月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 鋼の錬金術師 感想

<<   作成日時 : 2011/01/30 06:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

27巻で完結した鋼の錬金術師の感想です。


鋼の錬金術師という作品のテーマは重い。
亡くなった母親を錬金術で生き返らせようとする禁忌を犯したがために、
肉体を失った(当作品調で書くなら「代償として持っていかれた」)兄弟の物語である。

導入からして重いが、その展開もやはり重い。
善人はみな救われ、悪人はみな裁かれる勧善懲悪ではなく、
時には人物の善悪には関係なく、無慈悲な場面が描かれている。


少年漫画という枠には入るだろうが、週刊少年ジャンプでよく掲げられる
友情・努力・勝利の3語からは、原則として逸脱している。
(掲載されていた連載雑誌はガンガンなので、そもそもジャンプ法則に則る必要もないが)
ましてや錬金術の法則(等価交換)などの理系的な要素も含めれば、
読んでない人からは、お堅い作品のイメージを持たれてもおかしくない。

しかし、この漫画を読んで、「話が堅い」とか「物語が分かり難い」という感想は、
全く持たなかった。むしろ読みやすい。テーマは重いが、読みやすい作品なのである。
読みやすさの理由は、展開のテンポが良く、物語の軸が最初からブレていないので、
無駄な間延びを感じることがないからだろう。読みやすさによって、テーマの重さと、
錬金術というジャンルの馴染み薄さが、逆に活きていると思う。
世間一般に人気が出たのも、読みやすさと重厚さと目新しさがあったからではないか。



主人公の兄弟が立ち向かいながら成長していく、正統派少年漫画としても読めるし、
ホムンクルスによる支配を企む軍の、外部戦争と内部抗争を描いた青年漫画としても読めるし、
また作者が女性なだけあって、女性にも感情移入しやすいキャラクターが数多いと思う。
特に主人公である二人の兄弟は、少年漫画キャラらしい熱血的な面もあるが、
コミカルで可愛らしい見た目(弟は鎧男なのに可愛らしく感じさせるのは何気に凄いと思う)、
そして哀しみも背負ってるだけに、幅広い層から支持を受けているのだろう。


この作品の見所として、重い物語を緩和するコメディ要素もある。
本編でも敵味方問わず、思わぬ所に仕掛けてあったりするのが面白い。
そして巻末のおまけ漫画、単行本カバーの表裏には、更なる読者サービスがある。
作者コメントにて、「全ページがおまけでも良い」とさえ語っているので、
単に読者サービスというだけでなく、乗って描かれている感がよく出ている。

キャラクターの特徴をネタにしたギャグ、作中のシリアス&ブラックな展開さえ、
笑いのためにパロディにしているのが素晴らしい。
特に11〜13巻、17巻、27巻のカバー裏漫画は面白かった。
単行本を買った際は、是非忘れずにカバーをめくって読んで頂きたい。


個人的には、鋼の錬金術師はホムンクルス達とのバトル展開よりも、
錬金術の真理に迫ってゆく物語の方に、より魅力を感じた。
中でも一つ挙げるならば、タッカー親子の話は秀逸だったと思う。

タッカー親子の結末は、エルリック兄弟にとって最後まで後悔の楔となるほどに、
哀しいバッドエンドではあるが、錬金術という魔法に取り憑かれた狂気と、
成果に縛られた人間の哀しい運命が見事に描かれていて、
感情を揺さぶられる展開に引き込まれる。
人によっては後味が悪く感じるかもしれないが、鋼の錬金術師の序盤は、
このタッカーの物語と、ヒューズ中佐の死によって、
重厚さと緊迫感が圧倒的に増していると思う。



最終回(結末)についても、長編の物語が見事に収まった内容になっている。
綺麗に収まっているが、キレイごとでは済ましていないし、
それでいて決着は付いているので、この作品らしい納得のゆく終わり方になっている。

特にスッキリしたのが、「錬金術」という作品のテーマについて、
しっかりとした答えが提示されていることに尽きる。
第1巻で等価交換の原則が提示されていて、最終巻でもその原則に則って、
エドとアルが等価交換に従って真理に対する場面と、
最後の最後に、等価交換を超えたり、引っくり返す思想が見られたのも良かった。



以上、鋼の錬金術師の感想でした。
「作品は分かり易くても、おまえの文章が分かり難いよ!」的な硬文で
感想を書いてしまいましたが、とにかく本当に読みやすい作品ですし、
心に刺さる哀しみと、それに立ち向かう様子が熱い良作なので、
是非是非、漫画でもアニメでもご覧になって下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鋼の錬金術師 感想 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる