月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS LaLa(2010年10月号)感想

<<   作成日時 : 2010/10/30 09:06   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

今月もいつものごとくLaLaを弄ります。



画像



表紙はメイド様の独占状態になってるLaLa市場に風穴開けた学園ベビーシッターズ。
残念ながらデリシャスババアの姿はありませんが、秋のデリシャス号です。
付録もニャンコ先生のぬいぐるみと、ヴァン騎士のメモパッドと豪華でした。



今月のユノキング…改め今月のキスよりも早く


前回「そろそろやめる」と書きながら、性懲りもなく今月も取り上げようと思ったのですが、
残念ながら今回は、ユノキングの出番がほとんど(1コマ顔を見せただけ)ありませんでした
(おまけにある最新刊告知では、笑い転げるユノキングの姿が見れますが。)

ということで、今回は急遽コーナー変更します!
タイトル通り、今月は『キスよりも早く』をピックアップしてみようかなと。
なぜこの作品なのか?それは個人的に、結構好きな作品だからです。
そして月刊LaLaで次にアニメ化されるとしたら、この作品ではないかと勝手に思ってます。


この作品、まずヒロインの暴力JK嫁ことぶんちゃが良いですね。
暴力を振るうけど、心は純情というのがポイント高いです。
そして、変態元ヤン教師こと尾白先生も良いですね。
私はヤンキーは嫌いですが、尾白先生は元ヤンキー感が薄く、
むしろ変態趣味をオープンにしているので、こちら側の人間である(勝手な)仲間意識があります。

教師と生徒が恋人(夫婦)という設定は、おそらく少女漫画的には王道だと思いますが、
それだけにストーリーも安定しています。安心して読める展開です。
二人の関係も、少女漫画らしい甘さはあるけど、そこまでベタベタし過ぎず、
適度にコメディとして流してくれるので、しつこさを感じません。


あと、暴力表現がコミカルかつ微妙にリアルさも含んでいるのも良いです。
今回の話でも、マウントポジションとか、尾白先生のパンチ描写は、
わりと「この作者さん、格闘技知ってそうだな」と思わせてくれるものでした。
(実際知ってるかどうかは分かりませんが、そう思わせるだけの説得力はあります)
かと思えば、パンチやキックで、家の屋根を突き抜け空の彼方まで吹っ飛んだり、
少女漫画の程度を超えたマジ頭突き(今回記事の別枠にて紹介)シーンもあるのですが。

この漫画が最終回を迎えた時のラストシーンは、どう考えても一つしかないですよね。
恥ずかしいほどベタでも、それで終わらなきゃこのタイトルの意味がありません。
結婚してるのに、ラストにならないとその行為には至らず、作品通して溜め続けるなんて、
私は凄くロマンがあって良い
と思います。できればそれまで見届けたいです。
(と勝手に想像して書きましたが、最終回より前に普通に実現したりして)

以上、今回は急遽『キスよりも早く』を取り上げましたが、
今後も今月のユノキングが中止になった際は、他の漫画を紹介するかもしれません。




今月のツッコミシーン



第3位


画像


ネタで、デリシャスババアの水着がないぞ!とか、きりんちゃんの水着萌えとか、
犯罪一歩手前なことを書いたりしましたが、実際のところ猪俣さんが居て助かりましたね。
さぞ若々しくも色気のある水着姿を……ってスクール水着!!??

これはこれで、アリアリアリアリーデヴェルチェ!(byJOJO5部)ですが、
実際に今時の高校に、こんなコテコテのスクール水着って存在するんでしょうか?
ちなみに私の高校には水泳の授業自体ありませんでした。クソッタレ!
まあ、その後のビキニ含め、とりあえず色んな意味で猪俣さん株が急上昇した回でしたね。



第2位


画像



「おい!少女漫画だぞ、自重しろ!!」と言いたくなるセリフですが、
LaLaならおkというか、LaLaとは少女漫画雑誌という体裁を取っている、
妄想助長雑誌だと思ってますので、甘んじて受け入れましょう。
ちなみにこのセリフの元漫画は、読み切り作品なのですが、
冒頭ではヒロインと想い人の男の子がラブホでベッドインしてます。
…やっぱり少しは自重した方が……いや、いいぞ、もっとやれ!!(ネタのためにも)



第1位


画像


事後アッー!



あえて何も説明しません。真相は皆様の目でお確かめ下さい。



おまけ特集:行為自体は同じでも、これだけ印象が違います


今回のLaLaをパラパラめくって読んでいると、ある同行為が描かれている絵がありました。
しかし、行為そのものは同じでも、その印象は全然違うのです。



事例A

画像



事例B

画像



ね?全然違う印象を持ちませんか?
事例Aは子供の躾(やられてるのは大人と子供だけど)という感じですが、
事例Bは禁止技を使ってる掟破りの悪の超人技という感じです。
事例Aは出来てもたんこぶぐらいでしょうが、事例Bは額が割れてもおかしくないです。
私の見解は、少女漫画として正しいのは事例Aで、LaLaとしての正解は事例Bだと思います。



それではまた来月。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。今回もはじけてますね!
前回天下一武道会があったのでこの記事ないかと思いました。

ツッコミ第二位の作品は個人的には気に入った作品でした。
突拍子もない設定が好きなので。絵も好みだったので。
第一位は…ウスイ君本当に変態になってしまいましたね(笑)
ぶんちゃんの暴力も毎度のことですが、すごい顔です。

おいしんぼの記事ものぞかせていただきました。
絵がやっぱり違うんですね。長期連載の運命(サダメ)ですね。

ツイッターの先日の呟きに突っ込むべきか迷いました。
個人的には呟きとブログ両方希望です(笑)
笑いにしてよいのか迷ったのでこちらでコメントにしました。
ダン・トーマス
2010/10/30 14:28
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
天下一武道会は特別枠としての投稿なので、
LaLa記事もいつも通り投稿しました。

2位の作品は、LaLaならではの設定という感じですね。
ぶんちゃの顔もLaLaならではという感じですね(笑)
このページだけ切り取ると、ヤンキー漫画で、
因縁つけてる女番長にしか観えないです。

美味しんぼは今とは絵が全然違いますね。
娥力的には今の方が高いのでしょうけど、
個人的には昔の絵の方が好きだったりします。

ツイッターのつぶやきは、ドシドシツッコミ
お願いします!基本的にネタ(笑い)になることしか
書きませんので、遠慮なく切り返して頂ければ嬉しいです。
まあ、冷静になると、自分でネタにして良い話なのか?
って感じですが……良いんです!(笑)
月の騎士
2010/10/31 18:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
LaLa(2010年10月号)感想 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる