月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第13回:藍堂英】

<<   作成日時 : 2009/07/31 06:02   >>

面白い ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 8

アイドル先輩の輝かしいお笑いシーンを特集&編集します。


その前に、当ブログである記録が達成がされましたので、ご報告します。
当ブログでは基本的にアクセス数は表示(公開)していませんが、
初めて1記事で1000アクセス数を突破しました!

こちらがその記事とアクセス数を表示させた画像です。


画像


2008年度のbPアクセス記事に輝いたこの記事が、不動のアクセス数bPを誇っていた、
みんGOLオンライン最終回記事さえも超えて、1000アクセス数の記録に到達しました。
皆様本当に本当に本当に多くのアクセスありがとうございました。
またこれぐらいのアクセスを頂ける記事を書けるよう精進していきたいです。
ただし、炎上だけはしないように気をつけます。(気をつけてもする時はしちゃいそうですけど)



さて『黒主優姫』の特集以来、なんだかんだで約1ヶ月のお久しぶりとなりました原作編です。
優姫の特集が終わって、DS編であまり取り上げられなかったキャラ達の特集は一段落したので、
今回からは、男性ヴァンパイア達を何かしらのテーマを持って特集していきたいと思います。

ということで、今回は『藍堂英の面白お笑いシーン特集』を書こう…と思ったのですが、
いざ原作を探ってみると、実はアイドルさん、別にそんなに面白いことはしてなかったのです。
…いや、そう言うとアイドルさんのプライドが傷つくでしょうし、ちょっと語弊がありますね。
正確には原作本編だとアイドル弄りが少なくて、アイドルのお笑い的要素があまり発揮されてないのです。


でもこれは原作へのダメ出しではありません。本編のストーリーを考えると仕方ないことですし、
お笑い要素は発揮されてなくとも、脇役としての存在感はbPでしょう。
魔王と優姫への感情の変化に戸惑いつつも、忠誠心を保ち続ける実は心優しい男ですし、
随所に場を和ませるトンチンカンなシーンもあるので、それで良いじゃんと思えるはずなのです。

が、私の中のアイドルイメージはそんな爽やかユニークキャラではないのです。
(主に魔王の)理不尽を直接受けることで、汚れとなってバカ笑いをくれるキャラなのです!
例えるなら、普段はバラエティーで弄られて笑われているお笑い芸人が、
ドラマに出演して普通に良い演技をしているのを見てしまった感じ
でしょうか。
ここで、アイドルの本業はお笑いバラエティーではなくドラマの方で合っているのでは?
と至極まともなご意見を言われては、返す言葉も無いのですけど…。


アイドルの印象に残っているシーンを挙げると、衝撃の魔王ビンタをもらう場面に始まり、
優姫へのセクハラ発言、第二部第1話で「ヴァンパイア騎士の世界に帰って来たぜ!」と
思わせてくれたズームイン他、子猫ちゃん、バキューン、ハキューン☆(これは言ってない)
などの数々の極寒セリフ、そしてドラマCDでの苛められ&オチキャラっぷり
etc…。
ぶっちゃけ、本編でアイドルが苦心してるシーンはまるで印象に残ってないのです。

実際に作者さんも、おまけ漫画ではイキイキとアイドルで遊ばれています。
それに第9巻では、他のキャラがカッコイイ役回りになっている中、一人だけ優姫に圧し掛かられ、
パンツ見た疑惑までかけられるという、『らしい』役所になっていました。

これは勝手な予想ですが、アニメやドラマCDでアイドル=お笑いキャラの概念が定着したので、
作者さんは原作内でも、アイドルをそういう方向性のキャラに転じようとしているのではないかと。
だとしたら、素晴らしいことです。(純粋なるアイドルファンの方にとってはどうでしょうか?)
第二部では、原作本編でもお笑い全開のアイドルさんが見られることを期待したいです。
まあ少なくとも、今後もドラマCDでのアイドルさんの面白さは鉄板だと思いますが。



残念ながら、原作本編ではアニメやドラマCDに匹敵するお笑いシーンは発掘できなかったので、
純粋なアイドルファンの皆さんは、アイドルに笑いもオチも求めてないかもしれませんが、
せっかくなので私が勝手にアイドルらしいシーンを編集して作ってみました。
2コマ漫画で5作品です。おまけ程度にお楽しみ下さい。



@:魔王に強烈なお断りをされるアイドルさん


画像



画像




A:優姫の足を触って魔王の逆鱗に触れるアイドルさん


画像


画像




B:優姫に突き落とされた直後、2階からフットスタンプされるアイドルさん


画像



画像




C:よりちゃん(本当はるかしゃん)にまで叩かれるアイドルさん
※幼少期のるかしゃんが、よりちゃんにちょっと似てる(主に髪型)気がしたので。


画像



画像




D:遂に魔王の平手打ちを見切った(?)アイドルさん


画像



画像




次回のヴァンパイア騎士記事は、シルクさんこと一条琢磨の和み癒しシーン特集の予定です。
こちらも場合によっては予期せぬ方向に転がるかもしれませんが、予めご了承下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ははっ、今回もおもしろいですね。たしかに、アイドルせんぱいは原作では面白いとゆうよりかっこいいってかんじですから。「私としては」
なんか、4 って本当に頼ちゃんにひっぱたかれた感じになってますよね。^^
次の、シルクさんもきたいしてます♪
沙羅
2009/08/01 16:11
沙羅さんコメントありがとうございます。
アイドルファンの沙羅さんにも面白がってもらえて、
安心しました。カッコいいアイドル…確かに養子に関しては
男の私から見てもカッコいいと思います。
(まあどいつもこいつもかっこよすぎですけど)

4のネタはそういう風に見てもらいたい構成にしてみました(笑)
実際のよりちゃんはひっぱたいたりなんてしないでしょうけど。

次のシルクさんも、どういう感じになるか分かりませんが
キャラの魅力を引き出したいと思ってます!
月の騎士
2009/08/01 22:33
藍堂さんの潜在能力はすごいですね。
もともと、超上流階級の、良くできたお坊ちゃんだから、
この欠点が可愛く見えるという美味しいキャラですよね。
いじられキャラでも女性に人気ありそうてか、実際もててるし。
枢様に熱いけど、暑苦しいけど、でもなんか重苦しくねっとりせず
面白いキャラになっているのは、作者さんのコメディセンスの良さでしょうね。

やっぱりビンタされるのが似合いますね(笑)



moon 4 dream
2009/08/01 23:44
moon 4 dreamさんこちらにもコメントありがとうございます。
アイドルはちびまるこちゃんで言えば花輪君的な
ポジションだと思うので、そりゃ「普通」にしていれば、
モテるのは納得ですね。ただ、魔王にはストレス解消に、
シルクさんには笑いのオモチャにされてるので、
そういう点よりもお笑い要素が大きく見えてしまいます。
仰る通り作者さんの弄りセンスも存分に発揮されてますね。
アイドルさんの今後のビンタシーン…いえ、活躍に
期待しましょう!(笑)
月の騎士
2009/08/02 23:36
ヴァン騎士の記事ではお久しぶりです。
感想が遅くなりましたが、アイドルを無視した訳では無く
心が六軒島に渡っていた為にスッカリ忘れていたのです!
…アイドルに凍らされますねハイ。
(アイドルには物質を凍らせる能力があるので)

アイドルの真面目なシーンを思い出すと
あまり面白くな…じゃなくてカッコイイですね(棒読み)
それと1巻と10巻現在じゃだいぶ変わりましたねー。
転機は魔王がドS女王抹殺を目撃してからかな。

でもアイドルの輝かしいシーンと言えば
やっぱりオチキャラに使われてる所かと!(笑顔)
原作初期の頃からバケツを頭に乗っけられたり
裏番呼ばわりしたのを魔王に聞かれてしまったり
アイドルの扱いは作者さんの中で決まってたんですね。

1巻では優姫を氷漬けにしかけたのに
(そして魔王にビンタ)
Bでは優姫のクッション代わりになるとは
優姫もずいぶん成長したものですねー。
ai
2009/08/09 00:22
aiさんこちらにもコメントありがとうございます。
六軒島に旅立ってる間、アイドルが「お姉ちゃん
早く帰ってきてよ!」と言ってる姿を想像してみれば、
アイドルのことを思い出…さないでしょうか(笑)

アイドルは最初から作者さんの中では
キャラ設定が決まっていそうな感じですけど、
いかんせん原作の展開がシリアスな時は
いくらアイドルでも多少空気を読んだ存在にしなければ
ならないので、その分おまけ漫画で遊ばれてたの
でしょうね。アニメや原作9巻ぐらいからは、垣根もなくなって
きて、完全なるお笑いオチキャラになってきてますが(笑)

優姫もだいぶアイドルさんの扱いに慣れてきましたね。
初期の頃は脅されたり、セクハラされたりでしたが、
今では逆に手玉に取ってる感じです。(まあ魔王すら
手懐け始めた優姫ですから、当然の流れか…)
第二部では、優姫と魔王でアイドルにW平手打ちをする
シーンでも…さすがにないですかね?…いや、でも
無いと言いきれないのが、この作品の恐ろしさですが。
月の騎士
2009/08/09 14:48
アイドルは、すごく魔王の愛情が恋しくて・・・。私は、今でも大好きです。なんか、ライバルみたいな(笑)。でも、どうしていろんな人にたたかれるんですか??ましては、優姫に手をだすなんて。後で、仕返しされるのに!!(魔王)&(優姫)とか・・・・・。
巫女
2009/08/17 22:02
巫女さんこちらにもコメントありがとうございます。
アイドルがライバルですか!ということは、
るかしゃんともライバル…?まあ、アイドルとるかしゃんの
魔王愛は微妙に違うような気もしますけど。
色んな人に叩かれるのは、決してアイドルのことが嫌いなの
ではなくて、これも愛情表現です!(本当に?)
優姫に手を出してるのは本人的には冗談だと思われますが、
冗談の通じない魔王には危険ですよねー。
それをやってしまうのも、アイドルの魅力かもしれませんけど。
月の騎士
2009/08/18 10:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第13回:藍堂英】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる