月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第22回:第一部(第四十八夜まで)総括】

<<   作成日時 : 2009/12/05 08:44   >>

面白い ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 8

次週のヴァンパイア騎士11巻感想を前に、第一部をまとめます。


まずは最近恒例になっているアレの写真を。
おーい、山田委員長くーん、例の奴を持ってきて下さい。
山田委員長「はぁーい、かしこまりましたー」


画像


はい、LaLa1月号です。
これで3冊分も未読LaLaが溜まったわけですが、11巻読破後に順次読んでいきたいです。
感想を投稿するのは2010年からになると思われますので、お待ち下さいませ。



さてさて、遂に昨日、ヴァンパイア騎士11巻が発売されました。
…されたはずです。(この記事を書いてる時点ではまだされてないので)
さすがに昨日の今日では、感想を書いて記事の投稿はできないので、今回は第一部のまとめです。
次週の感想までの箸休め程度に、お楽しみ頂ければと思います。

まとめ方としては、主要キャラの変化、第一部の考察、残された伏線(?)、
そして第二部の勝手な展望までを、雑多に書かせて頂きます。



T.第一部の主要キャラまとめ


・どんどんエスカレーションしていったキャラ(魔王、零)

この二人は第一部の最後まで目的が変わることもなく、交わることもなかったと思います。
しかし、お互いにあらゆる面でエスカレーションし、初期に比べてキャラが濃くなってます。

零は、優姫への想いや、自分の存在意義については悩んで思考錯誤していましたが、
結局最後は「純血種を許さない」という固い意志で終わってますよね。
それにツンデレも、普通なら終盤はツンが減ってデレが増える展開になるはずが、
中盤ややデレが増えたものの、むしろ最後はデレが排除されたぐらいのツンでした。

魔王に至っては、今更説明する必要もないぐらい変わってないですよね。
本当に最初から最後まで一貫して、「全ては優姫のために」ということだけです。
これほど意思がブレないキャラは珍しいですよ。おまけに魔王性、変態性は、
話が進むごとに増幅しているので、手がつけられない存在になってしまいました。
そんな中で、第一部の終盤で優姫には手懐けられかけてる場面が見られたので、
魔王が更に巨大な大魔王になるか、優姫の使い魔に成り下がっていくか、第二部で注目です。
まあ、たぶんどっちでもどうなっても、変態であることは変わり様がないと思いますが。



・ストーリーと共に大きく変わったキャラ(優姫、アイドル、シルクさん)

この3人は、初期の頃とは様々な意味で大きく変わったと思います。
優姫は記憶が目覚めたことで、魔王への感情が、単なる憧れの先輩から、
兄だけど兄として以上に深遠なるオニイサマの関係になってしまいました。
上記でも書いたように、終盤は魔王を手玉に取る場面すら見せる程にも成長してます。

アイドルは、汚れオチネタキャラということは最初から変わりが無いのですが、
初期は優姫のことを心底嫌っていて、魔王への態度も尊敬を通り越して、
うほっな感情が入ってるのでは?と疑いましたが、徐々に客観的に物事を見られるようになり、
アニメやラジオCDでは、ネタキャラとしてボケもツッコミもできるオールマイティーキャラに。

シルクさんは、初期は魔王の友人でありながら、ちょっと影が薄めのキャラでしたが、
周りの皆の事を心配する優しさ、和む言動から、シルクの下着を身に纏う純白さから、
癒シルクさんとして、ヴァン騎士の世界に安らぎを与えてくれました。



・あまり変化の無かったキャラ(ワイルド、赤ローテ君、ツインローテちゃん)

この3人は最後までほとんど変わらなかったですね。
赤ローテ君は、ゲスさんに一時体を乗っ取られたことで、意識に変化が芽生えたみたいですが、
その変化が見られるのは第二部からだと思われるので、第一部時点では変化無しとします。

ワイルドとツインローテちゃんは、ずっとパートナー(ワイルドはアイドルとるかしゃん、
ツインローテちゃんは赤ローテ君)のことは見守りサポートしてましたが、
魔王には直接関わらなかったおかげで、毒素に触れることもなく変わらなかったのかと。




U.第一部の物語と謎を考察


まだ第一部最終話となる第四十九夜は読んでないので、最後にひっくり返る可能性…
も、たぶん無いと思うので、はっきり書いてしまいますが、ヴァンパイア騎士第一部は、
『魔王が邪魔者を排除して、優姫と結ばれるまでの物語』になってしまったと思います。
邪魔者の中で、しずかとゲスさんは魔王の策略によって完全に排除できましたが、
唯一零だけは、最後まで完全な排除はできませんでした。魔王の目論見では、
たぶん零も最後に片づけるつもりだったのでしょうが、優姫の計らいによって決別で終わりました。

って、優姫と魔王の視点からだと、まるで零が悪に寝返って決別したみたいな感じですが、
零の視点から見れば、魔王が優姫をさらった、もしくは優姫がカナメ症候群の末期患者となり、
助かる見込みがないため、自分が介錯することを決意したという感じでしょう。
その辺、どちら(誰)の視点で見るかは読者に委ねられてると思いますが、
当ブログの偏った中立な視点からも、第一部は魔王大勝利ッ!!で終わったとしか思えません。
ドラゴンボールで例えるなら、魔王がフリーザだとして、零がバーダックみたいな感じですかね…。


ナイトクラスのヴァンパイア達も、言うまでもなく魔王に振り回されてた思います。
やはり学園という閉鎖された空間の中では、一人の絶対キングに逆らうことは無理です。
第二部で、魔王から解き放たれた学園とナイトクラスがどうなっていくのか注目ですね。
それからデイクラスも、ヴァンパイアの存在を知ってしまった以上、
これまでのようにキャーキャー言ってるだけの関係にはならないでしょう。
…いや案外、何事もなかったかのように、聖ショコラトル・デーを楽しんでたりして…。

第一部で残された謎として気になったのは、多少明かされたけど消化不良な理事長の過去、
存在自体が謎のままだった星煉姉さん、よりちゃんの許嫁らしい羨ましい奴の存在、
そして、ラーメン屋のオヤジさんが何故あんなに良い人だったのか、原作登場はあるのか。
これらが第二部で語られるかどうか注目です。(後ろ二つは語られないだろうなぁ)




V.第二部の(好き勝手な)展望


・優姫と魔王

もう勝手にイチャついてろ!!と見放してしまいたい気持ちもありますが、
どうしたって、第二部でもこの二人が中心に居座ることは間違いないので、
せめてツッコミ倒して、そのゲロ甘い雰囲気をクラッシュしていきたいと思います。
注目は、キャラ考察の所でも書きましたが、二人の力関係の変化ですね。
魔王と囚われの美少女なのか、真大魔女と使い魔なのか
魔王と優姫の明日はどっちだ!(まあ、どうせイチャつくry)



・零

もうとにかくなんでもいいからがんばれ!ガンバレ!GUNBARE!
負けるな!気持ちの問題だ!イキロ!師匠だって頑張ってるんだからッ!


画像

(久々登場のワンツンデレ師匠)

果たして、第二部で師匠の活躍……いや、出番自体あるのでしょうか?



・女帝とシルクさん

コメントにて、かなり気になる噂を頂いてます通り、第二部のカギとなりそうな二人です。
正直言って、女帝なんて、第一部では月子(アイドルの姉)と同程度の存在だったのに、
まさかシルクさんをダシに、ここまでの重要なキャラに成り上がるとは、
これまでの敵キャラであった、しずかやゲスさんよりもやり手の強敵だと思われます。
それにしても、よく考えれば魔王と敵対するのだから、ある意味正義の味方的な
存在になってもおかしくないのに、第一部最後の登場シーンを見るだけで、
正義の味方の雰囲気0なのが、素晴らしいですよね。



・自称常識人トリオ(アイドル、ワイルド、るかしゃん)

どうなるんですかねぇ。第二部になっても相変わらず魔王を追いかけて、
見つけて接しても冷たくあしらわれ、また逃げられ、口喧嘩するアイドルとるかしゃん、
ため息つきながらそれを見守るワイルドという絵を想像してしまいますが、
どうせなら第一部とは違った、第二部らしい新展開にも期待ですね。

例えば、アイドルとワイルドが漫才コンビ「アイルドワイドル」を結成し、
ヴァンパイアであることを隠しながら、芸の世界で生きていく青春物語とか、
るかしゃんが委員長に猛アタックされ、「なによ、あんなやつ!」と言いつつも、
ダメな直向きさに少しずつ惹かれていく、ドタバタラブコメディとか…。
はい、同人誌でやれ!って感じですよね。ということで、どなたかお願いします。(本気かよ)



・よりちゃん、赤ローテ君、ツインローテちゃん

魔王討伐隊として、零と手を組んでの活躍に期待です。
よりちゃんは、優姫を取り戻すため。赤ローテ君は、魔王の親戚としての責任感で。
ツインローテちゃんは……なんか魔王のことキライだし、ムカつくからという曖昧な理由で。



では次週、ヴァンパイア騎士11巻の感想(前編)を投稿します。
これでもか!これでもか!?と、リミッター無しでツッコミ倒してやろうと思いますよぉぉぉ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってました!早速笑わせていただきました。私は先ほどコミックスを購入してきて、まだ全部読んでいないのですが、おまけイラストに零の笑顔の保父さん姿があって、それだけで大満足です!
11巻収録分を含め、最新号も支葵(赤ローテ君)の登場がしばしばあることも満足できる点ですね。一応いとこなのでですかね。

優姫と枢のことはもうバンバンきっていってください!まぁ世間の言うラブラブとはかけ離れている気はしますが…

更(女帝)は確かに閑さんより手ごわいですね。何を考えているやら…
一条さん(シルクさん)は本当に良い人で癒されますよ。心の広い人だ。

それよりも、冒頭は山田つながりですね…赤い着物の座布運びの(笑)
ダン・トーマス
2009/12/05 14:45
はじめてコメントを書きます!灑羅です。(偽名)
去年からヴァンパイア騎士にハマって公式ホームページを検索したとき、
このサイトを見つけて一番最初のヴァンパイア騎士の記事から、
いろいろあって・・・
4か月かけて読みました。いやー最高です!!
私はブログ?のページを見るのが初めてだったんでこのサイトを見つけられてよかったと思っています。
私はコメントは長くまとめてなので読んでくださりありがとうございました。またコメントしまーす!(たぶん…)
ヲタク小学生☆灑羅
2009/12/05 23:13
またコメントしました。
すごいツッコミがさく裂でしたね!
キャラのニックネームは最高すぎです!!!!
この前、面白すぎて「くすっ」て笑ったら家族が近くにいて、
冷たい目でにらまれました。
私はもう、マンガの趣味がオタクすぎて家族に変な目で見られてます。
(ハマッてるのがヴァンパイア騎士と涼宮ハルヒの憂鬱だから)
月の騎士さんもこうならないように気を付けてください。
あっ、でもこのマンガの話で盛り上がれる友達がいるんで私は大丈夫です。
次回も面白い記事待ってまーす!!
ヲタク小学生☆灑羅
2009/12/05 23:27
+私は青年向けコーナーで本をガン見していても全然平気でーす!
月の騎士さんもこのぐらいの勢いでガンバっ!!
ヲタク小学生☆灑羅
2009/12/05 23:33
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
私も11巻を早速購入してきましたが、残念ながら仕事が
重なっているため、読むのは明後日ぐらいになりそうです。
一気に読んで、ガッーっと感想を書いてしまいそうですが(笑)
零の保父さん姿ですかー。料理も上手いし、子供には優しそうだから
似合いそうですよね。これが魔王が保父さんだったら……
(説明するまでもなく恐ろしや)

赤ローテ君は思っていたよりも出番があるみたいで、
良かったですね!一条(シルク)さんと女帝は、第二部の
鍵を握る人物っぽいので、今後の感想(ツッコミ)では、
出番もかなり増えそうです。山田委員長は第二部での出番が、
たぶん無い様な気がしたので、せめて座布団運びで登場させました(笑)
ではでは、次回の11巻の感想も読みにきてやって下さい。
月の騎士
2009/12/06 09:21
ヲタク小学生☆灑羅さん、初めまして。
コメントありがとうございます。
お名前にある通り、小学生さんでいらっしゃるようで、
女子高生、女子中学生さんどころか、遂に当ブログに、
リアル小学生さんがコメントして下さったことに驚くと共に、
小学生さんにも、記事を面白いと思ってもらえた
ということは大変嬉しいです。

ヴァンパイア騎士の検索で最初に引っかかったのが
このサイトというのも、これまで記事を書いてきた
積み重ねが良かったのだと思うことにします。
ニックネームやツッコミも気にいってもらえたようで嬉しいです。
でも、家族の方に冷たい目で見られるんですか!?
まだ小学生さんで、家族仲がおかしくなってしまうのは、
あまり良いことではないと思うので、
是非、ヴァンパイア騎士や他の漫画の面白さを
ご家族にも教えてあげて下さい!

同じ話題で盛り上がれるお友達が身近に居るのは
良いですねー。しかし、最近の小学生さんは、
ハルヒとかヴァン騎士なんて、常識の範囲内なんですか?
約10年前、ギリギリ小学生だった者からすると、
時代も変わったなぁと。普通のおじさんみたいな
感想ですみません(笑)

ちなみに、私は青年コーナーでも少女漫画コーナーでも
ガン見はできないので、その点は見習って頑張ります(笑)

宿題(って今の小学生さんにもありますよね?)とかを、
やった後にでも、また時間があれば遊びに来て下さいー。
月の騎士
2009/12/06 09:38
月の騎士さん鋭いツッコミありがとございます!
魔王は確かに最初から変わっていませんねぇ。
ただ変態であることを隠さなくなっただけで(笑)

比べアイドルは驚くほど変わりましたね。良いネタキャラになりました。あ、シリアスにも成長しましたっけ。
更は二部でラスボスの風格を漂わせていますね。彼女の活躍に期待です!

山田委員長の再登場は望みが薄そうですね。ん?委員長は本名が山田じゃなかった様な…まーいいか山田で(オイ)
ai
2009/12/08 07:39
aiさんコメントありがとうございます。
魔王は最初、優姫にもギリギリ澄ました態度
(と言えなくもない)感じでしたが、最後はもう
恥も外聞も欲望も全てを曝け出した完全無欠の変態になりましたね。
最初からああだったら、あだ名も「魔王」じゃなくて、
「変態」になっていたかもしれませんけど(笑)

アイドルは最初からネタキャラとして扱ってましたけど、
更に安定したネタキャラになりましたね。
誰と絡んでも才能を発揮しそうです。更こと女帝は、
どこまで存在感を出してくるのか見物ですね。

山田委員長は……こうなったら第三部の
ラスボスとして期待しましょう!(無い無い)
月の騎士
2009/12/08 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第22回:第一部(第四十八夜まで)総括】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる