月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年5月のアニメ・ゲーム・映画評

<<   作成日時 : 2011/05/26 07:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今月から毎月第4木曜日投稿のほぼノープランな枠です。


「漫画」については、ブクログ中心に移行したので、
この枠では「アニメ・ゲーム・映画」について書くことにしました。
毎月それぞれのジャンルから小出しで書く予定ですが、
何も書くことがない場合は、そのジャンルは省くと思います。
とまあ、今の所はそんな感じで考えてますが、場合によって内容は変更していくでしょうし、
気がついたら、「グルメな美味しんぼコーナー」とかに変わってるかもしれません(笑)

とりあえず今回は、各ジャンルからそれぞれテーマを上げて書きます。



今月のアニメ:30歳の保健体育


今回記事のメインテーマです。
最初に注意書きをしておきますが、このアニメは、
「一般人であり、普通に恋愛をしてる」と自負できる方は、
全く見る必要がないアニメです。
懐かしの「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん 」のオープニング風に書くと、

これから始まるアニメーションはやけに良識ぶった方、
くそまじめ野郎、いい子ぶりっこ、リア充(new!)は見る必要なし!!


ってな感じです。
よって、私には見る資格があります。えっへん。(威張ることではない)
といって、最初から見るつもりで注目してたわけでもなく、
とある理由(例のごとく大した理由はありません)で、偶然にも見てしまったのが運の尽き。
その後は、なんだかんだ気になって毎話見てしまってる始末です。


詳しい内容は、興味ある方には見てもらうのが一番(オススメはしません)ですが、
基本的にド下ネタです。電車男を下品に、ネタ色を強くした感じとも言えるでしょうか。
立木さんの声による自主規制と、パロディネタは笑えますが、
主人公の状況には、笑ってる場合ではない切実感があったりもします。
あと、妙にエンディングでしんみりします。あの感覚は不思議です。
歌詞と、主人公とヒロインの成長過程と、ラストの二人の立ち絵にグッと来てしまうのです。

本編で凄かったのは、第1話の実写パートで、あまりの凄さにツイッターで、
「30歳の保健体育がヤバイ」と、ほぼ無意識につぶやいてしまったぐらいです。
たった1回で打ち切られたこと含め、(悪い意味で)伝説に残る内容でした。
社会人としては、あれにOKを出してしまった方々の処遇が心配ですね。
褒められたことではありませんが、寛容な精神で許してあげて欲しいと思います。

放送時間的に、わずか10分少々で、時間も取られずサクサク見れるので、
このまま最後まで見てしまうと思います。さすがに有料版は見ませんが、
いつかDVDをレンタルして見ないとは言い切れない怖さがあったりします…。
ということで、しつこいようですが、万人にオススメはしませんが、
タイトルに少しでもピンときて、「オレ(あたし)は、一般人じゃねえですから!」と、
自負できる勇気ある方は、試しに見ても良いと思います。責任は一切取りませんけどね!




今月のゲーム:ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション


あれだけリメイクされまくってたのに、なぜかプレイすることがなかったFF4ですが、
3月に発売したコンプリートコレクションを衝動買いしました。
その後、ちょくちょくプレイして、5月上旬にようやくFF4本編をクリアしました。
FF4のプレイは未経験ですが、ストーリーの大筋とか、ボス攻略については、
知識として得てしまってるところが多かったので、
本編をプレイしてる最中は、イマイチ高揚感もなくダラダラとやっている感じで、
ラスボスを倒したところで、やっとスタートラインに立った感じでした。
しかし、インタールード、ジ・アフターに入ってからは飛躍的に面白くなってきました。

FF4をクリアした直後なので、世界観が頭に入ったままプレイができ、
インタールード以降の展開は全く知らないので、先のストーリーが気になります。
個人的には章仕立てで、ストーリーが絡み合うのもポイントが高いです。
それぞれの章で、操作するキャラ・パーティー編成が違って、毎回新鮮味があるし
プレイ時間的に区切りの良い所で終わるので間延び感がしません。
このコンプリートコレクションは、私のようなFF4未経験者にオススメかもしれませんね。
(経験者でFF4本編を省きたい人は、いきなりインタールードからプレイも出来ますが)

FF4 ジ・アフターは、このままちょくちょくプレイしてクリアまで進めていくとして、
実は丁度今日『ゴーストトリック』という、逆転裁判と同じシナリオディレクターの方が、
製作に携わってるカプコンのゲームが、ベストプライス(お買い得値段)で発売するので、
これもそのうち買おうと思ってます。ということで、たぶん来月はその話を書きます。




今月の映画:オリエント急行殺人事件


映画は全然見ないので、白帯以前の超ド素人同然です。
今年の2月ぐらいに、1つ千円のDVDを3つセットで買ったのですけど、
結局、シャーロック・ホームズしか見てません。他は積み映画状態になってますね…。

せっかく枠を設けるので、月に1本ぐらいは見るようにしたいのですが、
といって、特にこれといって興味のある映画ジャンルもないので、
漠然と見るとは言っても、なかなか手を出しにくい感じはあります。
あえて言えば、中学生の頃、テレビで放送してるB級パニック映画はよく見てたので、
その筋で何かないか、気が向いたら漁ってみようかなとは思ってます。
オススメの映画などあれば、教えて頂ければ嬉しいです。

ゆくゆくは、映画館にでも行って見るまでになれば…と思いつつ、
今の所は、特別見たいものもないし、一緒に見る相手はもちろん居ないので、
道は険しいですね。いや、普通に行って見るだけなんですが、
引きこもり野郎には、そこまで足を向かわせるのが難しいのです。


B級パニックではありませんが、表題作はレンタルで借りて見ました。
アガサ・クリスティーの有名ミステリーで、トリックを知ってしまってるだけに、
本を読むまでの気持ちは、今更向かわなかったのですが、
一ミステリーファンとして、抑えておきたかったので、さっくり見てみました。
感想としては、トリックを知っていても、退屈せずに見れましたね。
アクロイド殺しの様に、フェア・アンフェアの議論はありそうですが、
逆転好きとしては、無問題でアリです。トリックよりもむしろ、
オチには倫理的に賛否がありますが…。そこも含めて欧米古典らしいです。



来月も今の所はノープランですが、とりあえず6月23日に投稿予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年5月のアニメ・ゲーム・映画評 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる