月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 LaLa編【第五十九夜:墓標】

<<   作成日時 : 2010/04/03 09:05   >>

面白い ブログ気持玉 82 / トラックバック 0 / コメント 2

最新LaLa5月号より、ヴァン騎士第五十九夜の感想です。


画像


感想の前に正式にご報告を。「例のアレ」が届きました!
まあ、別に暈す必要もないので書きますが、例のアレとは全サのヴァン騎士ドラマCDのことです。
これについては、次週4月10日に感想を投稿する予定です。
本来であれば、次週は黒執事第4巻の感想を投稿するはずでしたが、急遽予定を変えて。
黒執事の感想を待っていて下さった方はごめんなさい。そちらは4月17日に投稿します。

それでは以下、本編の第五十九夜:墓標の感想に入ります。



前話は、魔王の衝撃展開で幕を閉じましたが、今話はその件は特に触れられず、
うんざりしきって酷い顔をしていた零に、ツンデレ兄さんこと海斗が休暇指令を出す場面から始まります。
さすがツンデレ師匠の弟子、厳しい事(ツン)を言いつつ、優しさ(デレ)も忘れません。
「花買うのを忘れるな」という世話焼き母さんみたいなアドバイスまで送ってますし。

そんなツンデレ兄さんの優しさに促され、零は一縷の墓へやってきました。
思い返せば、第一部では一縷の死は断定されてなかったと思いますが、
こうして墓が出てきてしまっては、もはや確定と言わざるを得ませんね…。
ピッコロと合体したネイルや神様と同様扱いするわけにもいきませんし。合掌。


一縷の墓に口づけをかわし、ヴァンパイアと人間の違いや、自分自身の葛藤を語りかける零。
それは夢か幻か。零の内部に存在する一縷が、零に優しく語りかけます。
真面目に物語を辿れば、ヴァンパイア騎士って本当に切ない物語なわけで、
魔王だツンデレだ変態だシルクパンツだと言ってるのが、恥ずかしい気もしてきますが、
それはそれ、これはこれということで、相互的に楽しむのが当ブログの姿勢ということで。

まあ、こういうシーン(というか最近の零)には下手にツッコミを入れるよりも、
零と一縷の幼少の頃からの関係と、第一部最後の場面を思い出しつつ、
涙しながら読み耽るのが正しい姿勢ですね。あの日の記憶蘇るでしょ〜う♪


一方その頃、純血種を巡る旅道中の優姫と藍執事(黒執事的な)…いやアイドルさんは、
かつて優姫がお世話になっていた、百山さんという方のお墓参りに向かっていました。
ってか、ここ最近のヴァン騎士は、新キャラのバーゲンセールという程、
続々と新キャラの名前や姿が登場してるので、以前にも登場してるとか、
実は伏線として第一部から名前が出てたとか、補足情報ありましたらお願いします。

そして、墓参りにやってきた優姫達の前に現れた新キャラが、今回のベストショットです。


【今回のベストショット:純血種7家の一つ橙茉家の当主ご登場】


画像



魔王のことを「あんなガキ」と呼びつけ、優姫に怪我を負わせるという、
早くも死亡フラグが大全開な初登場
になっていますが、大丈夫でしょうか。
それと、優姫のことを守れなかったアイドルさんも、この後のオシオキが心配です。
今度はひよこ豆では済まされないかもしれません。小豆が来るとか…。(豆攻め!?)

と、そんなヤバイ状況に出くわしたのは、魔王…ではなく零でした。
気持ちをリフレッシュするためにやってきた墓参りで、
またしてもうんざりするような状況に遭遇するという、不運と不幸の連鎖。これが零の運命?
某稲妻のお姉さん宜しく、「運命すら断ち切る!」と頑張ってくれ!

二人の純血種(とアイドル)を前に、零は一体どういった行動を取るのか。
答えは次回明かされると思いますが、きっと苦い顔しながらも優姫を助けることでしょう。
なんだかんだ言っても、彼の心は騎士ですから。ガン無視して帰ったらコーヒー吹きますが。



さてさて、なんと今話は、本当に最後まで魔王の姿が一切ありませんでした。
前話も終盤まで出番が無かったのに、なんだかんだオイシイ所を奪っていきましたが、
今話は顔さえ出てきませんでした。これは相当に珍しいと思います。
少なくとも第二部では初ではないでしょうか。

ということで、このまま魔王抜きで爽やかに終わるのも良いのですが、
やはり魔王がいないと、どうもツッコミが物足りない気がしないでもないので、
本編とは関係ありませんが、おまけ画像を載せて、ツッコミを入れてやろうと思います。


〜枢様の『魔』グカップ〜


画像


こんなもんで、美味い茶が飲めるかッ!!
飲めるのは、角砂糖5個ぶちこんだゲロ甘い紅茶ぐらいだよ!



ハァー、魔王にツッコミを入れてスッキリしました。
ちなみに零とのペアマグカップセットなのですが、どうせなら零のマグカップは、
魔王とペア扱いされた設定を使って、めちゃくちゃ苦い顔をしてた方が良い気がしました。
それならしぶ〜い抹茶を飲むのに適してますしね。



次回の第六十夜の感想は、5月1日の投稿予定です。
さあ、次週はヴァン騎士ドラマCD感想です。一体何が飛び出すのか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 82
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も立ち読みしました。二人の再会だぁ何か良い展開があるといいなぁ。と思っています。
それにしても、あのちびっこスゲー!ガキ呼ばわりするなんて。確かに死亡フラグたちまくりですね。

いやあ、びっくりしましたよ。マグカップ。
申し込まれたのかと。私としてはにゃんこマグはかわいいなぁと思っていましたが、お値段もけっこうするので、見送り(?)ました。あのカップは、シンプルに学園のマーク、零の刺青、玖蘭家の紋章のどれかにすべきだったのでは…と思いました。個人的には。

では、次回のCDの感想とても楽しみにしております。
とくに5本目へのツッコミ。個人的にはあまり興味のない話ですが。騎士さんのツッコミは見てみたいので。
ダン・トーマス
2010/04/04 16:27
ダン・トーマスさん毎度コメントありがとうございます。
優姫と零の再会は、良い方向に転がるか、悪い方向に
転ぶか、ちょっとまだ予想がつかないですね。
鍵を握るのは、一縷の言葉でしょうか?
あのちびっこは、ああ見えて歳は結構いってるのかも
しれませんね。まさか魔王もびびってたじろく存在…
とは思えませんが、今後の行動(暴言)に注目です。

マグカップはさすがに申し込めませんでした(笑)
確かにシンプルにヴァン騎士にゆかりあるマークだったら、
スタイリッシュな感じで、買いやすく使いやすい気がしますが、
あんなデカデカと淫ら(?)な魔王の姿が載ってたら、
魔除けぐらいにしか使えません!にゃんこマグは、
デザイン的にも使い勝手良さそうですね。

次回ドラマCDの感想は、もうしばしお待ち下さい。
出来る限りのツッコミを考えています。
5本目のツッコミももちろんやります!
月の騎士
2010/04/05 17:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 LaLa編【第五十九夜:墓標】  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる