月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊LaLa(2011年3月号)感想

<<   作成日時 : 2011/02/26 08:49   >>

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

今月はいつもよりボリューム増大でお届けします。


画像



表紙は「帰ってきた桜蘭高校ホスト部」です。
最終回になってから帰ってくるの早過ぎないか!?…という野暮なことを少し思いましたが、
せっかくなので読んでみると、……あら?いいですねぇ。(ヘイポー調で)
ぶっちゃけ、連載時はあんまり読んでなかった作品なのですが、面白かったです。
特に腹黒メガネさんは良いキャラですね。もっと早く気付いてれば注目したのに…勿体ない。

それから、巻頭カラーページに、バレンタインデー企画として、
「キャラ攻略スイーツ」なるものがありましたが、あくまで「作品のキャラ攻略」であって、
「各キャラに近い理想の男子攻略」ではない
ところが、さすが妄想雑誌LaLaですね。
ちなみに、私ならどのスイーツでもイチコロされる自信があります。(聞いてない)



今月のユノキング


先月の記事で「このコーナーを畳む」と宣言した直後に、
まさか、ユノキングパラダイスな回がやってくるとは…。
ということですみませんが、急遽復活しました、「今月のユノキング」コーナーです。
最終回が迫っているらしい金色のコルダ本編の今後を考えると、
今度こそこれがコーナーの最終回になりそうな気がしますが。


さて、まずはユノキングの近況ですが、なんと高校を卒業してました。
彼の本性は、そんじょそこらの不良、ヤンキー、チンピラよりも性質が悪いですし、
日野さんを脅した件がばれたら、イジメと恐喝で退学になってもおかしくないと思いますが、
表向きの品性と、高い学力と、圧倒的な権力を使って、無事に卒業できた様です。

そして、卒業後も音楽を続けてるみたいですが、家庭環境は相変わらず複雑みたいですね。
親は反対してるけど、祖母だけは陰ながら応援する…というのが王道展開だと思いますが、
柚木家では祖母が一番反対してるという状況です。
さすがのユノキングも、権力を握ってる枢軸…いえ、家族には弱いのか、諦めの境地に。
それに対して日野さんは、「ぶっちゃけ、おばあさんのことが怖いんでしょ?」と、
危険な減らず口を叩きます。ちょっと日野さん、それ死亡フラ……。


画像



((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

憐れ日野さんは、ユノキングの逆鱗に触れ、海のもずくもくずに……、
次号、「金色のコルダ」に急展開、音楽探偵月森がユノキングの完全犯罪に挑む!
決め台詞は「真実の旋律は奏でられた(スパイラルのパクリ)」、お楽しみにね!


…とまぁ、冗談(ヴァン騎士だと冗談にならないんですがね)はさておき、
久しぶりに血の気が引くキングモードを拝見できて満足です。
その後、「おまえ(のような田舎娘)に何が分かる?」と嘯き、
翌日根に持ったユノキングは、日野さんの自宅まで拉致迎えに来ます。

車内は気まずい緊迫した空気でしたが、意外にもユノキングから出たのは感謝の言葉でした。
きっと「このオレにそんな口を聞けるようになったとはな。その度胸は認めてやろう」
という意味を込めていた
のだと思いますが、あのユノキングから「ありがとう」なんて…。
土浦くんフラグに続いて、まさかのユノキングフラグ!?と思いきや、
最後にキッチリと「仕返し」を済ます所は、さすがでした。

以上、私の勝手な解釈たっぷりなので、色々と誤解をあたえる表現はありますが、
ユノキング様の魅力溢れる回だったのは嘘偽りない事実なので、
ファンの皆様は読んで損はないと思いますよ。




今月のツッコミシーン


今回はランキング形式ではなく、バラエティ豊か(?)な5つを選びました。



読者プレゼントコーナー


画像



今号の読者プレゼントです。どこがツッコミ所なんだって?
ピンクのPSPは女の子っぽくて良いのですが、でも、セットで付いてくる、
“ダンガンロンパ”は、少女漫画雑誌のプレゼントにするようなゲームじゃないですよ!
確かにキャラのデザインは可愛らしいけど、内容は割とエグイ、サイコポップゲーですよ?

それを知らず、当選した人が「クマタンがカワイイ♪」とルンルン気分(死語)でプレイしたら、
トラウマになる危険性が……でも、LaLa読者さんなら大丈夫かな?
きっと、こういう世界観のゲームを受け入れてくれる人も多いでしょう。
ということで、このダンガンロンパ、個人的にはとても面白い作品だったので、
興味がある方は是非やってみて下さい。ミステリー初心者にもオススメです。

ついでに、今号のプレゼントキャッチフレーズ「スイーツ☆レボリューション」も、
なかなかのセンスだと思いました。言葉の意味はよく分からん(甘さ革命?)が、
とにかくゲロ甘い感じだけは、ビシバシ伝わってきますね。



ふたばのとても災難な日


画像



たらしのイケメン爆発しろ
全国のモテない少年達を代表して、そう叫びたくなったこの一幕。
結局、女たらしの嘘つきという前科があっても、最後はイケメンが勝つのか…。
モテない野郎共は「言いたいことも言えずに!」を聴いて涙を流すしかないですね。ちくしょう!

とまあ、イケメンくんはいけ好かないですが、この読み切り漫画自体は面白かったです。
個性豊かな3姉妹は面白く、特に長女はセリフもスパイスが効いてて印象的。
最後のオチも決まってるし、ドカベンの殿馬みたいな喋り方をするおっさんも笑えます。
「乗れし」ってなんだよ!…最後におっさんとくっ付いたら100点ですね。(逆に嫌だろ)



会長はメイド様!


画像



今回の会長はメイド様!は、かなりの急展開でしたね。
これは察するにクライマックスが近いということなんでしょうか?
なんだか最近のLaLa本誌は主要作品の多くがクライマックスに向かってるような…。
個人的には、あまり二人のラブコメ展開には興味がなく、
三バカのバカオタク話とか、AOIちゃんの孤高の学校生活編を望んでますが、
一応アニメを全話見たわけですし、今後はもう1回注目して読もうかと思います。

あ、写真のシーンは、話ついでにツッコミ場面として取り上げただけなので、
特に意味はないんですが…、わたあめなんて小学生の時以来、食べてないですね。
別に味は好きじゃなくて手と口がベタついた思い出しかないけど、懐かしいです。



学園ベビーシッターズ


画像



「教室から出ていきなさい」じゃなくて「教室から消えて頂戴」なのがミソ。
子供が好き過ぎて鼻血を吹きだす変態イケメンも登場しましたが、
それを完全に喰った、猪俣さんマニアにとっての神回だったと思います。
それにしても、天然タラシの竜一め……やりやがるぜ……。



桜蘭高校ホスト部


画像



さわやかな笑顔で、


  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/      NO THANK YOU  
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ





ありがとう、さようなら、未少年プロデュース


今号にて、未少年プロデュースが最終回を迎えました。
物語的には、「田舎から出てきた幼馴染の少年と少女が、都会の闇に揉まれながら、
アイドルとして、そして人間として成長していき、真実の愛を手にする話。
あと妄想キスマスターの妄想キスが現実になってしまう」ことぐらいしか分かってないのですが、
最終回記念に、過去に取り上げたツッコミシーンをいざプレイバック!



画像


現代にピーターパンが蘇った瞬間です。
私の記憶が確かなら、この人、中身はドス黒かったはずなので、
いわば、黒ピーターですね。



画像


伝説の「妄想キスマスター宣言」です。
この一言だけで、天下一LaLa武道会への出場が決定したほどのインパクトでした。
そんな妄想キスマスターだったカーコさんも、今や普通のリア充になられましたとさ。



画像


最終回にして、このキャラの名前を初めて知りましたよ。(登場人物紹介を見て)



画像


いいか、これが『ゲロ甘』って奴だッ!
テストに出てくるから覚えとくように!



画像


今更ですが、なんかこれ危ない薬への誘い文句にも聞こえますね。
小○さんみたいなことにならない様に、お気をつけあそばせ。(自重)



画像



未少年プロデュース(誤植編)
(※ギャグマンガ日和の元ネタを知ってること前提で分かるネタです。あしからず)

「もう、巴さん、誤植が多すぎですよ!」

「いやーごめんごめん。ついうっかり。実は最近彼女が出来ちゃってさー」

「え?彼女?それは良かったですね。どんな彼女なんですか?」

「それはもう、メガネをかけた“おぼこい”、でも実は美少女の彼女ですよ。ぐへへ」

「ちょ、ちょっとそれって……!!き、貴様ッーー!!」

「怒っちゃやだZE☆」



以上、数々のツッコミシーンのご提供、誠にありがとうございました。
そして最終回でも、良いツッコミシーンを提供してくれました。


画像



どんな理屈だよ!佐々木のじいさんが怒るぞ!
とりあえず、全国の田舎者たちに謝罪した方が良いと思います。
もし、「いや、本当に常識なんですが」と田舎者さん達が口を揃えて
主張されるようでしたら、私の方が焼き土下座で謝罪しますが。

そんなこんなで、フィーナーレを迎えてしまった当作品。
最後は2年の修業を経て帰ってきた、こうせいさんの姿で締め括るとしましょう!



画像



誰だおめえ




いやいやいや、2年で変わり過ぎだよ!!
「木があれば登るのが田舎者の常識」とか言ったり、
変装をするとこんな風体にもなってた奴が、


画像



↓2年後


画像



この変わり様ですよ。プロデュースされたってレベルじゃねーぞ!
最後の最後まで、ツッコミシーンの提供、本当にありがとうございました。
それではまた、「桜蘭高校ホスト部」みたいに帰ってくるその日まで。



以上、今月は盛りだくさんでした。ではまた来月。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント、なか02出来ずにいてすみません

アドですね!
かなり古い感じでの誘いとあってぃぃんじゃないでしょーか笑
ここに掲載するのは迷惑メール覚悟での行為ですね

大変ですね 笑

因みにV騎士の感想はいつ頃ですかね?
悪魔
2011/03/03 19:27
よく見なくても分かるように「ですね」調
多かった

くどい文章になってしまって申し訳ないです。汗
悪魔
2011/03/03 19:30
悪魔さんコメントありがとうございます。
あ、アドレスの件は冗談なので、
迷惑メールの心配もされなくて平気ですよ!(笑)
ケータイじゃなくてPCのyahooメールなら、
公開しても別に構わないのですけど。

ヴァン騎士の感想は明後日に投稿しますので、
もうちょっとだけお待ち下さいー。
月の騎士
2011/03/03 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊LaLa(2011年3月号)感想 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる