月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第31回:第14巻感想(後編)】

<<   作成日時 : 2011/06/12 09:25   >>

面白い ブログ気持玉 23 / トラックバック 1 / コメント 6

前編に続き、ヴァン騎士第14巻の感想です。


せっかくなので、後編はブクログから表紙をご紹介します。






やっぱり、あの帯があるとないとでは、印象が全然違いますね
この表紙だけなら、「あら、ステキなイケメンに、可愛らしいお嬢さんね」と、
ヴァン騎士を知らなくても、興味本意でご購入される方が出てくるかもしれませんよ。
(現実的に、いきなり14巻から買う人がいるのか?って話ではありますが)

まあ、そんな軽い感じで購入したら、イケメンや美女の腕や首が切断したりされたりするわ、
女王様としもべのKISSシーンがあるわ、おっさんは監禁されて飼われてるわ、
お笑いキャラにしか思えない奴がいるわで、色々ドン引きすると思いますので、
ある意味、あの帯は危険信号としての役割を果たしていると言えなくもないです。

そんな十重二十重の仕掛けを避けて購入してしまい、
あげくにヴァン騎士に目覚めてしまった様なお方は、
当ブログを読んで、「あ、こんなバカみたいな見方もあるんだな」と、思ってもらえれば幸いです。
そうです、ヴァンパイア騎士はちょっぴり(?)ブラック×ブラッティなだけで、
実は男の子も女の子も楽しめるマンガですからね!!
ただし、変態奇特な方に限る。

さて、それではまず前編に続き、後半の2話について書きます。



【第六十七夜:すべてを断ち切る刃】


ヴァン騎士の物語全体を振り返る時、間違いなくターニングポイントになる、
衝撃回です。そして、当ブログ2011年最初の投稿記事がこの回の感想になり、
正月のめでたさもへったくれもなかったことに、我ながら呆れました。
でも別に後悔はしてません。当ブログの方針に一片の悔いなし!

怒涛の展開については、当時の感想で書いてるので改めては書きませんが、
この回以前と以後では、優姫、魔王、藍堂、女帝、縹木様の5人は、
パワーバランスと立場ががらりと変わってるので、それについて解説を。


優姫は、前回「対等になりたい」と言いながら、魔王に甘えたり、
咄嗟に「枢おにいさま!」と呼んでしまったりして、
まだ決心がついてない感じがありますが、この回以後の優姫は、
魔王や零を頼るとか守るのではなく、自分の意思で、
自分の理想を築くために、行動する様になります。
奇しくも、魔王の言葉「君はどうか迷わないで」が、そう導いたかのように

魔王は、タイトル通り、優姫という最大の迷いを断ち切って、
おそらくは始祖時代から考えていた「予定」を遂行するために、
後には戻れない決別の行為をします。
これまでは、若干ネタ的に「魔王」と呼んでいた部分もありましたが、
この回を境に、正真正銘の「大魔王」のような立ち振る舞いに。

藍堂は魔王の決別行為の煽りを最も受けることになります。
今回ばかりは茶化しもできない状況で、ヴァン騎士きっての和みキャラが、
こんなことになってしまい、真面目にショックを受けた人も多いと思います。
しかし、ある意味ここからが、彼にとっても始まりなのです。
15巻のスーパーアイドル誕生事変に、ご期待下さい

女帝は、キナシ様に続き縹木様の心臓も喰らい、さらなる力を手に入れます。
戦闘力的に例えるなら、第二部開始時が、地球に初めてやってきた時のベジータだとすれば、
現在は、ナメック星で悟空とチェンジしたギニューをフルボッコにした時並かと。

あと、満を持して登場したのに、ただのかませ犬だったという意味で
縹木様の死も衝撃と言えば衝撃
でした。
なんかテニスの王子様で、赤也にあっさり負けた橘さんのことを思い出しました。
ちびっ子純血種に関しては、私はまだ奇跡の復活逆襲を期待しているのですが。



【第六十八夜:なぜ】


第六十七夜の余波を受けて、優姫と藍堂がハンター協会に拘束される展開に。
優姫の中で渦巻く疑問と葛藤、そして無言の藍堂さんが痛々し過ぎる感じなのもあって、
零と海斗の会話の何気ない会話が、逆に和やかな感じがします。
優姫が拘束されたことを知った瞬間のみ、緊張がはしってますが、
それ以外は、お節介な兄(ママ)と、不器用な弟(息子)のやり取りという感じですよ。

それぞれ個人の幸福を考えた時、零にとってはヴァンパイアのことなんて忘れて、
「オレも海斗みたいな教師になる!」みたいな夢を持ったら、
幸せになれる様な気がします。まあ、物語的にはすごくつまらないですけどね。

この回に関しては、改めて語ることがそんなにないのですけど、
優姫に突然生えた謎の羽について少し。
これまでの物語にそんな伏線あったっけ?と考えてみたのですが、
そういえば、アニメ2期のエンディングにありましたね。
あの時点から考えられていたことなのか、あの絵を見て樋野先生が思いついたのか、
今後、再び優姫に羽が生えることがあるのかは分かりませんが。

次に羽が生えた時に使いたい、絶妙なツッコミワードを考えてみたのですが、
次があるのか分からないし、すべるかもしれないので、今試しに使います。

小林幸子か!!

……すべったかどうかの判断は皆さんにお任せします。



血まみれヴァンパイア立入禁止!!


内容は実際に買って読んで下さい!ということで、詳細は書きませんが、
零と海斗のファン、あるいは零×海斗LOVEな方にはたまらない内容になってます。
ぶっちゃけ海斗は、物語的には居ても居なくてもどっちでもいいと思うんですが、
(まあ、どこぞの元師匠よりは居る意味があると思いますよ)
零にとって、数少ない気軽に接してくれる相手としての存在意義はありますね。

しかし、これだけ零にひっついていると、きっとあちらの趣味な方々の間では、
零×海斗の妄想の花が広がりまくっているだろうなと思い、
ネタ探しついでにと、興味本位で「ヴァン騎士 零×海斗 BL」というワードで、
グーグル先生に検索をしてもらいました。

さ〜て、そんなイケない妄想を考えてるサイトはどこかな?どこかなぁ?


画像


ココじゃねえか!!!


……なんということでしょう。
そういえば第七十一夜感想に、チラッとそんなことを書いてしまった覚えはありますが、
それにしてもトップで引っかかるなんて、いくらなんでもショックです。
その後、色々と検索ワードを変えてみたりもしましたが、
当ブログの同記事が、1ページ目に入るのは疑いようなき事実でした。


ここで、選べる道は3つ。

@:「違うんです!私はノーマルですし、BLへの興味というのは、
学問的、哲学的なものであって、決してそういったアレではないんです!」
と見苦しい言い訳を連ねる。

A:意味もなく、しかし素直に謝る。

B:いっそのこと悪ノリして、そういう小説でも書く。


とりあえず無難にAを選択しておきます。
ごめんなさい。ごめんなサイ。ごめんなの災(ハライチ調)。
話が完全に逸れましたが、10巻に続く「単行本発売が半年後ネタ」含め、
書き下ろしの血まみれヴァンパイア立入禁止!!は、今回も面白かったです。



最後に、第15巻の予告として、早くも第七十二夜の衝撃シーンが掲載されてるのですが、
いきなりこの場面を見せられても、単行本派の読者さんには、
何から何まで全くの意味不明だと思います。
ドラゴンボールで例えるなら、悟飯がセルと戦ってたはずなのに、
いきなりオレンジスターハイスクールで野球やってるぐらいの飛び方
ですよ!

しかしだからこそ、この先が気になってしまう方も多いのではないかと。
「あと半年も待ってられない!」と思った方は、ぜひぜひ本誌LaLaをお買い求め下さい。
過去分も密林などの通販では買えますし、少女漫画白帯の男でも
楽しめるラインナップが揃っていることを、体験者の私が保証します。

ということで、いつものセールストークで〆となりましたが、
(※当ブログは、白泉社と癒着関係にございませんので、あしからず)
それではまた、2011年冬の第15巻感想で!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脱いでびっくり!女がドン引きする「男の下着」5つ【後編】
【前編】では、あまりにパンツに無頓着なドン引き下着3パターンをご紹介してきました。今回は、気合い入りすぎでドン引きしてしまう2パターンをご紹介していきましょう。引き続き、下着コンシェルジュの山田奈... ...続きを見る
恋愛コラムリーダー 〜Love Colu...
2012/09/16 13:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初コメです。いつも楽しく読んでます。私もヴァンパイア騎士が大好きで、感想を書いてる人はいないか、探していたところ、主さんのブログに辿り着きました。

これからも書き続けてくださいね\^o^/
あや
2011/06/12 18:51
あやさん初めまして。コメントありがとうございます。
おかげさまで、ヴァン騎士関係の検索でヒットして、
当ブログに訪れて下さる方が大勢で嬉しいです。
内容的に、ちょっとした罪悪感もあるのですが(笑)

最終回まで書き続けるつもりなので、
今後も宜しくお願いします!
月の騎士
2011/06/12 21:33
こんばんは。

>小林幸子
個人的にはツボりました(笑)もし、次に羽が生える優姫を見たら笑いを堪えきれないと思います(笑)

帯は相変わらず酷いですねf^_^;編集者は帯がアレで買いにくいという評判を知った上で、狙ってやってるような気がします…。しかし、少女漫画らしい甘い台詞を全面に出さず、媚びない姿勢は好感が持てると言えなくもない?

私はまだ買ってないのですが、今月号ももう発売されてますね。騎士さんの斬新なツッコミ感想を楽しみにしてます^^
さくら
2011/06/25 00:25
さくらさんコメントありがとうございます。
お、小林幸子ツッコミは意外と好評
みたいで、良かったです(笑)

帯はどんどん悪ノリしてる感じもしますし、
たぶん何通か、本気のクレームも編集部に
届いてると予想しますが、
それでも、姿勢を変えず貫く所には、
男らしさを感じます。…少女漫画なんだから、
そんな男らしさは要らない気もしますが(笑)

8月号買いました!
今月も色々と見所ありましたよー。
ツッコミも交えつつ感想書きますので、宜しくです。
月の騎士
2011/06/25 11:15
こんにちは。
わたしはヴァンパイア騎士のHCを買うの、恥ずかしいと思ったことはなかったです。
帯とか全然気にせず買ってました。
母や友達が買ってるマンガに比べればヴァンパイア騎士なんて全然恥ずかしくないです。大丈夫です。
それよりも、中3でなかよしを買っていたときのほうが恥ずかしかったです。
・・・・・そう思ってたのに、このまえ電子辞書にいっぱい溜め込んだヴァンパイア騎士の画像を部活の後輩に見られてひかれました。

15巻の発売は冬・・・ということで、なんだか待ちきれないですが、15巻の感想も楽しみにしてます。
yuzu
2011/06/26 14:06
yuzuさんコメントありがとうございます。

あの帯を恥ずかしいと思うのは、それ方面の知識と、
おかしな妄想が働いてしまうからなので、
逆に本当の健全な人が見たら、「え?何が?どこが?」
と思われるのかもしれませんね。
引いてしまった部活の後輩には、ヴァン騎士の魅力を
説いて、ぜひ同じファンにしてしまって下さい(笑)

中3でなかよしは恥ずかしいのですか?
少女漫画の対応年齢層には詳しくないのですが、
おそらく男子的には、中3でコロコロを買ってるのに
近いと想像しました。大丈夫です。
社会人の男でLaLa買ってるのに比べれば!

ところで、お友達やお母さんが買ってる漫画というのが
気になります。一体どれぐらい恥ずかしいもの
なんでしょう…。もしよかったらこっそり教えて下さい(笑)
またしばしの時間が空いてしまいますが、
第15巻の感想も宜しくお願いします。
月の騎士
2011/06/26 22:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第31回:第14巻感想(後編)】  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる