月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 LaLa編【第六十七夜:すべてを断ち切る刃】

<<   作成日時 : 2011/01/01 09:06   >>

驚いた ブログ気持玉 37 / トラックバック 1 / コメント 8

新年あけましておめでとうございます。


2011年最初の記事が、巡り合わせによってヴァンパイア騎士になりました。
これも何かの運命。新年早々、妄想の花を咲かせたいと思います。
まずはヴァン騎士が表紙になっている、最新LaLa2月号の画像を。


画像



前回のヴァン騎士表紙は、零と魔王の危険なツーショットでしたが、
今回は優姫の単独出演なので、危険な香りもなく少女漫画らしい美麗ショットです。
ただ、優姫の持ってるチョコの行方によって、裏で血みどろの争いが行われる妄想は出来ます。
原作の聖ショコラトルデイで、一応の決着は付いてますが、
もし今あのイベントが行われたら、今度はもっと凄惨なことになりそうです。

それでは、以下より本編の感想を。
今回は衝撃の内容でしたので、読んでない方は予め覚悟して下さい



〜ヴァンパイア騎士 【第六十七夜:すべてを断ち切る刃】〜


縹木家出発前の、魔王と優姫のイチャつきシーンから始まります。
イチャつきはいつものことですが、どうも魔王の様子が変です。(まあ変なのはいつもだけど)
いつもは優姫がどれだけ拒もうが、満足するまで好き勝手弄ぶくせに、
今回は優姫の方から「行かないで…」と訴えて甘えたがってるにも関わらず、
それを振り払ってでも、何かをするために優姫のもとを去ります。

魔王が優姫よりも何かを優先したことなんて、これまでの物語にあったでしょうか?
一見無関係そうなことでも、最終的に自分と優姫が永遠に結ばれる布石になってました。
それだけを求めていた魔王が、今回ばかりは優姫以外の動機で何かを起こそうとしている…。
これだけでも大事件ですが、第六十七夜の最後にはさらにとんでもない、
……まあ、とりあえず時系列順に話を追いましょう。


一方その頃、学生生活も一応していた零は、落第の危機にあってました。
零は頭が良いので、テストの点数は問題ないのでしょうが、
たぶんサボりによって、出席日数が足りてないのでしょう。

零は切ない夢でも視ていたのか、探しに来たよりちゃんの腕を掴んで、目覚めます。
この会話だけだと、昔付き合っていたけど、他の男に奪われてしまった彼女のことを、
ふと思い出してしまうも「忘れた」と取り繕ってる男と、
それを見抜いている元彼女の親友にして、今は男の彼女…みたいな関係
に見えます。

もしそうだったなら、ドロドロの昼ドラ展開だし、大人の少女漫画っぽい気がしますが、
ヴァン騎士はそんなメロドラマを超越してしまっていることが、この話の後半明らかに、
……おっと、まだ話を順序だてて続けましょう。


さらに一方その頃、我らが藍堂さんはクーリングオフにあってました。
ハンター達が十分オモチャにして楽しみ、飽きたので返品されるみたいです。
藍堂さんは「やだやだ、スパイとして残るー!」とダダをこねますが、
国語辞書で調べた所、スパイとは「相手や敵のようすをひそかに探ること」らしいので、
スパイ宣言した時点で目的は絶対に果たせないと思います。

しかし、いつもは居るだけで場を和ませ、作品の雰囲気を明るくしてくれた藍堂さんに、
まさかこの話の最後であんな……、しつこいようですが、後半までお預けにします。



そして、女帝も縹木家に訪問…なんて生易しい表現ではなく、
門を破壊し、門番をぶっ飛ばし、侵入と称した方がいいような感じで、
眠っている縹木家当主の元へ。どうやらキナシさんを取り込んだことによる、
女帝は大幅にパワーアップした模様です。
そして縹木家の当主も取り込むつもりだったみたいです。

……セルじゃん!!

説明不要だと思いますが、セルとはDBのキャラです。知らない方はDB改をご覧下さい。
つまり、キナシさんは人造人間17号で、縹木家当主は人造人間18号だったんですね。
危うく藍堂パパも生贄になりかけるところでしたが、寸でのところで助かりました。
どうでもいいけど、藍堂家は親子揃ってスパイがヘタですね。

反撃によって片腕を失うも、まんまと心臓を手にして更なるパワーアップをした女帝。
これで女帝は完全体になったはず。その目的は絶対王権を持っている魔王を倒して、
ヴァンパイア界で真の女帝になることでしょう。
さすがの魔王も、純血種3人分の力を得た女帝には苦戦するかもしれません。



魔王を追ってきた優姫も、クーリングオフ中の護送車をジャックして、
そのまま縹木家に直行させます。「縹木家」に全員集合!みたいな展開に。

心臓を奪われたはずの縹木家当主は「私には心臓が3つある。
そのうちひとつを奪われただけだ」と、ダイの大冒険のハドラーみたいなこと
は言いませんでしたが、平然と起き上がり、藍堂パパの血を欲します。
一難さってまた一難の藍堂パパ。こんどこそ万事休すか!?


…そんなピンチに颯爽と現れた男!その正体は……


まさかの魔王!
…いや、今度ばかりは闇のヒーローと呼ぼう、玖蘭枢!


あの魔王が、味方のピンチにヒーローの様に駆けつけるなんて!
……ん?でも待って下さい。事前に「信じたくない」とコメントを貰ったのは、
もしかして、魔王が返り討ちにあうとか!?と、この時私はそう思いましたが……、


そんな心配が杞憂に終わる、一撃の秒殺劇でした。


つ……つえぇぇぇ・・・・・・・。セル編に魔人ブウ最終形態が混じってるぐらい圧倒的な強さ。
女帝に心臓を奪われてるとはいえ、大物感が漂ってた純血種を見開き1ページで消しました
次元が違い過ぎます。パワーアップした女帝には、さすがの魔王も苦戦するかもと書きましたが、
残ってるイサヤさんとちびっ子まで取り込まないと厳しいと思います。

しかし、魔王が優姫と関係ないことで、人助けをするなんて、
日本一のワルがボランティア活動に参加したみたいなもんですよ!
もしかして突然、「ぼくわるいことやめたよ!これからは人助けのために生きるんだ!
優姫も零くんのもとにかえすよ!」とか言い出して、
魔人ブウがミスターサタンによって改心したみたいなオチ
になるんじゃないかと、
そんなハッピーエンド(ある意味バッドエンド)を想像した、その直後!!!



※以下、重大なネタバレを含みます。
本編をご覧になってない方は、
同意の上でご覧下さい。






    /\___/ヽ
   /    ::::::::::::::::\
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::| うわぁ……
.   |    ::<      .::|
   \  /( [三] )ヽ ::/
   /`ー‐--‐‐―´\



 _| ̄|_    //ヽ\
 |      '|/ / ノ  "´ ̄ ̄''''‐-...ノヽ
 |__|'' ̄!  !    /            丶 |
   ,‐´ .ノ''   /  ,ィ             \
   ヽ-''"   7_//         _/^ 、 `、
┌───┐  /          / 、_(o)_,;j ヽ|
|┌─,  .|  /.           -   =-{_(o)
└┘ ノ ノ   |/        ,r' / ̄''''‐-..,>
   //   {         i' i    _   `ヽ
          ̄フ       i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   n      / 彡       l  /''"´ 〈/ /
   ll     _ > .  彡    ;: |  !    i {
   l|       \ l 彡l     ;. l |     | !
   |l      トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     |彡     l    ; l i   i  | l
   ll     iヾ 彡     l   ;: l |  { j {
   |l     { 彡|.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n  l 彡   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!   l彡|    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o   l      :.         |




  |l、{   j} /,,ィ//|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     | あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |     < 『魔王が藍堂パパのことを助けたと思ったら
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.    | 同じ剣でそのクビを斬り捨てやがった』
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   | 妄想だとか「なーんちゃって♪」だとか
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.   | そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ. │ 魔王の恐ろしい本性を味わったぜ…
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ \____________________




NANNZYAKORYAAAAAAAAAA!!!!!!!!




少女漫画で、誰かが死ぬこと自体まず普通ではないと思いますが、
そこはヴァン騎士の世界では、そこまで驚くことではありません。
今までしずか様とか、ゲスさんとか、一縷とか、色んな主要キャラの命が失われました。
でもそれは、あくまでも物語の展開的に想像できるものだったのですが、
今回の藍堂パパの件は全く想像出来ませんでした。

前回記事の最後に「藍堂パパに死亡フラグ」と(半分ネタながら)書いていたので、
私は藍堂パパが命を落とすこと自体は、一応想定はしていました。
とはいえですよ。魔王が手を下すとは、さすがに思っていませんでした。
ましてや、そこに至るまでに、2回も命拾いした伏線があったわけですし。
しかも優姫と藍堂の目の前で…。これは色んな意味で本当に衝撃です。


前話で藍堂パパが優姫に「魔王を止めてくれ!」と頼んだのが原因か!とか、
女帝、縹木家当主にも命を奪われかけたから、タイトルを「藍堂パパ危機一髪!…からの?」
にすべきとか、ネタにして書くのも躊躇われます。(書いちゃってるけど)
面白くなれば何でも良いと思ってる私ですら、さすがにショックを受けた展開なので、
一般読者の方はきっとそれ以上でしょう。

魔王の言葉によって、藍堂パパは観念したような表情さえ見せてはいたので、
何か裏があって、実は藍堂パパは死んでいなかった!みたいなことも、
可能性はゼロではないと思いますが…。

そんな中で、悪夢のベスト(あるいはワースト)ショットを。



【今回のベストショット:優姫すらも断ち切り、変態魔王は最凶魔王に!!】


画像



鳥肌立った!!なんだ、なんなんだ、この顔は!?
感情がないようにも、うっすら笑ってるようにも、目の焦点が定まってないイッてるようにも見える、
何ともいえないこの邪悪な顔!めでたい正月に掲載していい顔じゃないですね。
これが悪魔に魂を売った男の顔なのか。だとすれば、これぞ本当の魔王の素顔!!

そして魔王は、優姫への決別とも取れる感謝と謝罪の言葉を残し、どこかへ消えました。
魔王の言う「当初の予定」が何かは分かりませんが、
話の流れ的に、優姫という「迷い」を振り切ってまで何かをしようとしているようです。
始祖編を経て、「実は優姫のことは好きじゃないのでは?」とか、
そんなことを冗談半分で書いていたのが、まさかこんな形で表面化するとは。



ということで、とてつもない急展開を迎えたヴァンパイア騎士。
次回は一体なにがどうなってしまうのか。予想できるってレベルじゃねーぞ!!


消えた魔王の目的とは何か?

完全態となった女帝は魔王に敵うのか?

取り残された優姫の運命は?

哀しみのヴァンパイアハンター零の行方は?

ワイルド&るかしゃん、シキ&リマ、シルクさんの選択は?

そして、父を目の前で失った、我らが藍堂さんは……!!




以上、激動の第六十七夜感想でした。
たぶんLaLa編に入ってから、過去最長の感想になったと思いますが、
長々とお付き合い下さりありがとうございました。

さて、今後の予定ですが、来週8日はお休みを頂きまして、
15日にヴァンパイア騎士のネタを投稿しようと思ってます。
どんなネタになるかは、その時までのお楽しみということで…。

それでは改めて、今年もヴァンパイア騎士を宜しくお願いします!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Panasonic ラムダッシュ3枚刃 シルバー調 ES-GA21-S |
Panasonic ラムダッシュ3枚刃 シルバー調 ES-GA21-S◆WET剃... ...続きを見る
これも欲しい
2011/01/05 18:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
★あけましておめでとうございます★
そして、お仕事お疲れ様でした。

今回の話はネタバレでなんとなく知ってはいたのですが、
ものすごくショックですね。
あの従順な藍堂さんもこれから魔王に対してどうするのか。

更さんもどこまで…って感じですね。怖すぎますよ、あの人。
一条さんじゃ止めきれないし、魔王とも話が合わなそうだ。

零、落第しそうなんですかー。その情報は初めて知りました。
なんか頼ちゃんの手を掴んだのは知っていたのですが。
騎士さんの太字の部分だと、本当に昼ドラちっくですね。
でもララにそれが載っていたら…なんか嫌ですね。
零には絶対優姫一筋でいってもらわないと!

では、次のネタも楽しみにしてます。本年も宜しくです。
ダン・トーマス
2011/01/01 14:51
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今月号は本当に本当にやばかったですね…
ヴァン騎士の前の「学園ベビーシッターズ」に助けを求めたくなりましたw

藍堂さんをクーリングオフという表現、さすがです!
この時はまだ、この後何が起こるかなど知らずに…
あんな事があったんじゃ、当分ネタキャラとして活躍を見せてくれないでしょう…「僕はスパイするんだ!!」で見納め…は…嫌です><

そして魔王。奴の目的は未だに分からないですね。
てか、もうこれ以上死人出さないで欲しいです。
ばらりん
2011/01/01 18:03
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします!

今回の話は零ファンの方と魔王ファンの方、
どっちにとってよりショックなのかは興味深いですね。
ある意味零ファンの方にとっては、
零×優姫再びの芽が見えてきたとも取れ…る所までは
いかないかもですが、かなり事態は変わってきたかなと。

女帝はこうなったら魔王の対抗馬になる程度までは、
頑張ってくれた方が物語が盛り上がると思います。
また秒殺されたら、取り込まれた二人も浮かばれないし。

零とよりちゃんは私が勝手に見立てただけで、
そういう意図はないと思われるのでご安心を。
よりちゃんだったら、零には新藤さんが…って
そういう問題じゃないですよね(笑)
まあ、零はなんだかんだ優姫一筋でしょう。

ネタの方は構想は固まってますが、
あまり期待はせずにお待ち下さい。
月の騎士
2011/01/02 18:38
ばらりんさんコメントありがとうございます。
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします!

確かに他の掲載漫画とのギャップが激しすぎますねw
学園ベビーシッターズのほのぼの感を、
ほんの少しでも良いのでわけてあげて欲しいぐらいで。
あ、そういえば、遅くなりましたが、
お便りコメントの掲載おめでとうございます!
ヴァン騎士愛溢れるコメント読ませて頂きました。

藍堂さんについては、どうなるか分からないですね。
こんなことになってもまだネタ(和み)キャラを
貫いたら、逆に泣けてくる気がしますが、
一転して、魔王への復讐を決意したとしても、
納得できるだけの動機付けはありますね。
どうなるにせよ、次号は絶対に見逃せません。

魔王の目的は謎ですが、優姫まで振り払ったのだから、
それも納得できるだけの動機であって欲しいですね。
世界制服とか人類滅亡とか…それじゃ本当の意味で魔王かw
月の騎士
2011/01/02 18:48
明けましておめでとうございます。今年も騎士さんのブログ楽しみにしておきますね(g>ω<)g

ヴァンパイア騎士は…枢は…どこに向かおうとしているのでしょう…?元はと言えば吸血鬼ハンターを作ったのも枢ですし、吸血鬼滅亡を狙ってるのですかね…。だとしたら、更と目的はほぼ同じですね。最後に自分だけ残ればいい更派と最後に優姫だけ残ればいい枢派で。だから、枢は更を黙認してると。藍堂の父を殺したのは、良い言い方をすれば革命の為に犠牲は必要だから、悪い言い方をすれば邪魔だから殺したと…。

目的が何であれ枢が残酷であることは変わりありませんが、まぁ次号を待つしかないですよね。
さくら
2011/01/05 22:47
さくらさんコメントありがとうございます。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も皆さんに楽しんでもらえるように頑張ります!

ああ、魔王の目的はヴァンパイアの滅亡だと考えると、
確かに辻褄合ってきますね。女帝を放置してる理由も、
それなら納得ですし。ということは、最後に女帝を
抹殺して、自分自身も消えるつもりなのでしょうか?
だとすれば零にとっては願ったり叶ったり…いや、
きっと魔王は零も一緒に消すつもりでしょうね。

次号の展開は全く分かりませんが、
どんなことになるのか楽しみです。
月の騎士
2011/01/07 15:10
初めまして。
今回の話は、凄く衝撃的でした
きっと魔王の目的は、最低でも優姫以外の純血種を滅ぼす事だと思います。 ぶっちゃけヴァンパイアの滅亡かと 零はきっと優姫の為に残すと思います。血の事もあるし。いくら魔王でも優姫を殺せないと思います。樹里と悠の子でもあるし。何だかんだ言って、優姫の事好きでしょうし。そうであってほしいです
きっと魔王が動いたのは、優姫が自分の過去を知っても、戸惑いながらも受け入れたからだと思うんです。 こんなに優しい子だからこそ、他の純血種は滅ぼさなければならないと決心したのでは? 以前「優姫が怖がらない場所をつくってあげる」と言っていましたし、今もその根本的な所は変わってないと思います。 まぁ、優姫が魔王の暴走を止め・・てくれるのを期待したいです。 長々と失礼しました。
りんご
2011/01/15 19:49
りんごさん初めまして。
コメントありがとうございます。

なるほど、魔王の目的はヴァンパイア滅亡という考察ですね。
零を残すというのは、優姫に血を提供するためですか。
でも、今の零の心理状態では、自分が優姫の血を吸う
ことも、もちろん優姫に血を吸われることも拒むと
思うので、そこをどう納得させるのかが問題ですね。
魔王のことだから力づくで考えてるのかもしれません。

優姫は純血種の滅亡なんて望んでないわけで、
ヴァンパイアも人間もみんな仲良く
暮らせるのが彼女の願いでしょう。
だから魔王は優姫に分かってもらうのではなく、
強行突破で目的を果たすと。
優姫に魔王を止められるのか…、藍堂パパを
殺してしまった今、あと戻りはもうできないようにも
感じますが、ここからの展開に注目ですね。
月の騎士
2011/01/15 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 LaLa編【第六十七夜:すべてを断ち切る刃】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる