月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS うみねこのなく頃に EpisodeW-[:sacrifice

<<   作成日時 : 2009/12/28 10:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

アニメうみねこのなく頃に第26(最終)話の感想です。


今話でうみねこのなく頃には大団円の最終回!……でなかったことは、
原作プレイ済みの皆さん、アニメ最終回をご覧になった皆さんには説明不要でしょう。
そうです。ここまではあくまで出題編であって、全ては「散」に引き継がれます。

EP4の最後にして「全てのゲーム開始時、金蔵は既に死亡している」という、
めちゃくちゃ重大な要素が赤で宣言されました。この点(金蔵の死)に注目して、
EP1から復習していくだけでも、物語の印象は大分変わってきますよね。
そして、戦人を無限の拷問に引きずり込んだ魔女は、「殺してみせよ」と言い、
自分を殺すために最大の謎を提示して去りました。

さて、この感想も最終回なので、最後はアニメうみねこを詳しく振り返ろうか、
それとも、うみねこ全体の世界観について語ろうかと考えたのですが、
アニメ本編の全体的な感想は前回書きましたし、世界観も過去の記事で書いてるので、
これまでやってきた考察のフィナーレとして、「謎考察5連発」で幕を閉じることにします。



【最後の謎考察@:EP1の犯人】

当ブログのうみねこ感想記事で、おそらく最も白熱した推理が、このEP1でした。
このEP1では、ファンタジーに抵抗するのではなく、密室殺人や不可能殺人を
いかにして解くかに主題が当てられています。何しろ本編にはベアトも登場せず、
戦人との推理勝負もありませんからね。
では、コメントで頂いた推理を織り交ぜて一つの仮説を立ててみます。
(SpecialThanks aiさん)


犯人は紗音、絵羽、夏妃の3人説を提示します。
第一の事件は、紗音が郷田を(嘉音を庇うためのような理由で偶発的に)、
絵羽がローザとルドルフ夫妻を(金蔵の遺産を狙って計画的に)、
夏妃がクラウスを(感情の高ぶりによって突発的に)それぞれ殺害し、
絵羽は夏妃とクラウスの殺害も企ていたものの、3人共に殺人を目撃され、
3人で共謀して、第一の晩を創り上げる事に。その上で、6人目の生贄として、
紗音は死んだことにして、紗音に残りの殺人を行わせる計画を立てました。

しかし、絵羽が何らかの理由(犯行を見られた?)で、秀吉を殺害、
その際絵羽の部屋に潜んでいた紗音が、密室状態の中で絵羽を殺害。
事態を察した嘉音が今度は紗音を逃がすも、何らかの理由で逆に紗音に殺され、
その後の殺人は、隠れていた紗音か、夏妃によって実行されたとします。
描かれた魔法陣は、儀式による黄金郷の到達を望む紗音が描いたものとします。


めちゃくちゃ無理矢理にこじつけた部分も多々ありますが、
EP1の第一の晩に偽装死体が含まれていた線で組み立てました。
それにaiさんが提示してくれた紗音犯人説に加えて、密室構築と不可解な点は、
犯人がそれぞれ別個で動いていたために、矛盾が生まれたとします。



【最後の謎考察A:EP2の犯人】

EP2の犯人はEP1に比べて、具体例を挙げるのが大変なのですが、
犯人はローザ、嘉音、南條の3人説を提示してみます。

第一の晩の礼拝堂殺人はローザの犯行で、第二の晩のジェシカ殺害は嘉音が犯人、
南條は嘉音の検視をわざと誤り、嘉音は熊沢は殺したが南條は殺してなかったと。
その後、ローザに不可能な殺人に関しては、嘉音か南條が行っていた。
…というのはどうでしょう?問題は動機ですが、嘉音と南條がローザに従う理由が
必要なのですが、金か弱みかあるいは?マスターキーの存在を考慮すると、
どうしてもローザ主導という考えに行き着いてしまうのですが…。

ちなみにこのEPでは、金蔵は途中で生贄に選ばれず、
最初から最後まで書斎に閉じこもったまま黄金郷に招かれました。
…というのを、最終話で判明した事実に照らし合わせると、
「金蔵は死亡しているが、死体が見つからなかった」ということになります。
これをEP5で明かされる事実に適応すると、ある人物の無関与は証明できそうなのですが、
その辺のことは、もし覚えていれば今後触れていきたいと思います。



【最後の謎考察B:EP3の犯人】

EP3は、絵羽単独犯(あるいは秀吉が共謀説)か絵羽冤罪説のどちらかでしょうか。
絵羽犯人説として組み立てれば、それほど難しい問題もなくて、
最後の南條殺しについても、秀吉がまだ生きていて行ったのだとすれば、
一通り筋は通るんですよね。ただ、ここでチェス盤を引っくり返すと、
あらゆる点で絵羽が怪しいからこそ、そのまま信じることが引っかかることも以前書きました。

絵羽犯人説を除いて考えると、第一の晩に関しては、犠牲者6人の使用人の内、
誰かが事件に加担していて、南條の検視をごまかせれば可能でしょう。
(親達は朝まで一箇所に集まって会議をしてたそうなので、逆に絵羽にアリバイ有りか)
第二の晩も、一見不可能そうに見えて、時系列をずらして考えれば、
絵羽以外の人物にも、チャンスはあったのではないかと思います。
問題は容疑者が絞られていく第三の晩以降で、絵羽を擁護しつつ、
代わりの犯人を挙げてファンタジーも否定しなければならないので大変です。

そこで、このEPに関しては、最後に一つとんでもない説を提示しますと、
絵羽が碑文の謎を解いて以降の展開は、全て絵羽自身による妄想か、
あるいは絵羽以外の全員(ローザとマリア殺害までは絵羽の犯行)が、
黄金の場所を探るために絵羽に仕掛けた芝居
というのはどうでしょう。
何らかの方法で犠牲者になったローザが、犯人は絵羽で黄金を見つけてることを、
ダイイングメッセージで知らせていたとか。その後、何らかの事故によって、
絵羽以外の全員が死亡した…と。さっきから「何らか」が多過ぎですけど(笑)



【最後の謎考察C:EP4の犯人】

EP4は特殊な流れで、原作だと本編終了後のお茶会で、ようやく事件現場の詳細が明かされ、
そこから一気に戦人による推理が展開されるという形になっています。
が、アニメだと、それも無くて、生贄になった人物も殺されただけで、詳細も不明ですね。
なので、アニメだけ見てる方には、謎を考える材料が少なすぎると思います。

説を提示するとすれば、犯人は戦人、源次の二人説を提示します。
第一の晩は金蔵に扮した源次が行い、第一の晩の死体は、
逆に源次に扮していた金蔵だとします。ジェシカとジョージに関しては、
第二の晩は表現された通りの相打ちとします。それも源次の犯行とすることも考えましたが、
その間、源次は九鳥庵に居たはずなので、ちょっと難しいかなと。

その後、マリアと金蔵に扮している源次は戦人が殺した…ということでどうでしょう。
やはり問題は、死亡しているはずの金蔵の姿を親族達が認めてしまってることですね。
このシーンを幻想として片付けるのか、源次や戦人辺りの入れ替わりと考えるか、
何か上手い事説明が付けられるかどうかが、EP4の事件を解く鍵になりそうです。



【最後の謎考察:ベアトリーチェの問い「私は、だぁれ」】

かつて原作EP4プレイ後の謎考察記事でも、取り上げた題材ですが、
今改めて、この問いかけの意味について考えてみます。
当時はベアトリーチェの正体を暴くための謎だと考えてましたが、
もっと広義な意味として考えると、この問いかけをしているのがベアトとは限りません。
ベアトリーチェの正体を暴くだけならば、問い方として「ベアトリーチェが魔女ではない
根拠を青で宣言してみせろ!」とか、そんな煽り方で済む話だと思うのです。
なぜわざわざ「私は、だぁれ?」という問い方になったのか、質問自体に謎があります。

別の人物の問いかもしれませんし、あるいは6年前の罪に関係することかもしれません。
EP5までを含めても、その答えを断定できませんが、一つ提示するならば、
戦人の自問自答(つまり自分は誰だ?と問いかけている)ではないかと。
私はあなたではないと宣言してますが、ここでの私とかあなたというのは、
戦人とかベアトのことだと断定してるわけではないので、わたし=六軒島に居る戦人、
あなた=6年前の戦人かもしれませんし、その逆もありえるかもしれません。
そういうわけで、明日夢の息子ではない、しかし金蔵の孫ではあるらしい、
自分の実態に対する問いかけではないかと考えてみました。



以上で、最後の謎考察は終了です。続いて、2010年の予定をざっくりと。
EP6の記事は、EP5の時と同じく最後までプレイしてから、感想と謎考察の2本立てで、
1月下旬〜2月上旬ぐらいに投稿予定です。年始はバタバタしますので、
落ち着いてプレイできるのは、ちょっと先のことになりそうですので、2月が目安ですかね。
今後も、うみねこ記事は月1ぐらいで投稿したいと思ってますので、
また詳しいスケジュールは、ブログ投稿スケジュールか来年の関連記事をご覧下さい。

これにて、「アニメうみねこのなく頃に」の感想はおしまいとなりますが、
再来年ぐらいに「アニメうみねこのなく頃に散」が放送される時、当ブログが続いていたら、
その時はまた必ず見て、続きの感想を書きたいと思います。
これまで毎週でも1回でも、感想や考察を読んで下さった皆さん、ありがとうございました!
最後はアニメのEDと同じ言葉で〆ます。

See you again. have a nice day!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも、色々とありましたがいざ終わってみると寂しいなぁなんて思っている10.5で御座います。
うみねこが終わりましても別記事でチョクチョクコメントをしたいとは思っておりますので、これからも宜しく御願いいたします。

さて、それでは早速・・・

各EPに関してはバラバラの様で一つに繋がっている、つまりは真相は一つという見解で私は挑んでいますので全EPの黒幕(犯人)は一人、その他は共犯で随時シャッフルという形で挑んでいますが今回は個人的に黒幕に近い人物を上げてみようかと思っています(しかしEP3は途中で絵羽に変わった可能性があり犯人にとってイレギュラーの線で考えていたりします)

後はまだ出てきていませんがヴァンダインの二十則を併用した考えを追加していますので使用人はとりあえず黒幕から外すスタンスで・・・


@まずは個人的大本命の○○○

EP1は最期まで生き残っている。
EP2はEP5の秀吉と似たような殺され方だがEP5の偽装殺人(狂言)を適用すれば偽装の可能性も大
EP3は最期まで生き残っている
EP4は魔女信じない派だったにも関わらず戦人に魔女はいると信じ込ませようとしている点

上記の人は意外に黒幕に近い位置にいそうですしベアト説(ブレザー)も彼女だと言う人が多いのですが、ネックはやはりEP4かと・・・どう見ても誰からに殺されてる風にしか見えないのでやはり外れるか(汗)


10.5(テンクゴ)
2009/12/28 19:10
長くなったので続きです

A殺害を回避できる複線が多い対抗の○○様

EP1は顔を全壊させられてるがEP2でトランクを持ってきておりEP1でもそれを持ってきているならその中身が偽装に使われる人形(マネキン)だったら替え玉人形として回避出来る(それに実際死体に触ったのは南條だけですしトランクを郷田に運ばせなかったのも怪しい)
後、EP1とEP4で真○亞が歌を歌ってましたがこの歌詞の内容は全く同じなので○○が実は生きていてそれを歌いなさいと真里○に教えた人物の可能性大
EP2は最期まで生き残っている
EP3は計画的な殺害ではなく事故的な死亡みたいな形だったのでこれは○○が犯人だったけど途中で黒幕が変更した比喩なのでは??
EP4は第一の晩に死んでいるが原作では幻想シーンで顔を半壊を強調されているシーンが強いので実は第一の晩に死んだのはミスリードなのではないか??そう考えると最期まで生きていた可能性も高い。

個人的には真里○の為にも白であって欲しいのですが真相に深く関わってる可能性大なのは確実みたいですし、簡単にはいかなさそうです。


B大穴だけど○○さん

全EPでいい人を貫き通した人は逆に怪しい
未来編では小此木との親密な関係上だったのが怪しい

だってあの絵○お姉さんをデレさせる実力を持ったお方ですよ。
ただ者でない事だけは確かだと思います(笑)


各EPに共通する事はやはり犯人はどのEPでもイレギュラー以外では最期まで生きていた事が前提(そうでないと犯行出来ないですしね)で考えるのが自然かと思うような気がするので個人的には最期まで生きていたかそうでないかを考えるのが近道なのかなぁなんて思っていたりしております。

それでは〜♪
10.5(テンクゴ)
2009/12/28 19:37
10.5(テンクゴ)さんコメントありがとうございます。
こうして毎週アニメを見て、感想や考察を書くということを
しなくなるのも、少し寂しい感じがします。
10.5(テンクゴ)さんの推理、大変面白く、参考になりました。
うみねこ記事も数は減りますが、今後も書きますし、
他の記事にも、気軽にコメント下されば嬉しい限りです。

全EP通じて同一犯人を挙げる推理ですか!
私はとりあえず各EPの怪しそうな人物を
片っぱしら挙げていきましたが、
黒幕一人に絞るのは更に大変ですよね。
が、結末としてはその方がインパクトもあるし、
その方向性で読ませて頂きました。

まずは大本命とされる○○○ですが、
この人は私は過去の記事で、逆に「全くの白」という
予想を立てていました(笑)
しかし、それは動機の観点からだけなので、
機会としては筆頭の怪しさを持ってますし、
彼女が=ベアトということなら、動機も無駄に
考える必要もなく、繋がりは出てきます。
月の騎士
2009/12/29 17:26
○○様は、私もEP2からは最有力で怪しいと
思ってました。だんだん表向きに怪しい&黒過ぎて、
実は良い人みたいなオチもあるんじゃないかという
逆疑念も起きてきましたが(笑)
どのEPでも死亡描写に考える所がありますし、
全編通して最後まで生きていたとしても、
不思議ではない存在かもしれませんね。

大穴の○○さんは、確かに大穴ですねぇ。
今のところ○○様とは逆に、ほとんど
黒い部分は見えませんが、ひっくり返った時の
インパクトは一番かもしれません。
特にEP3では、事件に関与していてもおかしくない
状況だと思います。ただその他のEPで彼を黒幕とした
論理が成り立つのかどうかは難しい所でしょうね…。


やはり、途中で死亡していたら、黒幕にはなりえない
(そういう立場であっても、実行犯は別にいるでしょうし)
ので、最後まで生き残っていて、事件全体を操ってる
人物が黒幕として相応しいでしょうか。ひぐらしは
明確にそういう人物がいましたが、はたしてうみねこは
今後どういう展開になるのか。非常に楽しみですね。
月の騎士
2009/12/29 17:26
今年最後コメントラストです!
そしてうみねこアニメも(出題編)最後。
誰がどの様に惨劇を起こしたかのヒントは出揃った筈です。

EP1は今まで散々書いたのですが、さらに追加を。
第一の晩で顔を潰したのは紗音の可能性もあります。動機は第二の晩以降に疑いがかからない為の保険。絵羽と秀吉と嘉音の顔が残ったのは時間が無かったからだと思います。
私の説だと最初の殺人(ルドルフ、霧江、ローザ、郷田の毒殺)は夏妃の可能性が高いのですが、自分では夏妃犯人説に納得してません何故か。

EP2の最初の殺害時には犯人が礼拝堂にいたらしいので、毒殺は可能性が低いでしょうか。6人を同時にとなると銃は有り得ますか。
でも上半身に銃のあとは無かったとしたら…下半身を狙ったのかも(下半身は詳しく調べられる状況じゃ無かったと思うので)
問題は何故下半身だけを狙ったのか、あるいは上半身を狙えなかったのか…銃殺と決まった訳じゃないですけど。

EP3の密室もどきは南條が作ったと思います。殺害はさておき。アリバイが一番あやふやなのが彼ですから。親たちは碑文を調べているし、子供たちはゲストハウスでひとまとめだし。
それ以降&EP4はお手上げですが。

何か閃いたり違和感を感じたら、ここに書き込みますね。
では、良いお年を!
ai
2009/12/31 23:58
aiさん2009年最後の考察コメントありがとうございます。
第1話から考察に付き合って下さり、本当にありがとうございました。
お陰様で、ただの垂れ流しだけにならず済みました(笑)

EP1は、仮説はかなり立てられたので、
どれか一つでも、真相に引っかかってたら嬉しいですね。
これだけ色んな考察をしといて、実は話題にも出てこなかった
郷田が犯人とかだったら唖然としますけど。

EP2の最初の殺人は、ローザ目線でかなり特殊な状況に
仕立て上げられましたが、密室の謎さえ解ければ、
殺害方法自体は、眠らせた後なら何とかなる気がします。
銃殺で下半身を狙った理由は何かの見立て?

EP3は、そういえば南條のアリバイがないことを
自分の考察でも示唆してた覚えがありました。
自分で書いてて忘れてしまってました(笑)

さて、今日中にEP6が到着するはずです。
正月特別休暇がないため、クリアまでには
少々時間がかかると思いますが、竜騎士先生曰く、
EP1〜5全部足しても敵わないという、
過去最高傑作を堪能したいと思います。

また今年も考察を書いていきたいと思いますので、
この記事の続きにもでも、新しい記事でも構いませんので、
いつでもお願いします!それでは良いお年を。
月の騎士
2010/01/01 10:49
月の騎士さん新年あけましておめでとうございます。
実はラストの記事はお酒の抜けきっていない頭で書いてしまいました。素面で見たら他にも書きたかった事が抜けててビックリでした(オイ)
新年早々、補足から始めます。

EP2の礼拝堂密室は私の想像は2通りです。
@実は扉は開いていた。
うろ覚えですが「礼拝堂の扉は古いので開けるにも角度とか力加減とかコツがいる」みたいな事を誰かが言っていたと思うのです。
台詞は上の様なのではないですが、場面はEP2でジョージと紗音が夏妃の部屋の鍵を取りに行くあたりかと…勘違いだったらすみません。
ローザが鍵が掛かっていると勘違いしたか、あるいは開いていたのに閉まっている演技をしたかのどちらか。

A扉は本当に閉まっていた場合。
赤字では「鍵はマリア受領後から翌日のローザ開封の瞬間まで、誰の手にも渡っていない」でした。
「翌日」の解釈が夜の十二時を過ぎてから、日付が変わってからだったらどうでしょう?ローザが鍵を出したのは朝ではなく夜の十二時(午前0時)以降でも赤字には反していない気がします。

Aだと第一の晩は全て(殺人、ワタ流し、お菓子の飾りつけなど)ローザが行ったように思えますが、私は彼女の犯行は後半(熊沢、南條、嘉音、郷田、紗音、ジョージ)だけで最初の方は関わって無い気がします。根拠はありませんが。

ジェシカの死はお芝居と解釈。夜の内に誰かが礼拝堂の死体を見つけ(鍵が掛かっていても窓から見えるとか)犯人と思われるローザから身を守るために偽りの儀式殺人を行います。金蔵は死んでるので出番無し、源次は他の人達の安全を優先、戦人は…何で教えて貰えなかったでしょうね(笑)これさえクリアできれば説得力あるのですが。
お芝居の筈がローザに見つかって、怪しまれたので本当に殺されたのでは…おそらくジェシカも。
ai
2010/01/02 14:40
EP2の親たち殺害方法で私が思いつくのは3通りです。
@毒殺。A銃殺。B薬で眠らせてから刃物か銃を使った。

@だと問題は無いですが、ABは腹より上に目立った傷が無い場合は違和感があります。
本編じゃ無かったかもしれませんが、腹は致死性に欠けるというコメント(?)が有りました。
6人もいるのだから即死を狙わないと反撃される危険があります。苦しませたかったとしても身を危険に晒してまでの価値はあるかどうか。
それと親達が立ったまま撃たれたとしたら、普通に考えれば銃を斜め下に構えて発砲した事になります。銃の事は何も分かりませんが、水平より下に構えるのって的を狙い難いイメージがあります。
全員の上半身に大きな傷が無いのなら妙だと思います。死因が毒ならば無意味ですが。

3と4は疑問を出せるほど把握してないので省きます(オイ)
全て(1〜4)のEPで共通しているのは、碑文の存在が惨劇を拡大させている事だと思います。
1では紗音が暴走、2ではジェシカ&ジョージ&使用人達とローザの戦いが、3ではローザとマリアは只の殺人事件だったのに生き残った人達が勝手に碑文殺人に解釈した為に犠牲が増えたのだと思います。全部私の説ですけど。
ai
2010/01/02 17:21
私は黒幕不在説ですが、ひょっとしたら最初の殺人は同じ人が行っているのかもしれません。根拠は…どのEPでも必ず殺人が起きるから?(自分でも何じゃそりゃと思います)
1で毒を仕込んだ人、2で親達を3で使用人達を殺した人(4は…本当は誰が最初に死んだのでしょう?)は同一人物で、最初の殺人以降は別の人達が暴走(?)するので最初の犯人が途中で命を落としているケースもあります。まあ動機の面で考えたら有り得ないですけど。

EP6ではどの様な展開が起きているのでしょうか。
ひょっとしたら六軒島の戦人は今までに無い役、死体デビューを果たしているのではないでしょうか?だとしたらオメデトウ!
…死体役がオメデトウって事はないでしょう。実際はどうなのか知りませんが。
では今年もよろしくお願いします。
ai
2010/01/02 17:21
aiさん長文コメントありがとうございます。
そして改めまして、あけましておめでとうございます。
ああ、お酒の入った状態でのコメントでしたか(笑)
まあ、私も前日の疲れが抜けきらない状態での
コメント返しだったので、今回は前回よりも
頭は冴えてると思います!(若干ですが)

礼拝堂の件は、私も詳細までは分かりませんので、
その2パターンで考えさせて頂きます。
密室と思われていた扉が実は開いていたというのは、
古典的ながら、有効なトリックですよね。
礼拝堂は密室だと判断したのはローザだけでしたっけ?
もしそうなら、勘違い説もローザ犯人説も成り立ちますね。

扉が閉まっていた場合、死亡推定時刻がきちんと判断
されてない状態のため、いつ殺されたかよりも、
まず犯人がいつ礼拝堂の開閉をしたかが問題でしょうね。

個人的には、この6人殺害は、ほとんどローザを犯人一択で
考えてますが、それだと意外性に欠けるので、
別の犯人の可能性も考えた方が良いかもしれませんね。
例えば……郷田とか(分からなくなったら郷田になすりつけ!?)

ジェシカの死はお芝居説として考えて、
戦人になんで教えなかったかですが、
戦人自身に問題(彼自身の記憶か素行に何か秘密が?)が
あったか、あるいは戦人はローザの仲間だと思われた?
そう思われる要素は皆無(むしろは向かってたし)
だったように思えますが…。あるいは戦人に主観ではないため、
戦人も実は芝居をしていたとか。うーん、
どれも今一つ説得力に欠けますね(笑)
月の騎士
2010/01/02 20:08
殺害方法は、腹を狙っていることは、ベアトが残虐性を
高めて、死体偽装できないように顔を残したことは
一応説明されてますが、それにしてもそれだけでは
理由が説明できないですよね。犯人がローザなら、
無意識あったマリアへの罪の意識が暴走して、
お菓子を詰めてしまった(どんな理由だ)とか。
逆にローザ以外が犯人なら、マリアの気持ちを汲んで、
ローザへの当てつけであんな現場を作ったとか。

殺害方法に関しては、やはり意識のある大人6人を相手では、
いくら銃を持っていても、あれだけ整然とした現場は
作り出せないと思うので、やはり犯人は毒殺した、
もしくは眠らせた後に、腹を狙ったと考える方が自然な気がします。

碑文が犠牲者を増やしているというのはありえますね。
だって、ただの怨恨なら、例え遺産関連であっても、
自分より序列が上の人間を殺せばいいわけですし、
13人も殺さなければならないのは、偶然ではなく
確実に何物かが碑文に沿ってる(沿いたい)のでしょうね。
それが個人なのか、複数なのか、あるいはその意思こそが
ベアトリーチェなのか…。そこから先が難しい所ですね。
月の騎士
2010/01/02 20:44
最初の殺人は毎回同じ人が行っているですかー。
そう考えると、全EPで確実に死んでいる人が
居ないと動機的に辻褄が合わないのですが、
残念ながら、全EPで第一の晩に死亡している人物が
存在しないんですよね。あえて言えば、金蔵だけは、
当初「誰が死んでも構わない」と思っていましたが、
死亡していることが分かった今、誰かを殺してまで
儀式を実行させたい人間を突き止めるしかないでしょうか。
最初の犯人が途中で命を落としてるケースは、
ありえそうですね。最初から最後まで全て同一犯説は、
私もちょっと考えにくいかなと。

EP6はまだ触り程度しかプレイできてませんが、
とりあえず現段階でも、「ええ!?マジで?」と
思った展開が有り(これは早とちりだったかも…ですが)、
爆笑してしまったセリフ有りです。
まだここからが物語の始まりだと思いますので、
ネタバレ有りで宜しければ、感想の方を読んで下されば
幸いです。戦人の死体デビューは…ありえないとも
言いきれないかもしれないかもですね。(曖昧)

それでは、こちらこそ今年も宜しくお願いします!
月の騎士
2010/01/02 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
うみねこのなく頃に EpisodeW-[:sacrifice 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる