月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第35回:第15巻感想(後編)】

<<   作成日時 : 2011/12/17 08:08   >>

面白い ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 13

前編に続き、第15巻に収録されている第七十一〜三夜&おまけを語ります。






今回は帯がなくても、さほど印象が変わらないですね。
さて前編は、帯ネタに集中しすぎてしまい、書き忘れていたのですが、
当日ヴァン騎士15巻を買った書店で、店内に流れていたBGMが、
ヴァン騎士アニメ1期のOP曲『ふたつの鼓動と赤い罪』だった
のです。

こんな絶妙なタイミングで偶然流れたとは思えないので、
店側が意図的に流していたのは確実でしょうけど、その経緯が気になります。
白泉社のパワープッシュ効果によって流されていたのか、
その店にヴァン騎士マニアの店員さんがいて、勝手に選曲して流したのか。

前者だった場合、会社単位でヴァン騎士の購買に力を入れてるならば、
その勢いでアニメ3期の実現にも期待したいですね。
後者だった場合、その店員さんGJ!
憶が一当ブログを読んでしまって、心当たりのある人がいた場合、
その店で毎度LaLaとかヴァン騎士単行本を買ってる、怪しげな男は私なので、
こっそりと今後もどうぞよろしくお願いします。


ではでは、以下より第七十一〜三夜及び、おまけ漫画の感想に参りましょう。



【第七十一夜:新しい夜の教室】


細かく見ると、いろいろ見所がたくさんある回なんですが、
なんといっても、紅まり亜の「私友達が欲しくて…」発言に尽きますね。
これが次回へのとてつもないフリになっているとは、
この時点では全く思いもしなかったわけで、当時の感想では、
「友達できるといいね!」みたいな熱い気持ちになったりしちゃってたのですよ!
ええ、完全に樋野まつりマジックにやられてしまったわけですね。

あと、当時掲載されていたLaLa本誌では、
玉座に座ってる魔王の表情がよく見えなかったので、
大魔王がラストダンジョンの最奥で闇に潜んでるような様子にしか
捉えられなかったのですが、単行本では物憂げな表情が追加されているのです。
この表情からは、魔王は魔王で何らかの悩みというか迷いの情景を感じられ、
全て振り切れて、暴走してるわけではないような様子も伺えます。
と、珍しく魔王をフォロー(?)してみましたが、とはいえやってることは、
破壊者が雑魚キャラを蹴散らして、力を誇示してることには変わりないですけどね。

ちなみに単行本のおまけで、零の「なんでもない」に対して、
誰もが思ったであろうツッコミを、海斗がフォローしています。
どこまで保護者に徹するんですか、この人は!
上司がどうかしてるハンター協会をとっとと退職して、
学園ベビーシッターズにでも出演した方が人生成功する
と思います。
まあ、生徒にもこれぐらい配慮してたら、ハンターを廃業しても、
3年B組鷹宮先生としてやっていけるでしょう。
ただし、授業はつまらない(※零談)のが玉に瑕っぽいですけど。




【第七十二夜:タブレットの味】


優姫と零で、悪いことしてたヴァンパイアを捕まえて始末した場面は、
悟空がバータとリクームをあっさり倒したものの命までは取らなかったら、
ベジータがトドメをさして「相変わらず貴様の甘さにはヘドが出るぜ」と言った場面にそっくり

だなと思いました。第七十話の会話といい、この二人はドラゴンボールごっこでもやってるんでしょうか。

この回最大の衝撃は言うまでもなく、紅まり亜の「奪っちゃう」発言ですね。
これはもう当時の感想から今日に至るまで、ことあるごとにネタや例に出してきたので、
今更詳しくは書きません。まだ見てない方は、このシーンを見るためだけにでも、
単行本を買って損はないと思います。鳥肌立つ、小悪魔シーンをご覧あれ!

あと、真面目な考察としては、ワイルド暁が「瑠架を解放しなければ魔王を倒す」
と宣言したことに対する魔王の不敵な笑みについて、
当時は「君がこの僕を?笑わせてくれるね」と言いたげに見えるとネタにしましたが、
LaLa本編で現在までに進んでる話から、とある説を仮定に置いて考えると、
実は魔王自身も望んで、「やれるものなら君にやって欲しいぐらいだよ」
と思ってるからこそ、爽やかに笑って受け流したとも推測できます。
まあ、残念ながらワイルド暁が魔王枢を倒すのは、
天津飯がピッコロ大魔王を倒すの並に無理
だとは思いますが…。




【第七十三夜:零との関係】


この回は、当時の感想でわりといい考察を書いてますね。(また自画自賛)
なので、特に付けくわえることはありませんので、
代わりに、紅まり亜についてのまとめを書いて、
プチ徹底検証!紅まり亜(第2部編)とします。

第六十九夜:突然の再登場⇒第七十夜:優姫に新生ナイトクラスへ誘われる
⇒第七十一夜:優姫と友達になりかける⇒第七十二夜:衝撃の「奪う」発言
⇒第七十三夜:女帝にケンカ売って、零に言い寄る。

ということで、紅まり亜は第15巻に収録されている全話に登場して、
この巻だけで見れば、某師匠はおろか魔王よりも出番多い
ですよ!
そして通して見ると、やっぱり誰よりも「普通の少女漫画」をやってるのは彼女です。
友達が欲しかったんだけど、初恋の人に似た(そりゃ双子だし)男の子を見つけたから、
忘れかけていた想いが溢れ出してきて、仲良くなりたかったあの子とも、
恋のライバルになっちゃってフクザツなの…みたいなヤーツでしょう。


前編で帯を少女漫画風に弄ったネタ画像を載せましたけど、
あれのコンセプトに最も適してるのは、紅まり亜で間違いありません!
ただ、再登場してからのプロセスがあまりに急激すぎるのと、
ヴァン騎士がふつう少女漫画とはあまりにかけ離れた展開になってたので、
紅まり亜の一連の行動は、浮いてしまった形になっただけなのです。

某掲示板のスレでは、「話(関係)が全然進まない」と批判をされてましたが、
どういうわけか紅まり亜に関しては、急に話を進めすぎてる感があります。
優姫と友達になるまでの過程を1巻ぐらいに渡って書いた後に、
徐々に零に惹かれていっての、あの衝撃発言であれば印象も違ったはずです。
うん、まあ、でも、恋する乙女ってきっとそんなもんですよね!(テキトー)




特別編:SECRETS


初めて魔王に親近感を持った!
え?どこにだって?もちろん絵ですよ、あの絵!
容姿端麗、頭脳明晰、変態魔王
と三拍子揃った(あえて最後も長所に含めるとして)枢さんですけども、
どうやら芸術性だけは皆無だったみたいです。

実際にどんな絵なのかは、第15巻を買って確かめてもらうとして、
優姫の顔もひどいけど、それ以上に猫(?)が輪をかけてひどいです。
まるで魔界の生き物で、火とか吹きそうです。


しかし、私が描いた絵もリアルであんな感じになると思うので、
絵が下手な奴の気持ちは分かってしまうのですよね。
(魔王は一条さんに平然と絵を見せてるので、下手な自覚はなさそうですが)
ちなみに、これはフォローというか、言い訳というか、勝手な自論ですけど、
ペンで絵を画くのは下手でも、頭の中で絵を描く(つまり妄想)は、
私も魔王も上手い
と思いますよ!変態はそこが優れてるのです。
…いやまあ、魔王と一緒の枠で変態扱いされるのはちょっと納得いかないですけど。

あと、優姫の絵が下手なのは玖蘭の血筋として納得なのですが、
それをバカにしてる女帝の絵もどうかと思うので、
もしかすると、純血種=絵が下手という共通点があるのかもしれません。
ワンピースで言うところの悪魔の実を食べた奴が泳げなくなるみたいな。
試しに残された純血種のイサヤさんとちびっ子にも絵を書かせて検証して欲しいです。



絵の下手さに続いて、優姫に訪れかけた普通の青春な一幕を、
闇の圧力で潰す魔王の姿も描かれていますが、
これに関しては、魔王ならやりそう、むしろやってこその魔王だと、
あっさり想像補完できてしまうだけのパブリックイメージがあって、
今更このシーンで「え〜!?意外!」と思う人は、枢ファンにも(というか枢ファンほど)
いないでしょう。ちびまる子ちゃんの藤木くんがひきょうなイメージなのと同じです。(同じか?)

とはいえ、これをあっさり流す女帝も、さすが純血種だなと思います。
「枢様ならやりかねないからつまらない」みたいな感想ならまだしも、
「どこが悪いの?」とばかりに、行為そのものを完全肯定しちゃってるのは、
純血種ならではの感性です。やってることは普通に悪いですからね!!


しかし、誰よりも不憫なのは、「カナメクランのはずかしい話」を
ひたすら要求し続けられ、語らなければ女帝に拷問されるでしょうし、
語ればあとで魔王に抹殺されるという、リスクしかない状況の一条さんに他なりません。
せっかく語っても、「つまんない」の一言で片づけられるし、
すべらない話とは比較にならないぐらい過酷でキツイ現場です。

番外編までかわいそうな境遇にされてしまった彼に明日はあるのか!?
ここまで来ると、優姫が最終的に誰とくっつくのか?よりも、
一条さんは最終的に報われるのか?の方が気になってしまったりして。




さて、次回のヴァン騎士記事は25日にクリスマスネタを予定していますが、
いつもはわりと余裕を持って記事を書いて投稿してるのですけど、
年末年始進行とか、今月の記事数とか、その他いろいろありまして、
実は今の時点でネタがほとんど何も書けてません!
おまけにPS Vitaが本日発売とあって、スケジュールが危機的状況にあります。

〆切りが迫ってる漫画家さんの気持ちや、某パワプロにハマって
投げ出した(と噂の)某冨樫先生の気持ちが少しだけ分かるような状態ですが、
有り難いことに、楽しみに待って頂けてる方もいらっしゃる様なので、
何とかクリスマスまでに書きあげれるように頑張ります。

もし書き上がらなかったら、ニコ動に「焼き土下座してみた」というタイトルで、
実況土下座動画をお届けするぐらいの所存で!
(ってか、そんな動画作れる時間あるなら書けって話ですけども…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます管理人様^^
ドラゴンボールの喩えがいつも面白いですね。
オマケ漫画楽しかったです!
優姫の絵がアレなのは分かっていましたが、「おまえもかー!!!」って(笑)…いや、お前なんて言ってしまいすみません枢様…

優姫の絵が下手なのは、ヴァンパイアの始祖の絵がアレだから…ですかね。こんな意外な所で玖蘭の血筋をしっかり受け継いでる事を確認出来るなんて(笑)
純血種=絵が下手という共通点・・・そうなのかもしれませんね。

一条さんに平然と絵を見せる枢の表情…(笑)となりに書いてあるのはいつも一緒に居る零だと思いました。…もしかして魔王さんには零が犬ぐらいにしか見えていない・・・
頭の中ではリアルに想像できてるって!月の騎士様も魔王さんと一緒で・・・いや失礼
それにしても、一条さん…かわいそすぎる!!逃げてー!涙
しかしそれ以上に突っ込まれないアイドルさん可哀想。

頼朝
2011/12/17 11:08
頼朝さんコメントありがとうございます。
ドラゴンボール例えは普通ならば、
「少女漫画にドラゴンボールって!」と、
ミスマッチこの上ない感じになるはずですが、
真面目に零がべジータにしか見えない時が
あったりするからヤバい…いえ、面白いです(笑)

優姫だけでなく枢の絵も下手となると、
玖蘭の血筋か、純血種の定めか、
どっちかでしょうね。
そしてこうなると、音楽センスも怪しい気がします。
二人ともとてつもない音痴ではないかなと。
まあ、魔王がカラオケ行くことがあったら、
それ自体似合わないので笑えますけど。

あっ!!あの猫みたいな魔界の生物は、
実は零だった!?
それは素晴らしい見立てですね!
妙に納得しました。
魔王の目に映る零は、
異形の生物でしかないと(笑)

アイドルさんも撲殺されかけて
可哀想なことになってますが、
彼は本編ではかっこいいシーンや、
数多くの見せ場があるのに比べて、
おまけですらコキ使われる役目でしかない
一条さんのアンラッキー度は、
いよいよ芸の域にきたのではないかと…。
月の騎士
2011/12/17 14:49
こんばんは^^
後編、とても楽しみにしていましたvv
(途中で自画自賛とか言ってますが
騎士さんの感想は色々な意味で最高です!)

まず、まり亜ちゃんはきっと
これから何かするっぽいので(しなきゃおかしい!)
それまで放置で、問題は一条センパイです。

この前、ヴァンパイア騎士で一番可哀想なのは?
というのを一人考えていて、
最終的に零、優姫ちゃん、枢、藍堂センパイの4人が
残ったのですが、途中から
(……可哀想の意味合いが微妙に違うけど
一番不幸なの、一条センパイ……?)となっていました。
騎士さんの言うとおり、
純血種に振り回される運命なんですよ、この人は。

小さい時は樹里さんにいじられて
今度は枢にいいように(?)使われて
今度は我儘女帝にこき使われて……
(ここでは本当にこき使われてるし…)
そんな大変な人生(吸血鬼生?)なのに誰も助けないし…
…一条センパイほんとに可哀想じゃないですか!!
誰か助けましょうよ……

おまけの描きおろし。
騎士さんの三拍子に爆笑です(大笑)
姿、頭脳の後に、変た……
この前みたくなると困るので止めておきます。

枢のあれは、きっと数百年経てば
芸術的作品になるんですよ、きっと。…うん、きっと。
最近よく思いますが、
純血種って、もう本当に何なんでしょうね…
あと、もう1つのあれはやってないとおかしい!!
その横で優姫ちゃんの目を覆ってる零にも
笑いましたけど。きっと零も、内心もやもやしてますよ(笑)
二人とも凄く"優姫至上主義!!"ですし。
(零は表面的にはそうじゃないですけど)

クリスマスネタ、応援しかできないですが、
頑張って下さい!!!o(`-´)
長い…いつもありがとうございます^^
失礼しましたvv

2011/12/17 21:59
華さんコメントありがとうございます。
まり亜のこれからにはいろんな意味で、
注目ですね。もしかしたら樋野先生的には、
「もうまり亜の役割は終わり」みたいに
思ってらっしゃる可能性も0ではないですが…。
それでも深読みして弄っていきます!

「ヴァン騎士で一番かわいそうな人GP」は、
考えると面白そうだし、深そうですね〜。
過去とか運命的な意味で可哀想なのは、
華さんの挙げた4人に敵わないかもしれませんが、
作品的に「良い扱いされてない」という意味では、
一条さんはトップクラスではないかと思います。
その点、零もダブル主人公の一人なのに、
ヒロインとイチャつくシーンがほとんどないどころか、
最近はライバル同士みたいなピリピリした関係になってるのは、
可哀想ランク高いですけど、ぶっちゃけ
零自身のせいも含んでると思うので…。
それに比べて、一条さんは自身は何も悪くないのに、
こんな扱いになってるのは、涙なしには語れません。
(といいつつ、笑いのネタにしてるっていう罰あたり)
そんな一条さんを助けてくれるとしたら、
シキリマコンビ以外にはいないと思うので、
二人の奮起に期待するしかないですかね。

あ〜、数百年後は評価される絵、そうかもしれません。
もしくは始祖時代には、「これはゲイジューツだ!」と
評価されまくってた絵かもしれませんね。
目を隠してた零の心情も考えると興味深いですね。
表向きは優姫が告白されても「ふ〜ん」と、
無関心を装うでしょうけど、内心は少女漫画の
主人公らしい感情が渦巻いてるはず!
…まあ、「この時は」ですけど。

クリスマスネタは…なんとか頑張ります!
頑張ってなんとか書きあげれたら、
誰かロンリーな私にクリスマスプレゼントを…
などと、現金なことは考えずに無心で頑張ります!(笑)
月の騎士
2011/12/17 22:57
兄貴こんちわーっす。純血種ってなんで絵が下手なのか真面目に考察してみてもさっぱりわかりません!(なぜ考察したし) ていうか、全身チートキャラな奴等に絵心がないってちょっと矛盾しませんか?絵を何か描くとき、記憶にある物体や何かをただ写すだけなのに、それが出来ないのは・・・右脳に何か沸いている もしくは 別の感情が脳の働きを邪魔している からだと思います。憶測だけどねっ!
阿球
2011/12/18 09:54
阿球さんコメントありがとうございます。
真面目に考察しても分からないのは、
たぶん樋野先生にも答えがない…失礼、
そこには隠された秘密があるかもしれません。
最後まで明かされることはなさそうだけど!

絵が下手な奴としては、物体をただ写すだけでも、
手が動かないというか、頭では描けてるけど、
それを絵で上手く表現できないんですよ!
しかも、私は左利きなので、一般的には
芸術性が高いはずなんですが…。
ということで、私も右脳がイカれてしまってる
可能性が浮上してきましたが、
絵が上手くなくたって、どうってことねえや!
と開き直って生きていこうと思います。
(もちろん上手い人は尊敬します)
月の騎士
2011/12/18 21:20
騎士さん、こんにちは。記事面白かったです!悪魔の実がここで使われるとは…ww
頼朝さんのコメントなんですけど…
絵で優姫のとなりにいる生き物が零…笑ってしまいましたww
最初は狼かな?って思ったんですけど…よく分身が狼でしたし
でも零って…ww
面白いです笑っしまいましたw
こらきゅ
2011/12/19 00:33
こらきゅさん!零に見えたんですもん!!
でも…なかなか愛嬌があって可愛い絵ですね枢さま…*^-^*
…し、失礼。
ヴァンパイア騎士を知ってる人周りに居なくて、自分でも好きでもこうやって話せる友達も居なくて。寂しかったりしてましたが…
月の騎士さんのブログ見つけて、ヴァンパイア騎士好きな人がこんなに居るんだ!!って知れて。
こらきゅさんともこうやって話せて嬉しくて、
何かとても暖かい気持ちになりました
改めて月の騎士さん有り難うございます。
頼朝
2011/12/19 18:08
こらきゅさんコメントありがとうございます。
悪魔の実、ワンピースは全然詳しくない
のですが、ふと思いついたので
例えに使ってしまいましたw
頼朝さんの、零=隣の生き物説は秀逸ですね!
そうやって考えると、魔王の絵は下手だけど、
表現力というか空想力はさすがですね。
是非、一条さんや藍堂さんも描いて欲しいですw
月の騎士
2011/12/19 22:09
頼朝さんコメントありがとうございます。
私なんて男で、身近では話題に出す機会も
本当に一切ないですし、仮に知ってる人を見つけても
気恥かしさもあって、話せる感じがしないのですが、
こうしてネットを通してなら、
気軽に交流できるのは良いですよねー。
当ブログは特に「○○好き」みたいな括りもないので、
自由にどなたでも参加いただければ大変嬉しいです。
ということで、今後も宜しくお願いします!
月の騎士
2011/12/19 22:16
やっと読みました。零と優姫の絡みが増えただけでも満足です!
しかも支葵莉磨コンビが味方なのも満足ポイントでした!

で、全く話はかわりますが、今回も騎士さんの喩えネタ…
ドラゴンボール登場しましたが、(わからないキャラも多いですが)
『合コンに行ったらとんでもないことがおこりました』
という本にも、
悟空が元気玉を作っている最中の気持ちが…
というような喩えがありまして報告です!
まだ物語の核心にも迫ってないのですが、喩え連発です。
今のところドラゴンボールは上記のみです。
ダン・トーマス
2011/12/20 18:14
連投ですみません!書き忘れです。
ON/OFFが流れていたって凄いですね!
発売されて随分たつのに、ということはやはり狙って…
ダン・トーマス
2011/12/20 18:16
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
おおー、読まれましたか!
優姫と零の絡みシーンは多いですね。
絡み方はどうあれ…ですが。
シキリマコンビが味方なのは心強いですね。
優姫と藍堂さんだけじゃ、ノリツッコミの暴走方向にしか
話が進んでいかない気がしますし(笑)

ドラゴンボールネタは万国共通のネタです!
分からないキャラ…リクームとかバータのことでしょうか?
フリーザ編を見てもらえれば分かりますよー、
まあ分からない例えは雰囲気だけでも
笑ってもらえれば幸いですけども(笑)

ON/OFFの曲は、ON/OFFが最近になって、
嵐とか並に巷で大流行してない限りは、
きっと狙って流したんだと思いますー。
月の騎士
2011/12/20 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第35回:第15巻感想(後編)】  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる