月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS LaLa(2009年5月号) エピローグ編

<<   作成日時 : 2009/06/16 10:10   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

社会人になって初めて少女漫画雑誌を読破してしまった男が、勝手にまとめます。


いきなり結論から、正直に容赦なくガツンとバシッと言わせてもらいますが、


LaLaおもしれぇ!!



ヴァンパイア騎士のドラマCDだけ聴いて終わりにするのは勿体ない気がして、
せっかくなのでブログのネタとして、LaLaを読んでみたわけですが、
想像以上に色んな要素が詰まっていて、非常に興味深く楽しく読めました。
今、週刊少年ジャンプかLaLa、どっちを毎号買うかと聞かれれば、LaLaを買いますよ!

読んで感想を書く前は、いかにも少女漫画らしいベタベタラブラブ展開に対して、
「こんなのねーよwww」的に厳しくツッコミを入れてしまおうと考えていたのですが、
次元の違う「こんなの……ありですか?」なツッコミも追いつかない超設定、超展開の連続
には、脱帽するしかありません。LaLaをなめ腐ってました。ごめんなさい。


むしろ普通の少女漫画っぽい作品が登場すると、ちょっと安心しましたからね。
『金色のコルダ』とか『君が光』とか。まあ、LaLaを読破した今となっては、
普通の少女漫画って何?な感じで、これまでの既成概念が打ち破られましたけども。
とりあえず、出てくる登場人物の性別、年齢、趣味は全部疑いたくなりました

とはいえ、たぶん少女漫画雑誌の中でもLaLaが特殊なのだとは思います。
もし、『りぼん』だとか『なかよし』だとかも、これだけのクオリティー漫画が当たり前ならば、
日本の少年漫画は危ないですね。ちょっとカワイイキャラが出てきたら、
すぐにMOE〜!とか言ってる様では、この複雑怪奇の極みにはついてこれないですよ。
今こそ少年漫画は、ボーズラブ!!!並みの行き過ぎた挑戦をしてみるべきではないかと。
そんなものに付いていこうとしてる男はおまえぐらいだと言われれば、返す言葉も無いですが。

そして、何よりもLaLa(2009年5月号)を読んでぶっちりぎりに衝撃を受けて、
連載漫画を読んでる最中も、記事を書いてる途中も最初から最後まで頭を廻っていたのは、
妄想の花咲く憧れライフ!という言葉に他ならないです。
懸賞ページで使われていた言葉ですが、それよりも連載漫画に妄想の花が咲き乱れまくっていて、
一連のLaLa感想編にて、この言葉をこれでもか!これでもか!としつこく使いまくってました。
このままちょくちょく使い続けて、2009年の個人的流行語大賞にしたいぐらいです。



最後に、掲載漫画の中で特に記憶に残った作品を勝手なフレーズと共にあげてみます。


一般♂が読んでも普通に楽しめそうな 『会長はメイド様!』

江戸なのか?現代なのか?男の子なのか?女の子なのか? 『ちょっと江戸まで』

ベタベタな少女漫画展開を逆手に取った? 『フィルムガール』

なぜ少女漫画雑誌で連載してるのか分からないけど面白い 『4ジゲン』

話題沸騰!目指せアニメ化!内容ノーコメント! 『ボーズラブ!!!』


他、妄想の花が咲き乱れまくってる作品が満載でした。


またLaLaを購入した時(おそらくヴァンパイア騎士のドラマCDが付録の際)には、
読破して感想を書きたいと思ってます。LaLa恐るべし!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LaLa(2009年5月号) エピローグ編 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる