月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒執事 第8巻感想

<<   作成日時 : 2010/08/14 07:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

月刊黒執事、今月は第8巻の感想です。


画像



「月刊黒執事」に続く、「月刊○○」を決めるアンケートを明日まで実施していますが、
本家の方も、予定としては10月に10巻の感想を投稿するまでは、
引き続き毎月第2土曜日に投稿していくつもり
です。
それ以降に関しては、新しい月刊枠の作品と共にまた調整していきます。

それでは今回も、以下硬文体で感想考察に入ります。



第7巻の感想で、ブラックな展開に深みと磨きがかかったと書いたが、
第8巻で、ブラックな展開としては最高潮を迎えたと言って良いだろう。

ケルヴィンの異常性は前巻で決着が付いたが、裏に潜んでいたもう一人の異常者による、
「さらわれた子供達の末路」の戦慄で幕を明け、ジョーカー達の報われない悲運な運命と、
実態を表したファントムハイヴ家使用人のプロフェッショナルな冷酷さの交差、
そして真相を知ったシエルによる、暴走と渇いた笑いによって、サーカス編は幕を閉じた。
一言で言って「誰も救いようの無いバッドエンド」であった。

第6巻の感想では、「所詮悪魔や死神に比べれば人間の黒さなど生温い」と書いたのだが、
今回のおぞましい結末によって、真っ向からそれを否定された印象である。
本当に恐ろしきは悪魔や死神ではなく、人間の持つ欲望なのかもしれない。


中心人物になると見ていた、悪魔セバスチャンと死神スーツは、
この事件に関して一切の主導権を持たず、最後まで裏方に徹するだけ
であった。
セバスチャンはシエルの命令によって殺人と放火を行ったが、
その行為には、セバスチャン本人の意思も望みも何も含まれてはいない。
それ所か、「女王の命令通りにすべきでは?」とシエルに対して至極真っ当な提言を行っている。

死神スーツも、裏で糸を引くわけでもなければ、事件に介入してきたわけでもなく、
最後までお役人としての仕事を務めただけで、出番を終えている。
個人的には彼の活躍はもっと見たかったのだが、自らを「後処理をするだけ」と、
達観して仕事を片付けるスーツには、「公務員」としての美学も感じた。


本物の悪魔は「あくまで執事」としての役割をこなしただけであるし、
本物の死神は「しにがみで公務員」としての役割をこなしただけである。
事件は、二人の異常者と、哀しい運命を生まれつき背負った子供達によって起こされ、
決着を付けたのは、シエルの過去への苦みと、自己判断の行動であった。
第8巻を総じて見て、最も「黒」に染まっていたのは、悪魔でも死神でもなく人間だろう。
タイトルの「黒執事」とは、執事が悪魔であって、「黒」であるという意味を持つと共に、
「悪魔以上に黒い主人に仕える執事」という意味でも適応できるのではないか。

悪魔と死神が自主的に目立って活躍したのは、むしろ第6巻でのサーカス団潜入場面での、
コミカルなやり取りのシーンではないだろうか。そして二人が私情を挟んだのは、
お互いに「相手のことがキライだから協力し合いたくない」という意思のみである。
ニンゲンの増幅した欲望やエゴに比べて、その様子は子供っぽく微笑ましく思える。

以上の様に、この作品に置ける悪魔や死神は、人間に対して時に協力や介入はしているが、
自分自身の私利私欲で動くことはほとんどない。唯一「赤いオカマの死神」は、
勝手な意思の行動をしていたが、それ相応の罰則はきちんと課せられている。
悪魔(セバスチャン)も契約には絶対忠実であり、執事を演じているというよりも、
悪魔としての在り方そのものが、この世界では元より執事的
なのかもしれないと感じた。


最後に余談であるが、第8巻ではメイリン株が急上昇した。
「メガネを外したら実は美人」なんて古典的な仕掛け、できれば引っかかりたくないが、
いかんせんこれまでのメイリンが、あまりに色気とは無縁の描かれ方をしていたので、
メガネを外して8頭身の美女になり銃を乱射する姿は、実に効果的な変化であった。
こうなると、独特のなまり言葉も、逆に萌えの要素として働いてきたりする。
男(というか自分か)とは単純である。ギャップ萌え最高!

次回の9巻では新展開が幕を開けるみたいだが、
ブラック展開としては今巻で一つのピークに達したと思うので、
また「あくまで執事」と「醜いニンゲン」の異なる側面の見せ方にも期待したい。



次回は9月11日に第9巻の感想を投稿する予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒執事 第8巻感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる