月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 LaLa編【第七十六夜:闇タブレット】

<<   作成日時 : 2011/11/05 09:16   >>

面白い ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 10

LaLa最新12月号より、ヴァン騎士第七十六夜の感想です。






なんですか、なんですか、なんなんですか、この癒される表紙は!
おかげで、私のブクログ本棚がよけいにカオスな状態になってしまいましたよ!
悪夢とか絶望といった言語や、赤いふんどし男とかうさんくさいおっさんの絵が、
チラつく本棚のなかで、ベビー達が放つ光のオーラが眩しいのです。
これが噂の、超高校級(幼児級)の希望のベビーちゃんなんですか!?
世界に足りなかった「ちゃん」なんですか?これで世界は救われるんですか?
……うぷぷぷぷ、でもね、希望があるから絶望も生まれるんだよ。

はい、意味が伝わりにくいダンガンロンパのネタはこれぐらいにして、
今回もヴァンパイア騎士の感想を書いていきます。
と、その前に、先月は当ブログをホームページや某掲示板などで
リンクにてご紹介下さった方を見つけたので、引きこもりで内弁慶でシャイな私ですが、
お礼参りと称して、感謝のために出向かわせて頂きました。
改めまして、ご紹介下さった皆さん、誠にありがとうございました。

当ブログはリンクフリーなので、今後も好き勝手にリンクして頂ければ幸いです。
こちらも好き勝手に、アクセスレポートで辿らせてもらいますので。
(もちろん事前・事後報告して頂ければ尚のこと有り難く嬉しいです)



某巨大掲示板に書き込んだのは、すごく久しぶりでしたねー。
いわゆる「コテハン」を使ったのに関しては、たぶん初です。
(その昔、みんGOL系スレで使ったことがあったような気がしないでもないですが)
書き込みに対して、「自演乙」とか、「おまえのブログ毎回ひどいんだよ!」とか、
「m9(^Д^)プギャー」といった、 反応が来ることも想定していたのですが、
特に何もありませんでした。これが華麗にスルーって奴でしょうか。

当ブログにコメントを下さる方は皆さん大変お優しいので、
たまには罵詈雑言も浴びせられる中で意見をぶつけるのも面白いかなと考えて、
返す言葉もないような、とんでもない誹謗中傷でさえなければ、
コメントを返して議論が出来ればと思っていたのですけれど。
また機会があれば書きこむかもしれません。(今度は名無しの可能性もありますが)



以上、余談が長くなりました。
それでは本編の感想に入ります。




〜ヴァンパイア騎士 【第七十六夜:闇タブレット】〜



キャッチセールスマンになってしまった一条さんが、
シキに怪しいタブレットを薦めるまでが前回の展開でしたが、
今回を見ると一条さんは、女帝に操られながらも理性はまだあるみたいです。

DBに例えるなら、バビディに操られかけてるベジータ状態。
JOJOに例えるなら、トーキングヘッドが舌に取りつかれたナランチャ状態。
ぬ〜べ〜に例えるなら……って、例え話はもういいか。
そんな一条さんの様子を見て、シキは瞬時に「女帝さんに操られてまんがな」
と気付く洞察力(まあ誰でも気付くか)と、タブレットの味見する行動力を発揮します。
まるで白い粉をなめて「これは麻薬だ!」と瞬時に気付くコナンくんですね。

そんな江戸川千里を心配する毛利リマ。今の一条さんはさしずめ小五郎か?
相変わらずこの二人はブレもなく、常に客観的な立ち位置にいるので、
不安定すぎるヴァン騎士界の人間模様において、数少ない安心できる関係です。
もうズンドコやってる奴らは放っておいて、君たちだけ学園生活を
エンジョイしたら?
とも思いますが、一条さんを助けてあげられるのは、
二人しかいないので、今後も優姫のサポートをお願いします。



さて、前話からヒール軍団に転向してしまったハンター達は、
今話もきなくさい会話をしています。零と優姫の関係を利用するとか、
優姫はハンターの武器も使えて便利だからとりあえず味方にしとけとか、
とても正義の味方がする会話ではありません。小悪党たちの会話です。

そんな折、理事長が今晩の女帝用のエサとして、
ちびっ子くんをおもちかえりぃ〜〜♪(竜宮レナ調)
してきます。
…ウソです。心優しい理事長は、ボロ雑巾になった彼を放っておけず保護したのでした。

もちろん、この勝手な行動にハンター一同、特に師匠は良い顔をしません。
「誰なのよそいつ!あんたの相棒はわたしのはずでしょ!この浮気者!」
と嫉妬して…ではないと思いますが、ハンターとしての立場を問い質します。
そしてついに溜まっていたものが噴き出してしまったのか……。



今回のベストショット:これが1ヴァンパイアハンターのパンチだぜぃ!!


画像




は、迫力がね〜………。


失礼ながら、これは男として全然憧れないパンチですね。
以前もどこかで、これに似た腰の入っていないパンチを見た覚えがあったので、
過去ログを漁って、昨年のLaLa11月号の記事で見つけました。


画像



うん、これと同類のヘナチョコパンチですよ。
つまり、師匠は会長メイド様!の三下くんと同格ということですか。
今号に載ってるキャラ紹介では、師匠が「現在1のヴァンパイアハンター」
と紹介されているのですが、全くの事実無根だと思います。
こんなパンチでは魔王にはかすり傷一つ負わせられず、数秒で消されてしまうでしょう。

少し前までなら「現在1のお笑いハンター」としては通用したのですが、
最近の迷走ぶりを見ていると、それもかなり怪しい状態です。
殴る直前に理事長のことを「バカ男」と呼んでますが、
それもユーモアセンスとしては赤点のネタだと思いますし。


どうせやるなら、これ↓ぐらいやらないと!


画像



樹理さんの「純血本気キック」の方が、迫力、攻撃力、お笑いネタ、
全ての面で上回っています
ね。師匠は樹理さんを見習ってください。
このままでは、次回のキャラ人気ランキングは7位から70位まで転落し、
本編での命もマジに危ういですよ。

でもまあ、真面目に考えて、玖蘭枢を放置する件はともかく、
ちびっこ純血種を連れて帰ってきた行動については、
ハンターのみならず、ヴァンパイア達にとっても迷惑だとは思います。
学園としても歓迎できないだろうし、厄介な存在には違いないでしょう。

眠ってる顔はあどけない子供ですが、起きるなり「玖蘭ファッ○!!」と叫び、
腹いせに優姫を襲いかけたりなんかして、また死亡フラグをまき散らしそうですよ。
あるいは、魔王にボコられすぎたショックでキャラチェンジして、
「ぷるぷる、ぼくは悪いヴァンパイアじゃないよ。助けてよお姉さんたちー。」と、
母性あるお姉さま方への人気獲得に乗り出す
可能性もなくは……やっぱりないか。
何はともあれ、ガンバレちびっこ!あと、樋野まつり先生は、
そろそろ彼の名前ぐらいは明かしてあげてください。



ハンター達がドタバタしてる一方で、ナイト・クラスも不穏な空気になってました。
恋の狩人こと小悪まり亜が、「零くんの顔色が以前にも増してよくないわ…。
誰のせいなのかしら。私だったら助けてあげるのに!」みたいな嫌味を、
優姫に聴こえるようにわざわざ口に出し、微妙な顔で見つめ返す優姫。
師匠が理事長を殴った場面よりも、紅まり亜の嫌味の方がよほど怖いですね。
男の迫力ないケンカより、女子のドロドロした争いの方が数段怖いのです。

そして血液タブレットの調査を進める優姫の前に、現れた零。
表向きは伝言を伝えるために探していたみたいですが、
やっぱりなんだかんだ、血液タブレットのこと含めて動向が気になってる様子。
優姫は零からの伝言を聴いて、それでも玖蘭枢を信じて追う事を決めながらも、
自分さえ駒の一つではあることを察して、自虐的なセリフが出てきました。
たぶんこれ、紅まり亜の嫌味が地味に効いてるんだと思いますよ。
零に対して、自分の存在が負担をかけて、気を使われてることを自覚する一方で、
枢にも逆に気を使われながら、弄ばれてる感覚があるのでしょう。


そんな迷いをふっきるために、「駒でもやりたいことをやってやる」と決意を固め、
「そのあとで玖蘭枢に平手をお見舞いする」と自分を奮い立たせてます。
その様子を見て、優姫が無理をしてることを感じとったのか、
零は優姫の腕を取り、零派を一瞬ときめかせるのですが、
相変わらず、優姫にも読者にもツンな絶対“零”度が発動して、
結局手を離してしまい、煮え切らない態度のままでした。

ここで零が「……あいつをぶん殴るなら、俺にもやらせろ」とか言って、
積極的に協力する展開になったら熱いんですけどね。
まあ、もしその機会が訪れた際は、優姫にしろ零にしろ、
今話の師匠みたいなヘナチョコパンチ(しつこいですが)じゃなくて、
樹理さんを見習って、「純血&ハンター本気Wメガトンキック!!」
みたいなスペシャル技を魔王に炸裂させてあげましょう。返り討ちは怖いけど。



その頃、平手のお見舞いを予告された魔王は、悪い夢を見ていた様です。
秘書的な存在の星煉に起こされるも、返事もせず虚空を見つめるセンチメンタルモード。
久しぶりによわよわしい雰囲気の魔王を見ました。優姫の前でもないし、
これは演技とは思えません。優姫を断ち切ると言いつつ、
少し前まで、あれだけイチャつきと可愛がりの限りを尽くしていたわけで、
さすがに禁断症状が出てきたのかもしれませんね。
欲の強い男にはよくあることです。(何を言ってるんだ)
しかし、「やるべきことがたくさん控えている」とは、一体何を示すのか。
予告通り、女帝の始末なのか、それとも他に優先することがあるのかどうか。

最後は女帝が「玖蘭枢の目的の真実」を優姫に伝えかける場面で次回へ。
巻頭カラーを飾る次回で、ようやくその目的の全貌が語られるのでしょうか?
はたしてその目的は、読者の多くが想像している内容と相違ないのか、
それとも、びっくり仰天、驚天動地の真相が隠されているのか!?

優姫の体があんまり成長しないからイライラしてやった。
今は反省してる。


とかだったら、驚きを超えて、笑えますが。……いや笑えないか。




最後に、本誌を購入して、第七十六夜を読んだ方はとっくにご存知でしょうが、
ヴァンパイア騎士第15巻が12月5日に発売決定!
になりました。

別名で言うと、『帯に耐えてレジまで本を持っていかなければならない恥辱の日』です。
ええ、今回もきっと予想のななめ上をいく、赤面ドン引き帯が我々を待っていることでしょう。
もはや私はこれを一種のプレイ、記念日として楽しむ所存ですが(変態じゃないです)、
どうしても買う勇気がない方は、サングラスやマスク(変装用道具)、
スケープゴート本(一緒に買うことで羞恥心を和らげる目的を持った本)、
影武者(代わりに買ってもらう人)などを事前に用意して、当日に備えましょう!

え?ネット通販で買えばいいだろって?
それはそれで宅配の方が「ヴァン騎士第15巻をお届けに参りましたー!」
と大声で言われる心配
がありますからね。
LaLaならそこまで仕込みかねませんよ!



当ブログも12月はヴァン騎士特別編成でお届けする予定ですので、
(ほんのりと)ご期待下さい。とりあえず第七十七夜感想は、12月3日の投稿予定です。
その前に、11月23日にも何かヴァン騎士ネタを投稿予定ですが、
こちらはまだ何も構想が決まってません…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして騎士兄貴!最近このブログを発見して、以後あまりの面白さに取り付かれてしまったのでコメントします。(唐突)    13巻でミカリンがハンター側は元老院みたく評判が悪いというウワサだけは聞いてたけど、ついに明るみにでた(?)ような気がします。ここからまた新たな事件とか出そうで(めんどks)・・・    まぁ、それよりも俺のよmじゃなかった元理事長を殴ったアレは、たぶん 凄いマジ切れしてない=ツンデレ だから迫力が無いのか、あるいは出番の増えすぎで疲れてるからだと思います。もう引退すればいいのに・・・   長文スイマセンが騎士兄貴これからも頑張ってください!
阿球
2011/11/06 01:34
阿球さん初めまして。
コメントありがとうございます。
兄貴なんて!でもいい響きですね。
本人の兄貴要素は0ですが、カッコいいので
受け入れてしまうことにします。

ああ、そういえばミカリンがそんなことを
つぶやいてましたねー。
ぶっちゃけ完全に忘れてました(笑)
今のハンター協会は師匠が一番の権力者なのか、
その裏で操ってる存在がいるのか分かりませんが、
最近の師匠は、ツンデレもお笑いも捨てて、
ワイルドキャラに戻そうとした結果失敗して、
ただの小悪党になってる感じがしますね。

あのパンチも、ツンデレを表現したいのならば、
殴ったあとに理事長を抱きしめる
(それはそれで別の漫画になっちゃうけど…)
とかしないと、伝わりませんよ!
まあ、師匠にこんな厳しいことを言うのも、
立派なハンター…いや、立派なコメディアンハンター
として活躍して欲しいからなので、
これからも生温かく見守りましょう。
ではでは、今後も宜しくお願いします!
月の騎士
2011/11/06 10:19
はじめまして月の騎士様
コメントははじめましてですが結構前から拝見させてもらっていました
いつも腹筋が切れそうで困ってます (´・ω・`)
スレが大荒れしてる中ここに来ると安心します(。▰ˇωˇ▰。)キリ

師匠はそういえば「No1ハンター」なんて呼ばれてましたね
すっかり忘れてました
というかそれも本当なのか疑問だったんですけど
一回もそれっぽい活躍が描かれてないていう←

騎士さんはよりちゃんから樹里さんに乗り換えてしまったのでしょうか
「純血本気キック!!」大好きですね 
よりちゃんも「優姫の親友本気キック!!」みたいな(ネーミングセンスねぇww)ことを一発魔王にかましてあげればまた株価が上昇するでしょうか
ぜひその日が永遠に来ないことを祈りますが


これからもヴァン騎士ネタブログがんばってくださいな
きっと貴方なら師匠の座を横取りできる日がくると信じています(゚∇^d) ギャグ的な意味で
はめつうた
2011/11/13 01:08
はめつうたさん、初めまして。
いつもご覧頂き&コメントありがとうございます。

某スレは何やらネガティブな雰囲気に
なってしまっていますが、当ブログは、
どんな展開になろうが、好意的に捉えて、
それをネタにしていく方向で頑張っていきます。
本人はネガティブ人間ですが、感想は
ポジティブなのも妙な感じなんですけど…。

師匠の1はもしかしたら、樋野先生が
仕掛けたツッコミ待ちフレーズとも推察できます。
「井上喜久子17歳です」「おいおい!」と
同じ意味で捉えて良いのかもしれませんw

よりちゃんから樹理さんに乗り換えたつもりは
ないのですが、純血本気キックは好きですねぇ。
よりちゃんにキックは、ちょっとはしたない
印象もあるので、ぜひここは「優姫の親友本気ビンタ」
でお願いしたいです。…いえ、やっぱりよりちゃんには
いつまでも平和主義な天使でいてもらいましょうw

ではでは、師匠の後を継げるように精進しますので、
今後も宜しくお願いします!
月の騎士
2011/11/13 21:24
はじめまして 月の騎士様
はじめてコメントさせていただきます

私もLaLa12月号読みました。
騎士さんはいつも
かなり深くまで突っ込んでいますよね
師匠のこととか理事長のこととか(笑)

私は読んで 最初の感想は
「まり亜ちゃん、怖い…(こんな人だったけ?)」でした。

ただいま兄と幼なじみの行動に振り回されっぱなしで
気力だけで生きているようにしか見えない
優姫ちゃんとか
絶賛不幸中!!の零とか
何をしたいのかさっぱりわからない
理解しがたい動きばかりを見せるここで言う
「魔王」こと枢様とかそんな三人を置いて...

…私も女子ですが、女の子の友情は恋愛は、
ときにとてもドロドロな気がします…
(優姫ちゃんと頼ちゃんはそんなことないですが)

このまり亜ちゃんなら、きっと「体が弱い」らしいですが
No.1の師匠に勝てる気がします。
どうでしょうか…?

あと樹里さんの「純血本気キック」は、
優姫ちゃんが「純血本気パンチ」に変化させて
枢(分身)にお見舞いしていた気がするので
師匠あたりはもっと技を磨きぬいたほうが
いいような気もします。
どちらにしても師匠はNo.1の名にふさわしいように
もうちょい頑張ってくれるといいですね^^

来月はだれが動くんでしょうねぇ…
やはり女王様の更さんでしょうか。
それとも魔王の枢様か。
もうどうせなら莉磨&支葵らへんに動いてほしいです。

15巻、楽しみですね。
実は私も、コミックを買うのに勇気が要ります。
(たぶん騎士さんほどではないですが、
帯と表紙がそろうとなぜかエロティックになるので
少し恥ずかしいです)
頑張りたいとおもいます。

長々とすみません;
これからもよろしくお願いします。
ありがとうございましたvv

2011/11/18 21:51
華さんはじめまして。
コメントありがとうございます。
理事長とか師匠とか、たぶん他の方は
あまり注目しないようなキャラに突っ込んで
いくのが、当ブログの方針の一つになってますね(笑)
もちろん主役級のキャラ達の動きも見逃せない
のですが、脇役も面白いのがヴァン騎士だと
思うので、そっちにも目がいってしまいます。

紅まり亜は、師匠に余裕で勝てると思いますね(笑)
「体が弱い」とされてますが、もしかしたら
それも男心をくすぐるためのギミック(作戦)
なのではないかと…さすがに、勘繰り過ぎでしょうか。
たとえ体は弱くても、ハートは強いと思いますので、
今後も最前線で活躍して欲しいと思います。

そういえば、枢の分身に優姫がパンチを
炸裂してたことがありましたね!
なるほど、あれは今思い返せば樹理さんの
血を受け継いだ本気パンチだったんですね〜。
優姫も、師匠には楽勝で勝てそうです(笑)

来月号の発売もせまってますが、
誰が動くか全然予想はつかないですねー。
話の引っ張り方的には、更と優姫の会話で、
枢の重要な秘密が語られる感じになってますけど、
全然関係なく、莉磨&支葵が動く可能性も
あると思いますよ。

15巻は恥ずかしいと思いますが、
私も頑張ります(まあ半分楽しんでますが)ので、
華さんも頑張って購入しましょう!

ではでは、こちらこそ今後も宜しくお願いします。
月の騎士
2011/11/19 09:12
連続して投稿もうしわけございませんが、今悪い予感が頭をよぎったので ちょっと聞いて貰えないかと。                                  【もしこのまま零がヘタレのままだったら】                                                              まりあにそそのかされて、復習者に戻る→ま「一縷は誰に殺された?」 ぜ「ハンターに殺された。」とイミフなことを言い始める→協会に殴り込み→協会を潰すor乗っ取るために協会長(仮)がEND→協会を潰すor純血種狩りを始める                                                                                                                                         さすがにやりすぎだと思うけど、あの作者がやらないという確証も無い。どう思いますか兄貴?
阿球
2011/11/19 11:19
阿球さんコメントありがとうございます。
零のイメージに「へたれ」というのは、
個人的になかったのですが、確かに優姫の
態度に関しては、そうとも捉えられますねぇ…。

まり亜にそそのかされたり、
ハンター協会を潰したり純血種狩りを始めるのは、
今の零がやりそうな感じは、ちょっとしないですかねー。
逆に言えば、今の態度があらゆることで中途半端なので、
それぐらい分かりやすい行動に出た方が、
物語も零中心に動くと思うのですけど。

まあ、とはいえ、あの樋野まつり先生なら、
何をやられても不思議ではないので、
阿球さんの予想が次号で実現する可能性も
ゼロではないと、予防線も張っておきます(笑)
月の騎士
2011/11/20 08:59
またコメントしてすみません;
騎士さんにコメントをもらった後、
(あんなコメントに返していただきありがとうございます^^)
LaLaをまた読み返してみたのですが、
○支葵&莉磨コンビにしては意外と表情が豊か
○理事長に持ち帰りされた橙茉の餓鬼(?)が
 零にかつがれた藍堂センパイに見えた…
○えげつない小悪党の会話をしてるハンターさん達は
 海斗以外は顔が悪党っぽい(ししょーもです)
ということを感じました。

支葵&莉磨ペアは、
支葵の顔は一条さんとの場面で
5回ぐらい変化をしていました。
この場面は、一条さんの奇行に目がいきがちですが。
莉磨も支葵が闇タブレット(?)を食べたとき
面白ーい驚き方をしております。(可愛いですが)

理事長のお持ち帰り事件は…
ただ似てるな、というだけです。すいません;

ハンターのところは、騎士さんの
「小悪党の会話」を思い出しながら読んでいると、
顔も悪党っぽいなぁと思ったので…
(顔に傷があんなに入っている人はめったにいないんじゃ…)

そしてまり亜ちゃんは、やっぱり緋桜の血縁だと思います。
前も優姫に「零君取っちゃう」発言をしていましたし。
しばらく最前線にいそうです。
枢と同じく何がしたいのかよく理解できませんが。

枢の秘密ってなんでしょうか…?
優姫ちゃんは枢が始祖だってもう知ってますし、
変態だってことも知ってますし。
秘密が枢の動きの理由だったら
なんで女王更さんは知ってるんでしょうか…
今でも充分、気持ち悪いぐらいの(いっそ清々しい)
悪人ですが、もっと気持ち悪いです…(女版魔王なのでしょうか…)

また長々とすみません;
ありがとうございました^^

2011/11/20 17:27
華さんコメントありがとうございます。
いえいえ、コメント頂けるのは大変嬉しいことなので、
気軽にドシドシ書きこんでください!

支葵&莉磨コンビは第1部に比べて、
表情は豊かに、言動も柔らかくなった印象ですね。
二人にとっては、リド戦が一番の障害であって、
それを乗り越えてからは、ヴァン騎士で最も
安定した関係になってるように思えます。

ハンターは小悪党とネタにしてしまいましたが、
まあ、彼らの言ってることも、
一部の平和だけを考えれば理解できるところもあって、
難しい問題ではありますよね。
でも、とりあえずシリアスシーンは海斗に任せて、
師匠はもっとユーモアを前に出した方が、
良いとは思いますけども(笑)

紅まり亜は、緋桜の血を受け継いでるんですかねー。
彼女については、今月23日に、別記事で改めて
考察する予定なので、宜しければ読んで下さい。

確かに枢の秘密を、なぜ更が知ってるのかは
謎ですね。二人が通じてるとは思えないので、
純血種だからこそ分かることなのか、
優姫を惑わすための推測なのか…?
でも、たぶん枢は、更のその動きすら
予想済ではないかと思います。
なんといっても唯一無二の魔王ですから(笑)

ではでは、またいつでもお待ちしてます!
月の騎士
2011/11/21 11:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 LaLa編【第七十六夜:闇タブレット】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる