月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊LaLa(2011年2月号)感想

<<   作成日時 : 2011/01/29 06:11   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

今年も月刊LaLaを好き勝手に弄っていきます。


画像



ヴァンパイア騎士、優姫の表記が眩しいLaLa2月号です。
…そういえば、もうすぐバレンタインデーの季節になりますか。
世間の皆様にとっても、喜怒哀楽憎無が入り混じる日だと思いますが、
今年は何かあるかも!?いや、イベント的にではなく、ブログのネタ的に(笑)

さて、2011年の月刊LaLa感想の投稿スケジュールについですが、
とりあえずは現状通り、月の最終土曜日に投稿していく予定ですが、
最新号の発売と感想記事の間隔が詰まってきているので、
4月を目処に投稿スケジュールの変更をするかもしれません。
内容についても、その時々で考えていきたいと思います。
そんなわけで、今年も引き続き月刊LaLaについて書きますので、宜しくお願いします。



今月のユノキング…改め今月の金色のコルダ


またしてもユノキングの出番が全然ないじゃないか、くそったれー!
今月の金色のコルダ本編は、土浦くんから突然の告白をされた日野さんが、
複雑な気持ちを抱くという青春に終始しました。
この作品を最初から読めば、きっと感じ方が違うのだと思いますが、
私がLaLaを買った頃は、完全に月森×日野が中心だったので、
この展開には戸惑いというか、ハーレムどころか鬼畜では?と思ったりもするのですが。

まあ、当の月森くんは、外国に行ってパツ金美女と…失礼、
バイオリン道一筋で頑張っているみたいですので、そんな彼を応援していきましょう。
最終回に登場して「日野さん。君をさらいにきた」とか言い出す逆転劇を夢見て!



しかし、この枠も本来の役割を全く果たしてないので、
そろそろ、コーナーを畳むことを検討しましょうかね。
金色のコルダ自体も、最終章に入ってるみたいなので、
この先も、ユノキングが再び悪魔化することはなさそうですし…。
ということで、ユノキングコーナーの最後に打ち上げ花火として、
カラーページに載っていた「伝説のシーン」を!


画像


この顔、サイコーッ!!

漫画での同シーンは初めて見ましたが、アニメで見る以上に悪人顔ですね。
いかに当時多くの読者さんを震撼させ、一部の読者さんを骨抜きにしたかが分かります。
もうこれがベストシーンコンテストで、ぶっちりぎりの第1位決定で文句なしでしょう。
最終回までに、もう1度でいいから、ユノキングのこんな顔やセリフが見たいものですね。

次回より、新しいコーナー(おそらく一つの漫画をピックアップする現形態のまま)を始めます。
ただし、ユノキングの出番があった場合は、何事もなくコーナー復活するかもしれません。




今月のツッコミシーン


第3位


画像



「食がOL」改め「食が思春期の少女」な私からすると、
これは拷問の量を超えて、食べたら致死量になるレベルです。
作中では、スレンダーな女子高生が平然と全部食べてますが、
彼女には、飢えるジャンヌダルク二世というキャッチフレーズを差し上げましょう。

これでも子供の頃は、ダブルチーズバーガーにポテトMとか平気でいけましたが、
大人になると、ダブルはきついとか、ポテトはSでいいとか思いますね。
あ、アップルパイは好きなので、それは別途注文しますが。



第2位


画像



いや〜、エロイっすね〜。このウエスト、このヒップ、このパンツ、よだれが出ますね〜。
……っておい!!

以上、慣れないノリツッコミをしてみました。
私にそんな趣味はありませんよ。本当にありませんので、誤解しないで下さい。
しかし、女性が男の裸を見た時も「エロっ!」なんて思うものなのでしょうか?
女性は裸を見られた時はもちろんのこと、男の裸を見てしまった時も、
とりあえず「キャー!」とか叫ぶ認識(アニメ・漫画から得たものだけど)なんですけど。
叫んで手で顔を隠しつつも、指の間から見て「エロっ!」と思ってるのが真実?
クレしんのネネちゃんを思い出しましたが(笑)



第1位


画像



This is 孫悟空イズム!
ナッパに対して、一発一発に仲間が味わった痛みをこめていった悟空と同じ理屈ですよ。
(でも、ヤムチャはナッパに殺されたんじゃなくて、サイバイマンにやられたんだけど)
きっと、あの世の田中くん(※田中くんは死んでません)の恨みも晴れたでしょう。




勝手に月刊LaLa(2010年)賞


購入した月刊LaLa(2010年分)を振り返って、5つの賞を選びました。
選考の基準は全て私の独断と偏見ですので、ご了承ください。
(尚、ヴァンパイア騎士は別格ということで省いてます)



ほのぼの賞:学園ベビーシッターズ

特にヴァンパイア騎士の後に読むと、癒されること間違いなし。
主人公と子供達はもちろん、ババアも不器用もジャイアンもニートも、みんな良い人です。



表紙賞:会長はメイド様!

正確に数えてませんが、間違いなく2010年最も表紙になった回数が多い作品でしょう。
会長とウスイばかりで、三バカが表紙を飾ってないのは残念ですが。



ツッコミ賞:キャラメルBOY

数あるツッコミシーンがあったので悩みましたが、ツッコミ賞は「キャラメルBOY」に。
たった1話の掲載で、「お顔真っ赤いけの口説き文句」「はちみつ先輩」「○○シーン」と、
ビッグウェーブを起こしてくれました。2011年の再掲載にも期待!



ダジャレ賞:お姫サマーで行きま初夏ー♪

「妄想の花咲く」という言葉を生み出した、LaLa編集部のセンスを感じました。
2011年も、新たな絶妙ワードが飛び出すことを待ち望んでます。



月刊LaLa(2010)大賞:キスよりも早く

毎月安定して読めた作品だし、ツッコミシーンも数多くあり、
少女漫画らしい妙味も感じる作品ということで、大賞として選びました。
2011年も、ぶんちゃとコスプレ強要の元ヤン変態先生のラブコメを楽しみにしてます。



それではまた来月。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
「お姫サマーで行きま初夏」は強烈ですねぇ。さすがLaLa。天才的なダジャレだ…
「画鋲を踏んでがっびょーん」などの一般的なダジャレなんか比べ物にならないww

あと表紙ですが、調べてみたらやっぱりメイド様が断トツで多かったですね。12回中4回占めてました。つまり3分の1。人気の強さを実感しましたw
次いで多いのがヴァン騎士と夏目友人帳で各2回でした。
で、どうでもいい話ですが、この2月号に載っていた3月号の予告のページの、メイド様と夏目友人長とヴァン騎士の煽り文句がそれぞれ「大ヒット」「メガヒット」「超ヒット」だったのが地味に面白かったです。結局どれが一番ヒットしてんだよ!みたいなw

一回購入しただけですが、LaLaが大好きになりましたw確かに、これを購読していたらツッコミ極められるよなぁ…とかw
今後ヴァン騎士の表紙や、ヴァン騎士の付録がついた時はまた買おうかな…

それでは失礼します!
ばらりん
2011/01/29 13:44
ばらりんさんコメントありがとうございます。

お姫サマーのダジャレは凄まじいですね。
見た瞬間は驚愕しましたが、その後笑えてきましたw

お!わざわざ表紙回数を調べて下さいましたか。
ありがとうございます。やはりメイド様がトップですかー。
アニメ化したのも関係してるでしょうけど、
人気的にもトップ3には入ってるでしょうね。

「大ヒット」「メガヒット」「超ヒット」
確かに、どれが一番ヒットしたんだか…w
その内「ミラクルヒット」「激ヒット」「ビックバンヒット」
とかも出てくるのではないかとw
まあ、「世界まるみえ」で言う所の「衝撃度1000%!」
みたいな感じの煽りとして見るのが正解でしょうか。

LaLaを買ったのは、私も最初はヴァン騎士目当てでしたが、
今ではネタ探しも割と楽しんでやってますので、
また気が向いたら是非購入を検討してみて下さい!
月400円少々なら負担もそんなにないでしょうし。
…あ、処分する時の負担は多少ありますがw
月の騎士
2011/01/29 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊LaLa(2011年2月号)感想 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる