月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第28回:第13巻感想(前編)】

<<   作成日時 : 2010/12/11 06:07   >>

面白い ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8

今年のヴァン騎士記事を締め括る、第13巻感想(前編)です。



画像



では早速、恒例の帯ツッコミから入りましょうか。

ま〜た、「おにいさま」か!!

私の予想(詳しくは第六十六夜感想記事で)は外れましたが、鉄板の「おにいさま」ネタでした。
毎度毎度、わざと一般人が手を出し難いようにしてるとしか思えない帯ですが、
“おにいさま”って単語だけで、今回も「やってくれたな…」という感じですね。

これで11巻〜13巻(第二部)の帯をまとめると、


11巻「私を汚しておにいさま…。」



12巻「ごめんね…ほんの少しだけ僕に自由を奪わせて……。」



13巻「おにいさまの血、記憶、想い、流れ込んでくる。」



になります。


……どんな漫画なんだよ!!



帯だけで推察すると、妹が兄に監禁されて、あんなことやこんなことを、
無理矢理言わされたりやらされたりしてる漫画にしか思えない
じゃないですか!
…いやまあ、確かにそれで合ってる部分も大いにあるけども。

それにしたって、全国の健全な少年・少女達が変な誤解をしちゃいますよ!
そんな変態少女漫画の感想書いてる私の社会的地位も危うくなるじゃないですか。
まあ、社会的地位なんてないみたいなもんだし、全国の健全な少年・少女は、
この漫画もこのブログも読んでないのでしょうけど。もし健全を自認する方が居たら、
そのままだと危険なので、この後「姫ちゃんのリボン」でも読んで浄化して下さい。

…とにかく、次の14巻では絶対に変態的な帯はやめてください!
いいですか、絶対ですからね。『絶対』にお願いしますよ!
(という某ダチョウ3人組調のネタフリをしておきます)



さてさて、第13巻の表紙は優姫、零、藍堂の3人が飾っています。
優姫と零は常連ですが、藍堂さんは第3巻以来の表紙登場みたいですよ。
(ばらりんさんのブログより情報を頂きました。ありがとうございます)

おめでとう藍堂さん!
きっと、第六十夜や第六十三夜での汚れ役活躍が認められたのでしょう。
そして、なんと魔王の野郎の姿はどこにもありません。
つまり魔王を押しのけての表紙です!ワハハ、変態魔王め、ざまあみろ!!

(↓裏表紙)


画像




    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


そこには嫉妬の炎を燃やす魔王の恐ろしい顔がありました。
まるで、浮かれてる嫁を影から覗いてる鬼姑ですよ。
「この泥棒猫!」ならぬ「この泥棒藍堂!」とか言いそうです。
藍堂さんが再び、魔王を押しのけて表紙を飾れる時は今後来るのか!?
…おそらくきっとないでしょう。でも当ブログはそんな藍堂さんを笑いながら応援し続けます



それでは以下より、今回の前編では第五十九夜から第六十一夜までを、
当時の記事リンクを絡めて、改めてさくっと振り返ります。



【第五十九夜:墓標】


この話は、お母さんのごときツンデレ兄さん(海斗)の優しさを受けて、
一縷のお墓参りに来た零の心情が中心のセンチメンタル回…のはずなんですが、
それを打ち消すほどのインパクトを残したのは、初登場の橙茉家当主ちびっ子純血種さんでした。

だって、全ての言葉と行動が死亡フラグですからね!
こんな見事な死亡フラグは滅多に見られるものではありません。天然記念物です。
ドラゴンボールで例えるなら、ベジータに向かって命乞いを始めたドドリアとザーボン並、
JOJOで例えるなら、名もなきチンピラがスタンド持ってる敵に因縁つけちゃった並、
美味しんぼで例えるなら、海原雄山の前でタバコを吸う並ですよ!
そんなわけで、ちびっ子純血種には2010年のベストオブ死亡フラグ賞をあげます。




【第六十夜:ナツカシイニオイ】


この話は各キャラの様々な喜怒哀楽が視えました。
ちびっこ純血種に魔王がぶち切れる瞬間。
魔王のオシオキを前に、けん制で済ませる心優しい零。
優姫の「こんばんは」事件。
あの夜会以来になる零と優姫の悲しく儚く温かい邂逅。
藍堂さんのリアクション芸

オチ(ラスゴマ)は、取り残された藍堂さんのワンカットなのが素晴らしい。
もしここで、魔王が気を利かせて、優姫と一緒に藍堂さんも連れて帰ってれば、
その後の拉致事件は未然に防げたわけですが、魔王がそんな気をまわすわけもなく…
っていうか、そうなることを見越した上でわざと放置したのでしょう。




【第六十一夜:扉の向こう】


この話から、魔王の回想・始祖編になります。
その前に、ちびっ子さんのフラグ回収、すなわち公開処刑シーンがあります。
心なしか本誌掲載時よりも、血の描写が濃くなっていると思いましたが、気のせいでしょうか?
この回を読むまでは「あれだけやるからには、実は魔王を脅かすぐらい強いのでは?」と、
予想したりもしていたのですが、まさか、本体でもない魔王の分身に秒殺されるとはね…。
彼にはベストオブ死亡フラグ賞に加えて、ベストオブかませ犬賞も差し上げたいです。

魔王が優姫を言葉責めにしながら血を貪るという、R指定ギリギリのシーンもあります。
これを読むと、帯に書いてあった内容が正しいと認めざるを得ないですよね。
あと、ヴァンパイアがテーマというのもあるだろうし、今更の話なんですが、
少女漫画でこんなにも血の描写がある漫画も、なかなか珍しいんじゃないでしょうか。
まあ、血なんかより、もっと危険な描写がいくらでもされてるのですけど。



次回の後編では、第13巻に収録されている残り2話と、特別編&おまけについて書きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってました13巻。
帯、今回もやってくれましたね…
私も、これを持ってレジで並んでいるときちょっと恥ずかしかったというか…(汗)
14巻はもう少し、手に取りやすい(笑)帯がいいですw
魔王やってくれましたね〜。「表紙にいないけど魔王のことだ、藍堂が表紙に載ることを黙って見ているわけがない」と思っていたら、しっかりいましたよ。しかもフレームから若干出てるしwすぐにでもフレームを破壊して出てきそうです。
そういえば、11巻でも裏表紙に魔王いましたよね。
優姫が自分以外の男と表紙になるのは許せないんでしょうねw

燈茉の当主…可愛くて好きです。
まあ、死亡フラグ大全開なのは無理ないですけど、魔王を前によくやった!って感じですw
しかしまあ、センチメンタルモードな魔王がぶち切れる瞬間はめちゃくちゃ怖い!「…優姫」の時の表情と「…燈茉の餓鬼が…」の時の表情の差がw

後編も楽しみにしてます。おまけ漫画…w
ばらりん
2010/12/11 15:18
ばらりんさんコメントありがとうございます。
帯はこれこそが、ヴァン騎士クオリティなので、
レジに持って行きにくいのも含めて楽しみましょうw

魔王はむしろ表紙に出るよりも、
裏表紙に居た方が存在感出るかもしれないですね。
フレームを破壊しそう。確かにそうですw
零と藍堂に囲まれてる優姫なんて我慢ならないのでしょう。

ちびっこ純血種は、魔王に対して、
あれだけ煽っただけでも、褒めるべきかもしれません。
普通はそれすらもできませんからねw
魔王がキレたらどうしようもないです。
「…燈茉の餓鬼が…」の場面の顔はR指定ですね。
完全にキラーモードで、優姫以外は近づけそうにないです。

最後に、ばらりんさんのブログを覗かせてもらったら、
ノロウイルスにかかってしまわれたようですが、
大丈夫ですか?(大丈夫じゃないですよね)
そんな時にまでコメントありがとうございました。
無理なさらず、お大事に…。
月の騎士
2010/12/11 22:14
魔王…確かにフレームからはみ出してますね…。
気づかなかった、というかじっくり見てないです。

帯は私は全然気にしてません!そんなの見ずにレジへ。
家に帰ってから、また微妙な台詞チョイスしたなぁ、と。

待ちに待った再会シーンはとても楽しんで読みました。
しかーし、それ以外については読み返すのは控えたい!
連載終了の時点では読み返すと思いますが。
零VS藍堂先輩、評判の悪いハンターさんも楽しかった。
優姫の「こんばんは」は理事長の「やあ」と同類なんですかね。
やはり親子!?
ダン・トーマス
2010/12/12 14:53
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
魔王のことが嫌いな人にとっては、
相変わらず悪夢の内容になってるのは否めません(笑)

まあ、キャラへの個人的な感情を抜きにして、
物語としてなかなか深い話になってると思いますので、
気が向いたら読み返してみると面白いですよ。

優姫の「こんばんは」と元理事長の「やあ」は、
似たような印象を受けますよね。
ここぞという所で、セリフのチョイスには、
血は繋がらなくても親子を感じさせます。
月の騎士
2010/12/12 22:17
わたくしは帯を見た瞬間レジに持って行くのを戸惑い、結局買わなかったチキンやろーです。

BOOK OFFに出るまで待つ…………?(遠い目・・・。

騎士さんの記事は いつ見ても面白いんでこのV騎士も
即刻買って内容を確かめねば!!と毎回思うんですが
あの帯…

さすがlala。あっぱれ編集長! つか買ってほしぃの、ほしくなぃの!?みたいな。
もぅ最悪、裏表紙にして出していこぅ(チキン的な行動)
悪魔
2010/12/13 14:19
悪魔さんコメントありがとうございます。
あらら、それは残念です。
勇気をふりしぼって、レジまで持って行って
買って欲しい所ですが、あの帯なので無理強いはできません。
ブックオフまで待つのも手でしょう。
(帯が付いたまま売られてたりして…)

編集部として、買って欲しくないわけは
ないと思いますが、あえて私のような変態ファンが
望む方向性の帯をつけてくれる所は、
さすがLaLa、分かってますね(笑)

既に14巻の帯も危険な帯になることが予想されますが、
何とかしてご購入してもらえれば、私のふざけた記事も、
少しは樋野先生のお役に立てたと思えるので、是非(笑)
月の騎士
2010/12/14 15:26
さっき、確かめてみたんですけど、
悪魔、出てるんですね…
メッチャ怖いです
優姫
2011/03/17 16:49
優姫さんコメントありがとうございます。
悪魔が怖い……すいません、13巻の記憶が薄れていて、
何が「悪魔」に該当するのか、すぐに思いつかないの
ですけど、とりあえず魔王が怖いことは確かです(笑)
月の騎士
2011/03/17 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第28回:第13巻感想(前編)】  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる