月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒執事 第6巻感想

<<   作成日時 : 2010/06/12 12:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

月刊黒執事、今月は第6巻の感想です。



画像



前回、前々回と本編の内容もあって、ネタに偏った感想記事になってましたが、
今回の第6巻はシリアステイストです。さすがにセバスチャン山岡の出番もありません。
(まかないで美味いものを作るシーンは美味しんぼ的でしたが…って結びつけ過ぎですね)

流れをざっくり書くと、子供達が次々と消えていく事件に、謎のサーカス団が関与しているのでは?
という疑念を抱いたシエルは、セバスチャンを従えて噂のサーカスショーに出向く。
そこでサーカス団に接触したセバスチャンは、団員としてサーカス内部の調査に乗り出す。
巻き添えを喰らい戸惑うシエル。ノリノリのセバスチャン。どうにかこうにか入団試験もクリアして、
いざ潜入調査開始!が、しかし、そこには因縁深き「あの死神」の姿が……。

という感じでしょうか。
さて、今回は第5巻の感想とは、趣向を真逆に変えまして、
以下より、硬文体の考察感想を書いてみます。



黒執事という作品は、善悪の境やキャラ同士の関係が曖昧であることは、
以前第3巻の感想記事にて書いた。第6巻でも、相変わらずシエルとセバスチャンは、
お互いに信頼し合っているような、貶め合っているような、微妙な関係性に視える。

が、第6巻では、珍しくはっきりと相性が悪く、お互いに疎みあってる関係がある。
それは「悪魔」と「死神」の関係である。当初、この二者の仲が悪いのは、
些か不思議な感もあった。人間の視点では、どちらも不吉な存在として認知されているし、
そのイメージカラーも、この作品に相応しくどちらも「黒」を思い浮かべる。

しかし読んで字のごとく、「悪魔」は魔物の部類であり、「死神」は神の一種なのである。
そう区別すれば、「悪魔」と「死神」は対極ではないにせよ、同属でもないのである。
この作品の死神にとって悪魔は仕事を奪っていくハイエナであって、
悪魔にとって死神は獲物を減らすいけ好かない奴といったところだろうか。
作品内でお互いの仲が悪く描かれているのも、そう考えれば頷ける。

また、「悪魔」が「執事」に扮し、「死神」が「公務員」に扮していることにも注目したい。
これもまた人間の視点から見れば、どちらも俗世界を超越した存在であるのに、
一方は主人に忠誠を誓い、一方は御役人らしく任務を全うしていて、
ともすれば本物の人間よりも、ずっと見事な人間を演じているのである。
このようにお互いの立場と権威を主張しつつ、コミカルなシーンも演出している点は、
非常にウェッジが効いていて、興味深く面白い設定だと感じた。


さて、物語の本流は、サーカス団の謎をシエルとセバスチャンが探る展開なのだが、
第6巻の時点では、謎と結末の着地点はまだ視えていないため、
作者側はどうとでも料理できる状態だし、読者側はどうとでも想像できる状態である。
では、今後のストーリー(第7巻)の方向性について考えてみたい。

「子供達が消えた」という起点は、ミステリー&サスペンスとしては王道的な導入口であり、
サーカス団員達の過去や、裏に見え隠れするボスの存在など、謎要素も散りばめられているので、
「黒執事」がミステリーあるいはサスペンス作品ならば、結末にも奇怪さを期待できる。
だが、一事件としてのブラック濃度で言えば、斬り裂きジャック事件の方が高いだろうし、
そもそも「黒執事」の本質は、ミステリーでもサスペンスでもないだろう。

所詮人間の仕業である以上は、「悪魔」や「死神」が関わることにおぞましさでは敵わないわけで、
サーカス団員達の人の良さからは、美談的な結末を迎えても不自然ではない。
(あるいは、サーカス団員達が実は人間ではないという展開もありえるかもしれないが)
少年漫画的な要素を含むならば、悪魔と死神が嫌々ながらもタッグを組んで、
謎や敵に立ち向かい、情が芽生えるという展開も考えるが、この作品でそれは無いと思う。

いずれせよ、ハッピーエンド、バッドエンド、どちらかに偏ったものではなく、
作品の気質らしい、中間的な灰色の結末を迎えるのではないか
と思う。
個人的には、悪魔と死神の大バトルか、あるいは予想に反して、お互いが協力体勢を築き、
更なる巨悪に立ち向いつつ、最後に裏切る様な展開を期待したい。



以上、真面目な考察チックに書いてみましたが、如何でしょうか?
次回第7巻の感想は7月10日の投稿予定です。
そしてアニメ第二期も7月から放送だとか?それに関しては、見るかどうか思案中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
第二期の主人公は水樹さん、執事は櫻井さん(中の人)がやるそうですよM公式サイト行ってよく見てみたらキャラも声優も結構変わっててびっくりでしたね。そういう状況なのでアニメみようか迷います…とは言ってもストーリー気になるので結局みると思いますが(笑)
ながるいし。
2010/06/13 00:59
ながるいし。さんコメントありがとうございます。
第一期を見てないのですが、どうやら続編ではなくて、
全く別のお話になるみたいですね。当然キャラも声優さんも
変わるみたいで。豪華なことに変わりはないようですが(笑)
私も迷う所ですが、とりあえず試しに第1話を見て、
継続して見るか決めようかなと思ってます。
漫画の方は、引き続き読んで来月も感想書くつもりです。
月の騎士
2010/06/13 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒執事 第6巻感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる