月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ローゼンメイデン 第1巻感想

<<   作成日時 : 2009/11/14 06:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

ナイスメイデン!(は送りバントが成功した時の言葉です)


画像



この作品は、日の丸の国の元総理も愛読していたことで有名な漫画です。
そんな情報は常々知っていましたが、実際読むのはこれが始めてです。
第8ドールさんからオススメして頂きました。ありがとうございます。

実際読んでみて驚いたのは、舞台が日本で主人公が引きこもりの中学生ということです。
表紙とタイトルから、中世ヨーロッパの貴族的な設定だろうと予想していたのですが、
ローゼンメイデンが出てくるまでは、ダメな姉弟のドタバタライトコメディ漫画みたいでした。
以前読んで感想を書いた『黒執事』の方が、よほどイメージ通りに貴族的でしたね。


引きこもり中学生とローゼンメイデンとの出会い方も、これまた意外でした。
漫画的な偶然と運命が合わさった様な展開自体は、さほど珍しいものではありません。
ポイントは、主人公は家から一歩も出ずにローゼンメイデンに出会ってることです。

古くは、冴えない男が通学路でパンをくわえたあの子とドーン!などという、
現実では99,9%ありえない夢展開になるのが漫画とかゲームの王道な出会い方でしたが、
それすら一応は外(学校)で展開していきます。そこには「引き籠ってないで外に出ないと、
こういうチャンスもないんだぞ!」というメッセージを含む…かどうかは分かりませんが、
漫画やゲームの世界とはいえ、とりあえず外界に繋がってることを認識させてくれます。

しかし、今の時代の典型的な内弁慶の引きこもり少年が主人公だと、
ネット通販を通して、外に出なくても美(人形)少女に出会える展開になるのです。
「お外に出なくても、こういう夢展開もありえるんだぜ!」ということを、
理想と掲げているような、皮肉っているような、興味深い設定に感じました。

1巻の段階では、ローゼンメイデンと出会って以後も、主人公は一歩も外に出ず、
全ては自宅内での出来事ですからね。例えばローゼンメイデンについて調べるシーンでも、
昔だったら図書館に行って調べたりするのでしょうが、ネットで検索しちゃってます。
その方が今の時代としては現実的ですし、主人公は引きこもりである設定を、
忠実に守っているのですが、なぜかちょっとした違和感を感じてしまうのは、
ラブコメでもあだち充作品とか、高橋留美子作品とかを読んできたせいでしょうか。
要するに感性が古くて、この作品こそ現代のラブコメをスタンダードに表してるのかもしれませんが、
前時代のラブコメも今でも面白いですよ。現代のラブコメ漫画しか知らない方も是非。



さて、物語の展開や背景について書いてきましたが、この作品の人気の要因としては、
間違いなくローゼンメイデンの容姿にあると思います。
主人公が内弁慶で引きこもりだから読者の共感を得られた…という要素も、
なきにしもあらずかもしれませんが、たぶん多くの方はそこに興味は無いでしょう。
「ローゼンメイデンがカワイイから」という要素には何も勝てないのです。
例えば、ローゼンメイデンを福本先生が描いていたら絶対に人気出てないでしょうし(笑)

余談ですが、私はローゼンメイデンのようないわゆる「ガチガチなカワイイMOEキャラ」
に対して特別な感情は抱かない性質みたいで、カワイイとは思っても、それだけです。
むしろ、いぬまるだしっ!のたまこ先生みたいなキャラの方が心にヒットします。

なので、ローゼンメイデンの可愛らしさをアピールしていくだけの作品ならば、
個人的にはあまり興味は無いです。が、話を戻して、この物語がどこまで、
主人公の引きこもり設定(家から出ない)を保って展開できるのかには興味があります。
そして、今の小学生が携帯電話を使うのが当たり前のように、現代のスタンダードなラブコメ(?)
漫画として、ローゼンメイデンの受け入れられ方、人気の出方にも興味が沸きました。



次回は『ちはやふる』の感想を書く予定です。
これはたぶん作品の内容通りな感想になるのではないかと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
ローゼンメイデンですか、今回は。
私も中古で揃えました。なのでその表紙とは違うものです。結構おもしろいんですけど、深い、です。私では全てを理解しているとはいえない気がします。しかも一度連載終了して、今またヤングジャンプで月1連載してますよ!ちなみに引きこもりはほぼずーっと続いてます。

他の記事についてですが、まだ全部読んでないんですが、コナンは私今も好きでアニメも見続けています。が、先日小五郎さんの声が変わってしまってまだ慣れていません。コミックスを買い始めたのがアニメを見たことがきっかけだったのですが、そのころは新一よりも年下だったのに、越えたときちょっぴりショックをした覚えがあります。

私もコナンをきっかけに推理モノやミステリーに興味を持ち、いろいろと手をだしました。スパイラルも読みました。難しいとは思いつつも最後まで読みました。主人公は最後までかわいそうだったなぁ。でもなによりいつも楽しみだったのは、城平さんのあとがきとカバー裏のイラスト(4コマ)でした。私は小説では理解できなさそうなので、手は出しませんが、通しで読むとおもしろいなぁと思いますね。アライブも。


なんとも支離滅裂な文章だった気もしますが、今回はここらで失礼します。また、少しずつ他の作品についてもコメントさせていただきますね(^▽^)
来週の魔王第三弾楽しみにしております。
ダン・トーマス
2009/11/14 10:03
続けてすみません!
これを書かなければ、と思っていて忘れていたので。
騎士さんは「ハヤテのごとく」アニメまたは漫画にふれたことありますか?
漫画は私もたまにしかチェックしていないのですが、アニメは第一期はとりあえず全部見たつもりです。ツッコミ所満載ですよ!私は観ながら一人でテレビに向かってつっこんで楽しんでました。

よければ見てみてください!!
ダン・トーマス
2009/11/14 15:35
ダン・トーマスさんコメントありがとうございます。
詳しくは知らなかったんですが、どうやらこの作品、
一旦終わって、今また新しく連載してるみたいですねー。
書店で最初に見かけた本を知らずに買ってしまいましたが、
表紙も以前と変わってたんですね。

コナンについては偶然にもタイムリーなことに、
小五郎の声優さんが変わったことも含めて、
明日映画の感想記事を投稿するつもりでした。
良かったらそれも読んでやって下さい。
ああ、新一より年上になった時のショックな気持ち、
凄くよく分かります!初めてコナンを見たのが小学生だったので、
新一の年齢を超えた時は、時の流れをしみじみ感じました。
小五郎の年齢を超えてもまだコナン続いてたらどうしましょう(笑)

おお、スパイラルもご覧になられたことが!
スパイラルは絵柄とは裏腹に、内容はシリアスでダークな
部分もある作品でしたが、個人的には主人公の運命な運命含めて、
最後の展開まで好きでした。城平さんのあとがきと、
4コマネタも面白かったですね。小説も読みやすく面白い
(でも内容にはやっぱり適度な毒と哀しみがあります)
なので、機会があればお手にとってみて下さい〜。
新作の小説なり、漫画の原作なりでまた城平さんの作品を
読みたいものですが、今どうしておられるのか…。

ミステリーと言えば、今当ブログで毎週アニメの感想を書いてる、
うみねこのなく頃にもおススメです。ただ、謎を考えるのは、
スパイラル以上に大変なので、ストーリーを読むのだけでも
面白いと思うので、もし興味がありましたら、無料でプレイも
できますので是非是非。
月の騎士
2009/11/14 17:07
「ハヤテのごとく」は名前はよく聞いて存じておりますが、
実際に読んだことは無いですねー。ツッコミ所満載なんですか!
ちょっと意外でした。少女漫画という分類ではないですが、
それはローゼンメイデンも同じなので、今後感想を書く
オススメ作品の一つに入れさせて頂きますね!
アニメか漫画で試しに見させて頂きますー。
オススメ情報ありがとうございました。

来週の魔王編のネタは大体完成しましたので、ご期待下さい!
やり過ぎた感がしないでもない、大変なことになってます(笑)
魔王ファンの方も、魔王アンチの方も、
皆さんに楽しんで貰えることを願いたいです。
月の騎士
2009/11/14 17:13
あちこちにコメントしてごめんなさい。
ハヤテのツッコミ所満載なのは、第一期だと他の作品や、技などがピー音だったり、別の絵が上にのっていたり。コナンの銅像もありました。それがどこまでわかるかで、面白さも変わるかもしれません。アニメの裏事情(?)も堂々とキャラが口にしますしね。


映画レビューも少しのぞかせていただきました。
で、TRICKの映画第三弾公開決まったそうですが、知ってましたか?あれは確かにムダがすごいですね(笑)でも、矢部のカツラがいつもモジャモジャになるのが気になります。またなるんでしょうか…。

もひとつ、エヴァについて。実は現在のは全く観ていないのですが、昔のは総集編ぽいのとアニメを当時みました。しかし、その映画を見た日夢にでてきて眠れなくなり、それ以降歌も聞かないようにしてきました。
そんな時に復活(?)ですよ!あの、共食いが今も忘れられない。こわいよ〜
カラオケに行っても友人にあの歌はダメと頼み込むほどです。そのくせネットで見た情報はしっかり知っていたりして矛盾してます。避けるためにはそれなりに情報も知っていないとですからね!そこで知ったアスカの苗字が何故変わったのかがとても気になりますね。
あ、決してアンチというわけではなく、個人的にコワイというだけですよ(>_<)
ダン・トーマス
2009/11/15 15:38
ダン・トーマスさんこちらにもコメントありがとうございます。
へー、ハヤテってそういう内容なんですね。
他の作品のパロディとか、裏事情まで喋るんですか(笑)
勝手に萌えっとした作品(なんだそれ)だと思ってました。
興味が沸いてきたので、今度見てみたいです。

映画レビューは書いていたのは、かなり昔のことで、
自分でも、どういう記事を書いたかあまり覚えてないのですが(おぃ)、
気になった映画が一つでもあれば幸いです。
え!!トリックの映画第三弾決まったんですか!?
ってか、第2作で最終…いや何でもないです。歓迎です(笑)
慌ててたった今検索してきましたが、来年春公開ですか〜。
これは映画館にでも見に行こうかな…。
矢部の新髪型を見るだけでも価値がある気が。
10周年記念ということで、他にも色々やってくれそうなので
期待大ですね。ここ数年間で唯一まともに
毎週見てたテレビドラマなので。

エヴァはトラウマになられてしまいましたか…。
私も高校生ぐらいの時に初めて見ましたが、
共食いとか、映画版のアスカのあれとか、
やたらグロいのはちょっと辟易しましたね。
でも、あの名曲までトラウマになっておられるとは、
相当な重症ですね…。新劇場版の第1作は、
そんなにグロいシーンも、トラウマになりそうなシーンも
ありませんでしたけど、そこまででしたらご覧にならない
方が良いかもしれません。

アスカの苗字が変わった理由は全く分かりませんね(笑)
劇場版第2作もDVDレンタルが始まったら
見て感想を書こうとは思ってるので、トラウマを思い出さないよう
でしたら、感想読んでもらえると嬉しいです。
月の騎士
2009/11/15 16:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローゼンメイデン 第1巻感想 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる