月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕等がいた DVD第1巻感想

<<   作成日時 : 2009/10/31 09:15   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

少女漫画って恐ろしい、恋愛って恐ろしい、リア充って恐ろしい。


画像



今回の感想対象は『僕等がいた』という作品です。
コリエさんよりオススメを頂きました。ありがとうございます。

いつものごとく、作品名から何からこの作品については全く知らなかったのですが、
アニメ化されていたみたいなので、DVDで借りて見ることにしました。
実は最初間違えて、『ぼくらの』というアニメを借りそうになったのですが、
パッケージの説明文を見て「これは違う…よね?」とすぐ気付きました。(最初から気付け)
まあ、今にして思えば見ると鬱になるという点では同じだったかもしれませんが。


ということで、早速率直な感想を言ってしまいましたが、コリエさんより後の展開が鬱になる
と言うコメントを頂いてたわけですが、後の展開とか、作品のストーリー以前に、
見てるこっちが鬱になってしまいました。
姫ちゃんのリボンも、ママレード・ボーイも全然大丈夫でしたが、この物語の恋愛は、
22歳の暇でモテない男にはかなりキツイものがあって、心をズキズキ抉られましたね。
姫ちゃんのリボンは爽やかさに満ちてますし、ママレード・ボーイも恋愛自体は、
ドロドロしてはいますが、あくまで(少女)漫画の世界として読めますし、
ヴァンパイア騎士なんて、現実という言葉の方が陳腐に思える作品です。

しかし、この作品の青春チックなやり取りや恋愛模様は、現実でもありうる範囲内というか、
実際にファミレスでこんな青春会話をしているガールズ達を見たことがあるのです。
その横で夜勤明けて一眠りした後、一人で眠そうに食事してたのが視聴者(私)ですよ。
そりゃあ格差に満ちてるわけです。平日夕飯時前の都会のファミレスの空気は恐ろしいですね。
なんかもう、その場に居た堪れなくなってデザート頼むのやめましたからね!
昼時に一人スーツ姿で、シャレた物を食べるのは全然大丈夫なんですがねぇ。


作品の本質的には、あだち充作品などとも、そんなに変わらないと思うんですけど。
それを現代風のリアルな現実タッチで描かれると、耐えられなくなってしまうというか(笑)
あるいは、視点が女の子目線で、イケメンに恋をするという展開だから乗れないのでしょうか?
イケメンの性質にしても、この物語のイケメンは「イケメンだけど本当はシャイなあんちくしょう」
ではなくて、ガチンコのイケメン青春満喫者ですからね。そりゃヒエラルキーが…。(以下同上略)

DVD第1巻には3話が収録されていましたが、三段キックのようにグロッキーになりました。
第1話で、クラスの3分の2の女子が好きになるモテ男の格の違いを見せつけられ、
第2話で、早くも告白してしまうヒロインと、若者たちの会話に置いてきぼりにされ、
第3話で、DQN、DV、拍が付く、某騎士お兄さんには『理解できなーい♪』(←これは『ぼくらの』です)



おまけに、その3話までを見終わって、このアニメは今後続きを見る機会もなさそうだと感じ、
コリエさんがコメントで暗示していた、まさかの鬱展開が何なのか気になり、
ちょっとウィキって(※ウィキる=ウィキペディアで調べるの略。全く流行ってない)みたら、
更に今後の展開の恐ろしさを予感される内容が載っていました。中でも衝撃は、

……ヤ、ヤマモトさん!!??

第1話を見て、「ヤマモトさん、マジかっけぇーす!」と唯一共感できたキャラだったのに…、
ウソでしょ!?嘘だと言ってよ、ヤマモトサーーーン!!
以上、僕とヤマモトさん等がいたの感想でした。


ローゼン閣下(ご存知ない方は各自調査願います)の政権は終わってしまいましたが、
次回は『ローゼンメイデン』をピックアップする予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
「僕等がいた」が騎士さんのハートを打ちのめしてしまいましたか・・・!
某ヴァンパイアのように「ねーよw」と楽しんでもらえれば、と思っていましたが。。。
アニメ3話まででは出てきたか分からないけど、確かコミック1巻目から、主人公が二度目の告白で「指を折ってください」ってのたまいます。
でも、作者の何か良く分からないパワーのおかげで、泣ける名場面のようになってます。
少女漫画って凄いですよね。
今後、見そうにないってことなので、例の欝展開を私からネタバレしてしまいたいです。
騎士さんの許可がいただければ、また書き込みにきますね!
コリエ
2009/10/31 10:18
コリエさんコメントありがとうございます。
ああ、「ねーよw」と笑う飛ばして楽しんでしまって
良かったんですかー。あまりに格差があったので、
「実はこれって現実では普通にあるんじゃ?」という
疑心暗鬼に満ちてしまいましたw

指を折ってください!?
そんなオモシロ(泣ける?)場面は、アニメ第3話まででは
無かった…はずです。あったら絶対ツッコミ入れてます!
主人公って女の子の方ですよね?
彼女があのイケメン男くんに言ったんですか?
だとしたら……状況が全く理解できないですが、
とりあえず本当に少女漫画は恐ろしいw

正直、この作品を通して見ると精神崩壊する恐れ(大げさ)
があるので、残念ながらまた見る可能性は低いですけど、
wikiで今後の展開は調べてしまったし、
鬱展開の詳細については興味あって知りたいので、
お時間のある時に是非教えて下さい!
果たして笑い飛ばせるのか、また鬱になってしまうのか…。
月の騎士
2009/10/31 17:29
こんにちはー。
騎士さんから許可出たので、ネタバレしに来ました。
でも、私、面白おかしく書く才能がないので、拍子抜けだったらスミマセン。

アニメ版でも描かれている北海道編(勝手に名付けました)は、くっついたり離れたり、まぁよくある青春モノでしたが、イケメン矢野の両親が離婚して上京する母親と一緒に引っ越してしまうところで、一度終わります。

東京編でも、最初はイケメン矢野の本領発揮です。
すんなりとクラスに馴染んで親友も出来、才色兼備なお嬢さんに思いを寄せられたりもします。
そのうえ、地元の彼女への思いを裏切らず、計画性がない母親のせいで火の車の家計を助けるべくバイトにせいを出したり、イヤミなくらいイケメンです。

だけど、母親が癌を患う時点から欝展開になっていきます。
イケメン矢野は、実は母親の私生児なんですが、その正妻であり元親友の女性が、「もう怒ってないし金銭的にも助けてあげるから、養子にちょうだい」って言いに来ます。
(矢野の実父は既に亡くなっていて子供はいない)
そのあたりから、母親が精神的に崩壊していきます。
もちろん、母親を支えるイケメン矢野ですが、彼だって子供、どうしても彼女に会いたくなって、小遣いを掻き集めて、北海道行きを計画。

それを知った母親が、

なんと

自殺。

その後、矢野も消息を絶ちます。


今は、ちょっとづつ真相解明編で、解き明かされて行ってるんですが・・・
コリエ
2009/11/01 16:48
コリエさん詳細コメントありがとうございます。
あらすじ読ませて頂きましたが……コリエさんのせいではなくて、
どうやら本格的な鬱展開で、誰が書いてもとても笑い飛ばせる話じゃ
無さそうですね…。ツッコミ入れられるのはイケメン矢野の
モテ過ぎる様子ぐらいです。母親が癌になってしまって、
最後は自殺してしまうなんて、もう全く別物の作品として
読まざるをえなくなりそうですし。しかしアニメ3話見た時点で
矢野も謎はありそうでしたが、そんな複雑な家庭関係と
運命が待っているとは…。主人公の女の子とかヤマモトさん
に構ってる状況じゃないですよね。

真相解明ってことは、今明らかになっていること以外にも
まだ明らかになってない伏線があるのですね。
これで、実は母親は自殺ではなくて…なんて展開になったら、
ミステリーとかサスペンスみたいな流れにもなってきそうですが…。

そういえば、主人公の女の子は、イケメン矢野の友達
と後にくっ付いたみたいな情報をwikiで見たのですが、
それは「妙にリアリティあるなぁ」と思いました。
現実にもそういうことって結構普通にありえそうですよね。
…特に根拠はないんですけどw

いやー、なんだか想像してたよりも
色んな意味でインパクトの大きい作品でしたが、
また真相解明編でとんでもない展開になりましたら、
情報頂けると嬉しいです。二重の鬱に耐えて頑張って見ます!w
月の騎士
2009/11/01 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
僕等がいた DVD第1巻感想 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる