月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒執事 第3巻感想

<<   作成日時 : 2010/03/13 09:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

月刊『黒執事』、今月は第3巻の感想です。


画像



今月もやって参りました。月刊『黒執事』第2回です。
前回の第2巻感想を振り返ってみると、シエルの女装姿が気合い入り過ぎな件と、
セバスチャン=スーパー山岡さん説を書いたことを思い出しますが、
まだ黒執事という作品の本質を捉えかねていたのが、正直な所でした。

で、この第3巻を読んで、黒執事の世界観や構成がようやく掴めてきました。
というか、その掴み切れないこと自体が、黒執事という作品の特徴ではないかと。
具体的に書くと、キャラ同士の関係、善悪、緊張と緩和の境が非常に曖昧であると思うのです。


まず、二大主役であるシエルとセバスチャンの関係がそれを表しています。
信頼を含んでいるのか、契約で成り立っているのか、非常に曖昧です。
ある時は熱い信頼で結ばれてる様に見え、またある時はダークな利害関係に見えるのです。
今後の展開で、その真意は明らかになっていくのか、このまま暈され続けるのか、
あるいは、複雑な感情が絡みあってる今の様子こそが、嘘偽りない姿なのか。
曖昧故に考察させられますね。今の所、私にはどちらとも判断できないという感じです。

善悪という点で言えば、物語の流れとしては、シエルとセバスチャンが連続殺人犯を
成敗する形になるですけど、後日談を読んで考えると、二人が絶対の正義というわけではなく、
むしろ見方によっては、二人の方がマダム・レッド達以上に極悪であるとも思えます。
マダム・レッドは所詮、己の嫉妬と無念によって、死神に取り憑かれ暴走したわけですが、
シエルとセバスチャンは、もっと深い所まで考えた上で、事件を片づけてますからね。
シエルの方は、傷ついた心をごまかすための後付けに過ぎないのかもしれませんけど。

緊張と緩和に関しては、マダム・レッドが死神に謀反される場面が顕著です。
この場面、当然ながら笑いは一切求めてないシーンだと思われますが、
マダム・レッドを斬りつけた死神の顔の表現は、緊張感のカケラもない崩れた顔なのです。
そういうキャラ設定というのもあるでしょうが、これでは残忍というより滑稽にすら見えます。
それ以外の場面でも、シリアスシーンの直後、いきなり脱力ギャグ的な場面が見られたりと、
作品全体として、緊張と緩和の振り幅が非常に大きいと感じました。



その他の感想としては、マダム・レッドの回想シーンは物語に惹き込まれました。
第2巻では、マダム・レッド=真犯人というサプライズだけが先行しましたが、
第3巻を読んで、その真相と心理を知ってから、改めて第2巻を読んだ方が楽しめると思います。

それと死神サドクリフに続き、公務員然とした新キャラのウィルが出てきました。
会話の流れから、どうやら人間や悪魔のことをよく思ってないみたいですし、
戦闘力的にも死神サドクリフ以上と思われますが、前述の『曖昧』という点に関しては、
今後死神や公務員が味方になるのか再び敵として現れるのかも定かではないですね。


えー、なんだか今回は普通に真面目な感想になってしまいましたが、
せっかくなので、第3巻のコミカルなシーンを写真付きでお届けします。


画像


なんというセバスチャンの饒舌っぷり!

セバスチャンの言葉が、途中で見切れてしまってるように見えるかと思いますが、
これは写真のせいではありません。実際の印刷が見切れてるのです。たぶんわざと。
あ、もしわざとじゃなくて、本当に落丁してるんだったら、ご指摘お願いします(笑)
このバ…な使用人達のせいで、計画していたプランが台無しになったのに、
咄嗟の機転だけで、これだけベラベラとこじつけ講釈できる能力、羨ましいですね。

まるで、このままでは至高の料理に勝てないと悟り、突如違う究極の料理を披露することにした
山岡士郎みたい
じゃないですか!ということで、今回も最終的な結論としては、
セバスチャンはやっぱりキレイな山岡さんだったということで。(無理やり過ぎますか?)



次回は4月10日に第4巻感想を投稿する予定です。
黒執事のアニメ第二期は今年の7月放送らしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は本当に、真面目!?ですね。
でも、よく考察されてますね。確かにあの二人の関係って微妙なんですよね〜。なんか、妙に近すぎたり、妙に遠かったり…。
まあ、なんだかんだ言って「あくまで執事ですから」で締めるような。

アニメはもしかしたらシエルとセバスチャンは出てこないかもしれないです。新坊ちゃんと新執事のキャスト発表があったみたいで、私はてっきり二組出てくるのかと思ったのですが、なんか違うみたいです。
残念な反面それはそれで、楽しみです!両方好きな声優さんなので。
ダン・トーマス
2010/03/13 11:24
ダン・トーマスさん毎度コメントありがとうございますす。
今回は真面目テイストでお届けしました。
ってか、この作品は某ヴァンパイアと違って、
ツッコミをガンガン入れるよりも、考察の方が書きやすかったりで、
果たして皆さんの要望を満たせているかは微妙かもしれません。
もう少し和むストーリーが多ければ、ツッコミも増えると
思いますが…。第4巻もバトルっぽいですかね。

え!?アニメは新坊ちゃんと新執事ですか!
つまり完全オリジナル作品ってことですかね。
うーむ、放送開始時には順調にいけば
6〜7巻辺りまでは読んでいると思われますが、
話についていけるかどうか…。第1期のアニメも
見ておくに越したことはないんでしょうけども。
まあ、まだ時間はあるので今後考えていきますー。
情報ありがとうございました!
月の騎士
2010/03/13 18:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒執事 第3巻感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる