月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒執事 第2巻感想

<<   作成日時 : 2010/02/13 11:07   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

オススメ少女漫画枠の新章、月刊『黒執事』開幕です!


画像



ということで、初春アンケートの結果、見事に1位を獲得した『黒執事』の感想を始めます。
どこまで感想が続くかは、読んで書いてみた自分の意欲と皆さんの反応次第ですが、
とりあえずは月1回、1巻ごとのペースで感想を書いていきたいと思います。
帯には「アニメ第二期制作決定」とありますが、そっちの方も状況次第で考えていきます。


第1巻の感想は既に書き終えてますので、今回は第2巻からになります。
第1巻の内容を思い出すに、美味そうなスイーツ(食べ物)写真が幾つも載っていたのと、
黒執事ことセバスチャンの超人っぷり、カッコいい執事っぷりと、
「あくまで執事」の決め台詞が、まさかの意味でバシッ!と決まったことは記憶に残ってます。

今回の第2巻ですが、第1巻では『黒執事』というタイトルの割には、
全体的には正統派な物語の感じで、セバスチャンも見た目(衣装)は黒いけども、
人が良さそうなスーパー執事さんな感じだった(前述の「あくまで執事」の真相まで)のですが、
今巻では最初からセバスチャンの黒さが滲み出ていて面白かったです。


ただし、セバスチャンの立ち位置は、どちらかと言えばツッコミ側なので、
某吸血騎士の大魔王と違って、読者が黒さに対してツッコミを入れるというより、
その黒さ自体が、作品に与える毒としてスパイスになっている感じがします。
(「このガ・・・坊ちゃん」とか、「貴方も炭になれば良いと思います」など)

あえて、こちら側から作品に対してツッコミを入れるとするならば、
ファントム坊ちゃんの女装姿の異常な描写力ですかね。
下手したら、婚約者キャラとして出てきたエリザベス以上に気合いが入ってるというか…。
例えばこの絵とか!


画像


女装をしてる男の子という領域を超えている気がします。
これほど気合が入ってるのが疑問だったのですが、wikiで作者さんのプロフィールを調べますと、
なるほど、そういうバックボーン(詳細は各自調査願います)をお持ちということなら、納得です。
作者さんの性別は明らかになってないみたいなのですが、私の予想では女性ではないかと。
(こんな風に予想しても、「ふしぎ遊戯」の作者さんの性別とか外してますけどね…)



後半は、ミステリー&サスペンスな展開から、強敵そうな人間ならざる者が。
バトルには突入しませんでしたが、空気的に只事では終わらなそうです。
次回予告を見るに、どうやら黒執事や坊ちゃんにピンチが訪れそうな感じですが、
この戦いで、この作品の黒執事(セバスチャン)の真価が測れそうな気がします。
無敵の絶対的な悪魔か、マイロード(主人)と共に成長していく同目線の執事なのか。

まだこの漫画の方向性やテイストを理解しきってる段階では無いので、
この悪魔vs死神の戦いは、大変興味深くなりそうです。
死神執事がどのレベルのキャラに位置するのか次第な所もありますが、
第2巻でここまで引っ張ったのだから、引き分け決着で今後もライバルキャラに?
で、また新たな強敵が現れた時は、渋々協力…って、それはドラゴンボール方式ですけど(笑)

第3巻では、そんな悪魔執事vs死神執事の超常バトルが中心になりそうですが、
同時に、美味しそうな料理や紅茶の表現描写にも期待したいです。
第1巻の感想でも書きましたが、この漫画の料理への拘りには美味しんぼを彷彿とさせます。
美味しそうなデザートや紅茶を専門用語で語りながら、手際良く作る場面なんて、
セバスャンがキレイな山岡士郎に見えてしまうのです。(服装が黒い所は似てますよね?)



次回の第3巻感想は、3月13日の投稿を予定しています。
今後どう転がっていくかは謎ですが、今後とも宜しくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マダムレッドの話ですかね。違うかも。借りて読んだのでうろ覚えですが。
黒いのって執事だけじゃないですよね…。なんか皆黒い。
舞台も表のイギリスじゃなくて裏世界だし…。

アニメでは死神のグレル・サトクリフ(だったと思う)が人気(たぶん担当声優さんのおかげかと)だったようで、出番がとても増えていました。といっても私は途中からしか見ていないのでなんとも言えませんが。

第二期は最初から見たいなぁと思ってます。でも多分ほとんどオリジナルの内容になるんだろうなぁ。
第二期といえば、『大きく振りかぶって』も楽しみです。前作が後半の終わりのほうしか見てないんですが、すごい笑えて楽しかったので。
ダン・トーマス
2010/02/15 16:50
ダン・トーマスさん毎度コメントありがとうございます。
すいません明記してませんでしたが、
そう、際2巻はマダムレッドのお話です。

確かに坊ちゃんの使用人達以外は、
全体的に暗くて黒いキャラが多いかもしれませんね。
1巻の最初の方は、普通の良い話展開だったのに、
2巻からはかなりアンダーグラウンドな世界になってますね。
今後は用注目ですが、やはり暗くなっていくんでしょうか。

え!サドクリフは人気だったんですか!
それはちょっと意外です。ネタキャラとしてかな…と思いきや、
担当声優さん効果ですか(笑)
今の時代、その人選も重要だなあと思い知りますね。

ああ、おおふりの第二期は4月から始まるんですよね。
私もアニメで見たら普通に面白くて、
単行本も買ってしまいました。でも後半の終わりって、
笑える展開でしたっけ?割と感動展開だった
覚えがあるのですけど…。「クソレ」さんの活躍とかでしょうか(笑)
月の騎士
2010/02/16 09:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒執事 第2巻感想  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる