言えば、別の意味でドン引きされることで、
逆にパンツを見たことは許されるのではないでしょうか。

…すみません、またパンツネタにやたらと食いついてしまいました。
おまえはどんだけパンツが好きなんだと誤解されそうですが、
私は階段の下からパンツなんか見た(覗いた)ことないですから!
もし見えそうになっても目を背けますからね。
紳士ですので。…嘘です。チキンですので。



鳥の肩パッドに冬の新作が!


画像



前回の読切では「手羽先」でしたが、今回は「軟骨」ですか。
次(があれば)は「レバー」とか「つくね」とかになると予想します。
レバーはともかく、つくねは鳥の部位ですらないけどね!




勝手に月刊LaLa大賞2011


2011年に発売された月刊LaLa(2011年3月号〜2012年2月号)誌上から、
独断と偏見で選考し、好き勝手な賞を授与するコーナーです。
今年は調子にのって、10個も賞を決めてしまったので発表していきます。



話題賞:読者プレゼントの除毛機

7月号〜9月号まで、3連続でプレゼントになったことで、
当ブログで、必要以上に食いついてネタにしてしまいました。
パンツとか除毛機に食いつくなんて、最低の下ネタブログみたいですが、
皆様から「少女漫画のプレゼントに除毛機は当たり前」
といった情報もいただけたので、大変勉強になりました。
とはいえ、女性にとってはデリケートな問題であったのに、しつこくネタにしたことを
遅ればせながら陳謝致します。気分を害された皆様、大変失礼しました。
でも、ワキ『ララ』セットのダジャレはLaLaが狙ってやった明らかな悪ノリだと思いますよ。



企画賞:黒LaLa&白LaLaの発売

これは掛け値なしに良かったですね。
黒と白の対極をテーマにしながら、そこにLaLaらしさが加わることで、
黒と白とLaLaのテイストが交じり合う面白さがありました。
少女漫画白帯の方も、LaLaを読んだことがない方も、楽しめると思います。
35周年記念に留まらず、ぜひぜひ第2弾も企画して欲しいです。



エロティック賞:おいらんガール

少女漫画におけるエロティックとは、もしかするとイケメンの裸体を指すのでは?と、
ふと考えてしまいましたが、ここは私(♂)の判断で選ばせてもらいます。
であれば、『おいらんガール』しかないですね。
椿のお風呂シーンで「少女漫画にしては珍しいシーンだなぁ」と、
思ったのをキッカケに、その後は全く自重しない描写の数々に度胆を抜かれました。
作中で「一応少女漫画でありんすから」とツッコミを入れてはいますが、
そのうち、少女漫画の枠を完全に超越した描写が描かれる可能性も…。
まあでも、ヴァン騎士が既にいろいろやっちゃってるから大丈夫でしょう。



デンジャラス賞:おいらんガール(2冠達成)

おいらんガールはエロスだけでなく、デンジャラス面でも相当とばしてます。
そもそもの設定からして、少女漫画よりもスピリッツとかに相応しいのではと思うし、
人物が喋るセリフにも、危険なワードが含まれてることが少なくありません。
中でも下記のシーンは、少女漫画どころか少年・青年漫画でも、
おいそれとは書けないであろう超危ないセリフでした。


画像


こんなこと、福本漫画の極悪じいさん達でも口には出さないですよ!



キラー賞:キレた小牧さん

画像


うん、惚れ惚れするほどに『殺し』が入ってますね。
次点は、『キスよりも早く』のまーくんが、ヤクザ邸実家に殴りこんだ場面を挙げます。



イケメン賞:不機嫌なパン屋のおじさん

イケメンは顔じゃないんだ、心なんだよ!!!



読みきり(短期連載)賞:辻田りり子作品

LaLaの読みきり、短期連載作品は全体的に面白い作品が多くて激戦でしたが、
最有力候補だったラストゲームは、別の賞にするので除外したところ、
残り候補の多くが、辻田りり子先生の作品だったので、
いっそのこと、まとめて受賞ということにさせていただきました。
あえて一つ選ぶなら『大嘘スイング』ですかね。KY佐伯がいいキャラだったので。
その他、今号に載ってる『普通百景』然り、『二葉のとても災難な日』然り、
どれも男でも読みやすく、わりと共感できるので、ぜひ連載作品も持って欲しいです。



ツッコミ賞:ブラックコーヒー

作品の名前は失礼ながら忘れてしまっていたので、
検索して探し当てましたが、このイケメンくんのセリフは、
忘れるに忘れられなかったので、2011年のツッコミ賞にします。


画像



イケメンくんのセリフはどこを切り取ってもツッコミの対象なんですけど、
それ以上に、この言葉に対して「キャーーー行ってらっしゃーーーい
と答えてる女子たちは、何よりもどうかしてると思います。
ちなみに次点は、『めがねのインキュバス君』より、SBQ(すごく、ビッチ、かもしれない)発言です。



妄想の花咲く賞:ラストゲーム

この作品の魅力は、今号の感想部分でも触れてますが、
何よりも「これは良いラブコメだ!」と率直に思えたので、この賞に相応しいかなと。
少女漫画を読んでしばらくになりますが、本人がひねくれた趣向を持ってるので、
いつも作品本来の主旨とは違った、おかしな方向に妄想を転がしがちなんですが、
ラストゲームに関しては、九条と柳の微妙な関係への感情移入がストレートにでき、
作品本来の主旨と、ブレがない感覚で楽しめている気がするのです。
何しろ、ヴァン騎士以外で初めてLaLaの単行本を買ったぐらいですからね!
2012年の大賞候補と期待して、この作品で妄想の花を咲かせてゆきたいです。



2011年月刊LaLa大賞:学園ベビーシッターズ

ぶっちぎりで決まりですね。
初期は「ほのぼのする話だなぁ」と思いながらも、軽く読んでるぐらいでしたが、
猪又さんが登場して以後は、一気に波が押し寄せてきて注目漫画になり、
ほのぼの感だけではない、ストーリーの上手さや各キャラの魅力に引き込まれました。
ネタとして扱ってた、妖怪ババアやニート兎田をテーマにしてすら、
心温まる話を描かれてしまっては、ツッコミ感想として正直お手上げです。

「少女漫画なんか読んでないで勉強しなさい!」とか、
「大人になって少女漫画なんか読んでるのなんてダサいよねー」とか、
「男で少女漫画雑誌買ってるとか変態かよ!」とか、
ワカランチンなことを言ってる人がいたら、これを読ませて改心させてあげましょう。
…まあ、最後のだけは私が否定してもあんまり説得力ないから、別にいいけどっ!!



以上、2011年の月刊LaLa大賞でした。
皆様の中でも、「この大賞はこれでしょう!」とか「この大賞も決めて!」などの
ご意見があれば、当ブログのコメントしていただくか、
もしくはご自分のブログ、ツイッターなどで、好き勝手にパクって書いたり、
展開してもらっても構いませんので。

それでは、もうすぐ発売の3月号の感想をまた来月。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ラストゲーム購入されたんですね!
やっぱり面白かったです。最新話は立ち読みで。
ノリで片恋トライアングルも読み返しちゃいました。
天乃さんは切ない話多いので、ハッピーエンド期待です。
柳は報われるのか(笑)

近々お手紙書くつもりなのですが、話題にしてもいいです?
ネタとして触れる位だとは思うのですが。
ダン・トーマス
2012/01/22 16:55
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
買ってしまいました。片恋トライアングルは
以前薦めていただいた作品ですね。
そちらは切ない話なんですねー。
ラストゲームは最終的に切ない終わり方を
しそうな感じは今のところしないですけど、
途中ですれ違いは多そうな二人の関係ですね。
柳はまあ、ヴァン騎士で言う所の藍堂さんポジションと見て、
報われる2割、報われない8割ぐらいで、
良いんじゃないかと思います(笑)

お手紙の話題とは、当ブログのことをですか?
もしそうなら、全然構いませんですよー。
むしろそんな宣伝をしてもらえるなら光栄です!

月の騎士
2012/01/22 20:00
こんばんは^^

少女漫画をヴァンパイア騎士と比較しては
ダメですね。
ヴァンパイア騎士は”少女漫画”として
異色ですから!!(笑)
特に今のヴァンパイア騎士は。
まだ、学園編のころなら大丈夫かもしれませんが(笑)

LaLaの中で純粋な少女漫画、って
あまりないので、ラストゲーム、
学ベビとは少し違う意味で心が温かくなります^^

時間がないので一つだけ。

キラー賞を受賞した小牧さんは、原作でも
怖かったですよ〜!
私は、有川先生の書いた原作の方を先に読んだので、
絵になるとまた違うんだなぁ、としみじみと読んでました。
(原作の図書館戦争も面白いですよ!!)
ちなみに、この前♪本を売るなら〜で
「キスよりも早く」を見つけたので読んでみたら、
尾白先生は昔悪だったんですね!!びっくりしました。

あと一つだけ。(結局2つ(笑))
この前みんGOLのCMを見ました!!
そして友達の2人が知ってました!!(女の子です)
片方の子は弟が遊んでるそうです。
…報告したくなったので!!

ありがとうございました!!

2012/01/22 22:21
華さんコメントありがとうございます。
ヴァン騎士を普通の少女漫画と比較することは、
どちらの作品にとっても無粋かもしれませんね。
まあ、LaLaにとっては「普通の少女漫画」の
方が希少価値が高いような気もしますので、
「ラストゲーム」は、普通の少女漫画
(ただしいろんな角度から読んでもクオリティ高い!)
として楽しめるのが新鮮で良いです。

図書館戦争は原作が元々人気だったみたいですねー。
アニメ化もしてるみたいだし、
実は漫画の方が後追いなんですよね。
いつか機会があれば読んでみたいです。

尾白先生は昔はガチヤンキーだった
みたいですね(笑)たまに出るバイオレンスな
シーンはその頃が活きてるのでしょう。
某師匠とは違ってキレがあります。

おお!みんGOLを知ってる人、
身近で遊んでる人がいましたか。
わりとプレイ年齢層の高いゲームだと
思いますが、友達の弟さんならかなり若そうですねー。
わざわざ報告ありがとうございました!
月の騎士
2012/01/23 21:54
勘違いさせる発言してしまったので、またきました!
切ない話集は“夏のかけら”です。短編集です。
打って変わって“片恋トライアングル”は完全ラブコメです!
矢印がうまいこといかない、キャラも面白い。
柳みたいにモテキャラがでてきます。
気になっている相手=好きと気づかないヤツです。
ラストゲーム気に入った騎士さんなら結構楽しめるかと。
2巻では4人目も登場してトライアングルでもなくなってますし。

作者も認めています!
ということでしたー。
LaLaDXでは妖怪モノ?も描かれてましたよ!
天乃さんはキャラが一癖あるのが好きです!
ダン・トーマス
2012/01/25 17:58
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
ああ、片恋トライアングルは、
ラストゲームみたいなノリで、
夏のかけらが、切ない話なんですね。
説明ありがとうございました。
ラストゲームを読む限り、ストーリーも
キャラも好みな感じなので、テイストは違っても、
どちらも安心して読めそうな感じはします。
まあ、とりあえずはラストゲームだけで
十分お腹いっぱいな感じですが、
もし買うことがあれば参考にさせて頂きますー。
月の騎士
2012/01/25 22:48
月の騎士様お元気ですか!?
私は今月25日が誕生日でしたが完璧にダウンしてました…(・ω・`)
そういえば去年の誕生日も入院してたな…(笑)誰か私にも純血の血を・・・
それはともかく、
そろそろ騎士様のブログが恋しくなってきました*^^*!!いつも楽しく読ませて貰ってます!

パンツには笑いました!ござるって!古ッ(笑)!!
私が友達なら、本人が分からないようにサッと直してあげます。それか、「パン!ツー!マル!ミエー」とジェスチャーで示します。古いですね(笑)

おいらんは、毎回色んな意味でギリギリの線を行ってますよね。それを毎月確認するのがスリリングで楽しみです。
寒くなってきてるので騎士様もお身体気を付けて下さいね(*^ω^*)!それではまた!!

頼朝
2012/01/27 21:50
頼朝さんコメントありがとうございます。
お誕生日にダウンとは…。
遅ればせながらお祝いというか、
お見舞い申し上げる形になってしまいますが、
何はともあれお誕生日おめでとうございました!
昨年は入院なんて、お体が心配です。
こんなブログで良ければ、日常の笑いの足しにでも
してもらえれば、これ幸いですので…。

私の方は健康第一で、日々を静かに
ストレスなく過ごすことを考えて
生きてますので、ご心配なく!
いそいそとヴァン騎士最新話の感想も書いてます。
頼朝さんこそ、お大事に〜。


パンツをサッと直す…。
女性同士なら可能な方法ですね〜。
それを男でやった場合、洒落にならない
(っていうか、ふつうに痴漢で前科一犯)
ので、ジェスチャーの方を採用させて
ください(笑)

おいらんは、エロスの意味でも、
デンジャラスの意味でも、
どこまでやってくれるのか楽しみですね。
最終回はサービスで、規制解除で
自重一切なしで描いて欲しいです。
少女漫画でありんすの枠を超える感じで(笑)
月の騎士
2012/01/27 23:08
お久しぶりです。
しばらくコメントしてませんでしたが、記事は拝見させていただいてました。
しかし3月号の学ベビにて衝撃的な事実が明かされてしまったのでこれはコメントせねば!!と馳せ参じたまででございます。

いいい猪又さんの…フルネームっ…!!!!
フルネームが明らかになっただけでも衝撃的なのに、
なんでまたアノ人と一緒の名前とは…

このことでなんかネタをやってくださると信じて、来月末の3月号感想を楽しみにしてます!
とりあえず、猪又さんのフルネームを読者に知らしめた牛丸ちゃんGJ!!!
ばらりん
2012/01/29 17:43
ばらりんさんコメントありがとうございます。
おひさしぶりです!
お忙しい中、記事は読んでもらえてたみたいで、
嬉しいです。ありがとうございます。

2月号で学園ベビーシッターズのレギュラー感想を
一旦終了してしまった矢先に、
こんな爆弾ネタが投下されてしまうとは、
相変わらず自分の間の悪さを呪うばかりです。
ということで、コーナー終了の舌の根も
乾かないうちに、3月号感想でも書いてしまう予定です。
あの人と名前が同じネタもリクエストとあれば、
何か考えておきますー。ある意味、二人とも
LaLaの胸キュン少女漫画ポジションを
担う二人という共通点はあるし(笑)

猪又さんとは対極なタイプですけど、
牛丸さんも心が綺麗な良い子でふつうにいいですね。
この二人(プラス1人に告白される)竜一の
天然タラシっぷりを羨むばかりです(笑)
月の騎士
2012/01/30 17:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊LaLa(2012年2月号)感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる