月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS うみねこのなく頃に EpisodeU-X:accept

<<   作成日時 : 2009/09/07 06:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

アニメうみねこのなく頃に第10話の感想です。


EP5の感想は昨日投稿しましたが、アニメ感想の方もいつも通り書いていきます。
今話は前回の予告通り、黒ローザ&白郷田の回になっていて安心しました(笑)
ローザは、アニメだとEP1ではほとんど目立たなかった存在でしたし、
マリアにも叱ってばかりの印象が強いので、それほどのギャップはないかもしれませんが、
原作だと、普段は癒し系の大人しい淑女的なイメージがあったので、
今話辺りからの変貌ぶりには、初回プレイ時に驚嘆しました。
しかし、それさえもまだ……おっと、ここから先は今後の展開でご覧下さい。

一方、郷田はアニメだと原作より、更に浮いてるキャラになってますね。
原作のEP1では、嘉音や紗音に小言を言う嫌みキャラなイメージでしたが、
アニメではキャラ設定からして、ネタキャラのような扱いになってる気がします。
と言っても、アニメのEP1ではローザ以上に目立ってなかったので、
今話で改めて気の抜けた声(失礼ながら良い意味で)を聞いて、そう思ったのですけど。
なんかもう郷田だけは、最後まで謎もないまま、ただの料理好きネタキャラでも良い気がしました。

物語的には、遂に戦人が推理を諦め、一時的ながらベアトを認めて(盤上で、ですが)しまいました。
EP5までプレイしたが故に思う所もありますが、EP2のこの時点でそれも仕方ない状況だし、
冷徹になれない(ファンタジーは認めないけど、疑いたくない人は疑わない)、
うみねこプレイヤーの心の声でもありますよね。先に進むには、愛を持って視るか、
情を捨てて考えるか、それとも…。以前も書きましたが、視点を選べるのもうみねこの面白さです。



【今回の謎考察:熊沢と南條の死体の行方とマスターキーの意味】

完全に原作の展開を忘れてましたが、熊沢と南條の死体も嘉音同様に消えていたんですね。
あの状況で、魔法以外で死体を消す方法は、源氏、紗音、郷田ら使用人が結託していて、
二人の死体をどこかに隠したか、もしくは二人とも死んでなかったことも考えられます。
そうなると、嘉音が襲ってきた事件も、使用人全員が口裏を合わせていたことになります。
(前回記事のコメントで、aiさんも使用人全員による幻想説を予告して下さりました)

源氏、紗音、郷田が結託していたならば、そのことをわざわざローザ達に教えて、
死体が消えている所を見せ、自分たちが疑われるように仕向ける理由が分かりません。
嘉音の事件から使用人全員が共犯であるならば、当然郷田も加担していることになりますが、
現在まで、いかなる点から見ても、郷田は何も知らない被害者にしか見えないんですよねぇ。
郷田さえもっと怪しかったなら、この説はかなり有力になりそうなのですが(笑)

もしくは、消えた嘉音(生存)が、単独で二人をどこかに隠したのでしょうか。
嘉音が「死体」を隠した場合は、短時間で二人の死体をどこかに隠すのは難しそうですが、
嘉音一人が南條と熊沢と繋がっていて、生きている二人を誘導させたのだとしたら…。
死体消失のトリックは、「実は生存していて自力で消えた」とするのが一番楽なので、
こういう説も唱えてみました。ベアトの赤でも、この時点で死亡していることまでは、
宣言されてなかったはずなので、この段階で生きていた可能性は考えられると思います。


一方、EP2で文字通りの意味で「鍵」となっているマスターキーですが、
今話で、現存している使用人のマスターキーは全てローザの手に渡りました。
ベアトも、これ以上の複製マスターキーは無いと赤で宣言しているので、
「実は○○もマスターキーを持ってました」ということは無いと思いますが、
これだけマスターキーでの施錠が取り沙汰され、それが鉄壁の赤で守られていると、
竜騎士先生は最終的にどういう解決をしてくれるのか楽しみです。
いや、謎を解く方は、ぶっちゃけお手上げに近い状態なんですけど(笑)

ベアト赤の小さい隙間を縫って、論理的に矛盾のない方法でマスターキーによる
施錠が出来るトリックの説明がされるのか、マスターキーの存在はミスリードで、
密室トリックを真剣に考えていた諸子をあざ笑うかのような、トンデモ真実が明かされるのか。
えー、全然考察になってませんが、個人的にはもう頭がこんがらがっているので、
いっそのこと、「マスターキーで施錠なんてされてませェん☆」とぶった切って欲しいですよ(笑)



さて、次回は遂にEP2のクライマックスとなります。
しかし、次回予告の配信がいつもより遅れて、「そんなにグロテスクなのか?」と思いきや、
熊沢さん自重しろ!!なネタ予告だったので吹きました。
でも真面目に、これまでにもほぼアウトな死体描写や、モザイク、ピー音などがありましたが、
それらを超えるダークネスな展開が待っているかもしれませんので、覚悟しておいて下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
前回のコメントで熊沢さんが真ベアトに会っていたというのは
私の勘違いだと思います(キッパリ)
源次は会っている(或いは知っている)、
南條は会っていないけど話は聞いている、で
熊沢さんはあやふやになってたようです。

二人の死体が消えたのは、実は使用人室では死んでなかったと
考えるのが楽なんですよね。
南條と熊沢さんが消える時に嘉音も一緒だったと思うのです。
生死は分かりませんが。
ローザを狼(第一の晩の犯人)と疑ったから
死んだ事にしてドコかに身を隠そうとしたとか。

偽りの殺人劇を演じてローザの目をくらまそうというのは
ありですか?ジェシカと譲治も共犯とか。
戦人が知らなかったのは、証拠も無いのにローザを犯人扱いするのを嫌うだろうと皆が判断したからとか。

鍵に関しては、マスターキーじゃなくても
個別の鍵があれば可能…とかじゃ駄目ですか(笑)
密室は難しく考えたら負けかもしれません、何となく。

クライマックスはあの人の無双ぶりが気になります!
あいつのヘタレっぷりも(笑)
ai
2009/09/12 23:50
aiさんコメントありがとうございます。
あ、熊沢さんがベアトに会っていた情報は勘違い
でしたか。でも九鳥庵の場所は知っていたはずなので、
まだ設定に出てないだけで本当に会っていた可能性も?

死体消失は、表向きベアトが魔法を誇示するために
消したことになってますが、やはり本当は死んでなくて
自力で消えてくれたと考えるのが楽ですよねー。

ローザを犯人と考え、戦人とマリア以外の皆で結託して、
先手を打ったという説は有りだと思います。
マリアはともかく、戦人に一切説明しなかった理由については、
もう一つ納得できる理由が欲しい所ではありますが…。
後、これを言ってはおしまいかもしれませんけど、
いくらローザが銃を持っていて危険とはいえ、
全員が結託していれば、ローザ一人を縛り付けて警察が来る
まで監禁することも出来たのでは…でもあのローザが相手なので、
そういう理論は成立しないでしょうか(笑)

鍵はマスターキーの存在をあれだけ匂わせといて、
「実はその部屋専用のカギがあります!」だったら
拍子抜けですけど、謎は解けちゃいますね。
礼拝堂のカギは一つしかないことだけは、いくらなんでも
動かないと思うのですが。

クライマックスについては明日投稿します。
いやー、色んな意味で危険な回でした。
あ、あの人の無双ぶりは次回予告の方が味わえました(笑)
月の騎士
2009/09/13 12:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
うみねこのなく頃に EpisodeU-X:accept 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる