月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 LaLa編【第六十三夜:ハンターと始祖】

<<   作成日時 : 2010/08/07 08:27   >>

面白い ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 8

LaLa最新9月号より、ヴァン騎士第六十三夜の感想です。


今回は投稿曜日日程の関係で、本誌発売から時間が空いてしまいましたが、
ツイッターでチラッとつぶやいた通り、自分としては満足いく記事を書けた…つもりです。
本編自体も面白く、ハードル上がってしまいましたが、いつもよりつまらなかったらすみません。
それではいつもの通り、まずは本誌の表紙掲載から。


画像



ま た メ イ ド 様 か

いや、別に文句を言いたいわけではありませんよ。
これだけ表紙になる回数が多いのは、現LaLaの看板作品であることの顕れでしょうし、
アニメも絶賛放送中ですから、そりゃ編集部がプッシュするのも分かります。
が、この表紙酷使っぷりは、「権藤、権藤、雨、権藤」ならぬ、「メイド、メイド、他、メイド」ですよ!

いつものごとく、想定される読者層を無視した例えが出てしまいましたが、
そんな中で、次号はなんと「学園ベビーシッターズ」が表紙らしいので、
今から、ツンデレババアの巨大な顔が見られることが楽しみですね!(ねーよ)



余談はさて置き、以下より本編の感想に入ります。
なんと今話で、妄想ネタにしていた「零と藍堂のぶらり途中下車の旅」が実現しました。
「あれ?前号までの展開は…?」と疑問に思われた読者さんも居るかもしれませんが、
そんなことよりも冒頭の二人にくぎ付けですよ!おまけにアイドルさんがいきなり、
巷で大流行してた(過去形)ギャグを発したから驚きです。

ということで、アイドルさんに便乗させて、私も一曲いかせて頂きます。



|  アイドルさんは第二部になって、完全なネタキャラになってるの
|  なんでだろ〜♪
\____  _______________
        V     |
               |  なんでだろ〜♪
             \_____  _____
                      V
       _,ヾゝー'"'"'"ー、,;    ,.:-‐―‐-.、_
      ,ラ   、_    ヽ,、 /       \
      イ  r-'ー゙ "ー‐、,  ミ/          ヽ
      i!  ,!       i! ミi   ,ハ        i
      ,j i /ニ=、  ,r==、i ,,ハ ,ノヽi! ゙'レ>ヾ-、 ,!r'
      i V <(・)>i i!(・)>゙!,i  !!イ(・)) <.(・)>゙ i /!i
      ゙!ji!   ., j .i_   /j   i  。 。,      ト-'
      ,ィi:.  ;" ー-‐'   ト'   .!   ,.=、     / ̄ ゙̄ー-、_
    __ノ !ハ    : 0 ;  ,/ _,.-‐''\ ゙=''  ,/
  /   \\   ̄ ,//     ゙ー-‐‐"
/       \.゙ー-イ ,/
  _____∧_______________

|  零もアイドルさんに対してだけは、心を開いてる様に見えるのは
|  なんでだろ〜♪
\_______________∧_____
                /
                 |  なんでだろ〜♪



答え:アニメとかドラマCDとかおまけ漫画で、そういう設定がハマったからさ!


話を戻して、アイドルさんはなぜか零に連行されてしまったみたいです。
ドナドナドナドナ〜♪アイドル乗せて〜。
零も、どうにもならないムカつく純血種の相手はいい加減疲れたので、
どうせ接するなら、アイドルさんのような弄りやすいヴァンパイアと接したかった
のでしょう。
詳しい経緯はアイドルさんが、漫画のキャラらしく説明してくれてるので、漫画本編をご覧ください。

ではここで、今回は早めのベストショット紹介です。


【今回のベストショット:び、ビリビリが恐くて大人しくするわけじゃないんだからなっ!】


画像


「嘘だッ!」



   /  / /    |    /|   /:::/:.:.:.:.:.:.:|::::::   
  /  〃 i     .::|   /:.:.|  |::l::|:.:.:.:.:.:.:.:|::::::
 ,゙  /|   |   .:::|. \|:.:.:.:|   |::l::|/:.:.:.:.:.:j/::   
 ! ,' !  ::|    ::::|!. ,ィ|≧ゝl、_.;|::ィ|/_:._/ィllヘ         
 l ,' │ ::|:..  ::::|く/ {ひlll|::|ヾ|:.N:.::´〃ひlllリ::   
 ヾ  '、  |\  ::::|:.\\こソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、、\こソ        
     '、 :|  \ :::\:.:._,、__彡 _' -─ 、`゙ー=        
      ヾ、/.::>:、:;ヽ、__  /ーァ''"´ ̄ ヽ         
      / .::::::::::::::::ヘ ̄   {|::/       }    
     /...::::::::::::::::::::::::::\  V      j}



藍堂英は、ビリビリが恐かったから大人しくなった!


ということで、変態の騎士見習いが赤で宣言してしまいましたが、そうに決まってます。
第六十夜に伏線もあったし。絶対の魔女も赤で宣言してくれるであろう確信がありますね。


さて、ここまでギャグ調で書いてますが、実は今回とてつもない感動の場面があるのです。
皆さんがどういう感想を抱いたか分かりませんが、私は普通に感動しました。
だって、アイドルが…、あの藍堂が零に向かって「愛」の説教をするわけですよぉぉぉ!!

あんな、優姫にセクハラしたり、ズームイン!ポーズしたり、熱すぎて寒い発言したり、
魔王に平手で打たれたり、ドラマCDで散々ネタにされたりしていた(数々の面白歴史)
アイドルが、零に真顔でアドバイスを送るなんて…。しかも対になる相手は魔王ですよ!?
もしかしてこの場面、今後の展開を揺るがす分岐点になるのではないかと思います。


なので、普通に選ぶと、このシーンこそが今回のベストショットなわけですが、
このシーンは是非本誌なり、次の単行本を買うなりして読んで頂きたいので、あえて載せません。
是非是非、小説編以来の純粋にカッコ良い藍堂英をご確認ください!

将来的に、零が藍堂のことを「師匠!」と呼んでもおかしくない関係になるかもしれません。
……え?既にそれに該当する眼帯してるツンデレの人がいるだろって?
うーん、最近は出番もない(他多くのキャラもだけど)ですからねぇ。このままだとあの人は、
犬のモノマネが得意なだけのただの倫理の先公になってしまうかもしれません。
ギャグ要員の師匠、それはそれで面白いですが。

それでは、零の新・師匠が誕生したということで、今回はお開きに…。



「嘘だッ!(枢様ファンの方々の声)」



   /  / /    |    /|   /:::/:.:.:.:.:.:.:|::::::   
  /  〃 i     .::|   /:.:.|  |::l::|:.:.:.:.:.:.:.:|::::::
 ,゙  /|   |   .:::|. \|:.:.:.:|   |::l::|/:.:.:.:.:.:j/::   
 ! ,' !  ::|    ::::|!. ,ィ|≧ゝl、_.;|::ィ|/_:._/ィllヘ         
 l ,' │ ::|:..  ::::|く/ {ひlll|::|ヾ|:.N:.::´〃ひlllリ::   
 ヾ  '、  |\  ::::|:.\\こソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、、\こソ        
     '、 :|  \ :::\:.:._,、__彡 _' -─ 、`゙ー=        
      ヾ、/.::>:、:;ヽ、__  /ーァ''"´ ̄ ヽ         
      / .::::::::::::::::ヘ ̄   {|::/       }    
     /...::::::::::::::::::::::::::\  V      j}



はい、嘘です。(あっさり)
藍堂と零のシーンだけ語って、魔王の過去はガン無視するという構成も考えたのですが、
コメントにて、何やら魔王の話を期待されている様なお声も頂きましたので、
おまけで魔王の過去について語ります。あくまでおまけですよ!
スルーすると、魔王と魔王ファンの方に、いつ後ろから殴られてもおかしくないですし。
書いたら書いたで、いつだってツッコミと罵詈雑言しかないんですけどね。

しかし本当の所、おまけと称するには衝撃過ぎる過去が明かされました。
まさか、あの魔王が優姫以外の人(ヴァンパイアの始祖だけど)に心を開いていたとは!!
始祖時代の話とはいえ、信じられません。「いい子だ」なんて言われちゃって、
躾された子犬のように従順な様子だった過去があったなんて…。オーマイガッ!
そして一度愛を失った獣が、現世に蘇り、次に愛した優姫を失いたくない一心で狂ったのか。
それとも、今注いでる優姫への愛は、所詮はあの女性への代用に過ぎないのか。
どちらにしても、魔王の愛と哀の根底には、始祖ヴァンパイアの影がチラつきます。


しかもどうやら、その女性こそがハンターの始祖でもあるみたいじゃないですか!
何という輪廻でしょう。今の零にとっての生き甲斐「純血種を狩る」という使命も、
今の魔王にとっての生き甲斐「優姫の全てを手に入れる」という欲望も、
全ては始祖である1人の女性(ヴァンパイア)から生まれたものだった
のです!

優姫という少女と向き合い、その温もりが欲っしたがために、憎悪しかなかったお互いの間に、
こんな因果律があったとは。ストーリーに深みが増して、今後の展開も更に楽しみになってきました。
もしかしたら、最終決戦の日もそう遠い未来ではないのかも…。
果たして、二人と優姫の戦いは、これからどう繋がっていくのか!?
まずは次号辺り、そろそろ女帝&シルクさんコンビが何かやらかすのではないかと期待します。



【おまけの一枚:次号の付録らしいヴァン騎士メモパッド】


画像



何やら来月号の付録として、ヴァン騎士のメモパッドが付いてくるみたいです。
それはそうとして、「ここぞ!」という場面って、一体どんな場面ですか?
職場でお偉いさんに「メモしとくように」とか言われた時、元気な声で「はい!」と答え、
颯爽とこのメモパッドを胸ポケットから取りだす時とか
のことですか?
確かに、目がテンになるであろうお偉いさんの顔を想像するとゾクゾクしますよねー。
まぁ、それによって広まるであろう、噂話のことを想像すると、悪い意味でもっとゾクゾクしますが。



最後に宣伝を。
8月1日より、真夏のブログ&ツイッターアンケートを実施しております。
詳しくは8月1日の記事に書いてあるので、そちらを参照して頂きたいですが、
当ブログ(ツイッター)の記事枠を決める重要なアンケートなので、
ヴァン騎士ファンの皆様も、お気軽にご協力宜しくお願いします。

次回は9月4日に第六十四夜の感想を投稿する予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新ドラマ 女帝 薫子 5話 動画
【LPGA】 シン・ジエ、2週目の女子ゴルフ世界1位 &lrm;2010&#24180;8&#26376;3&#26085;&lrm; 「ゴルフ女帝」ロレーナ・オチョア(メキシコ)が引退し、5月3日... ...続きを見る
女帝 薫子
2010/08/07 12:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いきなり関係ない話から。
例のマルサン豆乳桃だけですが、飲みました!おいしかった。
あんまりザ・豆乳じゃないので、苦手な方でも飲めそうですね!

藍堂先輩と零の会話は微笑ましかった。
実は今月は久々に立ち読みができたので。
ずっと付録のせいで開けなかったんですよ〜。
来月は半年ぶりくらいに買うかもです。

魔王は無視してもいいんじゃ…なんて(笑)

それより表紙にもしバアさんがきたら超驚きですね!
きたら騎士さんそれだけで、かなりツッコミいれますね。

アンケート早速答えました〜。
実況って疲れるけど楽しいですよね!
アニメでもドラマでも。ついやってしまいます。
ダン・トーマス
2010/08/07 15:59
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
豆乳飲まれましたかー。気に入って頂けたなら良かったです。

来月は半年ぶりの購入ですか!
メモパッドの効果ですか?それとも他に理由が?
魔王は無視できるなら、とっくにしてますが、
やっぱり無視はできませんね。

もしバアさんが表紙だったら、知った瞬間に、
即ツイッターでつぶやくと思います(笑)
そして、永久保存版にします!
でも次号だけLaLaの売り上げが極端に減るんじゃないかと。
…って、あるわけないので余計な心配ですか。

アンケートの回答ありがとうございました。
実況はたまにやりたいですね。
今日これから放送されるコナンも実況はしないけど、
とりあえず見ます。なにせ、園子が主役みたいですからね!
(事情を知ってる人には皮肉としか聞こえない発言)
月の騎士
2010/08/07 17:23
こんばんは(^^)

ホカ弁はステーキ重な男の中の男、さくらです(笑)でも、ステーキ重ってホカ弁の弁当メニューではカロリー低い方なんですよと乙女心も少しはあることをアピールしつつ。

今月のアイドル先輩(懐かしい響き)のあの発言は意外でしたね。あれって「好きなら枢様から奪っちゃえよ」と意味を取れますよね。枢様からお仕置きされればいいのに\(^^)/

今まで枢は優姫のためだけにという如何にも少女漫画的な理由で数々のオイタをして来たのかと思ってましたが、第六十三夜を見てそれだけではないのかなと思って、少し安心しました(笑)

メモパッド…使い道ありませんね(きっぱり)私はヴァンパイア騎士の付録はドラマCD(何度聴いても面白い)しか残してないので、捨てちゃうかもf^_^;

アンケート答えさせて頂きました◎結構私の知ってる漫画もあったので、色々楽しみにしておきます(プレッシャーをかけてるわけでは…)
さくら
2010/08/07 21:50
さくらさんコメントありがとうございます。
ステーキ重は意外とカロリー低いのですかー。
乙女心を持った男の中の男…私もそれを目指して
頑張ります。(何を?)

アイドル元先輩の発言は、私もそういう意味に取りました。
これが冗談とか失言の感じで言ったなら、魔王にボコボコに
されて、いつものギャグで終わりみたいな感じですが、
真顔で言って、零も目が覚めたような顔になってたので、
面白いことになってきたなと。魔王は魔王で色々あるっぽいですね。
でも、どんな哀しい動機を持っていたとしても、
これまでの魔王行為、変態行為に関して、
ツッコミを入れてきたことに一切の後悔はありません(笑)
今現在、愛に狂ってやがることは間違いないですし。

メモパッドはどうしましょうかねぇ。
外に持っていくのは冗談にしても、家でメモを取ることも、
そんなにないですから、使い道は難しいですね。
実際のデザインを見て考えたいです。

アンケートのご協力ありがとうございました!
結果がどうなるか分かりませんが、
プレッシャーに耐えて頑張ります(笑)
月の騎士
2010/08/08 10:22
こんにちは。
わたしも藍堂先輩の発言には少し驚きました。
藍堂先輩は少し前までただの枢様信者だったはずなのに、
こんなふうに思ってたんですね。
枢様の意思に背くようなことを真剣に言うなんて。

枢が優姫以外に愛したことのある女性がいたことも驚きでした。

メモパッド・・・わたしは学校でも家でも普通に使っちゃいそうですね。
メイド様のストラップも、何も考えずに普通に携帯につけちゃいましたし。
あ、でも、中のメモ用紙のデザインが良かったら、もったいなくて使えないかもしれません。
yuzu
2010/08/10 10:48
月の騎士さん今晩は。
今回のアイドル先輩の発言には驚きましたが、
以前から零を気にかけている描写はあったんですよね。

例えば11巻で頼ちゃん宛ての手紙を
「75点以上とったら、コッソリ届けてやろうか」
と言っていますが、
優姫から手紙がきたら、頼ちゃんは零にも見せる事を予想した上で、手紙の届け役を申し出ているようにも思えるんです。

12巻でも、
「錐生、その先の部屋だぞ」
「俺は用は無い。若葉を送って来ただけだ」
「…そう言うと思った」
と無駄だと思いつつ部屋を教えているし、あ、上記の会話は頼ちゃんを優姫の所に連れていくシーンです。

アイドル先輩は枢様第一主義ですが、それ以外の事も気にかけたりできる人なので、シリアスシーンでも頼もしいキャラに成長しています。
初期の頃は「枢様以外どうでもいい」みたいな印象でしたが(笑)

魔王の始祖時代も興味深いですが、今はオカルトアイランドに集中します!まだ仮設を立てるのを諦めてはいないです!一応は(弱気)
ai
2010/08/11 01:32
yuzuさんコメントありがとうございます。
藍堂の魔王を想う気持ちは、たぶん変わらないと思いますが、
零の様子を見かねて、魔王への愛が伝わらず「優姫の執事」としてしか
補佐できない、自分の姿を重ねたのではないでしょうか。
「お前にはまだチャンスがあるだろ!?」という意味で。
まあ、魔王が知ったらオシオキ所じゃ済まないでしょうが(笑)

始祖ヴァンパイア(♀)に、魔王がどういう感情だったかは、
次回以降はっきりするのでしょうかね。

メモパッド、学校でも使われますか!
って、女子が使ってる分には別に違和感ないですよね。
私が職場で使ったら、激震が走るでしょうけど(笑)
まだデザインがどういうのか分かりませんが、
どうせなら「ヴァン騎士らしい」暴走デザインを期待してます!
月の騎士
2010/08/13 13:59
aiさんコメントありがとうございます。
藍堂さんの言葉をそこまで深読みされていたとは!
しかし、そう考えると何気に無い言葉に、
藍堂さんなりの気遣いが見られますね。
まあ、実は本来頭は良い人なわけですし、
魔王のことを異常に好きなことと、
ややナルシスト気味であることと、
発言がたまに熱すぎて寒いことを除けば(いちいち言うな)、
藍堂さんもネタにされるほどバカなキャラじゃないですよね。

シルクさんなき(誤)魔王一派を実は陰ながら支えてる
存在ですし、第一部後半の騒動によって人間側の気持ちも
理解し始めたかもしれません。

魔王を裏切るとは思いませんが、もしかしたら、
「友人」として魔王の頬を打つ可能性があるのは、
るかしゃんよりも藍堂さんかもしれません。
…やっぱり想像できないけど、見たい!(笑)
月の騎士
2010/08/13 14:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 LaLa編【第六十三夜:ハンターと始祖】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる