月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第17回:錐生零(前編)】

<<   作成日時 : 2009/09/26 09:05   >>

面白い ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 14

ヴァン騎士主人公ゼロのツンデレを考察&ツッコミます。前編の『ツン編』です。


この原作編を開始して以降、様々なキャラを考察して参りましたが、
遂に主人公のゼロにまでたどり着きました。いやー、感慨深いですね。
主人公なのに、某魔王の存在によって全然報われてないゼロですが、
「オレがやらねば、誰がやるッ!」という気持ちで、魔王討伐を諦めないで欲しいです。
…第二部でも引き続き受難が待ってそうで心配ですけど。

さて、そんなゼロと言えば、優姫へのツンデレな発言と、魔王へのツンツンな発言
(というか、ほぼガチの憎しみ)で御馴染みですよね。
ということで、ツン編・デレ編と前後編に分けてピックアップしていきます。

今回は前編のツン編です。
筆者が独断と偏見と個人的趣味により選んだ至極のツンシーンをご賞味下さい。



1.魔王に羨望の眼差しを送っている優姫へのツン


画像


記念すべき、ゼロが見せた初の優姫へのツンシーンです。
風紀委員の仕事を忘れて魔王を見つめてしまった優姫に対して注意を促しつつ、
「俺には関係無い」と言ってしまうところ、そしてこの表情はツンに違いありません!
軽めながらオーソドックスなツンシーン、オイシク頂きました。




2.優姫がパフェを食べてる時のツン


画像


まあ、ゼロの塩ラーメン好きな背景からすると、これはツンというよりも、
ただの本音の不満であるような気もしますが、内心はそこまで不機嫌ではないはずです。
本当は優姫とのショッピングデートを楽しんでいるに違いありません。きっとそうです。
その証拠に、この少し前のシーンでは、優姫のことを「お姉ちゃん」と呼んでからかってますし。
ところで、もし魔王がいたら「優姫と食べるパフェも、パフェを食べる優姫も最高だね。(くすっ)」
みたいな、ゲロアマス、ギガキモスな発言をさらりと言ってのけそうですよね。
すいません、食べてたパフェも吐き戻す余計な妄想でした。




3.優姫の血を吸う覚悟を問うツン


画像


数あるゼロのツンシーンの中でも、個人的にこのシーンは特にツン度が高いと思われます。
何しろ、血を与えてもらっている相手に対して、真顔で「馬鹿じゃねーの?」ですよ!?
一歩間違えればツンというよりも「まさに外道!」と言われても仕方ないセリフです。
世の草食系、オトメン男子達では、一生かかっても出てこないセリフでしょう。
…どうでもいいですが、昨今少女的な趣味が浮き彫りになってる私もそこに属するんでしょうか?
まあ、属するかどうかはともかくとしても、こんなセリフが出てこないことは認めますが。




4.幼少期ゼロのツン(おまけ漫画より)


画像


幼少期からゼロのツンデレは全開です。こちらも上に勝るとも劣らないツン度です。
幼さと過去から癒されない渇いた心によって、ツンもかなりストレートな表現になってます。
ところで、次のコマでそんなゼロに、理事長が教育のゲンコツを落とすのですが、
たぶん理事長が、唯一ゼロに父親らしい(義理とはいえ)行動をしたシーンだと思います。
第3回の理事長編で取り上げてあげるべきでしたね。今更だけど、ごめんね理事長!




5.魔王へのツン(デレなし)


画像


魔王への発言なので、ツンデレとはまた違う(デレる可能性がない)かもしれませんが、
個人的に最もカッコイイと思った、ゼロが魔王に吐き捨てたセリフです。
この短いセリフの中に、優姫が絡むと常に気が触れているとしか思えない言動と、
自分の手は汚さず美味しいとこ取りをする腹黒さと、魔王に対する二つの揶揄がこもっています。
私が女性だったら「ぜ、ゼロきゅん、カッコイイィー!」と叫んでいたことでしょう。



えー、ここまでピックアップしてきて、やはりツン時は顔がブスっとしていたり、
無表情であることがほとんどのゼロですが、珍しく笑いながらツンツンなシーンもありました。


画像


こっちの方が怖いよ!!
目を閉じているのでしょうが、見方によっては薄目を開けて笑ってるようにも見えます。
これも魔王に対してなので、憎しみ50%、嫌悪49%、ノリツッコミ1%、デレ0%のツンでしょうけど。




6.第一期の最後に発動された極大のツン


画像


ゼロのツン特集のラストは、多くの読者の皆さんが、


   /  / /    |    /|   /:::/:.:.:.:.:.:.:|::::::
  /  〃 i     .::|   /:.:.|  |::l::|:.:.:.:.:.:.:.:|::::::
 ,゙  /|   |   .:::|. \|:.:.:.:|   |::l::|/:.:.:.:.:.:j/::
 ! ,' !  ::|    ::::|!. ,ィ|≧ゝl、_.;|::ィ|/_:._/ィllヘ
 l ,' │ ::|:..  ::::|く/ {ひlll|::|ヾ|:.N:.::´〃ひlllリ::
 ヾ  '、  |\  ::::|:.\\こソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、、\こソ
     '、 :|  \ :::\:.:._,、__彡 _' -─ 、`゙ー=
      ヾ、/.::>:、:;ヽ、__  /ーァ''"´ ̄ ヽ
      / .::::::::::::::::ヘ ̄   {|::/       }
     /...::::::::::::::::::::::::::\  V      j}

嘘だッ!!



と叫んだであろう、哀しみが溢れ過ぎているこのツンシーンです。
本当は優姫の温かさが欲しかったゼロの回想、蘇る数々のツン、そして背後で勝ち誇る魔王。
渦巻く想いを胸に、この一言と次の行動でゼロは優姫と決別してしまいます。
果たして、ゼロは第二部でこれの対となるデレを見せてくれるのか!?




おまけ:ツンデレ大師匠のツンデレシーン


さて、せっかくなので、ゼロのツンデレ師匠ことヤガリトウガさん(言い慣れない)
のツンデレシーンも紹介します。こちらは4コマ一気に載せます。


画像



画像



画像



画像


なんという流れるようなツンとデレのハーモニーッ・・・!


上3コマは繋がったシーンでして、最初に「良い子ちゃん」「できることはねぇ」と凄んで置いて、
でも、やっぱり場所をこそっと教えて、暗に「行ってやれ」と促す態度!さすがの妙技です。
更に4コマ目は、「外すわけねーだろ!」というツンと、「本気で撃つわけねーだろ!」というデレが、
何と一コマに集約しているという、超上級テクニックを見せてくれています。
さすがゼロのツンデレ師匠です。まさにツンデレ十段ですね。



次回は後編として、『デレ編』&恒例の編集ネタをお届けします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
ここ数ヶ月拝見させていただいてました。
ヴァンパイア騎士の感想中心のブログをされてる方のところのリンクから
覗かせていただいたら、ものすごくおもしろくて…。
ヴァンパイア記事は全部(たぶん)チェックさせていただいたと思います。
もう、とにかくニックネームがなんともいえなくおもしろいですね!
赤ローテ君シルクさん一番は魔王(笑)←確かにって感じです。
これからもチェックさせていただきますね(^▽^)
私のオススメ少女マンガは今『りぼん』で連載中の
酒井まゆ作MOMOです。今のところは恋愛色弱めです。とってもかわいい
大魔王が登場しますので良ければチェックしてみてください。
ダン・トーマス
2009/09/26 13:26
ダン・トーマスさんはじめまして、コメントありがとうございます。
リンクして頂いたサイトさんから来て頂けたみたいで、
ありがとうございます。たぶん、というか間違いなく
ヴァン騎士について書いてるブログでは、異端な内容だと
思いますが、奇跡的にご好評頂けてるので嬉しい限りです。

ネーミングセンスは、かなり強引なもの(赤ローテ君
なんて我ながら言いにくいなと思ったりw)もありますが、
魔王だけは、もう最初から魔王以外思いつかなかったですねー。
まるでバナナといったら滑る並みの連想のしやすさでした(笑)

少女漫画のオススメもありがとうございます!
オススメ作品群に追加させて頂き、いずれ読ませて
もらうと思います。しかし、とってもかわいい
大魔王とは!?全然想像できませんが興味深いですね。

ではでは、今後も遊びに来て頂けると嬉しいです。
月の騎士
2009/09/26 18:24
こんにちは、お久しぶりです。
ゼロのツン編。
今回も騎士さんのつっこみ、冴えわたってます!
優姫に対するツンと魔王に対するツンでは威力が雲泥の差ですね。
また初期のころなんか、可愛いツンです。
しかし騎士さん。
魔王の言いそうなことがこうも浮かぶなんてもう末期な気が…

そして師匠。たった4コマなのに凝縮された深いツンデレでした。
DSで「ワン」とか言っていたのを思い出してしまいました。
メニィ
2009/09/26 19:58
メニィさんお久しぶりです!
コメントありがとうございます。

ゼロは基本的に冷静で、ヴァン騎士では
どちらかと言えばツッコミタイプだと思いますが、
やはり優姫や魔王が絡むと、感情が大きく出ていて
ネタにしやすかったです。原作が進むにつれて、
ツンのレベルも相当アップしてますね。
10巻なんて、ツンと憎しみと愛と哀しさが
入り混じって非常に複雑で、真面目に考察しても
面白いかもしれません。

魔王のコメントは仰る通りの末期魔王症候群です…。
でも、どうしてもツッコミやネタには、
魔王は欠かせないんですよねぇ。

師匠は出番こそ少ないですが、毎度毎度
ゼロにツンデレコメントを残していくのはさすがですね。
原作でもDSの「ワン」並みの愉快なコメントを
出して欲しいですね。(第二部で出番あるんでしょうか?)
月の騎士
2009/09/26 22:19
こんにちは、まりです♪
私もヴァン騎士の記事、全て拝見させていただきました!
とても文章が上手ですよね♪読んでいて楽しくなってきます。
本でも出版されたらどうですか?
真っ先に買いますから☆

ツンは感情を言葉で表すのが苦手な零くんの可愛いやり方ですよね!
あ…枢へのツンは心からの憎しみでしょうね。
…っていうか、そうでなかったら怖いです!

零くんのツンは師匠から受け継いだ物でしょうか?(汗

騎士さん、これからも頑張ってくださいね★応援してます!

P.S.前の暁くんの記事で話題になっていた、ため息の数、10回でした!(数え忘れもあると思いますが…)ため息キングですね!
まり
2009/09/27 07:54
まりさんはじめまして、コメントありがとうございます。
お褒めの言葉ありがとうございますー。
本ですか!?…じゃあ、自費出版するお金がありましたら、
考えてみたいです。(本気かよ!)

ゼロのツンは、今時では珍しいぐらいかなりきつめのツン
(すぐにデレてしまう軟弱なツンも多い中で)
だと思いますね。優姫に対してもきついと感じる時が
あるので、そりゃもう魔王に対しては凄まじいツン、
いや憎しみの毒と本音をぶつけてますね。
後は師匠のように、ツンからデレへのコンビネーションを
覚えると、もっと良いツンデレになりそうです(笑)

なんと、ため息の数を数えて下さったのですか!
わざわざありがとうございます。10回ってことは、
単行本1巻につき平均して1回ってことですか。
11巻でも、ついてるかどうかチェックしてみますw

ヴァン騎士記事は頑張って展開していきたいと
思いますので、今後も応援宜しくお願いします!
月の騎士
2009/09/27 11:40
おお!コメントがこんなにも…!!
主要キャラクターが出ると反応が違いますね。
六軒島から帰ってきた私からも一言。
「ゼロくん!君を助けに来た!」
何でひぐらしネタやねん。
境遇のせいでしょうか、彼には助けを求めるよりも
誰かが助けてあげなければな気分になります。

優姫へのツンは自分の気持ちを隠すためだけど
魔王へのツンはマルッと全部晒していますね。
彼は魔王といる時が一番素直ですね!(オイ)

「お前の血だけが欲しかったよ…」は
吸血鬼は愛する人の血を欲しがる(らしいです)、
つまり、お前しか欲しくない=好きだ。という
遠回しの告白も含まれていたのではないでしょうか。
相手が優姫じゃ、遠回しは通用しないって分かりきっていそうですが(笑)
詳しくは書きませんが二部でも
ツン&受難は続いてるみたいです。
ai
2009/10/01 11:32
aiさんコメントありがとうございます。
ゼロを助けに来た赤坂ならぬ、ai坂さんですか!(誰だそれ)
ゼロは魔王の呪縛に囚われ千年を生きるヴァンパイアでしょうか。
いつか「にぱー」と笑えるその日を夢見て!
(以上、お返しのひぐらしネタです)

確かにゼロは優姫を守ると言ってましたが、第一部の最後の
展開は、守ってあげるべきは優姫よりもゼロのような気も。
もしかして、ゼロこそヴァン騎士のヒロインだったりして…。
ヒロインとしてのツンデレ要素も満たしてますし。

ああ、血だけが欲しかったにはそんな意味もあったのですね。
文面だけ見ると、「ここまできてそれ!?」と思ってました。
じゃあ、優姫が純血種となりヴァンパイアの気持ちも分かると
考えての言葉だったのかもしれませんね。
仰る通り、優姫が気付いてる可能性は低そうですが(笑)

第二部でも相変わらずな感じですかー。
でもそれでこそゼロ。今後もメインヒロイン(誤)として、
至極のツンデレを疲労して欲しいですね。
月の騎士
2009/10/01 17:44
ブログがハロウィン風になってますよね。とってもかわいいです。
零・・・。ツンだけだと怖すぎます。
LaLa11月号でも零のツンは発揮されていました。あと頼ちゃんもけっこうでてました。12月号はヴァンパイア騎士が表紙になると書いていましたので、もし書店などで見かけたら見てください。

で、元の話に戻しますと・・・。やっぱりツンだけじゃ怖い。デレがあるからこそ零の怖さが半減? (半減もしてないかな・・・・。)するんですよね。

次の零のデレ編期待して(いやっ、でもデレってあんまりないんじゃ・・・)待ってます
沙羅
2009/10/03 17:01
沙羅さんコメントありがとうございます。
トップぺージ、気にいって頂けたなら幸いです。
え!もう次回は12月号が発売なんですか?
まだ10月だから次が11月号かと思ってました。
何にせよ、ヴァン騎士が表紙ということで、
表紙ついでに何か企画や発表があると良いですねー。
書店で見かけた際は、表紙だけでも覗いてみます!

ゼロのツンは言葉が直接的ですからね。
ツンにも色々種類があると思いますけど、
「バカじゃねーの?」「イライラしてくる」なんて
言葉を女の子に向かって言うのは、クラスでも「怖い」
と言われても仕方ない気はします。

でも、次回はそんな中でも怖さが調和される
デレてるシーンを選出する予定なので、お楽しみ下さい。
ゼロがデレてばかりだと、不気味である意味怖い気もしますが(笑)
月の騎士
2009/10/03 21:35
お久しぶりです!
『† Blood Of Dearest †』の管理人です^^
いつも楽しく記事読ませていただいています。
いよいよ愛しのぜろりんということでいつも以上にわくわくしながら読みました
・・・零くんはこんなにもツンを発揮していたのかぁ
でもファンから見ればそのツンも可愛く見えちゃいますね♪

月の騎士さまはコミックス派ですよね
11巻はおそらく12月発売だと思いますが、あまり零は出番がないので私的には面白さが・・・なんとなく8巻に近いぐらいの出番さです。
しかも魔王がちょっとやばい域に達しています…精神錯乱?

私は本誌派ですので、また私のブログでヴァン騎士情報でもご覧になってくださいませ!
後編も楽しみにしています。
美月
2009/10/08 15:06
美月さんお久しぶり、コメントありがとうございます。
『† Blood Of Dearest †』さんからのリンクを辿って、
当ブログにも訪れて下さっている方が随分いるみたいで、
改めてリンク感謝です!ありがとうございました。

ぜろりんのツン集、少しでも楽しんで頂けたなら幸いです(笑)
明後日にはデレ編を投稿する予定ですので、
そちらも、「こんなにデレてたのか。…いや、これって
デレてるのかな?」と疑問を抱きながらでも読んで貰えればなと。

そうですね、今のところコミックス派です!
11巻の12月発売は本気でお願いしたいですね。
記事のネタも、それに併せて調整してるので(笑)
あれ、第二部はぜろりんの出番が少ないのですか?
魔王が精神錯乱…第一部でも既にその域に達してそうな
言動が見られたのに、第二部はどうなってしまうんでしょう。

原作でのネタバレを読んでしまわないように気をつけつつ、
美月さんのブログも覗かせて頂きますねー。
ではでは、こちらにもまたいつでも遊びに来て下さい。
月の騎士
2009/10/08 18:12
お返事ありがとうございます!

>改めてリンク感謝です!
そうなんですか!喜んでいただけてこちらも嬉しいです
V騎士ファンの方にはおすすめのブログとしてここを紹介していますので^^
>ぜろりんの出番が少ないのですか?
そうですね・・・ただ言えることは11巻予告でも載っているとおり
零のかっこよさは健在です!(すみません。かなりの零好きなので^^;)
11巻はメイン3人組がなにかと病んでいて・・・シリアス度がかなり高いです

>美月さんのブログも覗かせて頂きますねー。
けっこうネタバレで溢れているのでお気をつけください!
美月
2009/10/08 19:10
美月さん再びコメントありがとうございます。
ヴァン騎士ブログとして異端であるのと、
他の記事も雑多に書いているため、ヴァン騎士ブログとして
特化して宣伝して下さるのは大変有り難いことです!

メイン3人組が病んでいてシリアスですかー。
おまけにシルクさんも女帝に捕まっているのでは、
お笑い和みパートはアイドルさんに任せるしかなさそうですが、
第二部で勢力図(?)が一体どうなってしまっているのか、
発売まで楽しみにしたいと思います。

はい、ネタバレには重々気をつけます(笑)
月の騎士
2009/10/08 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第17回:錐生零(前編)】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる