月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 学園アリス 第2巻

<<   作成日時 : 2010/10/16 09:33   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

今月の『月刊学園アリス』は第2巻感想です。


画像



話題騒然(大嘘)の『学園アリス』感想の第2回(第2巻)です。
前回は主要キャラについて、好き勝手な名称を付けて、
最後に無関係な一文を付け加えて終わってしまいましたが、
今回は物語本編の内容についても触れていこうと思ってます。

ということで、まずは第2巻がどんな内容だったかをざっくりと紹介してみます。



〜第2巻あらすじ〜


アリス学園の入学試験に見事合格したみかんだったが、フェロモン先生の策略により、
学園のあれこれを手取り足取りパンツ取り世話するパートナーに悪魔王子が選ばれる。
最初はいがみあっていた二人だったが、いつしか愛が芽生え……るわけもなく、
「パンツ脱がし事件」について罵り合う日々を送る。ちなみに蛍はパートナーを即刻辞退した。

そんな中、次第に明らかになっていく学園アリスの構造と掟。
みかんのアリスは特殊系。星階級はメガネヤクザ先生の逆鱗に触れた罰で0個。
学園での酷い待遇に落ち込むみかんだったが、特殊能力系のクラスには、
ターバン先輩(安藤)などの(委員長のような下心もない)心優しい温かい人達が。
当漫画が開始以来、初めて自分の居場所を見つけたみかん。イイ話ダナー。

そして、みかんは荒れるクラスを改善するため、ドッチボール勝負を提案する。
真っ赤に燃えてる熱いハート。稲妻になって悪魔王子を倒すよ!!(某弾平の曲)
結果はドロー。しかし、戦いのあとには「おめえなかなかやるな」「おまえもな!」と、
子供達の友情が生まれつつあった。ただし悪魔王子はいつも通りで、蛍はガチギレしていた。

あとなんか、フェロモンオカマ先生がじいちゃんに送った手紙を燃やしてたり、
ペルソナとか呼ばれてるらしい怪しい仮面先生がいたり、
ゴミ箱のゲロ掃除させられたり、ルカぴょんが女装させられたりもしてたぞ!


新キャラ紹介:安藤翼

アリス学園中等部、特力系クラス所属の生徒。
初対面のみかんに対して「チビ」と悪意なく呼び、親しく接してくれた優しい先輩。
学園では落ちこぼれと呼ばれてるらしいが、その能力は見る限り高そうである。
また、アリス学園に対して、あまり良い印象を抱いていない様子も覗える。
ピッコロのターバンのような帽子を被っているが、脱ぐとパワーアップするかは不明
ちなみに、星階級の星を一つ三百万で売りつけたりはしない…と思う。



大体こんな感じです。
言葉が足りない&余計な言葉が入ってる部分もありますが、概ね間違ってはいないと思います。
間違ってても責任は一切取らないので、真相は各自確認お願いします

それでは、物語の中で気になった点について詳しく書きましょう。
まずはアリスは5つの能力系に分かれてるそうですが……。
……ちょっと待って!これって…。


H×Hの念能力じゃん!!



そう、冨樫大先生の作品、H×Hの設定に似通ってます。
いや、別にパクリだ何だということを、言いたいわけではないのですが、
あの漫画のことを久しぶりに思い出しました。
みかんのアリスは特力系なので、H×Hで例えるとクラピカ系と言えるでしょうか。
そのH×Hは、念能力設定もどこへやら、未だに虫達と終わらない死闘をしてるか、
バカンスタイムに入られてることでしょうけど。蜘蛛編は面白かったのになぁ。

H×Hの話はいいとして、アリス学園では更に星階級で待遇が分かれます。
あらすじで書いた通り、みかんはメガネヤクザ先生の怒りを買って、星は0個です。
星0個なんて、遊戯王だったら強制送還させられます。カイジだったら裸で別室行きです。
歳の女の子が裸になるなんて…、まあ、既にパンツ脱がされた経歴あるから大丈夫か。

ちなみに、悪魔王子の星階級は幹部クラスということで、破格の待遇になってます。
しかし、相変わらずの悪っぷりで、「おまえらを全員燃やす」「少しでも騒いだら殺す」など、
10歳とは思えない言葉を吐いてます。っていうか、大人になっても普通言いませんが。
みかんを「彼女」と間違われて際には、呆れたように鼻で笑ってました。
でも授業にはちゃんと出席してる所は、さすがに小学生ですね。



最後に、第1巻の感想で「ギャグキャラ入りが迫っている」と書いた、
動物ラブ男こと乃木流架くんですが、2巻にして本当にそのポストに収まりました
「るかぴょん」と呼ばれるなど、みかん達と仲良くなってるし、女装姿まで晒してます。
そして、その女装姿を蛍に撮られ、写真を動物達に買われてます。
女装して顔を赤らめてる写真を動物達に買われる10歳の男の子
ツッコミ所が多すぎるよ、るかぴょん!でも動物にモテモテで良かったね!(良いのか?)

この汚れキャラっぷりと順応の早さは只者ではありません。
ということで、学園アリスの藍堂英ポジションは君のものだ!
来月は第3巻の感想を投稿する予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学園アリス 第2巻 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる